今こそ日本のゲームを遊ぶ時!

あの名作から隠れた良作まで! どっぷりハマれる国産RPGを厳選

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ゲームに押され、日本の家庭用ゲーム市場は元気がない……なんて言われがちだが、国産ゲームだってまだまだ元気! なかでも、ここ最近元気なのが日本のRPGだ。おなじみのシリーズから隠れた良作まで、今遊ぶべき9タイトルをまとめて紹介しよう。

“記憶に残るRPG”を目指した意欲作!
【PS4・PS Vita】いけにえと雪のセツナ

1990年代、大きな盛り上がりを見せた純国産RPG。往年の名作にリスペクトを捧げ、もう一度あのプレイフィールを蘇らせるため生み出されたのが「いけにえと雪のセツナ」だ。物語の舞台は、古来よりいけにえの儀式が行われてきた島。10年に一度いけにえを捧げることで島の平穏を保ってきたが、ここへ来て魔物被害が急増する。事態を重く見た島の人々は、再度いけにえを差し出すことで魔物たちを鎮めることに。新たないけにえは、18歳の少女セツナ。主人公は護衛隊の一員として、セツナと共に最果ての地へと旅立つが……? 死を予兆させる切ないストーリーと美しいBGMが溶け合った、静謐な世界に浸ってほしい。

さまざまな街を訪れ、魔物たちを討伐しながら旅を進める基本システムは昔ながらのRPGを踏襲。バトルは往年のスクウェアRPGでおなじみ「アクティブタイムバトル」を採用しており、ATBゲージが溜まったキャラから行動する。次のアクションを考えている間にも敵が攻撃してくるので、バトルは緊張感たっぷり。さらに、バトル中にタイミングよくボタンを入力して技の効果を拡張する「刹那システム」も導入している。発動するにはSPゲージを溜めなければならないのだが、それには敵の攻撃を受けたり、ATBゲージが溜まった状態で待機したりする必要があるためリスクを伴う。それでも高い効果を狙うか、それとも安全に戦うか、戦況に応じた判断を下す戦術性も楽しい。

ATBゲージが溜まった仲間と協力しあい、連携技を出すこともできる。SPゲージを溜めて、連続攻撃やクリティカルを発動する「刹那システム」がうまく発動した時は気持ちいい!

©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Tokyo RPG Factory

“一神教 VS 多神教” 人類滅亡を賭けた最終戦争が始まる!
【3DS】真・女神転生W FINAL

秩序と混沌に揺らぐ終末世界、神と悪魔の人をめぐる物語……。ダークな世界観で人気の「真・女神転生」シリーズ最新作が「真・女神転生IV FINAL」は、「真・女神転生IV」の名を冠し、同作の世界観を継承してはいるものの、シナリオは一新されているので前作未プレイでも問題なく楽しめる。シリアスなパートも多いが、キャラクター同士のコミカルな掛け合いで仲間との絆が描かれるため「『ペルソナ』はプレイするけど『メガテン』は初めて」という人にもぴったりだ。

舞台となるのは、203×年の東京。悪魔退治や遺物回収を生業とする「人外ハンター商会」で見習いを務める主人公は、やがて“一神教 VS 多神教”の最終戦争に巻き込まれていく。途中、人類滅亡を賭けた選択を迫られるのだが、これがずっしりと重いのも同シリーズの特徴。運命を選び取った先には、複数のエンディングが待っている。

バトルは、プレイヤーが選んだパートナーとともに戦う。特定の条件を満たすと、戦闘に参加していなかった仲間も含めた全員が一斉攻撃を仕掛けるのでスカッと気持ちよく敵を倒せる。また、悪魔との戦闘中、交渉次第で悪魔が“仲魔”になってくれることも。お金やアイテムを渡したり、雑談で悪魔を懐柔したり、はたまた戦闘前に先手を打ってスカウトしたり、さまざまな駆け引きで“仲魔”を増やすのが楽しい。“仲魔”に引き入れた悪魔同士を合体させ、強力な悪魔を生み出す“悪魔合体”もこのシリーズならでは。膨大な組み合わせを試し、最強の悪魔を作る楽しみも待っている。

幼なじみの“人外ハンター”アサヒ、神々の戦争に巻き込まれた妖精の女王ノゾミ、悪魔の脅威から人々を守る阿修羅会の下っ端ハレルヤなどの仲間が主人公に力を貸してくれる

冒険中、死者にしか扱えないヒスイの守刀を発見。主人公に憑依したナバールしか使えないが、フィールドの障害物を壊したり、届かない場所にある特殊な遺物などを入手できる

敵の悪魔を“仲魔”にできるシステムは、本作にも受け継がれている。悪魔同士を合体させ、約450体の悪魔から最強の“仲魔”を作り出そう

© ATLUS ©SEGA All rights reserved.

