ステンドグラス風のシールが自作できる、不思議な絵の具!

このエントリーをはてなブックマークに追加

子ども時代、木工用ボンドを使ったオリジナルのシール作りにハマった経験はありませんか? 透明の下敷きなどにボンドを塗り、乾いた後に上からサインペンなどで彩色し、剥がしてシールにする方法で、小学校時代、筆者のクラスメートの女子の間では大流行しました。自分の描いた絵や好きなキャラクターでシールが自作できる楽しさに、筆者も大変夢中になった記憶があります。今回はそんな少女時代の記憶が呼びさまされ、思わず「懐かしい!」とつぶやいてしまった商品を見つけました。

お試しに12色セットを購入。絵の具の他、透明シートや下絵、クリップなどが付属

お試しに12色セットを購入。絵の具の他、透明シートや下絵、クリップなどが付属

チューブに入ったカラフルな絵の具のようなインクのセットです。でも実は、乾くと透明になり、まるであの“ボンドシール”のようなシールが完成するという代物。しかも、ボンドシールよりちょっと進化していて、粘着力が続く限り、繰り返し貼って剥がすことができるんです。

使い方は、付属の透明シートの下にお気に入りのイラストを下絵として敷き、縁取り用の絵の具でまずは線をなぞります。次に、カラーインクで線の間を色で埋めるように塗っていきます。そして、乾くと透明になるので、ステンドグラス風のオリジナルのシールが完成です。

まずは縁取り用の絵の具で下絵の線をなぞります。チューブの先が細いので、なぞりやすいです

まずは縁取り用の絵の具で下絵の線をなぞります。チューブの先が細いので、なぞりやすいです

縁取った線を1時間ほど乾かした後、間を好きな色で彩色。少しもったいないですが、たっぷりめに塗ったほうが乾いた時の仕上がりがキレイです

縁取った線を1時間ほど乾かした後、間を好きな色で彩色。少しもったいないですが、たっぷりめに塗ったほうが乾いた時の仕上がりがキレイです

早速子どもと一緒にシール作りに挑戦。子どもにとっては初めての経験でしたが、数十年ぶりにあの楽しさと懐かしさが蘇って感動。作った作品は、ジェルジェムのような感覚で、窓ガラスや鏡に貼ったり、オリジナルの装飾が楽しめるのもうれしいです。

8時間程度乾かすと透明になり、シールが完成!

8時間程度乾かすと透明になり、シールが完成!

透明シートから剥がして、窓ガラスや鏡、携帯電話などの小物など、表面がツルツルした所なら何にでも貼って剥がせます

透明シートから剥がして、窓ガラスや鏡、携帯電話などの小物など、表面がツルツルした所なら何にでも貼って剥がせます

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いいモノ調査隊最新記事
いいモノ調査隊記事一覧
2017.11.21 更新
ページトップへ戻る