ニュース
Roland/BOSSの新製品一挙公開

あのローランドが“電子和太鼓”を開発! 家でも全力で太鼓叩ける


ローランドから、世界初となる“担ぎ桶”スタイルの電子和太鼓が発表された。また、年頭に開催された「CES 2020」や「The 2020 NAMM Show」で披露された製品も日本国内で正式発表され、おなじみのシンセサイザーやBOSSギターアンプの新モデルが続々登場している。以下より、RolandおよびBOSSブランドの2020年新製品を、演奏動画を交えながらご紹介していこう。

電子ドラムの技術を応用した電子和太鼓!

さっそく、上述の電子和太鼓から。製品型番はその名も「TAIKO-1」。パッと見からして「担ぎ桶胴太鼓」であることがわかるが、その内部には和太鼓のモデリング音源が入っている。バチで叩くと、それにあわせて太鼓音が鳴るという電子楽器だ。

ポイントは、ローランドが長年手がけてきた電子ドラムの技術を応用して開発されていること。本物の和太鼓と同様に、叩く位置によって変化する音色まで再現する。また、桶胴太鼓・長胴太鼓・締太鼓など、1台でさまざまな種類の太鼓音を切り替えて鳴らすことができる。

1.5尺の担ぎ桶胴太鼓と同等の、直径約35cmの専用3層構造メッシュ・ヘッドを採用

1.5尺の担ぎ桶胴太鼓と同等の、直径約35cmの専用3層構造メッシュ・ヘッドを採用

実際に演奏している様子。ぱっと見のサイズ感は普通の胴太鼓

実際に演奏している様子。ぱっと見のサイズ感は普通の胴太鼓

しかし、内部にモデリング音源を搭載するれっきとした電子楽器。音源の切り替えは手元のパネルから行う

しかし、内部にモデリング音源を搭載するれっきとした電子楽器。音源の切り替えは手元のパネルから行う

重量は一般的な担ぎ桶胴太鼓と同等の約4.5kgだが、分解して持ち運ぶこともできるようになっていて、単3形乾電池8本で駆動する。和太鼓演奏に欠かせない「地打ち」のフレーズなども内蔵しているほか、ヘッドホンを接続して演奏することもできるので、自宅でも本気で太鼓練習することが可能だ。

TAIKO-1は2020年夏の発売を予定しており、現時点で市場想定価格は明かされていないが、同社担当者によれば「そこまで高価にならないように調整中」とのこと。以下の動画は、和太鼓演奏グループ「鼓童」によるTAIKO-1パフォーマンスの様子で、見ればそのすごさがおわかりいただけると思う。

アコースティックデザインの電子ドラム「V-Drums Acoustic Design」

続いては、TAIKO-1にもその技術が応用された電子ドラム「V-Drums」シリーズの新モデルを紹介しよう。新しい「V-Drums Acoustic Design」は、アコースティック・ドラムに近いデザインが印象的で、2020年5月下旬に発売予定だ。

シリーズとしては、「VAD506」「VAD503」「VAD306」の3機種をラインアップ。上位のVAD 506/503は最新音源「TD-27」を搭載しておりデジタル接続が可能で、アコースティックサウンドを生かす独自のアンビエンス技術「PureAcoustic Ambience」テクノロジーも搭載。アコースティック・ドラムを叩いているかのような感覚で演奏に没入できるのが最大の特徴となる。

ミッドナイト・スパークル仕上げの木製シェルの存在感が光る「V-Drums Acoustic Design」シリーズ

ミッドナイト・スパークル仕上げの木製シェルの存在感が光る「V-Drums Acoustic Design」シリーズ

音源ユニット「TD-27」には、フラッグシップモデル「TD-50」で採用される独自のモデリング技術「Prismatic Sound Modeling」が採用されており、アコースティック・ドラムのような音色変化に対応する。アコースティックサウンドを生かす独自のアンビエンス技術「PureAcoustic Ambience」テクノロジーも搭載

