レビュー
卓上にある風景も注いでいる姿もおしゃれなコーヒーポット

水出しコーヒー始めました!ワインボトル型で使いやすいハリオ「フィルターインコーヒーボトル」


暑さが厳しいこの時期、毎日、アイスコーヒーを飲んでいる筆者。ついに、前々から気になっていた水出しコーヒーが淹れられるコーヒーポットを購入しました。水を入れた容器に投入するだけで作れるコーヒーパックタイプを使うという手もあったのですが、好きな種類のコーヒー粉で淹れられるほうが楽しめそうなので、抽出するタイプをチョイス。なるべく場所を取らず、手軽に作れるものを探した結果、ワインボトルのようなデザインのハリオ「フィルターインコーヒーボトル FIC-70」(以下、フィルターインコーヒーボトル)を選びました!

ワインボトル型の浸漬式水出しコーヒーポット

水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)は、その名のとおり、水だけで抽出するコーヒー。お湯で淹れたコーヒーを急冷させる一般的な作り方のアイスコーヒーよりも高温による酸化が低減されるので、苦みや雑味が少なく、コーヒー豆本来の味や香りが楽しめますが、その半面、抽出に数時間かかるため、すぐに飲むことはできません。そんな水出しコーヒーには、しずく程度の水をコーヒー粉に落として抽出する「滴下式」と、コーヒー粉を水に浸して抽出する「浸漬式」という2種類の抽出方法があります。今回紹介するフィルターインコーヒーボトルは浸漬式。本体内にコーヒー粉と水をセットしたら、あとは冷蔵庫に8時間ほど入れておくだけと使い方はカンタンです。メッシュフィルターも装備されており、いちいち紙フィルターを準備する必要はありません。こうした仕様は浸漬式では一般的なものですが、筆者がフィルターインコーヒーボトルを選んだ大きな理由は、ワインボトルのような形状であること。冷蔵庫のドアポケットにも入るスリムなサイズで、なにより、卓上に置いた時にもサマになるビジュアルに惹かれました。

形状は、ワインボトルそのもの! サイズは87(幅)×84(奥行)×300(高さ)mmで、重量は約420g(筆者測定)。ボトル部分は耐熱ガラスメーカーのハリオらしく、耐熱温度差120℃の耐熱ガラスを採用しています

ボトル上部(黒い部分)に装備された注ぎ口と栓は、耐熱温度180℃のシリコーンゴム製。ハリオは安全な素材を使うことをモットーとしているので、哺乳瓶などにも使われるシリコーンを採用しているのだそう

ボトル内に見えるストレーナー(メッシュフィルター部)にコーヒー粉をセットし、ボトルに水を注いで浸しておけば水出しコーヒーが完成します

水出しコーヒーを淹れてみよう!

浸漬式の水出しコーヒーは構造がシンプルなため、コーヒー粉の状態が仕上がりの味を大きく左右します。フィルターインコーヒーボトルで推奨されているコーヒー粉は、深煎りの中細挽き。スーパーなどで販売されているコーヒー粉のパッケージには挽き方が記されていないことも多いですが、中細挽きはペーパーフィルターで抽出する際に使われるものなので、それらを使えば問題ありません。また、「深煎り」か判断できない場合は、アイスコーヒー用のコーヒー粉を選ぶといいそうです。もちろん、コーヒー豆を販売しているところで、深煎りのタイプを選び、コーヒー粉にしてもらえば、なおよし! 鮮度も重要なので、味にこだわるなら、都度、ミルで豆を挽いて淹れるといいでしょう。

コーヒー粉をセットするため、ストレーナーを取り出します。注ぎ口を取り外すと、ストレーナーも出てきました。注ぎ口がシリコーンゴムなので、手がすべりにくいのも◎

ストレーナーは上部の突起を注ぎ口の溝に引っかけて固定されているだけなので、90°回すだけでカンタンに取り外せます

ストレーナー上部(上ストレーナー)を外し、下部(下ストレーナー)にコーヒー粉を入れます

ストレーナー上部(上ストレーナー)を外し、下部(下ストレーナー)にコーヒー粉を入れます

推奨されている深煎り中細挽きのコーヒー粉を55gセット

推奨されている深煎り中細挽きのコーヒー粉を55gセット

上ストレーナーを装着し、注ぎ口に固定したらボトルに戻します

上ストレーナーを装着し、注ぎ口に固定したらボトルに戻します

注ぎ口の栓を外し、そこから水を注げば準備完了……なのですが、取扱説明書には700mlの水を入れると記されているのに、ボトルにぴったりな数値の目盛がありません!

