選び方・特集
お風呂上がりの乾燥や肌荒れ対策に

《2021年》おすすめボディクリーム&ボディミルク11選と選び方を紹介!

お風呂上がりや就寝前、手洗い後など、お肌の乾燥が気になるタイミングで手軽に使えるボディクリームやミルクは、みずみずしく健康的な肌をキープするために役立つアイテムです。最近は、アロマやハーブの香りでリラックス効果が期待できる製品もたくさん登場しており、癒しグッズのひとつとしても注目を集めています。そこでここでは、ドラッグストアやスーパーでも気軽に買える、お肌にやさしいおすすめのボディクリーム&ボディミルクを厳選してご紹介します。

ボディクリーム&ボディミルクの選び方

まずは、ボディクリームやミルクを選ぶときにチェックしたい3つのポイントについて解説します。

1.保湿力の高さで選ぶ

ボディクリームやミルクを選ぶにあたって、保湿力の高さは重要なポイントです。一般的に、クリームタイプのほうがミルクタイプよりも油分が多く、保湿力も高くなる傾向にあります。また、潤い成分である「セラミド」やお肌の水分蒸発を防ぐ「ワセリン」「シア脂」「馬脂」などの保湿成分が配合された製品がおすすめ。また、より高い浸透効果を得るためには、お風呂上がりなど角質がやわらかい状態のお肌に塗るのがベターです。敏感肌の人は、無着色やオイルフリーなどなるべくシンプルな処方の製品を選びましょう。

2.使用感、テクスチャーで選ぶ

使い勝手も長く愛用するためには外せないポイントです。クリームタイプは保湿力が高く、冬場のしつこい乾燥にもしっかり対応できますが、べたつきや粘りも強くなりがちなので、サラリとした使用感が好みの人や夏場に爽やかに使いたい場合は、より軽めのテクスチャーであるミルクタイプを活用するといいでしょう。ミルクタイプには、伸びがいいので少量でも全身に塗りやすいというメリットもあります。

3.好みの香りで選ぶ

香水のようにいい香りをまとえるボディケアグッズもたくさん登場しています。爽やかな柑橘系や女子力がアップするフローラル系、男女問わず自然な香りを楽しめるムスク系など種類はさまざま。就寝前やくつろぎ時間にリラックスしたいなら、ほんのり香るアロマタイプの製品がおすすめです。普段から別に愛用している香水がある人や強い香りが苦手という人は、無香料タイプを選ぶといいでしょう。

おすすめボディクリーム&ボディミルク11選

ここでは、お肌にやさしいおすすめのボディクリームとボディミルクを厳選してご紹介します。価格.comでも人気のモデルが揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。

1.ジョンソン・エンド・ジョンソン「ジョンソンボディケア アロマミルク」
4つの美容オイル配合でやさしい香りが特徴

乳液のようなテクスチャーで肌なじみがいいボディミルク。「アロマミルク」という製品名の通り、香りのよさが特徴となっています。4つの美容保湿オイル(ミネラルオイル、スクワラン、ダイズ油、ヒマワリ種子油)とベビーオイルを配合し、角質層の深くまで潤い成分がしっかり浸透。「エクストラケア」はローズとジャスミンの香り、「ラスティングモイスチャー」はピーチとアプリコットの香り、「ドリーミースキン」はラベンダーとカモミールの香りをそれぞれ楽しめます。

2.ジョンソン・エンド・ジョンソン「エクストラケア 高保湿クリーム」
ヨーグルト成分を配合した濃厚ボディクリーム

上記と同じくジョンソン・エンド・ジョンソンが発売するボディケアグッズで、こちらは高保湿の濃厚なクリームタイプです。コラーゲンの生成を促進する独自のヨーグルト成分を配合しており、パックした後のようなもっちりとした肌へと導きます。また、ローズとジャスミンのやさしい香りでリラックス効果も期待できます。

3.花王「ニベア マシュマロケア ボディミルク」
サラリとした質感で夏場にも使いやすいミルク

「ホホバオイル」と「スウィートアーモンドオイル」の美容オイルと、「ヒアルロン酸」の潤い成分を配合したボディミルク。消炎剤として「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しているので、ムダ毛を処理した後のケアグッズとしても活躍します。乳液のような質感で伸びがよく、サラリとしたテクスチャーで夏場でも使いやすいのが特徴。香りは「ヒーリングシトラス」と「シルキーフラワー」の2種類から選べます。

↓ホワイトニングにも興味がある人はこちらをチェック↓

4.花王「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」
無香料、無着色でデリケートな肌にも使える

「セラミド機能成分」と「ユーカリエキス」の潤い成分が角層の深くまで浸透し、肌荒れを防ぐボディクリーム。弱酸性、無着色、アルコールフリーと身体にやさしい処方で、赤ちゃんのお肌にも使えるアイテムです。無香料なので香りが苦手な人にもぴったり。しっとり感の強いテクスチャーですが、塗った後は嫌なべたつきが残らないのも嬉しいポイントです。

