選び方・特集
テレワーク・勉強・ゲームに! 生産性にも快適性にもこだわる

《2020年》オフィスチェアのおすすめ10選。価格とスペックを徹底比較

テレワークや在宅勤務が一般的となり、自宅にオフィスチェアを導入する人が増えています。オフィスチェアは高いものというイメージもあると思いますが、実はここ数年で仕事も趣味も快適に行える多種多様な製品が発売され、手の届きやすい価格のものも増えてきました。そこで、オフィスチェアの選び方をプロが徹底ガイド。さらに、価格.comマガジン編集部がおすすめ10製品を厳選して紹介します。

<取材協力・監修> 村野友明氏
バンタンデザイン研究所空間デザイン科卒業後、大塚家具で12年間、インテリアコーディネート業務に従事。現在は、Hello Interiorのチーフコーディネーターとして、「ステキ過ぎて家に帰りたくなるお部屋づくり」をモットーに、さまざまなテイストのインテリアを提案、著名人や富裕層から支持を集める。「スリープアドバイザー」「整理収納アドバイザー」、ハーマンミラー認定の「エルゴノミックアドバイザー」有資格者で、インテリア全般に精通。自宅は趣味のサーフィンに合わせた「西海岸風」のインテリア。

今、オフィスチェアにこだわりたい理由

仕事や趣味にと、長時間のパソコン作業が欠かせなくなり、首や肩、腰などの痛みに悩む人が増えています。こうした悩みを解消するべく、オフィスチェアには年々改良が施されてきました。ここ数年はメーカー各社から多種多様なモデルが発売され、高機能なモデルもより手の届きやすい価格で購入できるようになっています。テレワークや在宅勤務が一般的となってきた今だからこそ、長時間のパソコン作業を快適に行えるオフィスチェアを家庭にも導入して、ワークライフスタイルを充実させたいものです。

オフィスチェアの種類と予算の目安

オフィスチェアは、企業のデスクワークはもちろん、クリエイティブ作業や勉強、動画やゲームなど、さまざまな用途で重宝します。その種類を大別すると、省スペース設計で事務作業の効率性を重視したワーキングチェア、クリエイティブ作業などを長時間行っても体への負担が少ないエルゴノミクスチェア、上質な雰囲気でリラックス効果が高いプレジデントチェア、長時間のゲームが快適に楽しめるゲーミングチェアに分けられます。

予算的な目安としては、省スペースでシンプルなワーキングチェアなら3,000円台から購入できます。ダイニングチェアで作業をして腰への負担を感じていた人なら、こうしたワーキングチェアを導入するだけでも、作業がかなりラクになることでしょう。また、2万円台なら、ワーキングチェアの高機能モデルやプレジデントチェアも選べるので、快適さが一気にアップします。さらに、5万円台なら、エルゴノミクスチェアや、ゲーミングチェアのハイエンドモデルにも手が届き、長時間の作業をラクに行える製品が購入できます。

もちろん、価格が高ければいいというわけではありません。オフィスチェアの仕様や機能をしっかりと理解したうえで、予算内で自分の用途に合った製品を選んでいきましょう。

オフィスチェアの機能と選び方のポイント

では、オフィスチェアの仕様や機能は、どのように比較すればいいのでしょうか? 作業時の正しい姿勢を踏まえたうえで、それぞれの見方をチェックしていきます。

作業時の正しい姿勢とは

まずは、オフィスチェアで作業をするときの正しい姿勢から。人間の体は、2本足で立った状態がもっとも自然な構造となっています。直立したときに、首から肩、背中から腰へかけての2か所がゆるやかなS字にカーブし、足の裏がしっかりと地面に着いている状態が正しい姿勢となり、イスに座った場合も、これを基に考えます。首から肩、背中から腰へかけての2か所のS字カーブを支えるように背もたれがフィットし、座面がおしりをすっぽりと受け止め、足の裏が床にしっかりと着いていれば、正しい姿勢と言えるのです。

