G-SHOCKカレンダー
先月発売された新作モデルをすべて紹介!

フルチタンから90年代カラーまで! 「G-SHOCK」スクエアモデル新作6本

カシオ「G-SHOCK」の2019年11月発売モデルを一挙紹介!

カシオ「G-SHOCK」の2019年11月発売モデルを一挙紹介!

「G-SHOCKカレンダー」は、タフネスウォッチの代名詞であるカシオ「G-SHOCK」の現行ラインアップの中から、先月発売された最新モデルをすべてピックアップし、ひと目で把握できるようにした発売カレンダー企画。カラーバリエーションも、ひと製品も取りこぼさずに紹介する。ほとんどのモデルが発売済みのため、気になるモデルは価格.comですぐにゲットすべし!

2019年11月に発売された製品の中で注目は、スクエアモデルの「DW-5600」や「DW-5000C」をベースにした6機種。ケース、ベゼル、バンド、バックすべてにチタンを使用したモデルから、1990年代スポーティーファッションをテーマにしたモデルまで、バラエティ豊かにラインアップされた。

※価格はすべて公式サイトの税込価格

2019年11月発売の注目株!

軽くて肌にやさしいフルチタンのスクエアモデル

「GMW-B5000TB-1JR」(165,000円)

「GMW-B5000TB-1JR」(165,000円)

初代G-SHOCK「DW-5000C」の遺伝子を受け継ぐ、フルメタルスクエアの「GMW-B5000」から、チタンを素材に採用したモデルが登場。ケースをはじめ、バンド、ベゼル、バック、ボタンに、加工が難しいとされているが、軽くて肌にやさしいチタンをあえて採用しており、軽量化を実現している。また、表面には耐摩耗性が高いDLC処理を施しており、傷がつきにくい。

カラーリングは、1983年に発売された初代モデル「DW-5000C-1B」を再現。

カモフラージュ柄の「GMW-B5000TCM-1JR」(192,500円)もラインアップ

カモフラージュ柄の「GMW-B5000TCM-1JR」(192,500円)もラインアップ

●詳細は、こちらでじっくりチェック!
「G-SHOCK」からフルチタンの「5000」が初登場! レーザー彫りの迷彩柄が新しい

こちらの「DW-5600」ベースモデルも注目!

「GMW-B5000TB-1JR」のほかにも、スクエアモデルの「DW-5600」をベースにした新色モデルが4機種リリース。それぞれ見ていこう。

クリスマスカラーの復刻モデル

「DW-5600THC-1JF」(14,850円)

「DW-5600THC-1JF」(14,850円)

1990年代に人気を博したカラーを復刻する「Throwback 1990s」シリーズから、レッドとグリーンを差し色に採用したクリスマスカラーがテーマの「ウィンタープレミアム」の復刻モデル。スクエアフェイスの「DW-5600」をベースに、クロスバンドを採用している。

なお、同配色の「DW-5700」や「DW-5900」ベースモデルもラインアップされている。

ラウンドフェイス「DW-5700TH-1JF」(13,200円)

ラウンドフェイス「DW-5700TH-1JF」(13,200円)

3つのデジタルグラフィックを搭載した「DW-5900TH-1JF」(13,200円)

3つのデジタルグラフィックを搭載した「DW-5900TH-1JF」(13,200円)

カーボンコアガード構造により、デジアナコンビモデル最薄を実現させた「GA-2100」がベースモデルの「GA-2100TH-1AJF」(15,950円)

ヤドリギをモチーフにしたペアモデル

「LOV-19B-1JR」は、BABY-G「LOV-19B-1JR」とのペアモデルで、2本セットで25,850円

「LOV-19B-1JR」は、BABY-G「LOV-19B-1JR」とのペアモデルで、2本セットで25,850円

クリスマス限定ペア「Gプレゼンツラバーズコレクション」から、「恋人たちの永遠の愛」を意味する「ヤドリギ」をモチーフにしたペアモデルが登場。「クリスマスにヤドリギの下でキスをした男女は、永遠に結ばれる」といった欧米の言い伝えをテーマに、大切な人との永遠の愛をG-SHOCKとBABY-Gで表現している。

