レビュー
ネジのミゾがつぶれてしまっても、もう絶望することはない!?

DIYの強い味方! 「ミゾがつぶれたネジ」を抜く専用工具が頼もしい

ネジのミゾをつぶしてしまうと泣きたくなるけど……

最近、自分で組み立てるタイプの家具も多いですが、ドライバーを使ってネジを締めていると、こんなふうになっちゃうこと、ありませんか?


ネジ山のミゾがつぶれちゃうと、締めることも抜くこともできなくてお手上げ状態に。ムリヤリ引っこ抜いたら、家具がボロボロになっちゃうことも……。

そんな困りものの「ミゾのつぶれたネジ」を簡単に(?)抜くことができそうなグッズがありました。

3種類用意してみました

3種類用意してみました

どれも「ミゾがつぶれたネジを抜く」という目的は同じですが、その方法はそれぞれ違うようです。それでは実際に試してみましょう。

いや、その前に「ミゾがつぶれたネジ」を用意しなきゃならないですね。

コレを作るのが今回、一番大変でした

コレを作るのが今回、一番大変でした

ミゾは完全になくなり、もう泣くしかない状態

ミゾは完全になくなり、もう泣くしかない状態

いっくらドライバーをねじ込んでもまったく役に立ちません

いっくらドライバーをねじ込んでもまったく役に立ちません

こんな厄介なネジ、「ネジ抜きグッズ」を使えば抜くことができるんでしょうか?

「ネジすべり止め液」は軽度なつぶれに◎

まずは「ANEX ネジすべり止め液」

まずは「ANEX ネジすべり止め液」

中身は、黒くてザラザラしたペースト状の液体です

中身は、黒くてザラザラしたペースト状の液体です

ネジの頭に1〜2滴塗って……

ネジの頭に1〜2滴塗って……

ペーストに練り込まれた細かい粒子がドライバーとネジの間に食い込んで、摩擦力を高めることによってネジを回そうというアイテムです。


ダメ、まったく動かない!

ダメ、まったく動かない!

ドライバーの先端にくっついた粒子がジャリジャリとしていて、多少引っかかりそうな気配はありましたが……無理!

パッケージに「つぶれかけたネジに効果あり」と書かれているように、完全につぶれちゃったネジには歯が立たなそうです

ドライバーでギリギリ回せそうだけど、無理をすると完全にミゾがつぶれちゃうんじゃ……くらいな軽傷の段階で使うのがいいんじゃないでしょうか。

ネジ山を“はさんで”回す「ネジザウルス」

続いて「エンジニア ネジザウルス VP-3」

続いて「エンジニア ネジザウルス VP-3」

見ての通り、ネジ山をはさんで回すタイプのアイテムです。

縦横に入ったギザギザで、ネジをガッチリつかむようです

縦横に入ったギザギザで、ネジをガッチリつかむようです

まずはネジ山を軽くはさんで

まずはネジ山を軽くはさんで

ここをゆるめて……

ここをゆるめて……

ガッと握れば

ガッと握れば

はい、ガッチリ固定されました

はい、ガッチリ固定されました

あとはネジをゆるめる方向に回していけば抜けるはずです

あとはネジをゆるめる方向に回していけば抜けるはずです

何度か滑って外れちゃいましたが

何度か滑って外れちゃいましたが

その都度はさみ直して、慎重に回していくと……

その都度はさみ直して、慎重に回していくと……

抜けたー!

抜けたー!

苦労はしましたが「もう一生抜けないんじゃ」状態のネジがスッポリ抜けるとメチャクチャ気持ちイイ!

苦労はしましたが「もう一生抜けないんじゃ」状態のネジがスッポリ抜けるとメチャクチャ気持ちイイ!

電動ドリルでスポスポ抜ける!?

最後は「Cohotek ネジ取り 破損スクリュー 22点セット」

最後は「Cohotek ネジ取り 破損スクリュー 22点セット」

ダダーッとビットが並んでいます

ダダーッとビットが並んでいます

上段が「ドリルビット」。下段が「抽出ビット」。

ドリルビットでネジ山に穴を開けて、抽出ビットで引っこ抜くという寸法です。

このように電動ドリルに取り付けて使用します

このように電動ドリルに取り付けて使用します

まずはネジ山に合うサイズのドリルビットを選んで

まずはネジ山に合うサイズのドリルビットを選んで

ズガーッと穴を開けていきます

ズガーッと穴を開けていきます

キレイに穴が開きました。……これで抜けなかったら、取り返しがつかないぞ!

キレイに穴が開きました。……これで抜けなかったら、取り返しがつかないぞ!

続いて、この穴に合う「抽出ビット」を選んで……

続いて、この穴に合う「抽出ビット」を選んで……

ネジをゆるめる方向に回転させていきます

ネジをゆるめる方向に回転させていきます

「抽出ビット」のギザギザが穴に引っかかりつつ、ネジを回転させるわけです。

ほとんど力を入れなくてもカンタンに抜くことができました!

ほとんど力を入れなくてもカンタンに抜くことができました!

「Cohotek ネジ取り」は別途、電動ドリルも必要になるというハードルはありますが、電気の力でスポッと抜けて快感です!

ネジ穴がつぶれても諦めないで!

まだそこそこミゾが残っているネジ、小さいネジなどには「ネジすべり止め液」。
ネジ山が出っ張ったタイプのネジには「ネジザウルス」。
ネジ山が大きめなもの、ネジ山が平らなもの、さらにミゾのつぶれ具合が重要なものには「Cohotek ネジ取り」と使い分けるのがいいかと思います。
ネジ穴がつぶれてしまっても諦めずに、これらのグッズを駆使してみてください!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
DIY・工具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る