オフィスチェアに座ってパソコン作業をするうえでは、手首の高さや位置も重要。キーボードに手を置いた状態で、手と胸との角度が90〜110°になれば、腕や肩への負担が軽減できるとされています。また、床から足が浮いているとむくみが出やすくなるので、足の裏をしっかりと床に着けるのもポイント。自分にぴったりなオフィスチェアを選ぶにあたり、こうした正しい姿勢を維持して作業できるかどうかが、重要な判断材料となってきます。

背もたれの違い。ローバックとハイバック

オフィスチェアに座って正しい姿勢で作業をするうえで、まずチェックしておきたいのが、腰と背中をサポートする背もたれです。背もたれには、肩甲骨の下までを支えるローバックと、肩甲骨の上までを支えるハイバックの2つのタイプがあります。おしりと腰にフィットして、背中から腰へかけてのS字カーブをしっかりとサポートできれば、ローバックでも正しい姿勢で作業ができますが、ハイバックだと後ろにもたれたときにしっかりと支えてくれるので、より体への負担が軽減できます。ただし、ローバックは背もたれが低い分、コンパクトで見ための圧迫感が弱く、価格も抑えられるというメリットもあります。

また、腰の部分をサポートして、背中から腰へかけてのS字カーブを維持しやすくするランバーサポートがついているかどうかも確認しておきましょう。ランバーサポートは腰痛に効果があるとも言われますが、自分の腰のS字カーブをサポートする位置に付いていないと効果が期待できないので、位置は適切か、または位置調整ができるかもポイントです。

ヘッドレストやアームレスト、フットレストの役割

イスに座っていると、頭部と両腕のそれぞれに5kg程度の重力がかかるとされています。これが首や肩、背中へストレスを与えることで、肩こりや腰痛の原因になるとも考えられています。こうしたストレスを軽減してくれるのが、首の辺りを支えるヘッドレストや、腕を支えるアームレスト、足を置くフットレストです。

ヘッドレストに軽く首をもたれさせることで、首から肩へかけてのS字カーブを維持しやすくなります。また、手首を適切な高さにしてアームレストで両腕を支えれば、背中から腰へかけてのS字カーブも維持しやすくなり、肩こりや腰痛をやわらげる効果が期待できます。アームレストの高さは、座面の昇降機能によって調節できますが、座面と独立して高さ調節ができる製品もぜひ検討しておきたいところです。また、座面を下げても足が浮いてしまう場合は、フットレストの活用を前提に製品を選ぶといいでしょう。

長時間の作業で便利なリクライニング機能

オフィスチェアは、同じ姿勢でいることを前提としたものではありません。途中で姿勢を変えながら作業をすることも想定して設計されています。長時間作業を行っていると、合間に休憩を挟みたくなりますが、このとき便利なのが、リクライニング機能。リクライニングの調節角度が広いほど使い勝手がよく、無段階調整式ならよりラクな位置に倒せます。

また、アクションゲームなどをプレイする場合は前傾姿勢に、動画を鑑賞したりする場合は後傾姿勢になることも多いでしょう。こうした作業時の姿勢変化に対応できるよう、背もたれや座面が前後にスライドする製品もあります。価格帯としては高めになりますが、長時間作業の疲労を軽減できるので、こちらもあわせてチェックしておくといいでしょう。

素材の違いによるメリット・デメリット

座面や背もたれなどの素材は、オフィスチェアの快適性や耐久性を大きく左右します。ファブリック素材は、体にフィットしやすい複雑な凹凸形状に加工できるのがメリットですが、時間が経つと形状が変化しやすいのがデメリット。また、レザー系素材は、皮革製品特有の上質な肌触りで耐久性も高めですが、体と密着する部分が蒸れやすくなります。

これに対してメッシュ素材は、通気性にすぐれているのが魅力。素材のクッション性が弱まっても、張り替えれば新品のような状態になるというメリットも。メッシュ素材が出回り始めた当初は、薄地のためクッション性が低いというイメージもありましたが、体にフィットして体圧分散性を高める立体形状のものが発売されて以降、急速に普及してきました。

価格.comで人気のおすすめオフィスチェア10選

ここでは、急な需要にも対応できる高コストパフォーマンスモデルから、長時間の作業がラクに行えるハイスペックモデルまで、おすすめ10製品を価格.comマガジン編集部がピックアップ。各製品の見どころを徹底解説します。

