選び方・特集

《2023年》毛布おすすめ10選。じっくり選びたい秋冬寝具のマストアイテム

肌寒い季節の変わり目から冷え込みの激しい真冬まで、1枚で使ったり、掛け布団と組み合わせたりして暖を取れる毛布。秋冬寝具の定番ともいえるアイテムです。最近では、科学技術の進歩により、さまざまな機能を付加した多種多様な毛布が発売されていますが、いざ選ぶとなると、どれにしたらいいか迷ってしまうことも。そこで、専門家が毛布の選び方とおすすめ製品を紹介します。

<監修>:インテリアアドバイザー 村野友明氏
大塚家具、デザイン注文住宅設計事務所フリーダムアーキテクツデザインなどを経て、HelloInteriorを共同創業。サービス設計、ブランディングなどを担当。現在は、インテリアのセレクトショップで事業責任者をしながら、インスタグラムを中心としたSNSでさまざまなインテリア情報を発信している。著名人や富裕層を中心にさまざまなテイストのインテリアを提案し、その実績は3,500件超。保有資格は、「スリープアドバイザー」「整理収納アドバイザー」「エルゴノミックアドバイザー」「ホームステージャー」など。
気になる毛布は、ニトリの「スマホ毛布Nウォーム」。両手を通す穴が設けられており、着る毛布として使えるので、「仕事や作業中にも着用できて、プラスαの機能を備えた毛布として優秀だと思った」とのこと。

毛布の素材と主なタイプ。機能性の高い化学繊維が主流

毛布の素材としては、綿やウールといった天然素材が昔から親しまれてきました。ところが最近では、天然素材と近い特性を備えた化学繊維の毛布が量産できるようになり、これらが普及しています。まずは毛布の素材とタイプ、さらにそれぞれの特徴を見ていきましょう。

マイクロファイバー毛布

ポリエステルなどを超極細の糸にして、起毛加工を施したものをマイクロファイバー毛布と呼びます。やわらかくふんわりとした肌触りのものが多いです。保温力が高いため暖かさを感じやすく、吸水性や速乾性もあります。原材料のコストが低いので、価格が安くても、防菌防臭や制菌加工など、さまざまな機能を付加したものが選べます。

「毛足の長いものなどはふんわりとした肌触りで、掛けたときの安心感があります。マイクロファイバー毛布はコストパフォーマンスが高いのでおすすめできます。毛布としては今最も人気のあるタイプです」(村野氏)

フリース毛布

ポリエステルの中でも、ポリエチレンテレフタラートというペットボトルと同じ原料を用い、起毛加工を施したものがフリース毛布です。毛足が太くて短く、もこもことした肌触り。マイクロファイバー毛布ほど保温性はありませんが、軽くて耐久性にすぐれたものが多く、マイクロファイバー毛布よりさらに安い製品もあります。

「化学繊維なので、強度や撥水性を高める加工を施すこともできます。ひざ掛け用などサイズも豊富に販売されているので、屋外へ持ち出してキャンプなどに使用する人もいます」(村野氏)

マイヤー・ニューマイヤー毛布

ドイツ製の編み機であるカールマイヤー製ラッセル機によって作られたのが名前の由来。アクリルやポリエステルの毛足の長い生地を2枚合わせにして織っています。肌触りはソフトで重厚感があり、保温性が高いのが魅力。毛足が長いのでなめらかな肌触りです。

2枚合わせのマイヤー毛布に対してニューマイヤー毛布は、1枚物の毛布です。比較的軽く圧迫感がないのが特徴。軽量ながらも十分な保温性があります。やわらかさのあるふわっとした肌触りが特徴。

「マイヤー毛布はマイクロファイバー毛布より保温性の高いものもあり、価格はやや高め。2枚合わせでボリューム感を高めた製品も人気があります。ただ、湿気が逃げにくく、熱がこもりやすいものもあるので注意が必要です」(村野氏)