5.ユニリーバ「ヴァセリン エクストリームリー ドライスキンケア」
ワセリンジェリー配合で乾燥肌をしっかりケア

美容成分である「ヒドロキシステアリン酸」と潤い成分である「ワセリン」を配合した処方で、しつこい乾燥もしっかりケアするボディクリーム。ホイップクリームのようなこっくりした使用感で、男女問わず使いやすい無香料タイプ。テクスチャーはねっとりとした質感が特徴。ローションやミルクに比べると伸びが弱い印象ですが、その分保湿力が高く、乾燥肌の人に向いています。

6.BOTANIST「ボタニカル ボディミルク」
植物の恵みで全身にしっとりとした潤いを与える

90%以上植物由来成分配合でオーガニックにこだわったボタニストのボディミルク。美容成分であるボタニカルバターミルクを配合し、潤いを与えながら潤いのあるやわらかな肌へと導きます。シリコン・合成着色料・鉱物油・アルコールフリーで身体にやさしく、なめらかで粘りのあるテクスチャーが特徴。ラインアップは、フルーティーなピーチとジャスミンをブレンドした甘い香りが特徴の「ライト」と、甘酸っぱいカシスとジャスミンをブレンドした爽やかな香りが特徴の「モイスト」の2種類を展開しています。

7.ロート製薬「ケアセラAP フェイス&ボディクリーム」
セラミドの力で肌荒れやカサつきをやさしくケア

製薬メーカーの皮膚化学研究から生まれたボディケアシリーズ「ケアセラAP」のボディクリーム。無香料・低刺激性・弱酸性・パラペンフリーと身体にやさしいこだわりの処方で、顔と身体の両方に使えます。水分保持機能と外部刺激からのバリア機能をサポートする「セラミド」配合で、角層の深くから潤いのある肌へと導きます。無香料タイプなので扱いやすく、またサイズもコンパクトなので、カバンなどに入れて手軽にケアできるのが魅力です。

8.クナイプ「ボディクリーム」
自然由来の植物オイル&エキスで乾燥を防ぐ

天然植物オイルである「アーモンドオイル」と「シアバター」を配合し、しっとりとした肌を保つボディクリーム。防腐剤・パラフィン・シリコン・鉱物油・着色料フリーで、べたつきの少ない軽めのテクスチャーが特徴です。ハーブティーやサプリメントで使われている「ホップ」と「バレリアン」を配合したナイトケアタイプと、甘くてスパイシーな「スイートオレンジ」と「スターアニス」の香りが特徴のしっとりタイプの2種類が選べます。乾燥が気になるときはもちろん、就寝前などリラックスしたいときに塗るのもおすすめです。

9.エーザイ「ザーネクリーム」
全身に使えるロングセラーの薬用クリーム

65年以上続くブランド「ザーネ」の保湿クリーム。天然型ビタミンEとグリチルリチン酸ニカリウム(消炎成分)が角質層に直接働き、荒れた肌をしっとりなめらかにケアします。マイルドな香りで手や顔など全身に幅広く使えるほか、赤ちゃんや敏感肌にも使えるやさしい処方です。白色のクリームは少量でも伸びがよく、サラリとべたつかない使い心地。持ち運びに便利なチューブタイプと、たっぷり大容量のジャータイプの2つのサイズから選べます。

10.KOSE「ソフティモ ナチュサボン セレクト ボディミルク」
濃厚保湿ミルクでやわらかな素肌に

85%以上の天然由来成分配合で、濃厚保湿ミルクが角層にじっくり浸透してやわらかな肌へと導くボディミルク。テクスチャーはミルクジェルタイプで少々べたつきがありますが、時間が経つごとに肌になじんで高い保湿効果を発揮します。ラインアップは、ボタニカルバター(ムルムルバターとシアバター)配合で甘いチュベローズ&ヴァニラの香りが特徴の「リッチモイスト」と、ボタニカルオイル(アルガンオイルとホホバオイル)配合で、爽やかなカモミール&グレープフルーツの香りが特徴の「モイスト」の2種類を展開しています。

11.ジルスチュアート「ボディミルク」
スーパーフード由来の保湿成分とオイルが特徴

アボガドエキス、カシスエキス、ココナッツオイル、カカオバターなどのスーパーフード由来の保湿成分やオイルを配合したボディミルク。コクのあるミルクがとろける感触で角層の奥までなめらかに浸透します。香りは女性らしさを演出する「ホワイトフローラル」「ロージーズ」「ブルーミングペアー」の3種類。パラベンフリーでお肌にやさしく、べたつきが少ないので就寝前やお出かけ前のケアにもぴったりです。

>>価格.comユーザーのおすすめは? ボディクリーム人気売れ筋ランキング
>>価格.comでそのほかのボディクリームをチェックする

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る