(※製品価格は、2020年4月28日時点の価格.com最安価格を基にしています)

【ワーキングチェア 4選】
すぐにオフィス環境を構築したい人へ! シンプルで高コスパなエントリーモデル
ナカバヤシ「CNN-003D」

3,000円台※で購入可能という手ごろな価格ながら、肉厚クッションの座面に、ハイバックの背もたれと固定式のアームを備え、しかも背もたれと座面には通気性にすぐれたメッシュ素材を用いるなど、コストパフォーマンスの高さが大きな魅力。省スペースでコンパクトに設置できるのも、自宅に広いワーキングスペースが確保できない人にとってうれしいポイント。高品質なエントリーモデルとして注目です。

背もたれ:ハイバック
座面:高さ約43〜55cm/広さ約41(幅)×41(奥行)cm/クッション厚さ約10cm
アームレスト:高さ固定
ヘッドレスト:なし
リクライニング:なし
素材:背もたれ メッシュ/座面 メッシュ/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約52(幅)×61(奥行)×86〜98(高さ)cm、重量約8.9kg
カラー:ブラック

最新のトレンドを凝縮! 機能と価格のバランスにすぐれた人気モデル
サンワサプライ「メッシュチェア 150-SNCM014」(Web限定)

ハイバックの背もたれが腰のS字カーブをサポートする形状に加工され、座面が広めでクッション性にすぐれているので、正しい姿勢で作業がしやすくなっています。1万円以下※で購入可能という手ごろな価格ながら、背伸びがしやすい最大約10°のリクライニング機能や、首を預けやすいヘッドレストも備えており、価格.comでも常に人気の製品です。軽やかなデザインながら、日本のJIS規格より厳しいとされる米国のBIFMA規格に準拠し、耐久性を高めているのも見逃せません。

背もたれ:ハイバック
座面:高さ約45.5〜52.5cm/広さ約52(幅)×51(奥行)cm/クッション厚さ約10cm
アームレスト:高さ固定
ヘッドレスト:高さ固定
リクライニング:最大約10°
素材:背もたれ メッシュ/座面 ウレタン/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約63.5(幅)×63.5(奥行)×117〜124(高さ)cm、重量約11kg
カラー:ブラック、ホワイト

男女を問わず扱いやすいコンパクト設計! 老舗ブランドの高品質モデル
オカムラ「VC1(ブイシー1) 8VC11A」

日本国内における老舗オフィスチェアメーカーのひとつとして、多くのユーザーのニーズに応えてきたオカムラ。同社製品の中でも、手ごろな価格のロングセラーモデルがこちらです。肉厚クッションながら、座面の高さを41.5cmから調節できるため、小柄な女性でも快適に座ることが可能。最大約14°のリクライニング機能や、床にキズがつきにくいナイロンキャスターも備えるなど、使い勝手も十分。圧迫感の少ないローバックの背もたれを採用しており、全5色から選べるのも、デザイン性に定評のあるオカムラ製品ならでは。

背もたれ:ローバック
座面:高さ約41.5〜50.3cm/広さ約42.5(幅)×43.5(奥行)cm/クッション厚さ約10cm
アームレスト:6段階高さ調節
ヘッドレスト:なし
リクライニング:最大約14°、強弱調整可
素材:背もたれ メッシュ/座面 ウレタン/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約60(幅)×60(奥行)×80.5〜89.3(高さ)cm、重量約10.3kg
カラー:ネイビー、レッド、グリーン、ブルー、イエロー

収納式オットマン付き! 3Dメッシュ採用のよくばり多機能モデル
サンワサプライ「オットマン付きメッシュチェア 150-SNCM007」(Web限定)

2万円台※で購入可能という価格ながら、5万円程度の本格的なエルゴノミクスチェアと遜色ない基本スペックで、収納式オットマンも備えるなど至れり尽くせり。腰のS字カーブをサポートする3D形状の背もたれにランバーサポートも備えており、しっかりとしたフィット感が得られます。5段階の高さ調節や横幅の拡張が可能なアームレストにより、正しい姿勢をキープ。高さと角度の調整が可能なヘッドレストや、最大約35°のリクライニング機能も備えており、この価格帯ではワンランク上の快適さが得られることでしょう。

