レビュー

増え続ける「同人誌」の収納は“専用段ボール”を使うのが正解!

同人誌は収納方法が悩ましい……

同人誌即売会がぼちぼちと再開し始めて、「今年の冬はひさびさに薄い本を爆買いするぞ!」と意気込んでいる人も多いんじゃないでしょうか。

冬コミもありますしね!

冬コミもありますしね!

しかし、爆買いした後に問題になるのが収納場所。本棚に入れておく……のは気が引けるタイプの本もありますし、当然そのへんに放置するわけにはいきません。

専用のケースを買ってもいいけど、数が増えるとお金もかかるし……。

なかにはこんな感じで、とりあえず段ボール箱に突っ込んで保管している人もいるのでは?

なかにはこんな感じで、とりあえず段ボール箱に突っ込んで保管している人もいるのでは?

ローコストで大量に保管でき、押し入れやベッドの下に突っ込んでおくのには最適。段ボール箱保管も意外と悪くはないです。

しかし問題は……。

死ぬほど重い!

死ぬほど重い!

要は紙の塊なので、大量に入れるととんでもない重量になってしまうわけです。

たとえば、同人誌に多いB5サイズの本。これを「100サイズ」の段ボール箱いっぱいに詰め込むと……。

なんと約17kg!

なんと約17kg!

そりゃあ腰も悲鳴を上げるってもんです。男のボクでもつらいんだから、女性だと持ち上げるのすら難しいんじゃないでしょうか。

かと言って、大きな箱に少ししか入れないのは微妙ですし、本の型崩れの原因にもなってしまいます。もう少し小分けにできる箱があるといいんですけど……。

そんな要望にピッタリの、ほどよい大きさの段ボールがありました。

同人誌にピッタリサイズの段ボール箱

それがこちらの収納ケース。単体の写真だとなんてことない段ボール箱に見えますが……

それがこちらの収納ケース。単体の写真だとなんてことない段ボール箱に見えますが……

B5サイズの本を入れやすく取り出しやすい、絶妙なサイズで作られた収納ケースなんです。

100サイズの箱と比べると……半分くらいでしょうか

100サイズの箱と比べると……半分くらいでしょうか

大きさは、横幅約28cm、奥行と高さが約21cmです。

こちらの箱に同人誌をギッシリ詰め込んでみると……ピッタリ!

こちらの箱に同人誌をギッシリ詰め込んでみると……ピッタリ!

28ページの同人誌が約80冊入りました(紙の厚さにもよるので参考までに)。
同人誌の入れ方は、写真の向きはもちろん、背表紙を上にする向きでもキレイに入ります。

重量は約9kg

重量は約9kg

収納量も、重さも、大体100サイズ段ボールの半分といった感じです。

軽い! ……とは言えませんが、このくらいなら女性でも問題なく持ち上げられるでしょう

軽い! ……とは言えませんが、このくらいなら女性でも問題なく持ち上げられるでしょう

底以外の各面に穴が開いているのもポイント

底以外の各面に穴が開いているのもポイント

ここに指を引っかけると持ちやすいんですよ!

本の収納に便利な工夫がいろいろ

同人誌をギッシリ詰め込んでも簡単に持ち上げられる程度の、“ちょうどいい”サイズの収納ケースボックス。

しかしこの箱、単にサイズがちょうどいいだけではないんです。

たたまれた状態ではこんな感じですが

たたまれた状態ではこんな感じですが

側面を開いていくと、底板も一緒に開いていき……

側面を開いていくと、底板も一緒に開いていき……

ガムテープなしであっという間に組み立て完了!

ガムテープなしであっという間に組み立て完了!

底板は三重になっているため、本を大量に入れても底が抜けてしまう心配はなさそうです

底板は三重になっているため、本を大量に入れても底が抜けてしまう心配はなさそうです

さらに上のフタも、ベロを穴に突っ込むことで

さらに上のフタも、ベロを穴に突っ込むことで

ガムテープなしでしっかりと閉めることができます

ガムテープなしでしっかりと閉めることができます

ガムテープが不要ということは、開けたり閉めたり、たたんだり組み立てたりが何度もできるということ。

不要なときは、たたんでおいて省スペースに。同人誌が増えたら組み立てて……。同人誌を処分して箱が空いたら、再びたたんでおく。こんな使い方もできるわけです。

フタを開け閉めできるということで、積み上げて本棚的に使うこともできそう

フタを開け閉めできるということで、積み上げて本棚的に使うこともできそう

さすがに日常的に使う本棚としては使い勝手が悪いと思いますが、「たまーにしか読み返さない同人誌を、とりあえず入れておく箱」的な使い方だったら十分です。

こじゃれたデザインなので、同人誌が入っているとは思われそうにないのもポイント

こじゃれたデザインなので、同人誌が入っているとは思われそうにないのもポイント

これなら同人誌をいくら買っても大丈夫! 部屋に積み上げておいても問題ない……かな?
もちろん同人誌以外にも、単行本のマンガやDVD、ゲームソフトなどがキレイに収まる絶妙なサイズ感なので、なにかとコレクションの多い方にはいいんじゃないでしょうか!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る