綿毛布

天然素材を用いており、昔から人気のある毛布です。肌にやさしく通気性や吸湿性にすぐれているので、羽毛布団と組み合わせて温度調節をするのにも適しています。さらっとした肌触りで肌にやさしく、赤ちゃんや幼児用の毛布としても好まれます。洗濯がしやすいのも特徴です。

「綿毛布はさらりとした肌触りでべたつかず、吸湿性にすぐれています。ほかの素材と異なり1年を通して使えるのが特徴。ただし、保温力はそれほど高くないので、冬場の冷え込みが厳しい地域では掛け布団と組み合わせて暖かさを調節してください」(村野氏)

ウール毛布

天然素材の獣毛の中で最も一般的なのが、羊の毛を用いたウール毛布。空気を多く含むため保温力が高く、吸湿発散性にもすぐれています。強度が高く、ごわごわとした肌触りに感じられるものも。暖まっても蒸れにくく、快適な温度と湿度を保てるので、夏場も使えるものがあります。ただし、毛布の中では高級品となり、価格は高めです。

「ウールはすぐれた特性を備えているので、予算が許せば選択肢に入れたいタイプです。また、カシミール地方の山羊から採れるカシミヤ毛布や、ラクダから採れるキャメル毛布など、産地によって価格帯が大きく異なります」(村野氏)

毛布の選び方。ライフスタイルに合ったものを見つける

素材や加工方法の進化により、毛布は同じ素材でもさまざまな特性や機能を備えたものが生産できるようになりました。そのため、いくつか比較しておきたいポイントがあります。

保温性。汗をかきすぎると逆効果。吸湿発散性も考慮する

人間は睡眠中に、内臓や筋肉などの体の機能を休ませ回復させます。このとき、体の回復効果が高い、良質な睡眠をとるために寝具で工夫できることは、温度や湿度などの寝床内環境を最適な状態にすること。人間に最適な寝床内環境は、温度が約33℃、湿度が50%以下といわれています。感覚的には、布団に入ったときにぽかぽかとほんのり暖かいくらいがちょうどいいとされます。

この理想的な環境にするために毛布で寝床を保温しますが、室内外の気温やその人の体質によって、ちょうどいい暖かさは異なってきます。特に、汗をかきすぎない暖かさであることが重要。汗をかきすぎると体が回復しにくく、汗で余計に体を冷やしてしまうことにもなりかねません。

「最近の化学繊維の毛布には、暖かさや吸湿発散性のレベルを表示しているものもあるので、製品選びにあたっては、こうした表示もぜひ参考にしてみてください」(村野氏)

肌触り。加工技術により、化学素材の毛布も天然素材のような風合いに

綿のふんわりした肌触りや、ウールなどのなめらかな肌触りが昔から好まれてきたこともあり、化学繊維の毛布は、これらの肌触りに近くなるように改良されています。マイクロファイバー毛布には、ふんわりとした感触のものが多く、ニューマイヤー毛布には、なめらかな肌触りのものもあります。

「同じ素材でも、毛足が細いとよりなめらかに、毛足が長ければよりふっくらと感じられるなど、肌触りが大きく異なるので、毛の細さや長さなどもよく比較してみましょう」(村野氏)

機能性。ライフスタイルに合わせて必要な付加機能を検討する

最近の毛布には、さまざまな付加機能を備えたものがあります。抗菌や制菌、防臭、防ダニ加工など、お住まいの地域の気候やライフスタイルに合わせて、どこまでの機能が必要か検討してみてください。必要な機能を備えたものを清潔な状態で使用すれば、毎日心地よく就寝できることでしょう。

「抗菌や制菌、防ダニ加工など、清潔性に関わる付加機能も、寝床内環境の快適さに関わってきます。また、毛布を部屋干しする場合なら、防臭機能も重要。そのほか、科学素材でも、静電気が発生しにくいよう加工されたものがあります」(村野氏)

洗濯。家庭での手入れは化学繊維のほうが手軽

毛布は肌に触れるものだけに、清潔で心地いい状態を維持できるのが理想です。それだけに、洗濯がしやすいかどうかも重要。家庭で洗えない毛布は、クリーニングに出す必要がありますが、冷え込みの厳しい冬場など、すぐに使えないと不便に感じることも少なくありません。

