ニュース
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が1年間オープン!

18mの実物大ガンダム「RX-78」が横浜で動く! 10月1日に施設オープン決定

ガンダム GLOBAL CHALLENGEとEvolving Gは、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として、横浜市と連携し、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を2020年10月1日から2021年10月3日まで、約1年間オープンする。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」内の「GUNDAM-LAB」の外観イメージ。オープン時間は10〜21時を予定。入場有料チケットは、2020年7月から販売予定だ

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は2つのエリアで構成

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、横浜・山下ふ頭にオープン。総面積9平方kmの敷地は、動くガンダムを間近で見られる「GUNDAM-DOCK」と、動くガンダムの仕組みを勉強できる展示施設「ACADEMY」やショップ、カフェなどが入った複合施設「GUNDAM-LAB」の2つのエリアで構成されている。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の施設全景イメージ

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の施設全景イメージ

動くガンダムを格納する「GUNDAM-DOCK」

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のエリアのひとつ「GUNDAM-DOCK」には、メインコンテンツである“動くガンダム”が展示される。モデルは初代ガンダム「RX-78」。全高はアニメ「機動戦士ガンダム」の劇中設定である18mの“実物大”で、ガンダム単体の重量は約25tだ。素材には、可動フレームに鋼鉄、外装にカーボン樹脂を採用する。

「GUNDAM-DOCK」のイメージ

「GUNDAM-DOCK」のイメージ

「GUNDAM-DOCK」の1/30スケールモデル。ガンダム手前のデッキは開閉する

「GUNDAM-DOCK」の1/30スケールモデル。ガンダム手前のデッキは開閉する

実際の動作の詳細はまだ明らかになっていないが、ガンダム本体のハンド部分を除く関節自由度は24自由度。歩行において重要なヒザには、「モーター&減速機」と「電動シリンダー」を併用で搭載しているという。

また安全性を確保するために、雨や塩害と行った屋外環境や、地震や台風といった天災を踏まえて設計されていたり、腰部を後方から支持する「GUNDAM-CARRIER(支持台車)」が接続されていたりする。

1/30スケール模型を横からのぞくと、ガンダムと接続する「GUNDAM-CARRIER」の一部が確認できた

1/30スケール模型を横からのぞくと、ガンダムと接続する「GUNDAM-CARRIER」の一部が確認できた

実物大ガンダムの動作時は、人は非搭乗。人による動作指示は、遠隔制御室から行うという。

また、「GUNDAM-DOCK」には、特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」を設置。来場者は15〜18mの高さから、動くガンダムやデッキ上でのスタッフによるメンテナンスワークを観察することができる。

「GUNDAM-DOCK」の全体図。来場者は基本、正面から観覧できる。メンテナンスデッキの裏側にオペレーターのいる遠隔制御室が設置されるようだ

なお、特別観覧デッキは人数限定で、入場料とは別に料金がかかる

なお、特別観覧デッキは人数限定で、入場料とは別に料金がかかる

本稿最上段の動画で見る限り、前方への歩行は実現されそうだが、ガンダム自体が前に足を踏み出して実際に歩くのか、その場で足踏みするガンダムを「GUNDAM-CARRIER」が前に運ぶのかは現在不明だ。

展示施設やショップが入る「GUNDAM-LAB」

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のもうひとつのエリア「GUNDAM-LAB」は、動くガンダムの仕組みを知ることができる展示施設のほか、ショップやカフェなどが入った複合施設だ。

「GUNDAM-LAB」のイメージ

「GUNDAM-LAB」のイメージ

その中のひとつ「ACADEMY」は、動くガンダムの設計や構造、仕組みが学べる展示施設。そのほか、会場限定ガンプラなどを販売するショップ「THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite」や、ガンダムに関するオリジナルメニューや横浜のご当地グルメが楽しめるカフェ「GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite」、さらに講演会やワークショップを行う「CONFERENCE ROOM」などが入る予定だ。

「THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite」と「GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite」のロゴ。現在日本国内では、「THE GUNDAM BASE」は東京・お台場と福岡、「GUNDAM Café」は東京・お台場、秋葉原、大阪・道頓堀、吹田(GUNDAM SQUARE内)、福岡に展開されているが、これらはその特別版と言えそうだ

プレオープンは2020年7〜8月に予定

本オープンは2020年10月1日だが、その前に「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA スペシャルエクスペリエンス」と題したプレオープン限定プログラムを、2020年7〜8月に実施予定。ひと足早く会場の雰囲気を味わえるほか、特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」にも登れる。また、一部オリジナル商品を購入できるショップも展開予定だ。しかし、このタイミングでは残念ながら動くガンダムの稼動は予定されていない。なお、チケットは、2020年4月より販売される。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る