選び方・特集

《2022年》おすすめマウスウォッシュ10選と選び方を紹介! 口臭ケアや歯周病予防に

歯磨きと併用して使うことで、歯の健康維持や口臭予防に役立つアイテムマウスウォッシュ。歯ブラシでは届きにくい、歯や歯茎のすき間に入り込んだ食べカスや汚れを洗い流してくれるだけではなく、独特の成分やフレーバーによって口の中をスッキリ爽やかに保ってくれる効果も期待できます。ここでは、サッと使えて便利なおすすめのマウスウォッシュを厳選してご紹介します。

マウスウォッシュの選び方

まずは、マウスウォッシュを選ぶにあたってチェックしたい3つのポイントについて解説します。

1.目的に合った製品を選ぶ

マウスウォッシュを使う主な目的としては、「口臭予防」「ホワイトニング対策」「虫歯・歯周病の予防」などがあげられます。

口臭ケアが目的であれば、原因菌にアプローチするとされる「CPC(塩化セチルピリジニウム)」や「二酸化塩素」などが含まれた製品が候補になりますし、歯本来の白さを保つことが目的であれば、ステイン汚れを浮かせて落とす作用を補助する「重曹(炭酸水素Na)」や「ポリリン酸Na」が含まれた製品が候補になります。また、虫歯・歯周病予防を考えているのであれば「キシリトール」や「デキストラナーゼ」などが含まれた製品を探してみてもいいでしょう。

ただし、マウスウォッシュはあくまでも口内ケアの補助的な役割をするものですので、しっかり歯磨きをしたうえでこれらの対策を行うことが大切です。

2.アルコールの有無

マウスウォッシュには、アルコール配合タイプとノンアルコールタイプの2種類があります。アルコールには、 口臭・歯周病の原因菌を殺菌したり、清涼感が得られる手助けをしたりする役割が期待されますが、ピリピリとした刺激や苦みが感じられるケースも。使い慣れていない人は、まずは低刺激なノンアルコールタイプから始めてみましょう。

3.好みの使用感で選ぶ

フレーバーは爽やかなミント系が主流ですが、なかには、柑橘系やハーブのような香料を使った製品も存在します。マウスウォッシュは、毎日の習慣として使うものですので、好みの風味や香りを選んだほうが長続きしやすいです。また、ボトルも持ち歩きに便利な小型タイプから、経済的な大容量タイプまで幅広いラインアップがありますので、利用シーンに応じて使い分けるようにしましょう。

おすすめのマウスウォッシュ・洗口液10選

ここでは、口内ケアにおすすめのマウスウォッシュをご紹介します。価格.comでも人気のアイテムが揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。

1.ウエルテック「薬用マウスウォッシュ コンクールF」
水に数滴たらして使う濃縮タイプなので経済的

水で薄めて使用する、アルコールタイプの薬用マウスウォッシュ。コンクールFに含まれる「グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)」は、虫歯・歯周病・口臭の原因となる細菌の繁殖を抑制する効果があるとされています。フレーバーは、後味スッキリのマイルドなミント味。1回あたりの使用量はわずか数滴なので、100mlボトルを購入して毎日3回使用した場合は約6か月使用できます。

2.アース製薬「モンダミン プレミアムケア」
気になる口内トラブルをケアする、オールインワンタイプ

口臭・虫歯・歯肉炎・歯茎からの出血・歯垢付着など、気になる口内トラブルをまるごとケアする、オールインワンタイプ。すすいだ後は、ひんやりとした清涼感が長持ちしやすくなります。また、虫歯や口臭の原因菌にアプローチする「CPC(セチルピリジニウム塩化物水和物)」や抗炎症作用のある「GK(グリチルリチン酸ジカリウム)」、出血予防に効果があるとされる「TXA(トラネキサム酸)」などを配合。ほかにも、ノンアルコールタイプの「センシティブ」や、ハードで爽快な使い心地の「ストロングミント」もラインアップされています。

3.ライオン「ノニオ マウスウォッシュ」
天然ミントのフレッシュな香料でクリアな息をキープ

天然ミント配合のフレッシュな香料で、清涼感が長続きしやすいマウスウォッシュ。殺菌成分である「CPC(塩化セチルピリジニウム)」が口のすみずみまで行き渡り、口臭の原因菌にアプローチします。フレーバーは、すっきり爽やかな「クリアハーブミント」のほかに、フレッシュな香味の「スプラッシュシトラスミント」、低刺激でやさしい「ライトハーブミント(ノンアルコール)」、超爽快で刺激的な「スマイシーミント」の4種類から選べます。

