レビュー
「プルーム・エス」専用スティックに新フレーバー

芳醇すぎる!?「キャメル・メンソール・マスカットグリーン」が意外と旨い

JT「プルーム・エス」の専用たばこスティックで人気なのが、ワンコインで買える「キャメル」シリーズだ。今回、新たなフレーバーメンソール「キャメル・メンソール・マスカットグリーン」が加わったというので、さっそく味わってみた。

「キャメル・メンソール・マスカットグリーン」。2020年11月16日発売で、20本入り500円(税込)

「キャメル・メンソール・マスカットグリーン」。2020年11月16日発売で、20本入り500円(税込)

フィルムをはがした途端に強烈な芳醇マスカットアロマが広がる!

2020年11月現在、プルーム・エス用たばこスティックは、全11種類(レギュラー系2種、メンソール系9種)。「キャメル」としては7番目のフレーバーとなるのが、今回発売となる「マスカットグリーン」だ。

マスカット自体はベイプでも人気のフレーバーだが、同時に添加されるメンソールの強度や種類、香料の強弱によってケミカル感が強くなりやすく、実は難度の高いフレーバーでもある。

グリーンを基調としたボックスのフィルムをはがすと、途端に強力なアロマが広がった。目の前に熟したマスカットがポンッと置いてあるような、強力で濃厚なアロマだ。ただ、どこかケミカル感もあり、少々やりすぎじゃないかと心配になる。嫌な予感がする。

レギュラー1種のほかはすべてメンソールタイプの「キャメル」

レギュラー1種のほかはすべてメンソールタイプの「キャメル」

キャメルのラクダアイコン。今回はグリーンのラクダがずらり

キャメルのラクダアイコン。今回はグリーンのラクダがずらり

加熱前でも置き型芳香剤並みに周囲に広がるアロマ

加熱前でも置き型芳香剤並みに周囲に広がるアロマ

吸ってみると意外においしかった「マスカットグリーン」!

実際に吸ってみると、その心配は杞憂だったことがわかった。ペパーミント系の派手な刺激が喉奥に広がり、爽快感がバッと広がる。そこをふわりと包み込むような白ぶどう感も不自然ではなく、普通においしいマスカットメンソールだった。白ぶどうインパクトがあるので、「ワインは赤より白」という人にも向いていると思う。

やはり吸ってみないとわからないものだなと、何気なく喫煙中のスティックのニオイを嗅ぐ。あ、これはちょっとアロマが強すぎるかもしれない。白ぶどうを加熱してしまったような(実際にしているが)ちょっとばかり不思議な香りがする。余計なことをしなければよかった。

きちっと吸えば辛めのメンソールとともに、上質なタバコ葉の旨味も感じられて、完成度は高い。メンソールファンだったら、一度は試すべきかと思うが、加熱中のスティックはあまり鼻を近づけて嗅がないのがおすすめだ。

なぜ吸うとおいしくて、嗅ぐとニオイが気になるのか

なぜ吸うとおいしくて、嗅ぐとニオイが気になるのか

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
喫煙具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る