選び方・特集
お湯に浸かりながらアイデア出し!

在宅勤務は「風呂ワーク」がはかどる! 防水&撥水の便利な文房具を厳選

文具ソムリエールが5年続ける「お風呂ワーク」の方法を伝授!

文具ソムリエールが5年続ける「お風呂ワーク」の方法を伝授!

テレワーク中の人の中には、「家ではなかなか集中できない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

リビングでは家族が忙しく動き回っていたり、自室でも家族から何かと声をかけられたり……。そんな悩みを抱える人にオススメしたいのが「お風呂ワーク」です。

かれこれ5年以上「お風呂ワーク」を続けている私ですが、実は最近になって、多くの人がお風呂を仕事場として使っていないという衝撃の事実を知りました……。お風呂は、入浴しながら仕事の企画を練ったりアイデア出しを行ったり、基本的には誰にも話しかけられることなく、思考を中断させられることがない空間。つまり、仕事がはかどる素晴らしい場所なのです。

本稿では、そんな「お風呂ワーク」で使える便利な文房具を紹介します。

「お風呂ワーク」の準備

文房具の紹介の前に、「お風呂ワーク」に絶対に必要なものから紹介しましょう。

まずは水です。普段よりも入浴時間は長くなり、集中力が増すいっぽうで心配なのが脱水症状。水分はしっかりと摂りましょう。テレワークで出番が少なくなってしまったタンブラーや水筒を活用できます。

次にタオルです。シャワーを浴びたり、湯船からお湯を汲んだりする際の水しぶきから紙類を守るために必須です。サイズはフェイスタオルやスポーツタオルなど、細長いものがオススメです。

準備できたら、お風呂にセットしましょう

準備できたら、お風呂にセットしましょう

湯船のフタをテーブル代わりに、湯船につかりながらノートに書き込んだり、資料を読んだりするので、フタの上にタオルを敷き、その上に文房具を置きます。

フタの耐荷重を確認のうえ、重量を守ってセットしてください

フタの耐荷重を確認のうえ、重量を守ってセットしてください

作業を中断する時は、タオルの中央に文房具を集め、左右の余った部分を中央に向かって折りたたみます。こうして文房具を包むように隠すと、シャワーを浴びて水しぶきが飛んでもノートが濡れることはありません。

置いたモノが隠れる長さのタオルを使用しましょう

置いたモノが隠れる長さのタオルを使用しましょう

普段使いの文房具もお風呂で活躍!

撥水加工が施されたノートを選ぶ

私が普段お風呂に持ち込むノートは、ロイヒトトゥルム1917もしくはモレスキンのノートブックです。

左がロイヒトトゥルム1917の「ノートブック ハードカバー ミディアム ドット」の「ネイビー」で、右がモレスキンの「クラシック ノートブック ハードカバー (無地) ブラック」の「ポケット」サイズ

どちらも表紙に撥水加工が施されているため、ノートを閉じてしまえば水しぶきを気にする必要はありません。

カバーに付いた水滴は、タオルで拭いてしまいましょう

カバーに付いた水滴は、タオルで拭いてしまいましょう

いっぽうで、中紙に撥水加工は施されておらず、湿気により多少のふやけが生じますが、乾いた後の書き味にもさして問題はありません。

紙は湿気により、どうしても多少のふやけが生じてしまいます

紙は湿気により、どうしても多少のふやけが生じてしまいます

ふやけや劣化が気になる人には、中紙にも撥水加工が施されたノートがオススメです。

アピカの「レインガード」シリーズは、撥水ペーパー「レインガード」を使用しているので、アウトドアでの使用や、手汗が気になる人の普段使いにも向いています。

「レインガード B7 黒」の横罫タイプ

「レインガード B7 黒」の横罫タイプ

ちなみに、「レインガード」は防水ペーパーではないので、水につけ込むと用紙が劣化してしまいます

ちなみに、「レインガード」は防水ペーパーではないので、水につけ込むと用紙が劣化してしまいます

水性顔料ゲルインキボールペンは使える?

