レビュー
芯に突き刺すだけで野菜が長持ちする!?

実験! 「野菜の鮮度を長持ちさせるグッズ」って本当に効果あるの?

こんなにいろいろあるぞ、鮮度長持ちグッズ

健康のためにも、なるべく食事に野菜を取り入れていきたいものですが、特にひとり暮らしだと野菜を買ってきても使い切れず、腐らせちゃいがち。


野菜の寿命を延ばすことができるアイテムがあったらいいのに……。

あったよ! コジットの「ベジシャキ」シリーズ

あったよ! コジットの「ベジシャキ」シリーズ

ファンシーなキッチングッズといった趣ですが、あの手この手で野菜の鮮度を保ってくれるアイテムなんです。

さっそく、野菜を用意してみました(バナナは果物ですが、傷みっぷりがわかりやすそうだったので……)

さっそく、野菜を用意してみました(バナナは果物ですが、傷みっぷりがわかりやすそうだったので……)


刺すだけでOKの「ベジシャキちゃん」

レタスやキャベツなどの葉物野菜には「ベジシャキちゃん」

レタスやキャベツなどの葉物野菜には「ベジシャキちゃん」

使い方は、このトゲを芯にぶっ刺すだけ

使い方は、このトゲを芯にぶっ刺すだけ

これで鮮度が長持ちするらしいんですが……

これで鮮度が長持ちするらしいんですが……

葉物野菜は、収穫した後も芯の「成長点」から細胞分裂し続けるという特徴があるそうで、それが鮮度の落ちる原因のひとつ。

「ベジシャキちゃん」をぶっ刺すことで「成長点」を壊して細胞分裂を抑制することができるそうです。

「何だコレ?」というくらい簡単なアイテムですが、そんな科学的な理論に裏付けされていたとは……。


切り口にかぶせる「ダイちゃんキャロちゃん」

大根やニンジンなどの根菜類には「ベジシャキ ダイちゃんキャロちゃん」

大根やニンジンなどの根菜類には「ベジシャキ ダイちゃんキャロちゃん」

切り口に、こんな感じでかぶせます

切り口に、こんな感じでかぶせます

要は、切り口が乾燥しちゃうのを防ぐということでしょう。


野菜を立てて保存する「ベジたてちゃん」

こちらは野菜スタンド「ベジたてちゃん」

こちらは野菜スタンド「ベジたてちゃん」

このように立てて使用します

このように立てて使用します

野菜は育ったときと近い状態で保存すると長持ちすると言いますが、キュウリやアスパラやなど「縦」になっている野菜をこのように保存することで、鮮度が保たれるようです。


米ぬかの成分で鮮度がキープされる「米ぬかの力」

鮮度保持袋「米ぬかの力」

鮮度保持袋「米ぬかの力」

これは普通に野菜を袋の中に入れて使います

これは普通に野菜を袋の中に入れて使います

抗菌・抗酸化作用のある「米ぬか」成分が入った袋ということで、中に入れた野菜を長持ちさせてくれるみたいです。


鮮度がどのくらい変わるか実験!

こんな感じで「ベジシャキ」シリーズを使った野菜、使っていない野菜を用意しました

こんな感じで「ベジシャキ」シリーズを使った野菜、使っていない野菜を用意しました

ホントは、それぞれのグッズを使用したうえで、冷蔵庫に入れたほうが鮮度は長持ちするんですが、今回は効果がわかりやすいように常温保存で変化を観察してみましょう。

2日目

2日目

3日目

3日目

微妙にバナナの茶色度が高くなっています

微妙にバナナの茶色度が高くなっています

バナナの熟成度をあらわす茶色い斑点、通称・シュガースポットが順調に増えていますが、どっちかというと立てているバナナのほうが茶色くなっているような……?

「ダイちゃんキャロちゃん」をかぶせていなかったほうの大根は、早くもしんなりしてきています

「ダイちゃんキャロちゃん」をかぶせていなかったほうの大根は、早くもしんなりしてきています

4日目

4日目

「ベジシャキちゃん」を刺していないほうのレタスが、若干カサカサに……水分が抜けて、色みも茶色っぽくなってきています

いっぽう、「ベジシャキちゃん」を刺したほうは、まだまだみずみずしさを保っていますよ!


予想以上にハッキリ効果が出た!

5日目……全体的に汚らしい雰囲気が漂ってきました

5日目……全体的に汚らしい雰囲気が漂ってきました

「ベジシャキちゃん」を刺したほうも、若干シナシナ感が出てきましたが……

「ベジシャキちゃん」を刺したほうも、若干シナシナ感が出てきましたが……

刺してないほうは……うわっ、裏側が腐りはじめてる!

刺しているほうはまだまだ安心して食べられそうですが、刺していないほうは難しいですね。

「ベジたてちゃん」に立てたキュウリが曲がってる!

お次は「ベジたてちゃん」……立てたキュウリが曲がってる!

水分が抜けてシナシナになってしまい、曲がってきています。

バナナもだいぶ茶色くなってますね。

いっぽう、寝かせていたキュウリ&バナナは

いっぽう、寝かせていたキュウリ&バナナは

こちらもシナシナ&茶色くなっていますが、進行度は「ベジたてちゃん」を使ったものより遅く感じます。

「ベジたてちゃん」、あまり効果がない?

アイテムを使っていない大根は、相当シナシナになっていますが……

続いて大根をチェック。アイテムを使っていない大根は、相当シナシナになっていますが……

「ダイちゃんキャロちゃん」をかぶせた大根はまだまだ元気!

「ダイちゃんキャロちゃん」をかぶせた大根はまだまだ元気!

切り口の鮮度の差は一目瞭然。切り口にかぶせるだけという単純なアイテムですが、効果は高そうです。

そして、キュウリ&バナナに関して、一番鮮度を保っていたのが……。

「米ぬかの力」に入れたヤツ!

「米ぬかの力」に入れたヤツ!

「米ぬか」効果はもちろん、袋に入れていたため乾燥も防いでいて、手で押したときのプリプリ感がほかと明らかに違いました。

キュウリが若干バナナ臭くなってましたが……。種類ごとに分けて入れればいいですよね。

ということで、「ベジシャキちゃん」「ダイちゃんキャロちゃん」「米ぬかの力」あたりは、目に見えて鮮度を長持ちさせる効果がありました。使う価値アリ!

今回、「ベジたてちゃん」の効果はビミョーでしたが……アスパラ、ニンジン、ミョウガなど、ほかの野菜だったらもっと効果があるのかもしれません。また、冷蔵庫の中で野菜を立てて収納できるので、スペースを有効活用する効果もありますよ!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る