レディースのBABY-G「LOV-19B-1JR」

レディースのBABY-G「LOV-19B-1JR」

クロスステッチデザイナーの大図まこと氏がデザインを手がけ、ベースモデルには「DW-5600」と「BGD-560」のスクエアモデルを採用。フェイスの枠や文字は、8ビットのドット絵でデザインするなど、1990年代のゲーム画面をほうふつとさせるモチーフがさりげなくちりばめられている。

バンドには、キスとハグを意味する「XOXO」のメッセージを8ビットのドット絵でアレンジしたものを施し、恋人を大切に思う気持ちを表現。カラーリングは、ブラックをベースに赤や緑の差し色でクリスマスらしいモデルに仕上げられている。

ライトボタンを押すと、G-SHOCKのほうにはヤドリギと悪魔が、BABY-Gのほうにはヤドリギと天使がそれぞれドット絵で浮かび上がる。

「Gプレゼンツラバーズコレクション」からはもうひとつ、ヤドリギをモチーフにしたペアモデルが登場。ベースモデルには、アナログとデジタルのコンビモデル「AW-590」を採用し、クリーンでピュアな印象のホワイトを基調としたボディに、ゴールドでアクセントを施している。

G-SHOCK「LOV-19A-7AJR」(左)とBABY-G「LOV-19A-7AJR」(右)のペアモデル。価格は、2本セットで33,550円

G-SHOCK「LOV-19A-7AJR」(左)とBABY-G「LOV-19A-7AJR」(右)のペアモデル。価格は、2本セットで33,550円

90年代のスポーティーファッションがテーマ

「DW-5600THS-1JR」(17,050円)

「DW-5600THS-1JR」(17,050円)

同じく「Throwback 1990s」シリーズから、当時のスポーティーファッションをテーマにしたモデルが登場。元祖スクエアフェイスの「DW-5600」をベースに、バンドはクロスバンドを採用し、マジックテープを配した替えバンドも付属する。

なお、同配色で、「GA-2100」をベースしたモデルもラインアップ。

カーボンコアガード構造を採用する「GA-2100THS-1AJR」(19,250円)

カーボンコアガード構造を採用する「GA-2100THS-1AJR」(19,250円)

BABY-G25周年ロゴカラーをG-SHOCKに採用

BABY-G25周年ロゴカラーをG-SHOCKに採用

BABY-G25周年ロゴカラーをG-SHOCKに採用

「Throwback 1990s」シリーズから、「BABY-G」の25周年スペシャルロゴカラーをまとったモデルも登場。ベースモデルは「DW-5600」で、BABY-Gの25周年ロゴに使用された、ブルー、パープル、ピンクの配色でストリート感あふれるクールなデザインに仕上げられている。

また、フェイスには1990年代のストリートカルチャーから着想を得た、ジオメトリックなパターンをデザイン。インパクトあるカラーリングと幾何学模様が着こなしのアクセントになりそうだ。

さらに、ライトボタンを押すと、「SHOCK RESIST」のマークが浮かび上がる仕様を採用。

なお、同配色で、ラウンドフェイスの「DW-5700」やデジアナコラボの「GA-2100」をベースしたモデルもラインアップ。

「DW-5700THB-7JF」(13,200円)

「DW-5700THB-7JF」(13,200円)

「GA-2100THB-7AJF」(15,950円)

「GA-2100THB-7AJF」(15,950円)

そのほかの2019年11月発売モデル

独特のカモフラージュ柄を表現したMT-G

「GMW-B5000TCM-1JR」と同じカモフラージュ柄のMT-G「MTG-B1000DCM-1AJR」(159,500円)

「GMW-B5000TCM-1JR」と同じカモフラージュ柄のMT-G「MTG-B1000DCM-1AJR」(159,500円)

メタルと樹脂を融合した耐衝撃ボディに、スマートフォンリンク機能や電波ソーラー機能を搭載した「MTG-B1000」シリーズから、カモフラージュ柄モデルが登場。

レーザー彫刻を活用した特殊な仕上げにより、メタル素材でありながら独特のカモフラージュ柄を表現。ケースとバンドには、ブラックIP処理を施したあと、大/中/小3つのドットパターンの違いによって色調の濃淡を生み出し、カモフラージュ柄を表現している。

