レビュー

低温加熱式タバコの新型「プルーム・テック・プラス・1.5」は、使い勝手向上&充電時間短縮!

低温加熱式のタバコ用デバイスと言えば、JTの「Ploom TECH(プルーム・テック)」シリーズが代表格です。低温加熱式のため、高温加熱式より喫味はおだやかながら、その分ニオイは圧倒的に極少。また、加熱の待ち時間がないことも大きな特徴です。

同シリーズには元々、3タイプがラインアップされています。完全オートスイッチとスリムデザインがウリの「Ploom TECH(プルーム・テック)」、スタイリッシュさと吸い応えを両立させた「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」、コンパクトかつ使用状況がわかるディスプレイを搭載した「Ploom TECH+ with(プルーム・テック・プラス・ウィズ)」です。

そして、2022年1月18日に「プルーム・テック・プラス」のバージョンアップ版「Ploom TECH+ 1.5(プルーム・テック・プラス・1.5)」が発売されました。

写真上から、「プルーム・テック」、「プルーム・テック・プラス」、そして新作の「プルーム・テック・プラス・1.5」

写真上から、「プルーム・テック」、「プルーム・テック・プラス」、そして新作の「プルーム・テック・プラス・1.5」

本稿では、2019年にデビューした旧モデル「プルーム・テック・プラス」と比較しながら、「プルーム・テック・プラス・1.5」で進化した点をレポートしていきます。

★加熱式タバコ選びに悩んでいる人はこちらもチェック!★
《2022年最新》加熱式タバコ全機種解説! アイコス、プルーム、グロー、リル ハイブリッドを比較
https://kakakumag.com/hobby/?id=9669
「加熱式タバコ」増税後のスティック価格まとめ! コスパ最強の組み合わせはどれ!?
https://kakakumag.com/hobby/?id=17570

フル充電時間が90分から60分へ

「プルーム・テック・プラス・1.5」と旧モデルとの違いで、大きく変わったのは2点。ひとつは、フル充電時間が90分から60分へと大幅に短縮されたことです。これは、充電端子が「micro USB」から「USB Type-C」に変更されたことが寄与しているのでしょう。

充電時間が単純に2/3に減ったことはもちろん、「USB Type-C」を採用するスマホやPCといったデジタルデバイスと充電ケーブルを共有できるのもうれしいポイントです。ちなみに、当然旧モデルの充電ケーブルは「プルーム・テック・プラス・1.5」では使えませんが、「USB Type-C ケーブル」が「スターターキット」に同梱されているのでご安心を。

充電端子の位置は、新旧モデルで変更なし

充電端子の位置は、新旧モデルで変更なし

「スターターキット」には、デバイス本体とACアダプター、「USB Type-C ケーブル」などが入っています

「スターターキット」には、デバイス本体とACアダプター、「USB Type-C ケーブル」などが入っています

もうひとつの大きな進化ポイントは、部品の組み立てやリキッドカートリッジの交換がより簡単になったこと。旧モデルではカプセルホルダー(マウスピース)の着脱がネジ式だったのが、新モデルではワンタッチ式に変更されました。ちなみにこのワンタッチ式は、「プルーム・テック・プラス・ウィズ」ですでに採用されている仕様です。

「プルーム・テック・プラス・1.5」(左)は、カプセルホルダーをワンタッチで着脱可能に。旧モデル(右)はネジ式でした

「プルーム・テック・プラス・1.5」(左)は、カプセルホルダーをワンタッチで着脱可能に。旧モデル(右)はネジ式でした

旧モデルでは、カプセルホルダーを装着するには、3周ほどネジのように回す必要がありましたが、新モデルではネジ式に変更されたことにより、1回ひねるだけでカートリッジが装着可能になりました。

また、旧モデルは、本体がバッテリーとカートリッジカバーに分かれる設計でしたが、新モデルは一体型に。一体型であれば、ホコリなどに対する防塵性能も向上するので、マシントラブルが起こりにくくなったとも言えるでしょう。

「プルーム・テック・プラス」(上)と「プルーム・テック・プラス・1.5」(下)をそれぞれ分解した様子

「プルーム・テック・プラス」(上)と「プルーム・テック・プラス・1.5」(下)をそれぞれ分解した様子

なお、タバコカプセルとカートリッジは、旧モデルと同じものを使用。従来どおり、コンビニなどで売られている「プルーム・テック・プラス 専用タバコカプセル」を利用します。吸える回数も、タバコカプセル1個につき50パフ(吸引)と変更はありません。