初回なので、計量カップに700mlの水を入れ、フィルターインコーヒーボトルに注ぐことにしました

初回なので、計量カップに700mlの水を入れ、フィルターインコーヒーボトルに注ぐことにしました

700mlの水を入れると、ボトルにある目盛(750ml)より上の位置まで水位がきました。撮影した角度の問題でズレて見えますが、メッシュフィルターとストレーナーの黒いパーツの境目くらいです。いちいち計量するのがめんどうな時は、その位置を目印にして注いでもいいでしょう(おいしさを重視するなら正しく計量したほうがいいと思います)

最後に栓をし、ボトルを左右に振ってコーヒー粉に水をなじませたら準備完了

最後に栓をし、ボトルを左右に振ってコーヒー粉に水をなじませたら準備完了

あとは、冷蔵庫に8時間入れて抽出されるのを待ちます。冷蔵室の容量が167Lという小さめの冷蔵庫のドアポケットにも収まりました

横に寝かしてみても液体が漏れることはありませんでした。ただ、メーカーに確認したところ、密閉構造ではないので、横にして冷蔵庫に入れるのは推奨していないとのこと

冷蔵庫に入れて8時間。ようやく水出しコーヒーができました! といっても、就寝前に冷蔵庫に入れたので長時間待たされた感じはしません。

抽出したコーヒーは、ボトルを左右に軽く振ってからグラスに注ぐほうがいいとのこと

抽出したコーヒーは、ボトルを左右に軽く振ってからグラスに注ぐほうがいいとのこと

注ぎ口の栓を外し、グラスに注ぎます。持った感じもワインボトルのようで、かなり注ぎやすい! 注いだあとに起こりやすい液だれもありませんでした

さっそく出来上がったばかりの水出しコーヒーを試飲。苦味やエグ味がなく、クリアな感じでゴクゴクと飲めてしまいます。といっても、物足りないわけではありません。軽やかな香りが鼻を抜け、風味はしっかりコーヒーです

飲みきれなかった場合は、ボトルに栓をして冷蔵庫に入れておけばOK。時間が経つほど酸化が進むので、2〜3日以内に飲み切るのがよいようです

後片付けも超カンタン!

使用後のお手入れは、食器や水筒などを洗うような感覚で行えます。すべて分解して洗えるので、さほど気にすることはありません。しいて言うなら、ボトルがガラス製なので落として割らないように気をつけるくらいでしょうか。食器洗い乾燥機にも対応しているのも便利です。

すべて分解してもパーツは5点。分解がカンタンなだけでなく、チカラが必要な作業もないので手間には感じません

中性洗剤で洗浄可能。ガラスボトルは高さがありますが、径がある程度広いので奥までしっかり手が届きました

中性洗剤で洗浄可能。ガラスボトルは高さがありますが、径がある程度広いので奥までしっかり手が届きました

メッシュフィルターは目が細かいので、中細挽きのコーヒー粉は目詰まりしておらず、サッと流すだけでキレイになりました。長期間使っているとコーヒーの油分などが付着してしまうらしいのですが、それは仕方ないこと。汚れが気になったら、短時間であれば薄めた家庭用漂白剤に浸け置きしてもよいようです

まとめ

今回紹介したフィルターインコーヒーボトルは2015年に発売された製品なので、すでに使っている人も多いかもしれません。それでも、ワインボトル型というのはあまりない形状。麦茶などを入れておくポットように取っ手が付いたタイプが多く、ハリオもそのような製品(現行の「水出し珈琲ポット MCPN-14」のようなもの)を販売していましたが、卓上に出しておいてもインテリア性を損なわないデザインを考慮し、ワインボトル型にしたのだそう。

ワインクーラーに入れて卓上に出しておいてもサマになりそう

ワインクーラーに入れて卓上に出しておいてもサマになりそう

冷蔵庫から取り出して卓上に置いておくとボトルの表面に結露水が付くので、コースターを敷いておくと安心

冷蔵庫から取り出して卓上に置いておくとボトルの表面に結露水が付くので、コースターを敷いておくと安心

実際に使ってみると、ただ見た目がいいだけでなく、かなり理にかなったカタチだと感じることが多々。ひとつは、冷蔵庫のスペースを大きく占拠しないスリムさ。抽出中もですが、テーブルに置いた際にも場所を取りません。そして、持ちやすく注ぎやすいのも評価したいポイント。片手で持てるサイズ感なので、パッとつかんで取り出せ、スムーズにグラスに注ぐことができます。これはまさに、ワインを注ぐ感覚。置いてあるビジュアルから注ぐ姿までおしゃれ度が高く、来客時にふるまいたい気持ちになります(笑)。ただ、片手で持ちやすいのは、それほど容量が大きくないからかも。フィルターインコーヒーボトルで1度に作れる水出しコーヒーの量は700mlくらい。メーカー公式サイトには「5杯分」と記されていましたが、記事中で使ったグラスだと氷を入れて5杯分、氷を入れないと3杯半程度の量でした。1人なら問題ないかもしれませんが、2人以上で使うなら、フィルターインコーヒーボトルを複数本用意しておくほうがよさそうです。2020年8月19日時点の価格.com参考最安価格は1,608円(税込)と手ごろですし、もう1本購入するハードルは低め。1度に作れる量は少なめですが、その分、酸化する前に飲みきりやすいですし、洗いやすいというメリットもあるので、初めて選ぶ水出しコーヒーポットとしてはいい選択肢ではないでしょうか。

パッケージもおしゃれなので、プレゼントにもよさそう!

パッケージもおしゃれなので、プレゼントにもよさそう!

ブラック、ショコラブラウン、モカという3色がラインアップされています(2020年8月18日時点)

ブラック、ショコラブラウン、モカという3色がラインアップされています(2020年8月19日時点)

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る