レビュー
スプレーで氷をつくる、新感覚の暑さ対策グッズ

タオルやTシャツを一瞬で“凍らせる”!? 新感覚の「冷却スプレー」が強烈!

暑かったら氷で冷やせばいいじゃない!?

暑い……

暑い……

今年の夏も暑いですね。ぬれタオルを持ち歩いていても、すぐにぬるくなっちゃって、気持ち悪い……。

そんなとき、一瞬にしてタオルをカッキンキンに冷やしてくれるスプレーがありました。

左から「瞬間冷却スプレー」「タオルに氷をつくるスプレー」「瞬間氷スプレー」です

左から「瞬間冷却スプレー」「タオルに氷をつくるスプレー」「瞬間氷スプレー」です

どれも、タオルに吹きかけることで、キンキンに冷やしてくれるという用途は一緒ですが、中でも「タオルに氷をつくるスプレー」と「瞬間氷スプレー」のふたつは「氷を作ってくれる」というのが売りなんです。

どういうことなんでしょうか?

どういうことなんでしょうか?

というわけで、タオルにそれぞれのスプレーをシュゴーッと噴射してみたところ……

というわけで、タオルにそれぞれのスプレーをシュゴーッと噴射してみたところ……

それぞれ特徴的な結果に

それぞれ特徴的な結果に

「瞬間冷却スプレー」は、タオルの上に霜がおりたような感じ

「瞬間冷却スプレー」は、タオルの上に霜がおりたような感じ

「タオルに氷をつくるスプレー」は、積もった雪が固まったような、こんもりとした氷ができています

「タオルに氷をつくるスプレー」は、積もった雪が固まったような、こんもりとした氷ができています

「瞬間氷スプレー」は、氷というよりは粉雪が散ったような状態に

「瞬間氷スプレー」は、氷というよりは粉雪が散ったような状態に

見るからに冷たそうではありますが、実際の温度はどんなもんなんでしょうか?

それぞれ、一番温度が低い場所を探りつつ、計測してみたところ……

それぞれ、一番温度が低い場所を探りつつ、計測してみたところ……

意外な結果に!

意外な結果に!

わかりやすく氷ができているものよりも、霜のような状態になっている「瞬間冷却スプレー」のほうが圧倒的に冷たい!

ほかのふたつは液体(泡?)を噴射してそれを凍らせているのに対して、「瞬間冷却スプレー」は冷た〜い気体でタオル自体を冷やしているようです。そのへんの差が出たんでしょうか?

ただ、5分間室温で放置した後の温度はこんな感じ。

冷たさの持続力は「タオルに氷をつくるスプレー」が高そうです

冷たさの持続力は「タオルに氷をつくるスプレー」が高そうです

やはり、これだけわかりやすく氷の塊ができていると、冷たさも持続しますよねぇ

やはり、これだけわかりやすく氷の塊ができていると、冷たさも持続しますよねぇ

スプレー噴射時のインパクトも「タオルに氷をつくるスプレー」が圧倒的です。

鍾乳洞かよ!

鍾乳洞かよ!

Tシャツに直で吹きかけてもオッケー

どのスプレーも、タオルをキンキンに冷やしてくれるので、暑い時期にメチャクチャ重宝しそうです。

タオルにバシューッと噴射して

タオルにバシューッと噴射して

うおーっ、冷たくて気持ちイイ!

うおーっ、冷たくて気持ちイイ!

ちなみに今回ご紹介した3つのスプレー、直接肌に吹きかけるのは禁止されていますが、タオルのほか、衣服に噴射するのはオッケーとされています。

ということで、直接Tシャツに吹きかけると……。

ヒィーッ! 冷え冷え!

ヒィーッ! 冷え冷え!

衝撃的な涼しさで気持ちいいんですが……。

Tシャツに直がけだと、スプレー跡が結構目立っちゃいますね

Tシャツに直がけだと、スプレー跡が結構目立っちゃいますね

噴射後、しばらくたってもこんな感じ

噴射後、しばらくたってもこんな感じ

やはり、ガッツリ氷ができる「タオルに氷をつくるスプレー」は目立ちます。

場所によっては乳首から何か出ている感が……

場所によっては乳首から何か出ている感が……

シーン別に使い分けて夏を乗り切ろう!

タオルに噴射して使うなら、冷たさ持続力の高い「タオルに氷をつくるスプレー」がおすすめですが、Tシャツなどの衣服に直で噴射する場合は、比較的目立ちにくい「瞬間冷却スプレー」のほうがよさそうです。持ち歩くなら、スプレーサイズの小さい「瞬間氷スプレー」でしょうか。かなり気持ちいいので、夏のお出かけのお供にぜひ!

シュゴーッ!

シュゴーッ!

いやあ、目が覚めるくらいの冷たさです

いやあ、目が覚めるくらいの冷たさです

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る