ベビー&キッズEXPOの注目商品を一挙紹介!

デザインも機能も秀逸すぎるベビー&キッズ向けアイテムに大人も夢中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビーや子ども向けのグッズを手掛ける企業が出展する「ベビー&キッズEXPO」に行ってきました。2016年夏以降で発売される新商品はもちろん、日本初上陸のアイテムまで目移りするようなものが目白押し! 展示会の様子をレポートします。

キッズ用と侮れない本格派の知育系アイテム

子どもの体力・知力を育む知育系の玩具は、“ライド系”と呼ばれる乗り物が盛り上がりを見せていました。もちろん、指先や身体全体を使うアイテムもずらり。健康的に遊んで、バランス感覚や考えるチカラを身に付けてもらいましょう。

まず最初は、父親にも楽しんで育児をしてもらえることをコンセプトに商品展開をしているダッドウェイ「GROBBER」を見てください。GROBBERはフットレストとバーハンドル、そしてシートの組み合わせを変えれば、バランシングバイクやキックスクーターなど5つのライドに変身するユニークなアイテムです。キックスケーターの形状では大人も乗ることが可能。

フランスで人気の玩具「GROBBER」には操作用のバーが付いているので、1歳から遊ぶことができます。見た目もカッコよくて、公園で注目を集めそう!

続いては、キックボードや2輪、3輪のスクーターが有名なマイクロスクーターの「Mini2go(ミニトゥーゴー)」。Mini2goはサドル付きの3輪キックボードで、本体にオモチャを入れられるようになっているのが特徴です。生後18か月頃から使用でき、成長にあわせてTバーの高さを調整したり、サドルを外すことができるので5歳頃まで長く遊ぶことが可能。そんなMini2goに、ライトを内蔵し、大人がうしろから補助してあげられるコントロールバー付きのDX版が登場しました。

イルミネーション付きMini2go DX版に乗っていれば目立ちそうですね

イルミネーション付きMini2go DX版に乗っていれば目立ちそうですね

価格.comで「Mini2go」をチェック!

日本初上陸となるヨーロッパ(ベルラーシ)のメーカー「POLESIE」のブースは、重機系の玩具が来場者の視線を集めていました。

トラクターやトレーラーなどの乗用玩具は造りも本格的で、大人でも思わずグッとします

トラクターやトレーラーなどの乗用玩具は造りも本格的で、大人でも思わずグッとします

公園などで子どもと一緒に使いたいと思ったのが、砂遊びセット。コンクリートミキサーのミニチュア版のようなもので、砂や水を入れてハンドルを回して遊びます

価格.comで「POLESIE」の玩具をチェック!

ここまで紹介した商品よりもホビー感は少ないですが、近年人気のキックバイクも押さえておきたい。キックバイクとはペダルのない自転車で、補助輪なしの自転車に乗るための練習用に最適です。タムラ「4ING KICK BIKE」は、子どもが練習を卒業してもインテリアとして飾っておきたいほどかっこいい!

一般的な自転車と同じチューブ式のエアタイヤを使用。小型ブレーキも装備されています

一般的な自転車と同じチューブ式のエアタイヤを使用。小型ブレーキも装備されています

価格.comで「4ING KICK BIKE」をチェック!

子どもにクライミング? と、EVERNEW「クリムボン」の前で足が止まりました。クリムボンは、可動式のクライミングボード。ヘッドレールを壁に固定し、4枚のボードを脱着して使用します。手や足の筋肉の発達やバランス感覚だけでなく、知力面でも大いに効果が期待されるそう。

フック部分はプロが使用しているものと同様のものを採用しており、強度も完璧

フック部分はプロが使用しているのと同様のものを採用しており、強度も完璧

パパ、ママをラクにしてくれる育児サポート・お出かけグッズ

育児をサポートしてくれる便利グッズや子どもとのお出掛けにあると助かるアイテムを探していた筆者は、感動するアイデアにいくつも遭遇しました。子育ては手がいくつあっても足りないものなので、役立つアイテムを上手に利用していきましょう。

哺乳瓶やペットボトルはツルッとしているので、手が小さい子どもが落とさないように注意してあげないといけません。そんな心配を軽減してくれるのが、テクセルジャパン「ビタット・ホルダーズ」。円筒型のボトルに装着すると、ハンドルを持って飲むことができるようになります。