以下の動画は、プロドラマー・そうる透氏がVAD506をプレイしている様子。ぜひご覧いただきたい。

スピーカー内蔵ステージピアノや88鍵MIDIキーボード・コントローラーも

ローランドの電子キーボードと言えば、30年以上にわたってプロのキーボーディストたちに選ばれ世界中のステージで使用されてきたが、この電子キーボードにも新ラインアップが続々登場した。

まずは、初めてのステージピアノとして最適な「RD」シリーズの新モデル「RD-88」をご紹介しよう。最大の特徴は、RDシリーズとして初めてスピーカーを内蔵し、RD-88単体で音を鳴らせること。さらに、本体重量は約13.5kg(ACアダプター除く)のコンパクトサイズを実現。自宅やスタジオなどさまざまな場所で活躍できるよう、持ち運びとセットアップがしやすい仕様になっている。また、同社の電子ピアノに採用される象牙調・エスケープメント付きの「PHA-4スタンダード鍵盤」を搭載するのもポイント。

内部には、RDシリーズで人気の「SuperNATURAL Piano」「E.Piano」などの音源を、RD-88用に新規チューニングして搭載している

そのほか、88鍵盤MIDIコントローラーのプロフェッショナルモデル「A-88」が、新しく「A-88MKII」にブラッシュアップ。上述のRD-88と同じく、ピアノ鍵盤として定評のある「PHA-4スタンダード鍵盤」を搭載し、演奏性の高い鍵盤をそのままスタジオに持ち込めるようになっている。視認性の高いアサイナブルの自照式ノブとパッドを搭載し、ペダル入力は3系統を装備。

本体は、堅牢性の高い木製構造で、ここに「PHA-4スタンダード鍵盤」を搭載

本体は、堅牢性の高い木製構造で、ここに「PHA-4スタンダード鍵盤」を搭載

視認性の高いマルチカラーのパッドとノブを採用。そのほか、USB Type-C接続によるクラス・コンプライアント対応で、MIDI 2.0にも対応予定としている

そのほか、新開発の音源「ZEN-Core」を搭載したモデルとして、プロ用シンセサイザー「FANTOM 6/7/8」や……

数々の歴史的なビンテージ・シンセ・サウンドを1台に融合したモデル「JUPITER-X」「JUPITER-Xm」も登場

数々の歴史的なビンテージ・シンセ・サウンドを1台に融合したモデル「JUPITER-X」「JUPITER-Xm」も登場

BOSSブランドの製品にも新モデル続々

ローランドが手がけるBOSSブランドの製品にも、新モデルが続々発表されている。独自のTube Logicテクノロジーを採用するプロ向けギターアンプ「KATANA-Artist」には、アップグレードモデルの「KATANA-Artist MkII」が登場。12インチのWAZA Speakerを搭載する出力100Wのコンボ・アンプで、新モデルでは5つのアンプ・タイプそれぞれにバリエーションが追加され、合計10種類のサウンドを搭載した。

「KATANA-Amp」シリーズの最高峰モデルに位置付けられる「KATANA-Artist MkII」。本体で同時使用できるエフェクトが5つに拡張されたほか、サウンドの輪郭特性を3タイプから選択できるCONTOURスイッチ、3つまで設定を保存できるGLOBAL EQ、ブースト音量調整ができるSOLOノブなどの多彩なツールを装備する

アコースティックギター/ボーカル用アンプ「Acoustic Singerシリーズ」の最新モデル「Acoustic Singer Live LT」も

また、2019年12月の発表時から話題になっているのがギター用のシンセサイザー「SY-1000」。豊富なシンセサウンドとモデリングギターを搭載し、それらを自由に組み合わせることで多彩なシンセサウンドをギターで鳴らせるという製品だ。従来モデル「SY-300」の6倍の処理能力を持つカスタムDSPと新規開発のサウンドエンジンを搭載した、BOSSギターシンセの最上位モデルとなる。

豊富なシンセサウンドとモデリングギターの中から、3つのサウンドを自由に組み合わせてレイヤーできる

豊富なシンセサウンドとモデリングギターの中から、3つのサウンドを自由に組み合わせてレイヤーできる

以下、ギタリストの屋敷隆一さんがSY-1000を演奏している動画で、本記事を締めくくろう。

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る