北欧神話をモチーフにした5人の主人公による5つの物語
【PS4・PS3・PS Vita】オーディンスフィア レイヴスラシル

ある日、アリスは屋根裏部屋の書庫で不思議な5冊の本を見つける。父である魔王の愛情を渇望する娘、呪いにより獣と化した王子、亡き母に代わって王国を守る幼い姫、生きる意味を模索する暗黒の剣士、一夜にして滅亡した魔法大国の生き残り。ひとつずつ順番にストーリーを進めていくと、ある物語に別の物語の主人公が登場し、交錯する運命が浮かびあがってくる。最後までクリアした後、もう一度ストーリーをたどりたくなる奥深いシナリオだ。

本作は、2007年に発売されたPS2ソフト「オーディンスフィア」をベースにしつつ、グラフィックのHD化やシステムの刷新を図った完全版。コアなゲームファンから高い支持を受けるヴァニラウェアが制作しているため通好みのゲームに思えるが、シンプルな操作で誰でも楽しめる横スクロール型アクションRPGとなっている。ていねいに作り込まれた2Dグラフィックは絵本のように美しく、女子にもぴったりの1本だ。

バトルでは、主人公ごとにそれぞれ異なる武器を使って戦う。スキルを修得すれば攻撃力がアップするうえ、ド迫力の奥義技も発動できる。フィールドでゲットした食べ物を調理して経験値を稼いだり、アビリティを覚えたり、自由度の高い育成要素も遊び応え満点!

スキルには「アビリティ」と「サイファースキル」という2種類がある。主人公の特性にあわせたスキルが用意されているので、なにを強化していくか悩みどころ

入手した食べ物をそのまま食べるだけでなく、料理して食せるのも魅力。見ていて楽しいだけでなく、料理したほうが得られる経験値が高くなる

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

素材集め&調合が止まらない! やみつきになる錬金術RPG
【PS4・PS3・PS Vita】ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜

“かけ出し”錬金術士のソフィーは、ある日、言語を話す「プラフタ」と運命的な出会いを果たす。プラフタは記憶を失っているが、ソフィーが錬金術を駆使して新たなレシピをプラフタに書きこむことで徐々に記憶がよみがえっていく。やがてプラフタの協力もあって“デキる”錬金術士となったソフィーは元は人だったというプラフタを人の姿に戻すため、さらに錬金術に磨きをかけていくこととなる。そして、姿を取り戻したプラフタとソフィーは錬金術の記憶をたどりながら、たくさんの仲間たちと交流を深めていく。シリーズ17作品目にあたる本作は新シリーズとなっており、プラフタの姿と能力をカスタマイズできる「ドールメイク」の導入や異なる魅力の2名のイラストレーターの起用といった新たな試みがたっぷり。

ゲームの進め方はこれまでと変わらず、材料を採取し、アトリエに戻ったらアイテムを調合するという流れで進行する。フィールドで敵と遭遇すればバトルが発生し、仲間と連携しながら戦いを繰り広げることに。それに加え、本作では時間と天候の概念を導入。同じ場所でも手に入る材料や遭遇する敵の種類が変化するため、出歩く楽しさがアップしている。材料を集めて調合し、新たなレシピを閃いて、また材料を集めて新たなアイテムを生み出す……とプレイする手が止まらない、シリーズ最高のやみつき度だ。

フィールドで材料を採取し、錬金術を駆使して閃いたレシピを調合で作っていこう。パネルの中に材料を配置してパズルゲーム感覚でアイテムを生み出せるようになった新しい調合システムは、材料をはめる場所や順番によって効果が異なるため、ついあれこれ試してみたくなるはず。レシピの中には、プラフタの記憶を取り戻せるものもある

錬金術で生み出したアイテムなどをプラフタの身体に組み込み、カスタマイズする「ドールメイク」。姿が変われば能力も変わり、戦闘でもさまざまな力を発揮してくれる

©2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

2体のデジモンを引きつれ、いざ未知なるワールドへ!
【PS Vita】デジモンワールド -next 0rder-

1990年代に小中学生の間で大ブームとなった玩具「デジタルモンスター(デジモン)」を覚えているだろうか。TVアニメも大ヒットし、1999年にはゲームソフト「デジモンワールド」シリーズまで誕生。同シリーズはその後も続き、2016年3月に第6弾となる「デジモンワールド –next 0rder-」が登場した。主人公は、デジタルワールドに迷い込んだ高校3年生(男女から選択可能)。2体のデジモンをパートナーに未知のエリアを旅して街の復興に手を貸したり、デジモンたちの悩みを解決したり、思い思いの冒険を楽しもう。

これまで主人公が連れ歩けるデジモンは1体のみだったが、今回は2体がパートナーに。戦闘は、デジモンが自分たちの考えで動くAIバトルとなっている。自動的に戦ってくれるとはいえ、プレイヤーのサポートは不可欠。戦闘中に声援を送って「0rderポイント」を貯めたり、パートナーとの絆の深さによって形勢が変わったり、さまざまな形で介入できる。またトレーニングやお世話、コミュニケーションを通じてデジモンを育てる育成システムも人気の一因だ。褒めたり叱ったり、ときにはトイレのお世話をしたり、トレーニングで鍛えたりしながら自分好みのデジモンに育てていこう。育成可能なデジモンは200体以上! アニメに登場したガムドラモンやシャウトモンといったレアなモンスターも収録されている。

強大なデジモンの襲撃を受け、この世界は惨憺たるありさま。デジモンを勧誘したり、施設を建設したりしながら街を復興させていこう

2体のデジモンに声援を送り、敵とバトル! パートナーとの絆が深いなど特別な条件を満たすと、倒れたデジモンが進化して復活する「ExE」システムも搭載

©本郷あきよし・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.10.20 更新
ページトップへ戻る