アニメだけじゃもったいない! ゲームも一緒にプレイして盛り上がるべし

ヒロアカ、ジョジョ、おそ松さんも! “アニメ×ゲーム”で楽しもう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

新生活が始まる4月は、テレビも新しい番組が続々スタート。その中から、今回はゲーム化されたアニメ、もしくはゲームがアニメ化されたタイトルをピックアップしてみた。春アニメだけでなく、夏アニメや社会現象となるほどの人気となった作品もあり。アニメを見て楽しんで、さらにゲームをプレイしてもっと盛り上がろう。

「異議あり!」を叩きつける快感がクセになる痛快法廷バトル
【3DS】逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price!

無実の罪に苦しむ依頼人を救うべく弁護士となり、証人のウソの証言に「異議あり!」の名文句と共にゆさぶりをかけ、ムジュンを突きながら真実を解き明かしていくコミカルかつ痛快な法廷バトルゲーム「逆転裁判」が4月からTVアニメ化された(読売テレビ・日本テレビ系にて土曜日17時30分〜放送)。主人公はゲーム本編でもおなじみの「ナルホド」こと新米弁護士・成歩堂龍一。成長していくナルホドの活躍ぶりをアニメで見て、自分の手でも依頼人を救ってみたくなった人もいるのではないだろうか。絶対絶命のピンチを逆転し、事件の真実を暴いた時の爽快感はハンパじゃない! アニメで興味を持ったなら、アニメのベースとなる初代「逆転裁判」と「2」がお得に楽しめる「逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price!」をプレイしてみよう。アニメとの違いを見比べるのもオツなものだ。

「逆転裁判123」は、主人公ナルホドの成長も見どころのひとつ。実は、ナルホドのライバルである御剣検事はナルホドの幼なじみでもある。アニメでは、ゲームでは描かれなかった彼ら幼なじみのエピソードも用意されているという。これは、両方楽しむしかない!

事件の舞台や題材の面白さも「逆転裁判」の魅力。時代劇風の特撮やサーカス、怪人など、ぶっ飛んだキャラクターが目白押し!

シリーズ初期作で「逆転裁判」にハマったら、2016年6月9日発売予定の「逆転裁判6」でさらに世界観を深めてみるものいい。本作はアジアの架空の小国「クライン王国」と「日本」の2つの法廷を舞台に、弁護士としてすっかり成長した成歩堂龍一と「逆転裁判4」の主人公だった王泥喜法介がW主人公となってそれぞれの国で活躍する。国民全員がクライン教を信仰しているクライン王国では霊媒の力で判決が下る裁判が行われるため、弁護士は忌み嫌われ、存在しない。起訴されたら有罪になってしまうほかない奇妙な国を訪れたナルホドは、弁護士不在の法廷で事件の真相を暴いていくというのが物語の最初のストーリーだ。事件現場の気になる所を調査する探偵パートや法廷のビジュアルも迫力と臨場感が増しており、シリーズの進化を体感できる。また、新要素だけでなく、シリーズ人気のキャラクターやシステムも多数登場。「逆転裁判6」は、シリーズの集大成的な作品ともいえるだろう。

本編シリーズ最新作「逆転裁判6」は、「5」に続いて登場する成歩堂と「4」から登場している王泥喜法介がW主人公として、それぞれクライン王国と日本で事件に挑む

「逆転裁判6」の舞台は神秘と信仰の国・クライン王国。弁護士を必要としない法廷では霊媒の力が裁判を左右する!

(C) CAPCOM CO., LTD. 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

個性 VS 個性でバトル! 王道少年マンガをプレイしよう
【3DS】僕のヒーローアカデミア バトル・フォー・オール

誰もが何かしらの超常能力=“個性”を持つようになった世界で、“個性”を悪用する犯罪者(ヴィラン)を、圧倒的な力で取り締まる「ヒーロー」に憧れる“無個性”の少年・緑谷出久と仲間たちの活躍を描く「僕のヒーローアカデミア」は、既刊8巻でコミックス累計発行部数が420万部を突破したほどの人気作。4月からスタートしたTVアニメでも原作どおり、名だたるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指す「デク」こと緑谷出久の成長が描かれる(MBS/TBS系列全国28局ネットにて毎週日曜日17時〜放送)。アメコミを彷彿とさせる派手な必殺技の応酬に手に汗握るバトルと、どんな試練にもくじけないデク、そしてデクを支える友や師匠、ライバルとの友情と絆のドラマは誰が見ても胸がアツくなるはず!