家庭での洗濯や手入れは、化学繊維のほうが手軽です。マイクロファイバー毛布は洗濯機で丸洗いができ、マイヤー毛布やニューマイヤー毛布も、洗濯ネットを使用すれば、洗濯機洗いや手洗いをできるものが多いです。いっぽうで、天然素材のウール毛布は家庭で水洗いがしにくいものもあります。

「毛布の部屋干しが可能かどうかも要確認。寝具用の毛布はかさばるので、わざわざクリーニングに持ち込まず、自宅で洗って干せればそのメリットは大きいです」(村野氏)

重さ。軽量なほうが睡眠の質を高めやすく、持ち運びもしやすい

毛布は一般的に、軽いほうが血流や呼吸を妨げにくく、寝返りも打ちやすくなります。また、掛け布団と重ねやすくなります。そのほか、リビングルームで肩掛けやひざ掛けとして使ったり、キャンプで使用したりする場合にも、軽いと持ち運びがしやすく便利です。

「厚手でボリュームがあることをアピールする毛布もあり、重い毛布か軽い毛布かは好みが分かれることも確かです。ただし、2kg以下を目安に、なるべく軽いものを選んだほうが、さまざまなメリットを得られるでしょう」(村野氏)

毛布のおすすめ10選。話題の発熱する毛布など、ブランドを問わず紹介

価格.comの「毛布」「電気毛布・ひざ掛け」カテゴリにおける人気商品、売れ筋ランキングも基に、一般的な化学繊維や天然素材の毛布をはじめ、着る毛布で話題のスマホ毛布や、汗を吸収して発熱する毛布など、さまざまなブランドから、バラエティ豊かな製品をピックアップしました。

東京西川「ウェッジウッド ワイルドストロベリー 綿100%」
人気の「ウェッジウッド」柄をデザインした高品質綿毛布

世界的ブランド「ウェッジウッド」で人気のワイルドストロベリー柄をデザインした綿毛布。良質な綿を、昔ながらの製法で織り上げており、肌にやさしく、ふんわりとしたやわらかい肌触りが特徴。軽量なため、掛け布団との組み合わせにも便利です。

【主なスペック】
主な素材:綿
サイズ:シングル
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:3、機能性:3、肌触り:3、メンテナンス:4、総合評価3.3
「日本一の毛布の街として有名な大阪府泉大津市で作られた綿毛布。春や秋などの寒暖差のある時期に、ほかの布団と重ねて使える毛布です。綿ならではの手入れのしやすさが魅力です」

モフア「mofua プレミアムマイクロファイバー毛布 Heatwarm発熱 +2℃(2枚合わせボリューム毛布)」なめらかな肌触りの吸湿・発熱素材を用いた2枚合わせ毛布

ロングセラーの「プレミアムマイクロファイバー毛布」に、体の水分に反応して温度が2℃上昇するという吸湿・発熱素材の「Heatwarm発熱 +2℃」を組み合わせた2枚合わせ毛布。シルクより細い超極細加工の繊維を用いており、やわらかい肌触りとなっています。静電気防止加工が施されるほか、低ホルムアルデヒド仕様のため、肌にやさしいのもポイント。

【主なスペック】
主な素材:ポリエステル、レーヨン
サイズ:シングル
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:4、機能性:4、肌触り:5、メンテナンス:3、総合評価4.0
「吸湿発散性の高さが特徴の1枚。マイクロファイバーならではのふわふわした気持ちのいい肌触りです。静電気防止加工が施されているのもポイント。カラーバリエーションが豊富なので、インテリアとしても楽しめます」

ナイスデイ「テイジン×NICEDAY 共同開発 快適清潔シリーズ 極厚であったかいTEIJIN縦成型わた入りの毛布」
テイジン共同開発の縦成型綿使用で掛け布団なしでも暖かい

