レビュー
レギュラー派の人なら試すべき

“史上最高に濃い味わい”「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」

吸いごたえはあるのにニオイがないという、まさに未来タバコを体現している低温加熱式タバコ「プルーム・テック・プラス」。その専用たばこカプセルの最新フレーバー「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」は、濃厚さを追求したレギュラー味だ。JT独自の“ゴールドリーフ” を熟成させたことで、“史上最高に濃い味わい”を実現したという。

「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」。2020年10月30日より全国発売予定。たばこカプセル5本+カートリッジ1本入りで550円(税込)

「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」。2020年10月30日より全国発売予定。たばこカプセル5本+カートリッジ1本入りで550円(税込)

「低温加熱式タバコは喫味が弱い」という常識を覆した「プルーム・テック・プラス」

「プルーム・テック・プラス」は低温加熱式だが、リキッドの調整やタバコ葉の増量など、技術を駆使して喫味を強化した機種である。今までレギュラー味は、「メビウス・ロースト」「メビウス・マイルド」「メビウス・ゴールド・ロースト」の3種展開だったが、ここに来て「メビウス・ロースト」が退場(終売)、今回新たに「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」が追加された。

高温加熱式タバコと違い、タバコ葉を仕込んだカプセルとあわせて使用する、リキッド入りのカートリッジが同梱されている

高温加熱式タバコと違い、タバコ葉を仕込んだカプセルとあわせて使用する、リキッド入りのカートリッジが同梱されている

ゴールドリーフとは何か?

JTが技術を結集して作り上げた種、畑、技にこだわり抜いた純国産タバコ葉が、ゴールドリーフである。数千種類から選ばれた濃い味わいの“幻の品種”であり、それを畑で長期熟成することで旨味をアップさせたという。

「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」は、熟成ゴールドリーフを100%使用しているのが特徴で、タバコらしさを追求するため、カートリッジにも香料不使用、甘さも抑えたというから徹底している。

カプセルの中には粉砕された熟成ゴールドリーフ

カプセルの中には粉砕された熟成ゴールドリーフ

長期熟成で進化させたゴールドリーフの実力!「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」を吸ってみた

たばこカプセル装着時に嗅いだところ、ツンとするようなクセのある香りがした。わずかに堆肥感のある(人によっては田舎のニオイと表現する)この香り、「ゴロワーズ」や「ジタン」などの海外タバコで使用される、畑で熟成させた黒タバコ的なニオイだ。

ゴールドリーフも畑で熟成している分、そうした発酵臭がある。とはいえ、実際に吸うと気にならないので安心してほしい。

それよりも気をつけたいのは吸い方だ。「プルーム・テック・プラス」でレギュラー味を吸うと、のどがイガイガすると言う人がいるが、それは速く勢いよく吸い込んでしまっているから。

少しゆっくりと3秒間程度吸い込んで蒸気を口の中に溜めてからおもむろに肺に入れるクールスモーキングでないと、本当の味がわからないのだ。

クールに吸うと、ストイックに甘さを抑えた濃厚な熟成ゴールドリーフの旨味がじわりと広がって、実においしい。わずかにグリセリン類由来の甘みはあるが、蒸気はかなり煙のフィールに近く、ニコチンの辛みとタバコ葉の旨味が合体して、キリッと味わえる。

吸い方に気をつけないと、イガイガや辛みが出るので注意が必要だ

吸い方に気をつけないと、イガイガや辛みが出るので注意が必要だ

“史上最高に濃い味わい”というのは、たばこカプセルの中ではその通り。ただ、高温加熱式用スティック特有の、タール9割減で1割残った雑味がない分、すっきりとしている。それでいて喫味は従来のゴールドリーフ製品より確実に強い。この新境地はレギュラー派の人なら試すべきだろう。

※本記事は喫煙を推奨するものではありません。ご利用にあたっては、健康リスクなどをご考慮のうえ、注意・マナーを守ってご使用ください。

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
喫煙具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る