両手で握れるハンドルがあれば、小さな子どもでも一人で上手に飲めそうですね

両手で握れるハンドルがあれば、小さな子どもでも一人で上手に飲めそうですね

ツメ噛みや指しゃぶりといったクセが止められない子どもには、一度、アメージングクラフト「ビターネイル」を試してみてください。玩具などの誤飲防止をするために塗布されている安息香酸デナトニウムと呼ばれる苦み成分を配合したリキッドで、マニキュアのように爪に塗ります。苦味を感じることで、子どもが指を口に入れるクセが抑止できるのだそう。

筆者も爪に塗って舐めてみましたが、あとから来るジワッとした苦味に口直ししないといられないほど。二度と舐めたくない気持ちです

上で紹介した「ビターネイル」は噛んじゃダメ! と教えるアイテムですが、今度は噛む楽しさを学ばせ、噛む能力を鍛える離乳食用のグッズ「KIDSMEモグフィ」(クロスベビー)を見てみましょう。

「KIDSMEモグフィ」のおもしろいところは、サックに本物の食材を入れるというところ!

「KIDSMEモグフィ」のおもしろいところは、サックに本物の食材を入れるというところ!

たとえば、カットしたバナナをサックにセットすれば準備完了。乳幼児がサックを噛むと中のバナナが出てくるようになっているため、自分で食べる楽しさを体験しながら食事トレーニングができます

価格.comで「KIDSMEモグフィ」をチェック!

子どもが口に入れるものの衛生は、親なら気を配ることですよね。除菌を徹底したいなら、哺乳瓶を殺菌できる「Baby bottle sterilizer」(RayQueen)を用意するのも手かも!

RayQueenのある韓国では、「Baby bottle sterilizer」のような除菌専用の家電はとても普及しているのだそう

RayQueenのある韓国では、「Baby bottle sterilizer」のような除菌専用の家電はとても普及しているのだそう

除菌方法はUVランプによるもの。哺乳瓶だけでなく、メガネやスマートフォン、貴金属などの殺菌も可能

除菌方法はUVランプによるもの。哺乳瓶だけでなく、メガネやスマートフォン、貴金属などの殺菌も可能

ここからは、子どもとお出かけする時に利用したいアイテムへの紹介へと移ります。遠出をしたり、荷物が多い時に欠かせないベビーカーをいくつかピックアップ!

オランダ発「GREENTOM」のベビーカー「Upp Reversible」は、使用済みのペットボトルなどのリサイクル素材でできたエコなところがキュンときます。フレームだけでなく、タイヤやシートファブリックといったすべてのパーツにリサイクル素材を使用している徹底っぷり。

フレームカラーはブラックとホワイトが選択でき、10色用意されたシートを自由に組み合わせできます

フレームカラーはブラックとホワイトが選択でき、10色用意されたシートを自由に組み合わせできます

もちろん、対面式と背面式のAB型兼用。一般的なベビーカーのようにバーの位置を前後に変えるのではなく、シートごと外して向きを変更する仕様にも驚きました

フランス生まれの「Familidoo」のベビーカーは、その色彩に目を奪われました。主に保育園などで使用される多人乗りですが、あまりにもファッショナブルなので紹介させてください!

シートがそれぞれ独立した「お散歩ベビーカー(シートタイプ)」は乗り心地がよさそう! 耐久アルミニウムパイプを使用しているため、思ったよりも軽量です。小さく折りたたむこともできるので、クルマに積んで移動するのもラクラク

6人乗りのカート型「お散歩ベビーカー(オープンタイプ)」は、誤発進を防止するための手元オートブレーキや駐車時のフットブレーキなどを装備。ファスナーで前方が開閉するので、子どもたちの乗り降りも容易に行えます。もちろん、コンパクトに折りたたみ可能

ちょっと変わったベビーカーが、マイクロスクーター「LAZY LUGGAGE」。小型のスーツケースの上に座椅子があり、簡易のベビーカーになるのです。荷物が多い旅行先で、突然子どもが歩かないと言い出した際に重宝しそう。

左端と中央にあるのが「LAZY LUGGAGE」です。右端は、スティック状に折りたためる三輪カート「TRIKE」。携帯しておけば、ベビーカーなしで外出した際の万が一の時に役立つでしょう

ベビーカーは大きさの問題があり使用シーンに気を使いますが、カリフォルニアのメーカー「SaddleBaby」の肩車キャリー「SaddleBaby Original」なら誰にも迷惑をかけません! なにより、子どもが大喜びしそうです。

サドルには足を固定できるサポートがあるので、子どもは安定して座ることができます

サドルには足を固定できるサポートがあるので、子どもは安定して座ることができます

価格.comで「SaddleBaby Original」をチェック!

