レビュー
カメラで耳の中が見えるから、思い通りに耳掃除できる!

サンコー「カメラで見ながら耳掃除! 爽快USB耳スコープ」で耳かきが劇的に変わる

「イヤースコープ」というアイテムをご存知だろうか? スマートフォンやタブレット端末、PCなどの画面を見ながら耳かきが付いたマイクロスコープを操作して耳掃除ができるというものだ。不用意な動作で耳の中を傷つけたり、耳アカを押し込んでしまったりといったよくあるミスを防げる便利なアイテムだが、1万円以上する製品が多いのが悩ましいところ。「耳かきに1万円はちょっとなあ……」と尻込みしていた人も多いはずだ。そこで注目したいのが、2,980円(税込、Type-C変換アダプター付きは3,280円)のサンコー「カメラで見ながら耳掃除! 爽快USB耳スコープ」(以下、爽快USB耳スコープ)。かなり気軽にポチれる価格だが、その実力はいかに?

Androidスマートフォンとパソコン、どちらでもOK

「爽快USB耳スコープ」は、先端にレンズ径5.5mmのマイクロスコープと耳アカを取るためのピック、6灯のLEDライトを搭載した耳かきだ。マイクロスコープで撮影した映像をAndroidスマートフォンやタブレット端末、パソコンで表示することができ、耳の中の様子をモニタリングしながら耳掃除することができる。

使用にはAndroidスマートフォン、およびタブレット端末にカメラアプリをインストールする必要があり、「CameraFi2」「Endoscope Camera」での動作確認が取られている。パソコンでモニタリングするには、Windowsの標準アプリである「カメラ」を使用すればOKだ。なお、対応可能な機種は、Androidスマートフォン・タブレット端末ではOTG(USBホスト)機能およびUVC対応のモデル、パソコンではWindows 7/8/10を搭載したモデルとなる。

ケーブル長は1,25m、本体重量は55g※スマートフォンは製品に含まれません

ケーブル長は1,25m、本体重量は55g
※スマートフォンは製品に含まれません

マイクロスコープの右隣が耳アカを取るためのピックで、右端に置いたのがピックをマイクロスコープに固定するためのアダプターだ

付属ケーブルのUSB Type-A端子はmicro USB端子にも変形するため、パソコンとAndroidスマートフォンのどちらにも接続することができる。パソコンの大画面でモニタリングするもよし、寝転びながらスマートフォンでモニタリングするもよし。状況に応じて使い分けられるというわけだ

micro USB端子-USB Type-Cの変換アダプターが付属するモデルもあるので、USB Type-Cポートを搭載した最新のAndroidスマートフォンとも問題なく接続できる

見える! 取れる! 気持ちいい!

さっそく、マイクロスコープにピックをセットして、耳かきをしてみることにしよう。今回はAndroidスマートフォンにインストールした「Endoscope Camera」を使ってみたが、同アプリの固定解像度である640×480ドットでも中の様子が鮮明に見て取れ、LEDライトの光量も十分。ピックが触れる感覚も想像していたより違和感が少ない印象だ。少しうろたえてしまったのが、予想外に多く生息している耳毛たちである。これはなかなかハードボイルドな映像なので、本稿への掲載は差し控えておくことにしよう。

気を取り直してゆっくり、慎重に奥へ奥へとマイクロスコープを入れていくと、ポツリ、ポツリと耳アカが表れ始め、さながら宝探しかのように、「あった〜!」と声を出してしまう。あとは見つけた耳アカをピックでかき出すだけだが、これがなかなか難しい。手を動かすフィーリングと、画面に表示される映像の動きを一致させるのに少々コツがいるのだ。しかしこれも慣れてしまえば問題はなく、小さなものから大物まで、狙い通りに“戦利品”を獲得することができた。

本体のセッティングは、マイクロスコープの穴にピックを差し込み、アダプターで固定するだけと簡単

本体のセッティングは、マイクロスコープの穴にピックを差し込み、アダプターで固定するだけと簡単

続いてスマートフォンとの接続。「爽快USB耳スコープ」をスマートフォンに認識させるには、毎回、「設定」→「機器接続」→「USB接続設定」→「USB機器を検出」の手順を踏む必要がある(筆者が使用している「Xperia Z5 Premium」の場合)。慣れてしまえば1分とかからないのだが、多少面倒に感じてしまったのも正直なところだ

ケーブルに設けられた操作部にはダイヤルが付いており、これを回すと無段階でLEDライトの明るさを調節できる

スマートフォンに表示された映像がこちら。焦点距離は約15mmだ

スマートフォンに表示された映像がこちら。焦点距離は約15mmだ

三十路を過ぎた、しがない男性ライターの耳の中を見たい読者はいないだろう(間違いなく)。というわけで、ここでは息子の耳掃除をした際の画像を紹介する

耳穴の入り口付近に大きな耳アカを発見。これに狙いを定めてピックを動かし、手前に引き上げると、見事、狙い通りに耳アカを取り除くことができた。息子に感想を聞いてみたところ、「気持ちよかった」とのこと。慣れないピックでも違和感はなかったようだ

「これならアリかも」と思える実用性

「爽快USB耳スコープ」がいわゆる“イロモノ”的なアイテムであることは否定できないが、実際に試してみると想像以上に使い勝手がよく、製品名の通り、耳アカをキレイに取り除けた時の「爽快感」もしっかり味わうことができた。そして何と言ってもありがたいのは、2,980円(税込)という価格である。この価格なら気軽にお試しできるし、完成度的に言えば、十分満足できる仕上がりとなっているのだ。普段の耳掃除をより効率よく、かつ安全に行える「爽快USB耳スコープ」。耳かきをしたのになんだかスッキリしない人や、耳穴を傷つけたくない人、もっと効率よく耳掃除したい人はぜひお試しあれ!

毛利真大

毛利真大

編プロでの広告制作、雑誌編集を経てフリーライター/エディターに。家電をはじめ、自動車、ファッション、ビジネス関連など幅広い分野で活動。86年、秋田県出身。「大曲の花火」とグミをこよなく愛する。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る