月額2,315円でPS3の150タイトルが遊び放題「PlayStation Now」に期待

PS4本体の値下げ発表もあった「SCEJA Press Conference 2015」をレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、2015年9月17日から千葉の幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2015」に先駆け、「SCEJA Press Conference 2015」を開催した。期待度が高い「プレイステーション 4」(PS4)のバーチャルリアリティ(VR)システムや、PS4でPS3のタイトルが遊べる「PlayStation Now」のβテストスタートの話も飛び出すなど充実した内容となったほか、なんとPS4本体の値下げも発表されたSCEJAカンファレンスをレポートする。

登壇者たちのバックには、9月15日より始まったPS4の魅力を伝えるキャンペーン「できないことが、できるって、最高だ。」の文字が見える

これでもか!の勢いで発表された、数々のPS4向けタイトルを一挙紹介

2015年7月31日現在、全世界で2530万台の売り上げを突破し、ますます勢いに乗る「プレイステーション 4」。そして、日本で好調な売れ行きをみせる「プレイステーション ヴィータ」(PS Vita)。それらハードを含めた、国内プレイステーションビジネスにおける販売戦略発表の場として設けられたのが、2015年9月15日に六本木ミッドタウンで開催された「SCEJA Press Conference 2015」だ。堅苦しいタイトルがついているが、主な内容は、17日からスタートする東京ゲームショウに合わせての新タイトル発表と、新たなサービスのお知らせ、そしてPS4本体の値下げや各種アクセサリーのお披露目だった。

最初に登壇したのは、SCEJAのプレジデントである盛田厚氏。昨年と比べてPS4のタイトルが約4倍に増えたことや、9月17日よりPS Vitaの新色が発売になることに触れると、その場をSCEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏へと譲った。

PS Vitaのカラーバリエーションが増加。低年齢のユーザーが増えたことも、あわせて語られた

PS Vitaのカラーバリエーションが増加。低年齢のユーザーが増えたことも、あわせて語られた

吉田氏は最初に、PS4用大ヒットタイトル「Bloodborne」の大型ダウンロードコンテンツ「Bloodborne The Old Hunters」を取り上げた。やり応えのある難易度で全世界のプレイヤーを虜にしたタイトルの追加コンテンツということで、今から胸を躍らせている人も多いだろう。2015年11月24日から2,000円(税別)でいよいよ配信となるが、この機会に遊びたいという人向けに本編とダウンロードコンテンツをセットにした完全版「Bloodborne The Old Hunters Edition」も、2015年12月3日に同時発売されるとアナウンスされた。価格は、ディスク版が5,900円、ダウンロード版が4,900円(いずれも税別)。

伝説のハンターたちの物語が明らかになる、PS4タイトル「Bloodborne」用の大型ダウンロードコンテンツ「Bloodborne The Old Hunters」

次に紹介されたのは、昨年はチラ見せにとどまった「みんなのGOLF」の最新作。タイトルが「New みんなのGOLF」に決定し、発売も2016年中と発表された。従来のホールごとではなく、コースを丸ごとオープンワールドの舞台として、世界中の人と交流しながらゴルフをプレイするなど、これまでにない楽しみ方を味わえるようだ。さらに、PS4向けタイトルとしてアクションアドベンチャー「アンチャーテッド」シリーズ最新作「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」が、2016年3月18日に全世界同時発売決定と公開された。

コース内をカートで走ったり、大勢のキャラクターと会話しているシーンを見る限り、大勢と交流できそうだ

コース内をカートで走ったり、大勢のキャラクターと会話しているシーンを見る限り、大勢と交流できそうだ

PS3を代表するタイトル「アンチャーテッド」シリーズも、PS4向けとして登場する

PS3を代表するタイトル「アンチャーテッド」シリーズも、PS4向けとして登場する

次の映像は、PS Vitaで2012年に発売された「GRAVITY DAZE」だが……2015年12月10日にPS4タイトルとして、美しくダイナミックに生まれ変わるとアナウンス。本日より、「figma」とコラボレーションしたフィギュアを同梱するPS4版「GRAVITY DAZE」の予約受付がスタートするだけでなく、あわせて「GRAVITY DAZE」シリーズ新作「GRAVITY DAZE 2」がPS4にて2016年に発売されることも発表された。

グラフィックがより美しくなったPS4用「GRAVITY DAZE」

グラフィックがより美しくなったPS4用「GRAVITY DAZE」

PS4版「GRAVITY DAZE 2」の発売もアナウンスされた

PS4版「GRAVITY DAZE 2」の発売もアナウンスされた

吉田氏からバトンを受け継いだのは、ユービーアイソフトの代表取締役社長 兼 アジア代表取締役社長のスティーヴ・ミラー氏。全世界初公開となる動画で、騎士やバイキング、サムライが戦う完全新規アクション「For Honor」と、同社の看板タイトル「アサシン クリード」シリーズ「アサシン クリード シンジケート」の追加DLCコンテンツ「切り裂きジャック」を、流暢な日本語で紹介した。