そんな熱血物語をゲーム化したのが、「僕のヒーローアカデミア バトル・フォー・オール」(2016年5月19日発売予定)。原作の豪快なバトルがメインとなる本作は、それぞれのヒーローたちの“個性”を発動させるため、キャラクターごとに異なる操作方法で“個性”をコントロールするのが特徴だ。通常のバトル操作と「個性コントロール」を上手く組み合わせることが、勝利のカギとなる。デクたちが入学したヒーロー養成学校のカリキュラムやミッションをクリアしながら成長ストーリーを楽しみつつ、育てたヒーローを好きなキャラクターと組み合わせてバトルしたり、トレーニングで苦手な技を克服したり、さまざまなモードで強化していく。ゲームをやり込むほどにコスチュームもチェンジできるようになるので、自分だけのコーディネイトを楽しむものいい。もちろん、コスチュームは見た目を変えるだけでなく性能に影響することも。どのようにカスタムしていくか、手腕が問われるところだ。友達と対決して遊べる通信モードも収録。

物理的な武器ではなく、キャラクターの千差万別な“個性”を必殺技として使う駆け引きがおもしろい

キャラクターによって“個性”のコントロール方法は異なる。そのため、タッチ操作する画面も個性豊か!

キャラクターによって“個性”のコントロール方法は異なる。そのため、タッチ操作する画面も個性豊か!

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会・MBS
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

個性派揃いのジョジョキャラクターが熱い絆でタッグバトル
【PS4・PS3】ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン

これまで幾度となくゲーム化されてきた「ジョジョ」だが、最新作「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」は、原作第1部〜第8部までの主要キャラクターが世界や時代、敵味方を超えて共闘する夢のバトルを実現。ジョナサン&ツェペリ、ジョセフ&シーザーなど深い絆で結ばれたコンビはもちろん、敵対するジョナサン&ディオ、はたまた時空を超えたディオ&DIOのタッグで戦うこともできる。パートナーと連携した大技が発動する瞬間は、何度プレイしても胸アツ! さらに本作には、第3部での承太郎とDIOのラストバトル後の世界を描いた完全オリジナルストーリーモードも収録。承太郎が仲間とともにバトル後に起こった「異変」を解決する術を探しにいろいろな世代を渡り歩いていくというもので、燃えるジョースター邸や針山の闘技場、ボヨヨン岬などを訪れるだけでなく、名シーンの数々も再現される。

物語は原作者・荒木飛呂彦監修。第3部のラストバトルから始まるストーリーでは、死んだはずの仲間たちが敵に!?

そんなジョジョの魅力を気軽に楽しめるのが、4月クールから放送がスタートしたTVアニメ最新シリーズ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」だ。人気キャラが多数登場するジョジョ第4部のアニメもこれからの展開に期待大! ジョジョファンなら、すでにゲームもアニメもチェック済みだよね?!

「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」には、第4部のキャラクターももちろん登場。東方仗助、広瀬康一、山岸由花子、虹村億泰などが参戦する

アニメ放送日時:TOKYO MX(毎週金曜日24時30分〜)、毎日放送(毎週土曜日27時28分〜)、東北放送(毎週土曜日26時18分〜)、BS11(毎週日曜日24時00〜)、アニマックス(4月8日22時〜)
※放送日時は変更となる場合があります

(C)荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会
(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ドラマティック乙女ゲームの金字塔を豪華にリメイク
【PS Vita】薄桜鬼 真改 華ノ章