2枚合わせの毛布に、テイジンが開発した縦成型の中綿を用いることで、暖気が逃げにくくなっており、高い保温力を実現。繊維が極細で衿元が三重構造のため、やわらかい肌触りで肩口まで冷えにくいです。

【主なスペック】
主な素材:ポリエステル、複合繊維
サイズ:ダブル
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:5、機能性:4、肌触り:5、メンテナンス:3、総合評価4.3
「しっかりとした厚みがあり、掛け心地のよい毛布。何度もていねいにブラッシング加工をされた超極細繊維が体を包み込んでくれます。厚みのある毛布ながら自宅で洗濯ができるのもポイント」

イケア「OFELIA/オフェーリア 毛布」
コンパクトで軽い。持ち歩きたくなるおしゃれ毛布

約130(幅)×170(長さ)cmというコンパクトサイズで、重量約0.96kgと、持ち運びに便利な合繊毛布。ベッドだけでなく、リビングルームや仕事場で肩掛けやひざ掛けとして使用するのにも便利です。ふんわりとした感触が楽しめるワッフル加工も特徴的。

【主なスペック】
主な素材:ポリエステル、アクリル
サイズ:シングル
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:3、機能性:3、肌触り:3、メンテナンス:3、総合評価3.0
「リサイクルポリエステルで作られた毛布。伸縮性の高い作りなので幅の広いベッドでも使えます。もこもこした見た目がかわいらしいデザインです」

山善「電気掛敷毛布 YMK-HR40F」
「ホカロン」の吸湿発熱素材を用いた電気掛け敷き毛布

吸湿発熱素材「ホカロンフランネル」を用いることで、一般的な電気毛布よりさらに暖かさを体感できるようにした電気毛布。約130(幅)×188(長さ)cmというゆったりしたサイズで、かけ布団としても、敷布団としても使用することができます。コントローラーを外せば丸ごと洗濯機で水洗いが可能。「ダニ対策モード」を搭載しています。

【基本スペック】
主な素材:ポリエステル、レーヨン
表面温度:弱約21℃/適温約33℃/強約53℃(目安。温度は使用環境などにより異なります)
サイズ:約130(幅)×188(長さ)cm
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:5、機能性:3、肌触り:3、メンテナンス:3、総合評価3.5
「電気毛布ながら洗濯機で水洗いできるのがポイント。無段階の温度調整に対応しているのも魅力。睡眠時だけでなく、暖房アイテムとしてさまざまなシーンで活躍するアイテムです」

山善「電気しき毛布 YMS-16」
掛け布団としても使えて丸洗いできる電気毛布

省エネ仕様の電気毛布。「しき毛布」という名称ですが、敷く用にも掛ける用にも利用できます。温度調節は無段階で、電気代の目安は「強」設定時で1時間あたり約0.7円の省エネ仕様。「強」設定時はダニ対策も期待できます。約80(幅)×130(長さ)cmと、扱いやすいコンパクトサイズのため、掛け布団や肩掛け、ひざ掛けとしても使えます。コントローラーを外せばまるごと洗濯機で水洗いが可能。

【主なスペック】
主な素材:ポリエステル
表面温度:弱約23℃/適温約33℃/強約53℃(目安。温度は使用環境などにより異なります)
サイズ:約80(幅)×130(長さ)cm
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:5、機能性:3、肌触り:3、メンテナンス:3、総合評価3.5
「掛けるだけでなく敷くこともできるのが魅力。コンパクトなので、さまざまなシチュエーションで使えます」

ニトリ「 2枚合わせ毛布(Nウォーム WSP GY S A2212)」
「Nウォーム」で最も暖かい多機能毛布

ニトリの人気シリーズ「Nウォーム」の中でもいちばん暖かい『極』の毛布。吸湿発熱性に富んだ「Nウォーム」素材は、体から発散される水分を熱に変えるため、肌に触れた部分からじんわりと暖かくなっていきます。また、保湿性を高く維持する作りになっているので、乾燥を防ぐことも可能。特殊な糸を使用し、静電気も低減しました。抗菌防臭制菌加工、消臭加工で清潔に使えます。