バンド裏面には、軽量かつ高耐久のファインレジンパーツを組み合わせたレイヤーコンポジットバンドを採用して着用感を向上。また、透明度の高いサファイアガラスの採用と、カシオ山形工場の微細な加工技術によるインデックスやインダイアルにより、時計本来の質感も追求している。

気品あふれるブルーと輝くローズゴールドを配色

「AWG-M100SNR-2AJF」(27,500円)

「AWG-M100SNR-2AJF」(27,500円)

BABY-Gとともにペアコーデを彩る「プレシャス・ハート・セレクション」のG-SHOCK。ベースモデルは、電波ソーラーモデルの「AWG-M100」を採用している。

カラーは、「永遠の絆」を象徴するディープなロイヤルブルーをベースに、ベゼルやインデックスにはやわらかなローズゴールドでアクセントを施している。気品あふれるブルーとローズゴールドの輝きが、落ち着いたカップルにぴったりだ。

ブータン王国の伝統柄をデザイン

「GA-2000BT-1AJR」(21,450円)

「GA-2000BT-1AJR」(21,450円)

G-SHOCKの次世代スタンダードを担うシリーズ「GA-2000」から、ブータン王国の伝統柄を用いたモデルが登場。

同梱されるクロスバンドと樹脂バンドには、ブータン王国の歴史ある織物で用いられる伝統的な柄を落とし込んだ。カラーは、祈祷旗「ルンタ」を構成する青、白、赤、緑、黄(それぞれ水、風、火、木、地を意味する)の5色を採用している。

リフレクター搭載バンドで暗闇でも光る

「GBA-800LU-1A1JF」(19,250円)

「GBA-800LU-1A1JF」(19,250円)

G-SHOCKのスポーツライン「G-SQUAD(ジー・スクワッド)」の新モデル。同ラインの特徴であるワークアウトの計測機能などはそのままに、バンドに暗闇でも光を反射するリフレクター(「GBA-800LU-1A1JF」のみ蓄光素材)を採用し、ナイトシーンでのファッションやアクティビティに最適なデザインに仕上げている。

カラーバリエーションは全4色で展開。

「GBD-800LU-9JF」(15,950円)

「GBD-800LU-9JF」(15,950円)

「GBD-800LU-1JF」(15,950円)

「GBD-800LU-1JF」(15,950円)

「GBA-800LU-1AJF」(19,250円)

「GBA-800LU-1AJF」(19,250円)

アフリカヒョウのレオパードパターンを採用

「GST-W310WLP-1A9JR」(56,100円)

「GST-W310WLP-1A9JR」(56,100円)

アフリカの「野生動物保全」と「人々の生活」について考え、その共生を目指す認定NPO 法人「WILDLIFE PROMISING」とのコラボモデル。

本モデルは、同団体が研究対象としている東アフリカに生息する野生のヒョウがテーマ。アフリカヒョウのクールなレオパードパターンを、時計のベゼル部と文字板にデザインしている。また、バンドにはレオパード柄と相性のよいブラウンを採用。遊環と美錠にはゴールドIPを施し、華やかな印象に仕上げている。さらに遊環には、「WILDLIFE PROMISING」のロゴを、裏ブタには「Love The Sea And The Earth」のシンボルマークを刻印している。

生息数が減少傾向にあるオカピがモチーフ

「GW-9405KJ-5JR」(60,500円)

「GW-9405KJ-5JR」(60,500円)

「Love The Sea And The Earth」というテーマのもと、絶滅の危機に面した生態系や、海洋・生物の多様性、気候変動など、多岐にわたる環境保全・研究を支援する環境団体「EARTHWATCH」とのコラボモデル。

ベースは、「マスターオブG」シリーズから、地球上で最も過酷な環境のひとつである高温多雨のジャングルや密林での使用を想定したモデル「RANGEMAN(レンジマン) GW-9400」を採用している。

カラーや素材は、生息数が減少傾向にあるオカピをモチーフに、ベゼル部分をブラウンスケルトン樹脂で構成。バンドには、ブラウンスケルトン樹脂にオカピの四肢の横縞模様を表現し、「EARTHWATCH」の呼びかけの言葉である「Change the World. Yourself.」のロゴを印刷している。また、フェイスの左上にあるインジケーターには、オカピの舌の色である青をアクセントとして採用した。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る