子どもを乗せて自転車走行する方に、ぜひ用意しておいてもらいたいのがチャイルドシート用の防寒カバー。自転車パーツなどの製造で有名なタムラが展開するベビー・キッズのお出かけ用アイテムに特化したブランド「wipcream(ウィップクリーム)」のカバーなら、性能も機能性も抜群です。ウィンターウェアにも使用される撥水・保湿性の高い素材とダウンフィール中綿を採用し、さらに肌に触れる内側にはマイクロフリースを配置。今の季節には必要ないものですが、涼しくなってきたら必須で準備しておきましょう。

シートごと覆う仕様なので、足先まで暖か♪ デニム風の新作「FRONT CHILD SEAT COVER REAR CHILD SEAT COVER」は、ユニセックスなデザインがいいですね

価格.comで「wipcream」のカバーをチェック!

自分で自転車に乗る時はもちろん、親が自転車に乗せる際にもしっかり装着させたいヘルメットは「nicco」(クミカ)に注目。子ども向けのこの手の商品には少ない、マットで落ち着いたシックなデザインなのでファッション性にも欠きません。

すべて国産というところも安心できるポイント

すべて国産というところも安心できるポイント

価格.comで「nicco」をチェック!

近年は蚊による感染症など、虫刺されが重大な病を引き起こすことが多々。子どもには元気に外で遊んでもらいたいですが、虫も心配ですよね。そこで提案したいのが、ディックコーポレーション「mothkeehi NET PARKA」です。mothkeehi NET PARKAはネット状の生地で作られており、マイクロカプセル化された虫が嫌がるヒノキの香りを練り込むことで虫を寄せ付けないようにしているのが特徴。パーカーだけでなく、パンツもラインアップされています。

まるで“着るかや”のようなパーカーは、背中に蛍光反射プリントを設けるなどアウトドアシーンを意識した造りになっています

価格.comで「mothkeehi NET PARKA」をチェック!

実用性も高いかわいい家電&インテリア

最後に紹介するのは、部屋を彩る家電やインテリアです。子どもがよろこびそうなかわいさを前面に出した空気清浄機と加湿器、そして一風変わったベッドをご覧あれ!

8月末発売予定の、ペンギンとサメの形をした空気清浄機「Adorable Air Cleaners」(Crane USA)。中央にある機関車は超音波式加湿器で、煙突からミストが出ます。車輪もダイヤルになっていて、仕掛けがおもしろい一品

上で紹介した2つの空気清浄機は、見た目がかわいいだけではありません。粒子フィルター、HEPAフィルター、活性炭フィルター、光触媒フィルター、殺菌紫外線フィルターを搭載。玄関に置いておきたくなりました

ほかにも、キャラクターに目を奪われる加湿器「Adorable Humidifiers」もラインアップ

ほかにも、キャラクターに目を奪われる加湿器「Adorable Humidifiers」もラインアップ

子どもの頃、ハンモックに憧れませんでしたか? 2017年発売予定の「ハンモック付きハイベッド」(充英アート)なら、そんな子どもの夢が叶えられます。「ハンモック付きハイベッド」は、その名のとおり、ハンモックが付いたベッド。北欧の天然パイン材を使用し、木工の加工等はベトナムで生産ながらも販売予定価格は89,800円(税抜)と、この手の商品としてはリーズナブルです。

下段奥はデスクになっているので、利便性が高そうですね

下段奥はデスクになっているので、利便性が高そうですね

神野恵美

神野恵美

雑誌記者・編集者などを経て、2004年に渡仏。2006年に帰国後はさまざまな媒体において、家電をはじめ“ライフスタイル”的切り口で多ジャンルの記事を執筆。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
イベントレポート最新記事
イベントレポート記事一覧
2017.6.23 更新
ページトップへ戻る