背もたれ:ハイバック
座面:高さ約42.5〜52.5cm/広さ約52(幅)×46(奥行)cm/クッション厚さ約8cm
アームレスト:5段階調節、横幅拡張可
ヘッドレスト:高さ・角度調節可
リクライニング:最大約35°、4段階高さ調節、強弱調整可
素材:背もたれ メッシュ/座面 メッシュ/ヘッドレスト メッシュ/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約68(幅)×89〜134(奥行)×116〜132(高さ)mm、重量約24.7kg
カラー:ブラック、ホワイト

【エルゴノミクスチェア 1選】
人間工学を極めた! 長時間の作業もラクな国内メーカー製エルゴノミクスチェア
エルゴヒューマン「ENJOY EJ-HAM KM」

日本を代表するエルゴノミクスチェアブランドのエントリーモデル。腰のS字カーブをしっかりとサポートする背もたれは、6段階の高さ調節が可能。座面は奥行調整が可能で前傾姿勢にも対応するなど、さまざまな姿勢で高い体圧分散性を得られるよう設計されています。アームレストも9段階の高さ調節と、5段階の横方向角度調節、前後左右の角度調節に対応するなど、抜群のフィット感が得られます。最大約24.9°のリクライニング機能も備えており、一般的なパソコン作業はもちろん、高いパフォーマンスが求められる長時間のクリエイティブ作業にももってこいです。

背もたれ:ハイバック、6段階高さ調節
座面:高さ約46〜55cm/広さ約50(幅)×47.5(奥行)cm/クッション厚さ約8cm、奥行調整可
アームレスト:9段階高さ調節、5段階横方向角度調節、前後・左右角度調節
ヘッドレスト:高さ・角度調節可
リクライニング:最大約24.9°、無段階調整、強弱調整可
素材:背もたれ メッシュ/座面 メッシュ/ヘッドレスト メッシュ/クッション材:メッシュ(ウレタンも選択可)
本体サイズ:約67(幅)×66(奥行)×111~131(高さ)mm、重量約24.8kg
カラー:ブルー、ブラック、ホワイト、グレー、グリーン、レッド、オレンジ

【プレジデントチェア2選】
座面にポケットコイル採用でクッション性抜群! 仮眠もラクな高機能モデル
レメックス・ジャパン「REC-317AX-BK」

3万円以下※で購入可能という低価格ながら、座面と背もたれ、ヘッドレストに2重構造のクッションを、座面にはポケットコイルを用いており、包み込まれるようなクッション性が魅力。アームレストは5段階の高さ調節ができ、さまざまな体格の人に対応します。最大約130°のリクライニング機能を備えているので、作業の合間に仮眠をすることも可能。張り地はやわらかいPVCレザーでお手入れが簡単です。より素材の質感にこだわる人には、本革素材の「REC-316AX」もラインアップされているので、こちらもあわせてチェック。

背もたれ:ハイバック
座面:高さ約44.5〜51.5cm/広さ約53(幅)×50(奥行)cm
アームレスト:5段階高さ調節
ヘッドレスト:2重クッション
リクライニング:最大約130°、4段階調節
素材:背もたれ PVCレザー/座面 PVCレザー/クッション材:ポケットコイル×シリコン×ウレタン
本体サイズ:約71(幅)×71(奥行)×109〜116(高さ)cm、重量約24.5kg
カラー:ブラック

本革チェアならではの上質感! 書斎のインテリア性も高めるスタイリッシュモデル
オカムラ「VC33(ブイシー33) 8VC33A」

本革の貼り地とアルミダイキャスト製フレームによる、上質でスタイリッシュなデザインが魅力。リクライニング機能も最大約24°で、ゆったりと作業をするのに便利です。キャスターはナイロン製で床にキズが付きにくく、オカムラならではの品質へのこだわりにも注目。書斎のインテリア性が高まり、作業をするたびに満足感が得られること請け合いです。

背もたれ:ハイバック
座面:高さ約46〜51.5cm/広さ約51(幅)×46.5(奥行)cm
アームレスト:高さ固定
ヘッドレスト:高さ固定
リクライニング:最大約24°、4段階固定、強弱調整可
素材:背もたれ 本革/座面 本革/ヘッドレスト 本革/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約71(幅)×71(奥行)×116~121.5(高さ)cm、重量約25.6kg
カラー:ブラック、ブラウン