女性に圧倒的人気を誇る「薄桜鬼」は、幕末を舞台に蘭方医の娘(雪村千鶴)ととある秘密を持つ新選組隊士たちとの恋を描く女性向け恋愛アドベンチャーの大ヒット作だ。連絡が取れなくなった父の行方を追って京を訪れた千鶴が、ある衝撃的な事件をきっかけに新選組隊士と出会うことから運命が大きく変わる。激動の時代を駆け抜けた男たちとの哀歌のように繊細な恋愛模様と、“鬼”の血をめぐる伝奇的要素が交わり悲しくもドラマティックな物語に引き込まれていく。そんなシリーズの原点となった第1作目を、あらゆる面からパワーアップ&リメイクし、前篇「風ノ章」と後篇「華ノ章」の二部構成でPS Vita化したのが「薄桜鬼 真改」だ。2015年9月に発売された「風ノ章」では鳥羽伏見の戦いまでが描かれ、2016年6月16日発売予定の「華ノ章」はその後の話となるので続けてプレイしたほうが楽しめる。

美しい新選組隊士たちの姿は、見ているだけでうっとり。闇多き物語が垣間見える華やかかつ陰のあるキャラクターたちが愛おしい

「薄桜鬼 真改」は、初代「薄桜鬼」の追加エピソードが収録されてきたファンディスク「随想緑」や、前日譚を描いた「黎明録」の内容をふまえてシナリオやキャラクター同士の会話などストーリー面も再構成されている。さらに伊庭八郎、相馬主計、坂本龍馬といった新選組内外の関わりの深い人物が複数、新キャラクターとして登場し、より多くの視点からの物語が展開。「薄桜鬼」をプレイしたことのある人は新鮮に、まだ触れたことのない人はよりボリューミーにドラマを堪能することができる。そして、今までも「薄桜鬼」、「薄桜鬼 碧血録」、「薄桜鬼 黎明録」と本シリーズは3度のTVアニメ化を果たしているが、この4月からは新アニメとして「薄桜鬼〜御伽草子〜」がオンエアに。おなじみの登場人物たちがキュートな“ちびキャラ”となって、“もしかしたらあったかもしれない日常”をほのぼの、楽しく見せてくれる。シリアスなゲーム本編とのキャラクターのギャップに萌えること間違いなし!

アニメ「薄桜鬼〜御伽草子〜」では、全員が“ちびキャラ”で登場。ちまちまと動くコミカルなキャラクターたちは見ているだけでも楽しい。「薄桜鬼〜御伽草子〜」は、TOKYO MX、サンテレビ、三重テレビにて放送

※画像は開発中のものです

(C)2016 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY
(C)IF・DF/「薄桜鬼〜御伽草子〜」製作委員会

強豪校の選手たちでドリームチームを編成!ファンの夢が叶う
【3DS】ハイキュー!! Cross team match!

3月でセカンドシーズンの放映が終了した「ハイキュー!!」だが、10月からサードシーズンの放映が決定。秋に向けて一足先に、ゲーム版「ハイキュー!! Cross team match!」でその魅力を復習(予習?)しておくのもいいだろう。本作は、2014年に発売された「ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!!」に続く2作目となる。前作は主役である烏野高校のレギュラー6人からひとりを主人公に選び、各キャラクター視点から原作では描かれていないシーンなどを追体験していくというものだったが、「ハイキュー!! Cross team match!」ではゲームでしか体験できない完全オリジナルストーリーを用意。プレイヤーは仙台紅葉原高校のたった一人の1年生バレー部員となり、烏野高校を筆頭に梟谷高校、音駒高校などが参加する合同夏合宿に参加し、強豪選手たちと交流を深めながら最強の混成ドリームチームを作っていく。

ゲームは選手の誰かと1日を過ごし、会話や烏野高校周辺の探索で交流を深めるアドベンチャーパートと、チームを編成してタイミングよくボタンを押すことでラリーをつなげて試合をプレイするバレーボールパートを交互に進めるシステムとなっている。選手との交流で特別な会話が増えたり、物語の展開も変化するのがおもしろい。そして、特筆すべきは全編がフルボイスであること! アニメさながらの臨場感に感動するはずだ。また、バレーボールパートの操作性も劇的によくなっており、白熱した試合を体験できるだろう。

タイミングよくボタンを押さないとラリーがつなげられないので、気が抜けない! 誰にトスを上げるのか、どこに向かってサーブやアタックを打つのかといったこともプレイヤーに委ねられる

(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!セカンドシーズン」製作委員会・MBS
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.8.17 更新
ページトップへ戻る