いいモノ調査隊
余裕ある大人に似合うこだわりの逸品

男のロマン…こんな時代だからこそ持ちたい“懐中時計”の世界

最近は腕時計を身につけない人も多いと聞きますが、みなさんはいかがですか? 正直、時間はスマホがあれば確認できますものね。でもそんな時代にあえて、筆者は「懐中時計」を推したいです。「いやいや、腕時計よりさらにアナログな懐中時計なんて普通身につけませんよ!」…仰るとおり。

でもそう思っている人にこそ、このアナログさと、そして便利さを知ってほしいと思い筆を執らせていただきました。意外と格好いいんですな、これが! それに、腕時計ができない仕事の現場というのもあるのですよ。そんな場所で大活躍する商品もご紹介するので、お付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。

今回ご用意したのはこの3種類。順にご紹介いたします

今回ご用意したのはこの3種類。順にご紹介いたします

懐中時計とはなんぞや?

そもそも懐中時計って何? っていうところから始めましょう。
懐中時計は、腕時計が登場するまでの間、携帯できる時計として使われてきた小さな時計です。衣服から落ちないように鎖やひもが付いているものがほとんどで、それを懐から取り出して時間を見るというアイテムです。17世紀くらいには西洋で使われていたとか。よく昔のイギリスが舞台の映画やドラマなどでは、紳士がポケットからこの懐中時計を取り出して時間を見ていますよね。当時はきっとおしゃれアイテムだったと思いますよ。

手間暇をかけて時間を見る贅沢さがたまらない

そんな歴史を持つ懐中時計ですが、今でも愛好家は多く、筆者もその1人。実用というよりは趣味の領域ですね。つい眺めてしまう魅力があります。

筆者は今までの職場でスーツ出勤がなかったので、そもそも腕時計自体を身につける機会がありませんでした。海外出張用に持っていたG-SHOCK(海外でも電波を拾えるデジタル時計)とかで十分だったんですよね。でもまー腕時計にこだわる人はとことんこだわるようで、友人などは、「お前いい年なんだから、これくらいの腕時計はつけろよ」なんて言ってきたりします。そんなときに「いや俺はこれで十分」なんて言って懐から懐中時計を取り出してみたいわけですよ。正直、ちょっと痛い人みたいですが、そんなふうにしたくなるロマンあふれる懐中時計があるんです。

SIBOSUN 八角形 懐中時計。ゴシック調な懐中時計です

SIBOSUN 八角形 懐中時計。ゴシック調な懐中時計です

ゼンマイ仕掛けのいわゆる機械式懐中時計で、裏を見ると機械が動いているのがわかります

ゼンマイ仕掛けのいわゆる機械式懐中時計で、裏を見ると機械が動いているのがわかります

懐中時計 リューズ部分を押し込むと蓋が開いて、時間がよりはっきりとわかるようになります

リューズ部分を押し込むと蓋が開いて、時間がよりはっきりとわかるようになります

こちらは「ハンター式」といわれるタイプで、蓋が付いています。リューズに付いているボタンを押すことで蓋が開き、よりはっきりと時間がわかるようになるという懐中時計です。この蓋オープンが男心をくすぐるんですよね。だって、いちいち手間じゃないですか? 懐から取り出し、さらに蓋を開いて時間を見るって! でもその手間暇が贅沢(ぜいたく)な感じがしてまた楽しいのです。しかもこれ機械式なので、数日おきに、もしくは毎日ネジをまかないといけないんですよ。これまた手間暇の王道ですね。

付属の鎖で時計と衣服をとめることができます。これまたジャラジャラ系好きにはたまりません

付属の鎖で時計と衣服をとめることができます。これまたジャラジャラ系好きにはたまりません

アナログ、ゴシック調、色合いなど、格好よさ半分、痛さ半分って気がしません?

アナログ、ゴシック調、色合いなど、格好よさ半分、痛さ半分って気がしません?

女性向け懐中時計はアクセサリー感覚で身につけられる

続いてもう1種類。こちらは女性向けの懐中時計です。女性向けに関しては、首からぶら下げるタイプのアクセリー感覚の懐中時計が多くラインアップされています。しかも文字盤とかもかわいくておしゃれなものが多く、また鎖のほかにも組みひもが付属しており、そちらに掛け替えることでよりアクセリー感覚を楽しむことができます。

リトルマジックの不思議の国のアリスをモチーフにした懐中時計です

リトルマジックの不思議の国のアリスをモチーフにした懐中時計です

ハンター式のクォーツ懐中時計で、文字盤もかわいくておしゃれです

ハンター式のクォーツ懐中時計で、文字盤もかわいくておしゃれです

組みひもが付属しており、こちらに付け替えることもできます

組みひもが付属しており、こちらに付け替えることもできます

女性用はネックレスのように首からかけて使うのが多いです

女性用はネックレスのように首からかけて使うのが多いです

腕時計が使えない現場で今も活躍する懐中時計

懐中時計は一般の人が使うだけではなく、特殊な職業においても重要なアイテムでした。たとえば「鉄道時計」。磁力に影響されない加工と視認性のよさから、鉄道員の時計として使われていました。懐に入れるものや、鉄道車両の運転席にそのまま着脱できるモノなど、今でも多くの鉄道ファンや年配の方に人気を集めています。

鉄道車両の運転席にメーター類と一緒に鉄道時計が配置されています

鉄道車両の運転席にメーター類と一緒に鉄道時計が配置されています

さらに、腕時計が使用できない看護の現場でも活躍しています。
「ナースウォッチ」と呼ばれるものがありますが、これは腕まで消毒する必要性のある看護師が時間を見るために、制服のポケットなどにクリップでとめて使われてきた懐中時計の一種です。上から見下ろしたときに時間が見えるように、普通の時計とは文字盤が逆に配置されており、時計の6時に当たる部分にリューズ(時計を調整するツマミの部分)があるものが多いです。

安価で丈夫なナースウォッチ。富士ナースウォッチ ピンクgt266

安価で丈夫なナースウォッチ。富士ナースウォッチ ピンクgt266

小さなクリップの付いた懐中時計です。衣服などにクリップでとめておいて、手に取ったときに文字盤が見えるようになっています

これはよく考えられていて、ふっと下を見たときに文字盤をわざわざ逆さまにしなくても時間が確認できるためかなり便利です。普段使いでも重宝しそうですよ。

大人の嗜好品としてぜひ懐中時計を身につけてみて

いかがだったでしょうか? 歴史の長い懐中時計には普遍的な魅力があり、今のファッションにもなじみます。年齢を重ねるほどに似合うようになっていくのも、大人におすすめしたい理由ですね。今回ご紹介した懐中時計はいずれも3,000円以下で購入できる安価なものでしたが、普段使いには十分。アクセリー感覚で使うこともできますし、時間を見るだけなのになぜか楽しくなってきます。デザインやメーカーは無限大にあるので、ぜひピンとくるものを探してみてください。

実用の面でいうと、もちろん腕時計やスマホにはかなわないかもしれませんが、この手間暇がかかるというのがゆとりある大人にはもってこいだと思います。少しでもいいなと思っていただけたなら、懐中時計の世界に一歩足を踏み入れてみてください。

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
腕時計・アクセサリーのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る