ニュース
「IH採用の高速・高温加熱」と「シリーズ史上最小」の2モデルが仲間入り

加熱式タバコ「グロー」の勢いが止まらない! 新デバイス「グロー・プロ」「グロー・ナノ」を見てきた

加熱式タバコ「グロー(glo)」シリーズを展開するブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、同シリーズの新デバイスとなる「グロー・プロ(glo pro)」「グロー・ナノ(glo nano)」を、それぞれ2019年10月3日より発売すると発表した。8月に低温加熱式タバコ「グロー・センス」を発売してから、1か月も空けずの新製品の発表となった。

「グロー・ナノ」(左)と、「グロー・プロ」(右)

「グロー・ナノ」(左)と、「グロー・プロ」(右)

<レビュー記事はこちら>
ブースト機能付きの「グロー・プロ」と軽くて小さい「グロー・ナノ」を吸ってみた

IHを採用した加熱方式で、高速加熱とより強い吸いごたえを実現した「グロー・プロ」

「グロー・プロ」の特徴は、これまでのデバイスに採用していた小さなヒーターによる加熱から、シリーズで初めてIHを採用した誘導加熱方式に変更したことにより、加熱速度が上がったこと。IHを採用したことで、たばこ葉だけを正確に早く加熱することができるようになったため、より深く豊かな味わいを楽しめるという。さらに、「通常モード」と、さらに吸いごたえを高める「ブーストモード」という2つの加熱モードを搭載し、気分に合わせた使い方ができるという。

サイズ感は現行の「グロー シリーズ 2」とほぼ変わらない。北海道・宮城県・東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・広島県・福岡県で先行発売となる

「グロー・プロ」は約90分で充電が完了し、満充電から約20回使用できる。通常モードでは約20秒で加熱が完了し、約4分間喫煙できる。ブーストモードでは、約10秒で加熱が完了し、約3分間喫煙できる。ブーストモード時の加熱温度は「グロー シリーズ 2」(240℃)よりも高い約280℃となるという。

メーカー希望小売価格は4,980円(税込)で、10月3日より、全国のグローストアとグローオンラインストア、およびコンビニエンスストアを含む 10 都道府県の主要たばこ取扱店にて先行発売予定だ。

カラーはシャンパン(左)とブラック(右)の2色展開

カラーはシャンパン(左)とブラック(右)の2色展開

グロー史上もっともコンパクトでも10回連続使用が可能な「グロー・ナノ」

「グロー・ナノ」 は、グロー史上最小のデバイスだ。「グローシリーズ 2 ミニ」よりも約 25g軽く、手にぴったり収まるサイズ感ながら、10回連続使用できるのが特徴。連続使用回数はシリーズの中でもっとも少ないが、その代わり充電時間はシリーズの中でもっとも短く、約60分に短縮されている。

メーカー希望小売価格は 3,980円(税込)で、10月3日より全国のグローストアとグロー オンラインストア、およびコンビニエンスストアを含む全国の主要たばこ取扱店で発売される。

体積はおそらくフィリップ・モリスの「アイコス 3 マルチ」と同じくらい。ただ、より太く、長さは短い

体積はフィリップ・モリスの「アイコス 3 マルチ」と同じくらい。ただ、より太く、長さは短い

カラーは左から、ネイビー、ホワイト、レッド、ブルーの4 色。グローストア、グロースポット、グローオンラインストアでは全色取り扱うが、コンビニエンスストアを含む全国の主要たばこ取扱店においては、いずれか 1 色の取り扱いとなる

「グロー・ナノ」と「グロー・プロ」のスペック一覧

「グロー・ナノ」と「グロー・プロ」のスペック一覧

専用スティック「neo」に新感覚フレーバーが限定登場! 既存フレーバーも新パッケージに

「グロー・プロ」「グロー・ナノ」が発売となる10月3日には、専用スティック「ネオ(neo)」から、ベースのメンソールとカプセルに、それぞれ異なるフレーバーを組み合わせた新感覚の味わいを楽しめる3銘柄が、チャネル・数量限定で発売される。刺激的なメンソールのフレーバーベースに加え、カプセルをつぶすと新しいアロマが広がり、1本で2種類の味わいが楽しめるという。価格はそれぞれ550円(税込)。

左から、「ネオ・ブースト・アジュール・プラス・スティック」「ネオ・ブースト・ロッサ・プラス・スティック」「ネオ・ブースト・スカーレットプラス・スティック」。全国のセブン・イレブン、ファミリーマート、ローソン(ローソンストア100を除く)にて販売予定

また、現行で販売している「ネオ」の10銘柄も、11月中旬以降順次、パッケージデザインを刷新する予定。新パッケージのデザインコンセプトは「芸術」で、フレーバーを表現したプレミアム感のある斬新なデザインを採用したという。

フレーバーのイメージがわかりやすいカラーをパッケージ全体に採用しており、これまでよりもフレーバーの見分けがつきやすくなりそうだ

「グロー・センス」は11月に全国展開へ。早くもフレーバー追加も

発表会ではさらに、先月発売され、現在は東京都内限定販売となっている同シリーズの低温加熱式タバコ「グロー・センス」を、11月にも全国展開予定であることが発表された。さらに、「グロー・センス」の専用カートリッジ「ネオ・ポッド」には、早くも「エレクトリック・チェリー」「トロピカル・フルーツ」「パンナコッタ」「ティラミス」という4つの新フレーバーが追加され、10フレーバー展開になるという。

「ティラミス」「パンナコッタ」などスイーツ色の強いフレーバーは、国内で流通している加熱式タバコの専用カートリッジとしては初めて。日本の加熱式タバコユーザーにどのように受け入れられるのか、反応に注目したい

【関連記事】
加熱式タバコの新顔「グロー・センス」を「プルーム・テック・プラス」ユーザーが吸ってみた

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る