ガンプラ組み立てレビュー
バード形態への変形も実現

まさに“集大成”と言える完成度! 「RG ウイングガンダム」組み立てレビュー

1/144スケールながら、緻密なパーツ構成と質感表現が美しい「RG(リアルグレード)」のガンプラシリーズに、TV版の「ウイングガンダム」が登場しました。組み立ててみたところ、ここ最近続いていた「新機動戦記ガンダムW」のガンプラシリーズの集大成と言うべき完成度の高さだったので、ご紹介させてください。

「RG 1/144 ウイングガンダム」です

「RG 1/144 ウイングガンダム」です

RGシリーズといえば、実機考証に基づいたハイディテールや可動、色の塗り分けなど、こだわり抜かれているのが特徴。素組みで組み立てるだけで、細かな部分まできれいに塗り分けされた状態で完成します。さらにオリジナルの「リアリスティックデカール」にはメタリックのシールなどが付属しており、貼ることでさらにディテールアップできます。

RGオリジナルのリアリスティックデカール。メタリックのシールが多数あります

RGオリジナルのリアリスティックデカール。メタリックのシールが多数あります

まずは素組みの完成状態から

まずは素組みの完成状態から

脚や足先の細かな部分まで塗り分けされています。また、本体のホワイトのパーツは2色で構成されており、メリハリの効いた仕上がりになっていますね。

オリジナルギミックを搭載した美しい翼は展開可能!

では可動を見ていきましょう。肘や膝は二重関節です。肩アーマーが大きいのですが、手前、奥側にも動かせるほか、跳ね上げることもできるので腕の自由度は高いですね。

腕の可動域は広いです。なお、腰の回転は可能ですが、前後の動きはあまりありません

腕の可動域は広いです。なお、腰の回転は可能ですが、前後の動きはあまりありません

また、背中の大きな翼の基部に「アドヴァンスドMSジョイント」を採用しており、自由な可動と安定した保持が可能になっています。

RGシリーズ独自の完成済み可動パーツ「アドヴァンスドMSジョイント」。今回は翼基部のみに使います

RGシリーズ独自の完成済み可動パーツ「アドヴァンスドMSジョイント」。今回は翼基部のみに使います

そして注目なのが、翼部分です。実機考証に基づき、鳥をイメージしたオリジナルギミックが導入されています。具体的には、HG版では2枚羽だった翼を、スライドさせることで6枚に展開可能。EW版(レビューはこちら)も翼を自在に動かせましたが、今回はそれとはまた違った印象になりますね。

リアリスティックデカールを好みの場所に貼り、スミ入れをしてみました

リアリスティックデカールを好みの場所に貼り、スミ入れをしてみました

うしろから。翼の基部に「アドヴァンスドMSジョイント」が使われています

うしろから。翼の基部に「アドヴァンスドMSジョイント」が使われています

赤い翼部分が独立して可動し、さらに翼をスライドさせると6枚の羽に展開可能。このギミックはRGならではです

赤い翼部分が独立して可動し、さらに翼をスライドさせると6枚の羽に展開可能。このギミックはRGならではです

HG版(写真右)と比較すると一目瞭然。翼の表現方法が多彩になります

HG版(写真右)と比較すると一目瞭然。翼の表現方法が多彩になります

翼は左右だけでなく、このようにうしろに展開することもできます

翼は左右だけでなく、このようにうしろに展開することもできます

躍動感あるポーズで武装を構えられる

武装はバスターライフルとシールド、そしてビームサーベルです。専用の持ち手が用意されているので、通常手首と交換するだけで装備可能。また、バスターライフルにはカートリッジを取り外せるギミックが追加されていました。

バスターライフルとシールドを装備。シールドは腕に固定できます

バスターライフルとシールドを装備。シールドは腕に固定できます

バスターライフルは大きく重さもありますが、安定して保持可能

バスターライフルは大きく重さもありますが、安定して保持可能

シールドを折り曲げることでビームサーベルの柄が露出するギミックがあります

シールドを折り曲げることでビームサーベルの柄が露出するギミックがあります

ビームサーベルの刃はクリアグリーン。専用の手首パーツで保持します

ビームサーベルの刃はクリアグリーン。専用の手首パーツで保持します

肩、胴体部分の可動ギミックにより、アニメで見た射撃ポーズなどを再現しやすいです

肩、胴体部分の可動ギミックにより、アニメで見た射撃ポーズなどを再現しやすいです

バード形態への変形も完全再現

もちろんバード形態への変形も可能。爪部分の引き出し構造は本キットのオリジナルで、よく考えられています。

腕のパーツをずらすことで爪パーツが手首側にせり出すようになっています。このギミックはRGオリジナルですね

腕のパーツをずらすことで爪パーツが手首側にせり出すようになっています。このギミックはRGオリジナルですね

変形してきましょう。肩アーマーを引き出し下に向けます。首と脚を後ろ前にして膝関節をいじり、足を変形

変形してきましょう。肩アーマーを引き出し下に向けます。首と脚を後ろ前にして膝関節をいじり、足を変形

シールドとライフルを付ければバード形態に変形完了。ライフルの重みでシールドがちょっと曲がってしまいますね

シールドとライフルを付ければバード形態に変形完了。ライフルの重みでシールドがちょっと曲がってしまいますね

翼が6枚に広がるので、アニメよりも本物の鳥に近いスタイルに見えますね。また、取扱説明書にちらっと掲載されていただけなのですが、脚を折り曲げて、攻撃体勢の鳥のようなポーズにすることもできました。

脚を曲げると、攻撃体勢の鳥のようなポージングに

脚を曲げると、攻撃体勢の鳥のようなポージングに

「新機動戦記ガンダムW」のガンプラシリーズの集大成

この1年は、HG、MGともに「新機動戦記ガンダムW」のガンプラが多数発売されました。今回の「RG ウイングガンダム」はまさにその集大成とも言うべき完成度です。オリジナルの翼のギミックもかっこいいですし、各所を細かく調節して動かせるので、さまざまなポージングが取れるのもいいですね。

スタンドのアタッチメントパーツが付属しており、別売りのスタンドでディスプレイ可能

スタンドのアタッチメントパーツが付属しており、別売りのスタンドでディスプレイ可能

TVアニメさながらの躍動感ある射撃ポーズも再現できて楽しいです

TVアニメさながらの躍動感ある射撃ポーズも再現できて楽しいです

RGシリーズは、緻密なパーツ構成やリアリスティックデカールのおかげで、素組みでも美しく仕上がるのが魅力。MGに比べるとお値段が手ごろなこともあり、かなり満足度の高いキットでした!

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る