レビュー
イヤ〜な“冷凍庫の臭い”がつきにくい

食パンをおいしく冷凍したい! その願い、“パン専用保存袋”がかなえます

みなさま朝はパン派ですか? ごはん派でしょうか? 筆者はパン派です! そんなパン派にとっての定番といったらやはり「食パン」ですよね。

朝はトーストと決めています♪

朝はトーストと決めています♪

ただ、食パンって賞味期限内に食べきるのが難しくないですか? 寝坊などで朝食を抜くことがあると、1斤分をなかなかうまく消費できません。
そうなると、残りを冷凍保存することになるのですが、冷凍した食パンってどうしても味が落ちてしまうのが残念……。冷凍庫特有の何とも言えない臭いが付着してしまったり、乾燥してパサついたりしてしまうんですよね。

食パン専用の冷凍保存袋!

そんな悩みを解決してくれるかもしれないアイテムを見つけました。マーナの「パン冷凍保存袋」です!

2袋セットです。1袋の大きさは、約210(横)×270(縦)mm、厚さ約0.08mm

2袋セットです。1袋の大きさは、約210(横)×270(縦)mm、厚さ約0.08mm

その名の通り、パンを冷凍するために使う袋です。創業1974年の歴史あるパン・料理教室「ホームメイドクッキング」との共同企画商品で、冷凍時の臭い移りや乾燥を防ぎ、パンをおいしく保存できるんだとか!

光・空気・臭いを遮断する“アルミ”を挟んだ三層構造なのが特徴

光・空気・臭いを遮断する“アルミ”を挟んだ三層構造なのが特徴

1袋あたり、5〜6枚切りの角食パンなら3枚程度、4枚切りの角食パンまたは山型パンなら2枚程度入ります。2袋セットなので、およそ1斤分のパンが一気に保存できる計算ですね。

今回は6枚切りの食パンを入れてみます

今回は6枚切りの食パンを入れてみます

3枚入りました! 4枚はちょっと厳しそうです

3枚入りました! 4枚はちょっと厳しそうです

開け口はダブルチャックになっていて、しっかり密閉できそう。三層構造の素材も相まって、袋を透過する空気量を極力少なくすることで冷凍庫臭をつきにくくするんだとか。

本当においしく保存できる? 1週間保存してみた

さて、気になるのがその実力ですね! 1斤の食パンのうち、半分をパン冷凍保存袋に、もう半分を元々パンが入っていた袋に入れて、約1週間冷凍庫にて保存し、おいしさの比較をしてみることにします。

パン冷凍保存袋は若干、場所を取ってしまいますね……

パン冷凍保存袋は若干、場所を取ってしまいますね……

冷凍庫の同じ部屋に入れ、約1週間冷凍保存します

冷凍庫の同じ部屋に入れ、約1週間冷凍保存します

1週間後のパンがこちら!

1週間後のパンがこちら!

開けてみると、元々の袋で保存したパンにはやや霜が付いていますが、パン冷凍保存袋のほうは付いていないように見えます

開けてみると、元々の袋で保存したパンにはやや霜が付いていますが、パン冷凍保存袋のほうは付いていないように見えます

ただ、この時点でパンの香りをチェックしてみたところ、どちらからも冷凍庫に保存したとき特有の、氷のような臭いがします……。大丈夫でしょうか。

食べ比べてみると、確かに違う!

ではいよいよ食べてみましょう!

冷凍保存したパンをおいしくトーストするコツは、庫内が200℃程度になるまで(約3分ほど)トースターを余熱しておくことだそうですよ

冷凍保存したパンをおいしくトーストするコツは、庫内が200℃程度になるまで(約3分ほど)トースターを余熱しておくことだそうですよ

左がパン冷凍保存袋で入れたパンで、右が袋保存のパンです。見た目に大きな違いはありませんね

左がパン冷凍保存袋で入れたパンで、右が袋保存のパンです。見た目に大きな違いはありませんね

まずは、パン冷凍保存袋に入れたパン。不思議なことに、焼く前に少しあった冷凍庫特有の臭いはまったく感じられません。あれ、これって本当に冷凍したパンだったかな?と思うほどに香りも食感もそのままでした。外はカリッ、中はもちっとしており、パサついてもいませんね。

いっぽう、パッケージのまま冷凍したパンは、若干食感や風味が劣るかな?とは思うものの、正直なところ、味にそこまで大きな違いがあるわけではありません。しかし香りは違いました! 食べながら、ほんのりと冷凍庫特有のイヤ〜な臭いを感じる瞬間がありました。袋の口はしっかりと閉じていたつもりですが、どうしても臭いが付いてしまうものなのですね。

ちなみに、この後さらに1週間ほど冷凍してみましたが、パン冷凍保存袋に入れたパンには霜も降りず、冷凍焼けもしていませんでした。長期間保存すればするほど違いが出てきそうですね。

パン以外にもいいのでは!

食パンでの使用が想定されているようですが、要は空気を通さない袋なので、ほかの食材の冷凍保存にも使えるのではないでしょうか? パンと同じくらい高頻度で冷凍保存する「ごはん」でも試してみました!

約1膳分のごはんをラップに包んで、こちらも1週間ほど冷凍庫に入れてみました

約1膳分のごはんをラップに包んで、こちらも1週間ほど冷凍庫に入れてみました

ごはんの冷凍でも、パンと同じように冷凍庫臭が付着してしまいますよね。長期間保存すると冷凍焼けしてカピカピになってしまうので、それが防げるならさらにうれしいです。

1週間後、電子レンジでいつものように解凍して食べてみました

1週間後、電子レンジでいつものように解凍して食べてみました

おお! 冷凍前と変わらないおいしさでした。ラップに包んだだけの状態で冷凍すると感じられる氷のような臭いや、硬くなっている部分もなく、これはかなりうれしいです。袋のサイズ的にも問題ないので、ごはんにもばっちり使えそう!

あるとちょっとうれしいアイテム

パン冷凍保存袋を使ってみた結果、本当に冷凍庫臭がつきにくくなったことは驚きでした。正直なところ、2〜3日の短期間の冷凍保存であればそこまで差はつかないと思いますが、長期間の冷凍ではかなり効果を実感できるのではないでしょうか。

食材をそのまま入れると袋を洗う必要があるので、ラップで包むか、パッケージごと入れたほうがラクかも

食材をそのまま入れると袋を洗う必要があるので、ラップで包むか、パッケージごと入れたほうがラクかも

これまで、冷凍した食材はどうしても味や香りが劣化するイメージがあり、一度冷凍してしまうと余計に消費が進まなかったのですが、この袋に入れて冷凍することで積極的に食べられそうです。冷凍してしまうことへの罪悪感のような気持ちも少し軽くなりました。

パン冷凍保存袋は、なくても困るわけではありませんが、あるとちょっとうれしくなるアイテムだと思います! 私と同じように、食パンをなかなか食べきれないという方はぜひ試してみてください。

ペパーミント

ペパーミント

都内を中心に活動するミュージシャンです。歌ったり作ったりしています。よろしくお願いいたします! http://www.peppermint-web.net/

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る