【主なスペック】
主な素材:ポリエステル、レーヨン、ナイロン
サイズ:シングル/セミダブル/ダブル/クイーン
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:4、機能性:5、肌触り:3、メンテナンス:4、総合評価4.0
「とにかく暖かいNウォームの『極』シリーズ。暖かさと機能で選べるのも魅力。低価格ながら十分な機能性を備えています」

ニトリ「2枚合わせ スマホ毛布 シングル(Nウォーム BE S A2217)」
毛布を掛けたままスマホ操作ができる新コンセプトの毛布

手を通せる2か所の穴が設けられた、吸湿発熱素材「Nウォーム」使用の毛布。毛布を掛けたままスマートフォンなどの操作がしやすいのが特徴です。肩や襟元が大きめのサイズになっており、保温性を高めています。制菌、抗菌などの加工が施してあり、洗濯機で洗えるため清潔に使えるのもポイント。

【主なスペック】
主な素材:ポリエステル、レーヨン
サイズ:シングル
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:4、機能性:5、肌触り:3、メンテナンス:4、総合評価4.0
「今回の検証でいちばん注目した商品。リビングで肌寒いときや書斎で仕事をしているときに重宝します。寝具としてだけでなく、簡易的な暖房アイテムとして使えます」

寝ころん太くん「メリノウール 100% 日本製 掛け毛布」
上質なメリノウールを贅沢に使用。ウールながら洗濯機対応

上質な羊毛であるメリノウールをたっぷりと使った掛け毛布。繊維が細くてやわらかく、しなやかな肌触り。コットンを超える吸湿発散性があるため、快適な寝床内環境を作ってくれます。ウールでありながらも自宅の洗濯機で丸洗いが可能です。

【主なスペック】
主な素材:ウール
サイズ:シングル
洗濯:洗濯機使用可
【村野友明氏の評価】
保温性:4、機能性:4、肌触り:5、メンテナンス:3、総合評価4.0
「夏以外のシーズンに心地よく使える毛布。吸湿発散性が高いので、蒸れずに快適に使えます。メリノウールならではの肌触りのよさが、心地よい眠りへと誘ってくれることでしょう」

シールズ「オールシーズン対応の化粧パフのような綿100%ブランケット」
綿毛布ながらふんわりしたボリューム感。軽くて一年中使える

織物の名産地である和歌山県橋本市高野口で、天然コットン100%の高級綿糸から作り上げられており、ふわふわでやわらかい肌触りが魅力。職人の手によって、タテ糸とヨコ糸にパイル糸が立体的に織り込まれ、表裏両面にやわらかいパイル糸が立つ独特な構造となっています。また、しっかりとしたボリューム感ながら約1kgと軽いので、掛け布団との重ね合わせにも便利です。

【主なスペック】
主な素材:綿
サイズ:シングル(幅約140×奥行約200cm)
洗濯:洗濯機使用可
【村野氏の評価】
保温性:3、機能性:3、肌触り:5、メンテナンス:5、総合評価4.0
「綿毛布としてはぶ厚いボリューム感があり、肌触りも良好です。なんといっても、コットンの特徴である適度な保温力と吸湿発散性の高さが魅力で、冬は掛布団のインナーケットに、夏場はエアコンの冷えすぎの調整にと、一年を通して快適に使えます」

まとめ。住環境やライフスタイル、体質などの条件を明確に

毛布は、新素材の採用や製造技術の高度化により、ここ最近の進化が目覚ましい製品です。昔から好まれてきた綿毛布やウール毛布のいいとこ取りをした製品が次々と発売されており、「着る毛布」のようなユニークな製品も登場しています。毛布は寝床の保温性を高めるのが最大の目的となる寝具ですが、最近では、より多様な使い方ができる便利アイテムのひとつとなっています。お住まいの住環境やライフスタイル、体質などから、条件に合う毛布をぜひ見つけていただきたいものです。

>>価格.comユーザーのおすすめは?毛布の人気商品ランキング

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
布団・寝具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る