ニュース
純白パウチを採用し見た目も使用感もクリーンに

より健康リスクが低減されたBATの無煙タバコ「VELO(ベロ)」が日本上陸

加熱式タバコ「glo(グロー)」を展開することで知られるBAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)は、日本で初めて純白パウチを採用した次世代無煙タバコ「VELO(ベロ)」の発売を、2020年2月13日よりオンラインストアで開始した。また、2月24日より福岡市内のファミリーマート及び一部タバコ取扱店限定でも発売予定だ。「ベロ」は紙巻きタバコはもちろん、従来の無煙タバコと比較しても健康リスクが低減された製品だという。


<関連記事>
煙どころか蒸気も出ないタバコ「スヌース」(無煙タバコ、嗅ぎタバコ)って何だ?

口に含むだけ。電気も火も必要ない「無煙タバコ(嗅ぎタバコ)」

「ベロ」のパウチにはタバコ葉のほか、自然由来のニコチン、水、高品質なユーカリと松の木の繊維、厳選したアロマなどの材料が詰まっている。そのまま歯茎とほおの内側の間に挟んでピリピリとした刺激と味や香りを楽しむもので、「嗅ぎタバコ」に分類される商品だ。燃焼させることなく使用できるため煙も発生せず、紙巻きタバコと比べて健康リスクが低減されているという。

フレーバーは「ベロ・ポーラー・ミント・ライト」「ベロ・ポーラー・ミント・ミディアム」「ベロ・ルビー・ベリー・ライト」「ベロ・ルビー・ベリー・ミディアム」の 4種類を用意。「ポーラー・ミント」はスペアミントのすっきり爽やかな風味とメンソールのクールな刺激を、「ルビー・ベリー」はラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーを組み合わせたフルーティーで甘みのある刺激を楽しめるという。1パック20個入りで、価格は各 580 円(税込)。

ニコチン含有量は「ライト」が2mg、「ミディアム」が4mg。ただし、紙巻きタバコとは測定基準が異なるため、紙巻きタバコのニコチン含有量と単純に比較できるものではないとしている

使用法は、歯茎とほおの内側の間に挟むだけ。電気も火も必要とせず、副流煙も発生しない。口の中の水分量によって差は生じるが、最大1時間ほど味が持続する

純白のパウチで、見た目も使用感もよりクリーンに

「ベロ」の特徴は、国内で販売されている無煙タバコ製品の中で、唯一(BAT調べ)純白パウチを採用していること。パウチだけでなく中身も純白なので、見た目にもスマートなだけでなく、使用による歯への着色のリスクも抑えられる。さらに、味わいを高めるための成分やフレーバーの添加もしやすいという。

パックを開けると、歯磨き粉のようなミントの香りがただよう。タバコ葉のニオイはほとんど感じられない

パックを開けると、歯磨き粉のようなミントの香りがただよう。タバコ葉のニオイはほとんど感じられない

「ベロ」の中身(左)は一般的な無煙タバコ(右)と異なる、しっとりとした白い粉

「ベロ」の中身(左)は一般的な無煙タバコ(右)と異なる、しっとりとした白い粉

牛の歯を使用した着色実験の結果。従来の無煙タバコでは14日間で着色が見られたが、「ベロ」ではほとんど着色が見られなかった

“無煙タバコ先進国”スウェーデン生まれで、健康リスクの低減も立証済み

スウェーデン生まれの「ベロ」。スウェーデンでは無煙タバコはポピュラーで、強いキック(ニコチン)と塩みが好まれる傾向にあるという。今回、日本で発売となる「ベロ」は日本人向けとして開発されたもので、ニコチンレベルを下げ、甘いフレーバーを採用した。

「ベロ」の原料はEUの食品基準を満たしたものであり、喫煙関連疾病の主たる要因とされている化学物質の含有量は、紙巻きタバコと比較して99%、従来の無煙タバコと比較しても76%低減されているといい、数々の試験によって、ほかの喫煙具よりはるかに健康リスクが低いことが立証されているという。

「ベロ」は、すでに北欧を中心とした17か国で販売されている

「ベロ」は、すでに北欧を中心とした17か国で販売されている

BATは、同社が展開するどのタバコ製品よりも「ベロ」の有害性レベルは低いとしている

BATは、同社が展開するどのタバコ製品よりも「ベロ」の有害性レベルは低いとしている

紙巻きタバコはもちろん、従来の無煙タバコと比較しても、「ベロ」の毒性は低いという検査結果

紙巻きタバコはもちろん、従来の無煙タバコと比較しても、「ベロ」の毒性は低いという検査結果

紙巻きタバコ利用者の60%以上が無煙タバコへ切り替えているというスウェーデンは、EUの中でもっとも「40歳以上の男性が肺がんで死亡する率」が低い

「ベロ」などの無煙タバコは、改正健康増進法の対象外。2020年4月以降も、移動中や会議中など、幅広いシーンで使用できる

BATは、「ベロ」の日本での発売は、2020年4月の改正健康増進法に合わせたものではないとしながらも、日本の消費者のニーズに応える製品として推進した結果、ちょうど発売のタイミングが合った形になったという。今後の展開については、「ベロ」が日本でどのように受け入れられるかを見て検討していくとしている。

日本ではこれまであまり普及しておらず、影の薄かった無煙タバコだが、喫煙に関する社会的配慮の意識がより高まっている現状にフィットする選択肢として、今後は喫煙者からの支持が高まる可能性もありそうだ。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
喫煙具のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る