ガンプラ組み立てレビュー
立てヒザ姿を可能にした驚異の可動

圧倒的な可動! 初MG化した「ガンダムバルバトス」を組み立てレビュー

今回のガンプラ組み立てレビューは、2019年12月に発売された「MG 1/100 ガンダムバルバトス」。「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主役機です。プロポーションの再現度、密度の高さ、可動領域の広さなど、マスターグレードと呼ぶにふさわしいキットとなっていました。

初のMG化となったバルバトス第4形態

初のMG化となったバルバトス第4形態

「ガンダムバルバトス」は、2015〜2017年にかけてTV放映された「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する主役モビルスーツ。物語が進むにつれ、敵機から得た武装やパーツを換装し進化していくのが特徴で、劇中では第1形態から第6形態まで登場。第2期では「バルバトスルプス」、「バルバトスルプスレクス」とさらに進化していきます。

本キットでは、劇中でも活躍の多かった第4形態を初のMG化。さっそく組み立てていきましょう。

内部フレームだけでも飾りたくなる完成度の高さ

バルバトスは、「ガンダム・フレーム」と呼ばれる内部構造を持つ機体。取扱説明書では、各部位のフレームを作った時点で外装パーツを付けるよう指示されていますが、まずガンダム・フレームのみの状態で完成させてみました。この内部構造がほかのガンプラとは異なり、まるで機械部品を組み立てていくような作り方になっていて、とても新鮮でした。

まずは内部構造のガンダム・フレームのみ組み立ててみました。随所にゴールド風のパーツが使われており、フレーム専用のマーキングシールも付属しています

特徴的なのが、シリンダーが伸縮するギミックです。腰部分の2本のシリンダーが最も目立ちますが、肘関節部、脚部、首の後ろや背中などにも使われており、それぞれ可動します。特に両肩の2本のシリンダーは、腕可動の際には大きく伸縮するのが見てとれます。

体を傾けると腰部のシリンダーも連動して伸縮します

体を傾けると腰部のシリンダーも連動して伸縮します

肩部のシリンダーです。腕を前後に動かすとシリンダーも連動して伸縮します

肩部のシリンダーです。腕を前後に動かすとシリンダーも連動して伸縮します

大きく長い腕部分。肘関節にシリンダーが使われています

大きく長い腕部分。肘関節にシリンダーが使われています

コックピット部分からはパイロットの三日月の姿が見えます

コックピット部分からはパイロットの三日月の姿が見えます

可動は非常に優秀。ヒザ立ちもでき、外装パーツを付けても干渉しません

可動は非常に優秀。ヒザ立ちもでき、外装パーツを付けても干渉しません

外装パーツを付けても圧倒的な可動は健在

それでは外装パーツを付けていきます。外装パーツは簡単に取り外しできるので、フレームを見せたいときは取り外して飾れますよ。いわゆるガンダムトリコロールの白、赤、青の色プラが使われており、塗装しなくても劇中のイメージに近い仕上がりになります。またクリアパーツも随所に配されていて、過去に発売された1/100モデルではシール処理していた部分も、クリアパーツにすることでディテールが美しく見えるようになっていました。

外装パーツ装着。バルバトス第4形態に進化!

外装パーツ装着。バルバトス第4形態に進化!

肩、ヒザ部分のマークはクリアパーツが内部から露出している構造。外装パーツを付けても、脚部のシリンダーはそのまま見ることができますね

そしてバルバトスといえば、鈍器で殴る機体! 巨大なメイスがもちろん付属

そしてバルバトスといえば、鈍器で殴る機体! 巨大なメイスがもちろん付属

外装を付けても立てヒザ姿は難なく再現可能

外装を付けても立てヒザ姿は難なく再現可能

外装パーツを付けても動きに干渉せず、ガンダム・フレーム時と変わらず可動はスムーズです。また頭部、腰部、脚部の裏側などは、そのままガンダム・フレームが露出している部分もあり、ほかのガンダムにはないスタイルを楽しむことができますね。

武器を持ったスタイルがバシバシ決まる!

武器は巨大なメイスと太刀。さらに300mm滑空砲が付属。交換手首が2種類ずつ付属しており、握り手パーツを使って各武器を保持することができます。巨大なメイスは重さがあるのですが、片手でもしっかり保持できました。

武器は3種類。滑空砲は折りたたんで収納し、使用時に展開させます

武器は3種類。滑空砲は折りたたんで収納し、使用時に展開させます

各武装はバックパックに取り付けておくことが可能です。フル装備状態でもしっかり自立

各武装はバックパックに取り付けておくことが可能です。フル装備状態でもしっかり自立

やはりバルバトスといえば、巨大なメイスで敵を殴りつける戦闘シーンが印象的でしたよね。本キットでもそのシーンを再現できるよう、各部位の可動がとてもスムーズ、かつカチっと決まるようになっています。腰部は左右の傾きだけでなく、左右にも回転するので、状態をひねったようなポーズを取ることも可能。上体も前後にスイングし、特に顔は大きく上を向くようになっているので、ポージングが自由自在です。

巨大メイスで敵を殴りつける! 躍動的なシーンもスタンドを使って再現

巨大メイスで敵を殴りつける! 躍動的なシーンもスタンドを使って再現

太刀は両手で持つこともできます。逆さに持って敵を串刺しにしたシーンも再現可能ですね

太刀は両手で持つこともできます。逆さに持って敵を串刺しにしたシーンも再現可能ですね

手首も回転し可動するので、太刀を横持ちにして構えるポーズなども可能

手首も回転し可動するので、太刀を横持ちにして構えるポーズなども可能

滑空砲は展開すると銃身が長くなりますが、片手でしっかりグリップ部分を保持できます

滑空砲は展開すると銃身が長くなりますが、片手でしっかりグリップ部分を保持できます

劇中同様、肘で抱え込むようにして構える発射体勢を再現

劇中同様、肘で抱え込むようにして構える発射体勢を再現

片手に太刀、片手に滑空砲の両手持ちも可能。自立するのでポーズが決まります

片手に太刀、片手に滑空砲の両手持ちも可能。自立するのでポーズが決まります

最新のマスターグレードにふさわしい仕上がり

2019年最後に発売されたMGということもあり、可動やスタイルなどに最新の技術を取り入れた、とても優秀なキットとなっていました。外装パーツには、ヒザ下部分や腕部分など一部大きなパーツも使われていますが、分割線が目立たない構造になっているなど、作りやすさと見栄えのよさを両立しています。いわゆるガンダムらしさがない、斬新なスタイルと巨大な武器を持ったポージングを楽しめますよ。思いっきりウェザリングして、地上戦のバルバトスを再現するなんていうのもイイですよね。今後、ほかの形態の外装パーツが展開されることを期待しています!

個人的には第6形態用の外装パーツを別売りしてくれるとうれしいです

個人的には第6形態用の外装パーツを別売りしてくれるとうれしいです

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る