新旧モデルを両方吸ってみたところ、喫味の違いは特にありませんでした。また、50パフに到達するとタバコカプセル交換サインが出る、などの仕様も旧モデルと同じ。そのほか、電源オン/オフの操作法や、バッテリー残量などの使用状況を知らせるLEDの光り方も旧モデルから変更はありません。

「プルーム・テック・プラス・1.5」の使い方は旧モデルと同じですが、利便性は向上。メーカー希望小売価格も同じ2,980円(税込)で、「プルーム・テック・プラス」から「プルーム・テック・プラス・1.5」へ移行することは、基本的にはメリットしかないと言えるでしょう

「プルーム・テック・プラス・1.5」の使い方は旧モデルと同じですが、利便性は向上。メーカー希望小売価格も同じ2,980円(税込)で、「プルーム・テック・プラス」から「プルーム・テック・プラス・1.5」へ移行することは、基本的にはメリットしかないと言えるでしょう

デザインもプチ進化! カラーは5色をラインアップ

「大きく変わったのは2点」と先述しましたが、小さく変わったポイントはほかにもあります。

まずは、デザインのちょっとした変更。サイズや重量は、ほぼ同じ(スペック上では新モデル「プルーム・テック・プラス・1.5」は直径が1mm細くなり、重量は4g軽量化)ですが、カプセルホルダー(口でくわえる部分)や本体中央のリングの色が若干変更されており、ロゴデザインも少しだけ異なります。ややシックなデザインは、「プルーム・テック・プラス」版で限定発売された「RELAX MODE COLORS」を彷彿(ほうふつ)とさせます。

手前が「プルーム・テック・プラス・1.5」で、奥が「プルーム・テック・プラス」。よく見ると、カートリッジの窓が、少し横幅が狭くなり、かつ縦に広くなったこともわかります

手前が「プルーム・テック・プラス・1.5」で、奥が「プルーム・テック・プラス」。よく見ると、カートリッジの窓が、少し横幅が狭くなり、かつ縦に広くなったこともわかります

そして、リニューアルにともなうカラーバリエーションは5色。今後、先述の「RELAX MODE COLORS」のような限定色も登場するとは思いますが、ひとまずは本稿のメインで紹介している「モダンブラック」のほか、「ピュアホワイト」、「ウォームアイボリー」、「ランプオレンジ」、「プラントカーキ」の全5色で展開されます。

左から、「モダンブラック」、「ピュアホワイト」、「ウォームアイボリー」、「ランプオレンジ」、「プラントカーキ」

左から、「モダンブラック」、「ピュアホワイト」、「ウォームアイボリー」、「ランプオレンジ」、「プラントカーキ」

【まとめ】既存ユーザーだけでなく、低温加熱式が気になる人にも!

ニオイに配慮が必要な環境で吸う機会が多い愛煙家の人に、またひとつ選択肢が増えました

ニオイに配慮が必要な環境で吸う機会が多い愛煙家の人に、またひとつ選択肢が増えました

旧モデルの「プルーム・テック・プラス」は、「Ploom Shop」各店や「CLUB JTオンラインショップ」、「JT公式Ploom楽天市場店」では販売を終了しており、すでに「プルーム・テック・プラス・1.5」に切り替わっています。

「プルーム・テック・プラス・1.5」は、先述したようにメリットだらけなので、充電時間やリキッド交換の手間を減らしたい旧モデルユーザーは、買い替えをおすすめします。そしてもちろん、低温加熱式タバコへの移行を検討している人は、候補のひとつに入れるべきでしょう。

★加熱式タバコ選びに悩んでいる人はこちらもチェック!★
《2022年最新》加熱式タバコ全機種解説! アイコス、プルーム、グロー、リル ハイブリッドを比較
https://kakakumag.com/hobby/?id=9669
「加熱式タバコ」増税後のスティック価格まとめ! コスパ最強の組み合わせはどれ!?
https://kakakumag.com/hobby/?id=17570

中山秀明

中山秀明

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とWebメディアを中心に編集と撮影をともなう取材執筆を行うほか、TVや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
喫煙具のその他のタグ
ページトップへ戻る