4.花王「薬用 ピュオーラ洗口液」
独自の清浄剤を配合し、口臭・ネバつきの原因菌にアプローチ

ネバつきや口臭の原因となる菌のかたまりを分散しやすくする独自の清浄剤「エリスリトール」を配合。歯ブラシの毛先が届きにくいすき間に潜む細菌にアプローチして、口の中をサラサラに保ちやすくします。そのほか、殺菌効果の高い「CPC(塩化セチルピリジニウム)」や歯肉炎の予防作用があるとされる薬用成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しています。フレーバーは、すがすがしいクリーンミントの香味。

5.花王「クリアクリーン薬用洗口液 ノンアルコールタイプ」
家族全員で使いやすい、低刺激なノンアルコールタイプ

お子さまと一緒に家族で使える、低刺激のノンアルコールタイプ。殺菌効果があるとされる「CPC(塩化セチルピリジニウム)」を配合しており、歯磨き後の仕上げすすぎに使うことで口の中をスッキリ保ちやすくなります。ピリッとしない「ソフトミント」のほかに、アルコール配合でスッキリ感のある「ライトミント」、ボトルから直接口の中に注げる「ダイレクトウォッシュ」のラインアップが用意されています。

6.第一三共ヘルスケア「ブレスラボ マウスウォッシュマルチケア」
口臭と歯肉炎をマルチケアする薬用イオン洗口液

製薬会社が開発した薬用イオン洗口液。気になる口臭に対して香りでごまかすのではなく、厳選された2種の薬用成分「CPC(塩化セチルピリジニウム)」と「グリチルリチン酸ジカリウム」がニオイの原因物質に直接アプローチします。独自処方のキープクールシステム採用で、清涼感が持続しやすいのが特徴。フレーバーは、ノンアルコールで低刺激の「シトラスミント」とアルコール配合でスッキリ爽快な「ダブルミント」の2種類から選べます。

7.サンスター「オーラツーミー マウスウォッシュ ステインケア」
華やかなパッケージと3種類のこだわりの香料が魅力

透明感のあるパッケージが特徴のマウスウォッシュ。ノンアルコールタイプでピリピリとした刺激が少なく、これ1本で口臭とステイン対策が行えます。ダブルのニオイ吸着成分「オドリコソウエキス」「シクロデキストリン」を配合するほか、洗浄剤「ラウリル硫酸Na」がステインのもとにアプローチ。フレーバーは、華やかなピーチがほのかに香る「ピーチフリーミント」、爽やかなハーブがやさしく香る「ナチュラルミント」、上品なジャスミンが可憐に香る「フローラルホワイトティー」の3種類を用意しています。

8.アルファネット「セラブレス オーラルリンス」
世界35か国以上で愛用される、本格派の口臭ケアアイテム

原産は口臭ケア先進国のアメリカで、世界35か国以上で愛用されているオーラルケアブランド「セラブレス」のマウスウォッシュ。低刺激なノンアルコールタイプで、マイルドなミント風味が特徴です。消臭力が高めで、本物志向の人からも高い支持を集める人気のアイテム。「マイルドミント」のほかにも、キシリトール配合で爽快感がプラスされた「アイスミント」のフレーバーもラインアップされています。

9.サンスター「GUM(ガム)ナイトケア 薬用洗口液」
翌朝の口臭・ネバつきが気になる人に。おやすみ前に使う洗口液

歯磨き後の仕上げ剤として使うことで、就寝中の口内菌の繁殖を抑制する効果が期待されるマウスウォッシュ。2つの薬用成分「CPC(塩化セチルピリジニウム)」と「TXA(トラネキサム酸)」を配合します。起床時の口臭やネバつきが気になる人向けで、ノンアルコールなので刺激が少ないのが特徴。フレーバーは、眠りを妨げないマイルドな使用感の「ナイトハーブ」と清涼感のあるスッキリとした使用感の「リフレッシュハーブ」の2種類から選べます。

10.オキナ「薬用マウスウォッシュ ロングスピン」
外出先での使用に便利な1回分の使い切りタイプ

ホテルや航空機内、飲食店などのアメニティとしても人気の1回使い切りタイプのマウスウォッシュ。内容量は14mlで、カバンやポーチなどに入れて携帯するのに便利です。日本人の口に合うように、奈良県・吉野の水を精製して使用しているほか、薬用成分「CPC(塩化セチルピリジニウム)」やキシリトールも配合しています。フレーバーは、スッキリ爽快ミントの「ロングスピンX」、ピンクのパッケージで女性に人気の「ロングスピンRose」、ノンアルコールでシトラスミント風味の「ロングスピンZero」の3種類を用意しています。

>>価格.comユーザーのおすすめは? マウスウォッシュ人気売れ筋ランキング
>>価格.comでそのほかのマウスウォッシュをチェックする

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る