レビュー

ノック音が超静か! 周囲に迷惑をかけないボールペン「カルム」は書き心地も抜群だった

静かなオフィスで集中して作業している時、近くから「カチカチッカチカチッ……」という音が断続的に聞こえてくる。音のほうを見ると、同僚がぼんやりしながら、延々とボールペンのノックを無意味に押し続けているわけです。

あのカチカチ音、1度気になりだしたら無視できないんですよね。集中力、削がれまくり。「うるさいから止めて!」と言えるなら問題ないんですが、なかなかそれも難しいことが多いし。

「あー、それ、あるある!」と思って今読んでいる人、大丈夫ですか? はたしてあなた自身は、逆にノックをカチカチ鳴らし続けて、周囲に「うるさいなあ」と思われたことがないと言い切れますか? つい無意識にやってしまいがちな行為なだけに、確実に気をつけるのはなかなかに難しい。であれば、初手からノック音が静かなボールペンを使っておくというのは、よいアイデアかもしれません。

ノック音が静かなボールペンを紹介!

ノック音が静かなボールペンを紹介!

耳障りなカチカチ音を66%カット! 静かに使えるボールペン

ぺんてるから2021年12月に発売された「カルム」は、カチッカチッとうるさいノック音を抑制する機能を搭載した、静粛性の高い油性ボールペンです。

ノック音の静かさに焦点を当てた油性ボールペン「カルム 単色ボールペン0.5mm」(ぺんてる)

ノック音の静かさに焦点を当てた油性ボールペン「カルム 単色ボールペン0.5mm」(ぺんてる)

そもそも一般的なノック式ボールペンは、ノックノブをいちばん下まで押し込んだ時と、それがバネで少し戻る時の計2回、音がします(ペン先を戻す場合も同様)。これは、ノック機構を構成するパーツ同士が噛み合って動く際に発生する衝撃によるもので、正直、音が鳴らないようにするのはほぼ不可能と言っていいでしょう。

なので、「カルム」は、ノック機構からガラッと改変。リフィルを送り出してロックするパーツ(回転子)を、上下から挟み込むことで噛み合わせ時の衝撃を大きく抑制し、ノック音を66%低減させています。

ノックとともに動く摺動子(しゅうどうし)によって、回転子を上下から挟み込み、カチッという衝撃音が出ないような仕組み

ノックとともに動く摺動子(しゅうどうし)によって、回転子を上下から挟み込み、カチッという衝撃音が出ないような仕組み

実際、ペン先を出す時は、ほとんど無音・無衝撃と言ってよいほど。初めて使うと「えっ、何これ!?」と驚くレベルです。戻す時は、ノックノブがペン後端に当たる音がわずかにしますが、それでも従来に比べると、非常に静かに感じられるはず。

一般的なボールペンと「カルム」のノック音の大きさの違い

ちなみに、「カルム」は単色タイプだけでなく、多色タイプ(黒・赤・青)と多機能タイプ(黒・赤・シャープ)もラインアップ。これらは、単色タイプとは異なり、ノック機構は従来の多色ペンと同様ですが、軸後端の内部にクッション材を配置することで、ノック戻りの衝撃をやわらかく受け止め、ノック音低減を果たしました。

多色タイプ(左)と多機能タイプ(右)もラインアップされており、どちらも同じく静音性に特化。単色タイプとほぼ変わらない軸のスリムさもポイントです

多色タイプ(左)と多機能タイプ(右)もラインアップされており、どちらも同じく静音性に特化。単色タイプとほぼ変わらない軸のスリムさもポイントです

ノックが戻る時の「ガチン」という衝撃を、内蔵のクッションで吸収

ノックが戻る時の「ガチン」という衝撃を、内蔵のクッションで吸収

「カルム」シリーズにおいて、ノック音とは関係ない部分ですが、個人的に高評価なのがグリップ部です。

前軸全体を包むような超ロンググリップは、エラストマー樹脂を革シボ調に加工したもので、握った時の摩擦が非常に強い! 感覚的には、一眼レフカメラのグリップに近く、手汗などでも滑りにくいようになっています。

この革シボグリップは、口金の先ギリギリまで採用されているので、ボールペンをペン先のほうで握りがちな人でも、使いやすいのがポイント。

前軸全体に革シボ調のロンググリップを採用。握った時の安定感は抜群です

前軸全体に革シボ調のロンググリップを採用。握った時の安定感は抜群です

「カルム」のリフィルは、単色/多色/多機能タイプともに、低粘度油性ボールペン「ビクーニャ」シリーズと共用……なんですが、実は「カルム」の発売に合わせて、「ビクーニャ」リフィルそのものもバージョンアップ! ペン先チップを改良することでフローが安定し、滑らかだけどヌルヌルし過ぎず、気持ちよくコントロールできる足回りに仕上がっています。

これまで「ビクーニャ」の弱点と言われていた「ボテ汚れ」(インクがペン先で塊になって紙に付着する)もほぼ発生せず、快適です。

インクフローの最適化で、ペン先のコントロール性は大幅改善。とても優秀な書き味に仕上がっています

インクフローの最適化で、ペン先のコントロール性は大幅改善。とても優秀な書き味に仕上がっています

ノック音が静かで、グリップや改良版「ビクーニャ」リフィルの書きやすさもあり、それでいて単色タイプで165円(税込)というお値段は、非常にお得。これは間違いなく、今買う価値のあるボールペンだと思います。

きだてたく

きだてたく

最新機能系から雑貨系おもちゃ文具まで、何でも使い倒してレビューする文房具ライター。現在は大手文房具店の企画広報として企業ノベルティの提案なども行っており、筆箱の中は試作用のカッターやはさみ、テープのりなどでギチギチ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る