4対4のチーム戦で戦うアクションゲーム「For Honor」は、PS4用タイトルとして登場

4対4のチーム戦で戦うアクションゲーム「For Honor」は、PS4用タイトルとして登場

セガゲームスは、「龍が如く」10周年を記念したプロジェクト第1弾として、「龍が如く 極」をPS4/PS3で発売すると、取締役CCOの名越稔洋氏が発表。シリーズ1作目である「龍が如く」を最新技術でリメイクした作品で、数多くのシナリオや新要素、当時入れたくても入れられなかったコンテンツなどが追加されており、2016年1月21日発売を予定している。さらに、ナンバリングタイトル最新作「龍が如く6(仮称)」を、東京ゲームショウ2015の会場で発表することも明かされた。こちらはPS4専用となり、2016年秋ごろの発売を目指して鋭意開発中とのこと。なお、「龍が如く 極」には、PS4版「龍が如く6(仮称)」先行体験版が封入される。ひと足先に体験したいという人には朗報だろう。

PS4とPS3向けタイトルとして発売される、「龍が如く」のリメイク作「龍が如く 極」

PS4とPS3向けタイトルとして発売される、「龍が如く」のリメイク作「龍が如く 極」

ナンバリングタイトル最新作「龍が如く6(仮称)」は、PS4オンリーでの発売に

ナンバリングタイトル最新作「龍が如く6(仮称)」は、PS4オンリーでの発売に

以降、映像のみとなるが、SNKプレイモアが「THE KING OF FIGHTERS XIV」を発表しほか、スクウェア・エニックスが「Just Cause 3」の新映像を、セガゲームスがPS4版「ファンタシースターオンライン2」の映像を、エレクトロニック・アーツが「StarWars バトルフロント」PS4版映像を、立て続けに公開した。

SNKプレイモアがPS4向けに「THE KING OF FIGHTERS XIV」を発売すると発表

SNKプレイモアがPS4向けに「THE KING OF FIGHTERS XIV」を発売すると発表

映像が終わり、このタイミングで登壇したのが、バンダイナムコエンターテインメント執行役員 CS事業部 事業部長の渡邉浩孝氏。同社の強みを生かしたキャラクターゲームを展開していくとのことで、「ワンピース バーニングブラッド」「機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE」の2タイトルを公表。どちらも国内で人気のある作品だけに、完成が待ち遠しい人も多いだろう。なお、「機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE」は、この秋から放映開始となる「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、主役のモビルスーツが参戦することも明かされた。

PS4とPS Vita向けに発売される「ワンピース バーニングブラッド」

PS4とPS Vita向けに発売される「ワンピース バーニングブラッド」

「機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE」は、PS Vita用として今冬発売予定

「機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE」は、PS Vita用として今冬発売予定

コーエーテクモゲームスからは、ゼネラル・プロデューサーのシブサワ・コウ氏が登場。同じくゼネラル・プロデューサーの小笠原賢一氏を招き、2015年に30周年を迎える「三国志」シリーズ最新作「三国志13」を紹介。発売日は、日本記念日協会から認定された「三国志の日」でもある2015年12月10日。また、オープンワールドを採用したハンティングアクション最新作「討鬼伝2」と、2005年に発表されたまま10年音沙汰のなかった「仁王」が、PS4独占で2016年に発売となることもあわせて発表となった。「仁王」についてシブサワ・コウ氏が“ザ・戦国死にゲーです”と表現していたのが印象的だった。

シリーズ最新作「三国志13」は、PS4とPS3のマルチで2015年12月10日発売

シリーズ最新作「三国志13」は、PS4とPS3のマルチで2015年12月10日発売

オープンワールドになるハンティングアクションの「討鬼伝2」は、2016年にPS4、PS3、PS Vitaで発売予定だ

オープンワールドになるハンティングアクションの「討鬼伝2」は、2016年にPS4、PS3、PS Vitaで発売予定だ

2005年に発表され、2010年の東京ゲームショウで片鱗を見せたタイトル「仁王」が、PS4独占で2016年に登場

2005年に発表され、2010年の東京ゲームショウで片鱗を見せたタイトル「仁王」が、PS4独占で2016年に登場

続いて、スクウェア・エニックスの執行役員である橋本真司氏が、2016年発売予定の「WORLD OF FINAL FANTASY」と「SaGa SCARLET GRACE」、そして2016年2月25日に発売が決定した、未開惑星フェイクリードを舞台にしたストーリーが展開する「スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-」を映像で紹介。いずれも息の長い、そして人気のあるタイトルなので、期待も膨らむというもの。また、3つの作品からなるタイトル「KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue」も発売が決定した。

PS4とPS Vitaのマルチプラットフォームで発売される「WORLD OF FINAL FANTASY」

PS4とPS Vitaのマルチプラットフォームで発売される「WORLD OF FINAL FANTASY」

2014年12月に、「SAGA2015(仮)」として発表されていたタイトルが、「SaGa SCARLET GRACE」としてPS Vitaで2016年に発売決定

PS4とPS3で発売されるのが、「スターオーシャン」シリーズ最新作「スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-」。1作目からプレイしていなくても、問題なく遊べるとのことだ

PS4向けタイトル「KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue」は、「KINGDOM HEARTS Dream Drop Distance HD」「KINGDOM HEARTS X Back Cover」「KINGDOM HEARTS 0.2 Birth by Sleep - A Fragmentart Passage-」の3本を1つにまとめた作品

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.15 更新
ページトップへ戻る