ペンは、油性ボールペンや鉛筆がオススメです。しかし、普段はゼブラの「サラサクリップ」やパイロットの「ジュースアップ」といった水性顔料ゲルインキ(ジェルインク)のボールペンを使っている人が多いでしょう。ゲルインキは、「水性」で水に弱いと思われがちですが、「水性染料」ではなく「水性顔料」と記載されている製品は、インクが乾いた後であれば、水に濡れても文字が読めなくなることはありません。

左がゼブラの「サラサクリップ」で、右がパイロットの「ジュースアップ」

左がゼブラの「サラサクリップ」で、右がパイロットの「ジュースアップ」

「水性顔料」と書いてあればOK

「水性顔料」と書いてあればOK

水性顔料ゲルインキボールペンは、なめらかな書き心地も魅力

水性顔料ゲルインキボールペンは、なめらかな書き心地も魅力

ペンを複数本持ち込む場合には、輪ゴムが便利です。ペンケースでは湿気が心配ですし、濡れてしまった時に乾かすのも面倒ですが、輪ゴムであれば束ねるだけ。輪ゴムがほどよいひっかかりになって、フタの上に置いていたペンが浴槽内に落ちることも防いでくれます。

輪ゴムで束ねるだけなら、省スペースなのもうれしいポイント。写真の輪ゴムは、共和の「オーバンド カラーバンド プチ ブラック」

プラスαでさらに快適に!

お風呂から出た後、このページは見直したいなと思った時に役立つのが、ヤマトの付箋「CHIGIRU(チギル)」。フィルム付箋に縦横5mm間隔でミシン目が入っていて、好みのサイズに切り取ることができます。

「CHIGIRU」は、平型ロール形状で全面のり仕様。写真は、「CHIGIRU(チギル)〜キャンディカラーシリーズ〜」で、カラーバリエーションも豊富です

5mm方眼のミシン目入りで、必要なサイズにカットできます

5mm方眼のミシン目入りで、必要なサイズにカットできます

この性能を利用して、簡易インデックスを作ります。4段分、好きなサイズに切り取り、折り返して見直したいページに取り付ければ、“貼ってはがせるインデックス”が完成します。

製品ひとつに2色付いたモデルであれば、優先順位や案件ごとに色分けも可能

製品ひとつに2色付いたモデルであれば、優先順位や案件ごとに色分けも可能

もちろんフィルム製なので、水に濡れてもふやける心配はありません。また、鉛筆や油性ボールペンでの筆記にもすぐれています。

商品のディスプレイなどに使うワイヤースタンドは、書見台代わりに使用します。ここでは、GIBSON HOLDERの「ワイヤーディスプレイスタンド」を紹介。

GIBSON HOLDER「ワイヤーディスプレイスタンド」のシングルタイプ

GIBSON HOLDER「ワイヤーディスプレイスタンド」のシングルタイプ

一般的な書見台やタブレット置きでも構いませんが、軽量でテーブルやキッチンなど、さまざまな場所に持ち運べるうえ、角度が変えられるのも便利です。価格が一般的な書見台よりリーズナブルなのもうれしい点。

もちろんタブレットPC(写真は「iPad mini(第5世代)」)の支えとしても使えます

もちろんタブレットPC(写真は「iPad mini(第5世代)」)の支えとしても使えます

手持ちで本を読みたい方には、thumb thingの「サムシング」が便利。

「サムシング」は2サイズ6色で展開

「サムシング」は2サイズ6色で展開

これをはめた親指を本の真ん中に置けば、ページが閉じてしまうことがありませんし、ブックマークとしても使えます。

開いた本に安定感も出ます。写真はMサイズの「スカイブルー」

開いた本に安定感も出ます。写真はMサイズの「スカイブルー」

几帳面な人には難しいかもしれませんが、細かいことはあまり気にしない人は、普段使いの文房具でもすぐに「お風呂ワーク」が可能です。

いつもと異なる環境で企画やアイデア出しを行いたい人は、今日からぜひ試してみてください。ただし、家族やパートナーとお風呂に入る時間を相談したうえで始めてくださいね。無許可の長風呂は、ケンカの元になりますよ!

※ここで紹介した商品は、お風呂専用品ではないため、メーカーが推奨している使い方ではありません。ご使用は自己責任でお願いします。

菅未里

菅未里

Webサイト「STATIONERY RESTAURANT」を運営する文具ソムリエールとして活躍。大学卒業後、好きが高じて雑貨店に就職し文具担当に。現在は、文房具の紹介、コラム執筆、商品開発、売り場企画などの活動をしている。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る