今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2020年8月3日〜9日)

【今週発売の注目製品】カシオから、八村 塁選手が監修した「G-SHOCK」が8/8に登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、カシオの「G-SHOCK GST-B100RH」や、auの5G対応スマートフォン「ZTE a1 ZTG01」、ワイモバイルの初心者向けスマートフォン「かんたんスマホ2」を紹介する。

カシオ「G-SHOCK GST-B100RH」

2020年8月8日(土)発売

カシオ計算機の耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」から、プロバスケットボールプレイヤー八村 塁選手による、初めてのシグネチャーモデル「GST-B100RH」が登場する。価格は68,200円。

同社では、八村 塁選手と2019年11月よりグローバルパートナーシップ契約を締結。「GST-B100RH」は、学生時代から「G-SHOCK」を愛用している八村 塁選手がデザインを監修したシグネチャーモデルとなる。

デザイン面では、異素材を組み合わせたベゼルが特徴の「G-STEEL」シリーズより、大型のディスク針を備えたアナログクロノグラフ「GST-B100」をベースモデルに採用。ブラックを基調にメタル部分にエッジの効いたゴールドIPを施し、クールな印象に仕上げている。

また、八村 塁選手の名前や背番号の「8(八)」にちなんで、8時のインデックスやボタンパイプ、ディスク針などに情熱的なレッドを採用。シグネチャーモデルの証しとして、裏蓋や遊環、専用パッケージには「Black Samurai logo」と呼ばれる八村 塁選手オリジナルのロゴを配している。

さらに、20気圧防水を採用。Bluetoothに対応しており、スマートフォンとの連携が可能。電源はタフソーラー(ソーラー充電システム)を採用する。

今回のシグネチャーモデルについて、八村 塁選手は「僕がイメージしたデザインそのままに完成され、すばらしいです。いろいろなファッションに合いそうでよいですね。僕のロゴが時計に刻まれているのもすごくかっこいいですし、僕にとって重要なシンボルなのでうれしいです」とコメントを寄せている。

このほか、本体サイズは58.1(幅)×53.8(高さ)×14.1(奥行)mm。重量は約101g。

ZTE「ZTE a1 ZTG01」(au)

2020年8月5日(水)発売

au(KDDI)から、5G対応スマートフォン「ZTE a1 ZTG01」(ZTE製)が発売される。

au初のZTE製スマートフォン。表示部は、フルHD+解像度(2340×1080ドット)の約6.5型液晶ディスプレイを装備。カメラ機能は、メインカメラが約4800万画素カメラ+約800万画素カメラ+約200万画素カメラ+深度測位カメラ(ToF)で構成。インカメラは約3200万画素だ。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 765G 5G Mobile Platform」、メモリーが6GB、ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDXCメモリーカード(最大1TB)に対応。OSは「Android 10」をプリインストールする。

通信面では、5G(sub6)が受信時最大2.1Gbps、送信時最大183Mbps。セキュリティ機能は、背面の指紋センサーを使った指紋認証に対応する。バッテリー容量は3900mAh。電池持ち時間は、約115時間(5Gエリア)、約135時間(4G LTE/WiMAX 2+エリア) 。

本体サイズは約76(幅)×164(高さ)×9.2〜10.1(奥行)mm、重量は約190g。ボディカラーはブラック。

京セラ「かんたんスマホ2」(ワイモバイル)

2020年8月6日(木)発売

ワイモバイルから、初心者向けのスマートフォン「かんたんスマホ2」(京セラ製)が発売される。

5.6型の有機ELディスプレイを搭載し、文字や写真などが鮮明で見やすくなったのが特徴。キーボードを見やすいレイアウトに工夫することで、スマートフォンの文字入力に慣れていないスマートフォン初心者でもストレスを感じることなく文字入力ができるという。

また、「電話」「メール」「ホーム」への切り替え操作がワンタッチでできる3つの専用キーを搭載し、迷うことなく操作することが可能だ。

さらに、操作で困った場合に、ホーム画面のサポートボタンを押すだけで内容を診断して解決する機能「押すだけサポート」を搭載。解決できない場合は、「かんたんスマホ」専用のカスタマーセンターに電話で問い合わせができ、専任のオペレーターに無料で直接相談できる。

加えて、振り込め詐欺や悪質なセールスなどで使用されている不審な電話番号を自動で判別し、発着信時に警告表示・自動ブロックを行う「迷惑電話対策」機能を搭載。カメラを対象物にかざすだけで、それに関する検索が簡単にできる「Google レンズ」に対応する。

主な仕様は、ディスプレイが5.6型HD+有機EL(1480×720ドット)、プロセッサーが「MT6761」、メモリーが3GB、ストレージが32GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大512GB)に対応。OSは「Android 10」をプリインストールする。

モバイルネットワークの通信速度は、下りが最大112.5Mbps、上りが最大46Mbps。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0に対応する。カメラ画素数は、背面が約1300万画素、前面が約500万画素。

バッテリー容量は3300mAh。連続通話時間は、約1500分(FDD-LTE網)/約1400分(W-CDMA網)/約960分(GSM網)。連続待受時間は、約690時間(FDD-LTE網)/約680時間(AXGP網)/約710時間(W-CDMA網)/約740時間(GSM網)。

このほか、IPX5・IPX8の防水、IP6Xの防じん、ワンセグに対応。本体サイズは71(幅)×159(高さ)×8.9(奥行)mm。重量は約151g。

ボディカラーは、シルバー、レッド、ネイビーの3色を用意する。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る