【ゲーミングチェア3選】
低座面で女性ゲーマーも安心! マルチ可動アームレストで入力作業もゲームも快適
Bauhutte(バウヒュッテ)「RS-950RR」

注目度上昇中のゲーミングブランド「バウヒュッテ」の人気モデル。日本人向けのサイジングにより、身長154〜184cmの人が快適に座れるよう設計されており、女性ゲーマーにもうれしい製品です。ハイバックの背もたれは6段階の高さ調節が可能で、リクライニング機能は最大約135°まで対応。着脱式のヘッドレストやランバーサポートも備え、長時間のゲーミングに欠かせない要素をしっかりと網羅しています。上下・左右・前後・首振りが可能なアームレストを採用しており、前傾姿勢でFPSに集中したり、後掲姿勢でRPGを楽しんだりと、さまざまなゲームで高いパフォーマンスが得られるでしょう。

背もたれ:ハイバック 6段階高さ調節
座面:高さ約38〜45.5cm/広さ約53(幅)×49(奥行)cm
アームレスト:上下・左右・前後・首振り(上下調節は無段階)
ヘッドレスト:着脱式
リクライニング:最大約135°、無段階調節、強弱調整可
素材:背もたれ ポリエステル/座面 ポリエステル/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約74(幅)×67(奥行)×119〜126.5(高さ)cm、重量約21.1kg
カラー:ブラック、レッド×ブラック、ブルー×ブラック

熱いゲームもクールに! 老舗PCパーツメーカーの高耐久・スタイリッシュモデル
Corsair(コルセア)「T3 RUSH」

老舗PCパーツメーカー「Corsair」が開発した、高耐久でスタイリッシュなモデル。耐荷重約120kgのメタルフレームは、激しいゲームプレイでも安定感が高く、通気性の高いファブリック素材を用いているので、白熱のゲームもクールにプレイできることでしょう。座面は約56(幅)×58(奥行)cmとゆったりとしており、無段階で角度調節ができるフルフラットリクライニングに対応。リラックスした状態で長時間ゲームが楽しめます。

背もたれ:ハイバック
座面:高さ約44〜54cm/広さ約56(幅)×58(奥行)cm
アームレスト:前後・左右・上下・回転
ヘッドレスト:着脱式
リクライニング:最大約180°、無段階調整、強弱調整可
素材:背もたれ ファブリック/座面 ファブリック/ヘッドレスト ファブリック/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約67(幅)×66(奥行)×111~131(高さ)mm、重量約22.5kg
カラー:ブラック、グレー×ブラック、グレー×ホワイト

プロゲーマー必見! ハイエンドモデルの最新注目バージョン登場
AKRacing(エーケーレーシング)「Pro-X V2 Gaming Chair AKR-PRO-X」

2015年の登場以来、多くのプロゲーマーやYouTuberから支持を集め、eスポーツの発展を支えてきたリーディングブランド「AKRacing」の最新ハイエンドモデル。長期使用時の耐久性向上を図った高耐久PUレザー素材を用いており、アームレストは前後・左右・上下・回転の調整が可能。着脱式のヘッドレストやランバーサポートも備えており、長時間のゲームでも高いパフォーマンスが維持できるよう設計されています。無段階で角度調節ができるフルフラットリクライニング対応で、ゲームの合間の休憩や仮眠も快適です。

背もたれ:ハイバック
座面:高さ約46〜55cm/広さ約39(幅)×55(奥行)cm/クッション厚さ約13cm
アームレスト:前後・左右・上下・回転、9段階調節、5段階横方向角度調節、前後・左右調整
ヘッドレスト:着脱式
リクライニング:最大約180°、無段階調節、強弱調整可
素材:背もたれ PUレザー/座面 PUレザー/ヘッドレスト PUレザー/クッション材:ウレタン
本体サイズ:約65(幅)×65(奥行)×127.0〜134.0(高さ)cm、重量約25kg
カラー:ブルー、ブラック、ホワイト、グレー、グリーン、レッド、オレンジ

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
家具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る