レビュー

工事不要で家のお風呂に“肩湯”が付けられる! 「かた〜ゆ」で超リラックス♪

工事不要の画期的な肩湯システム!?

日常のリラックススポット、お風呂!

スーパー銭湯や温泉にはなかなか行きづらいご時世なので、自宅でのバスタイムの満足度を上げていきたいところです。

……ということで、こんなグッズはいかがでしょうか?

サンコーの極楽肩湯システム「かた〜ゆ」

サンコーの極楽肩湯システム「かた〜ゆ」

もう名前そのまんま。自宅のお風呂で手軽に肩湯を楽しむことができるグッズです。

自宅で肩湯というと、普通は専用のユニットバスを取り付けたり、リフォームをしたりする必要がありますよね。

ところがこの「かた〜ゆ」は、工事不要で簡単に取り付けができる肩湯システムなんだとか!?

中身はこんな感じ

中身はこんな感じ

要は、この電動ポンプユニットからお湯を吸い上げて……

要は、この電動ポンプユニットからお湯を吸い上げて……

ここからジャージャーとお湯が出てくる仕組みのようです

ここからジャージャーとお湯が出てくる仕組みのようです

シンプルな仕組みですが、当然、ポンプを動かすのには電気を使います。コンセントのない風呂場でどうやって電源を取ればいいのか……?

長〜い電源ケーブルが付属しているので、頑張ってお風呂の外にあるコンセントまで引っ張って!……ということのようです

長〜い電源ケーブルが付属しているので、頑張ってお風呂の外にあるコンセントまで引っ張って!……ということのようです

取り付けはとっても簡単

それじゃ、実際に取り付けていきましょう。

お湯が出てくる本体は、吸盤もしくは磁石で浴室の壁に取り付けるようになっています。

結構、強力な磁石なので、磁石がくっつくタイプの壁ならば、吸盤ナシでもオッケーそうです

結構、強力な磁石なので、磁石がくっつくタイプの壁ならば、吸盤ナシでもオッケーそうです

本体を、肩にお湯が当たりそうな場所に設置して

本体を、肩にお湯が当たりそうな場所に設置して

電動ポンプユニットのほうは浴槽の中、お湯を張ったときの水面よりも下に設置

電動ポンプユニットのほうは浴槽の中、お湯を張ったときの水面よりも下に設置

問題の電源ケーブルですが、見栄えは悪いものの、なんとか浴室外の洗濯機用のコンセントに差すことができました

問題の電源ケーブルですが、見栄えは悪いものの、なんとか浴室外の洗濯機用のコンセントに差すことができました

あとは、普通にお湯を張って

あとは、普通にお湯を張って

スイッチオン!

スイッチオン!

このスイッチには防水加工が施されているので、浴室内で使用しても大丈夫ということですが、お湯の中に沈めるのはNGです。

単純だけど、気持ちいい!

ジョバーッ!

ジョバーッ!

スイッチをオンにすると、なかなか勢いよくお湯が噴き出してきました!

もし蛇口からこの勢いでずーっとお湯を流していたら、水道代やガス代が心配になってしまいますが、「かた〜ゆ」ならお風呂のお湯を循環しているだけなので、当然、水道代もガス代もかかりません。

個人的には、もうちょっとお湯の勢いがあったほうが好みではあるんですが……、実際に浴びてみるといい感じです!

個人的には、もうちょっとお湯の勢いがあったほうが好みではあるんですが……、実際に浴びてみるといい感じです!

半身浴をしていると肩周りが冷えてしまいますが、「かた〜ゆ」を使えば、長時間の半身浴でも肩が冷えない! ボーッとしたリラックスタイムがはかどりそうです。

高めの位置に取り付ければ打たせ湯に

本体を高めの位置に設置すると、ちょっとした打たせ湯感覚になって、お湯の勢いも増して気持ちいいですよ!(肩の位置調整が若干難しいですが)

本体を高めの位置に設置すると、ちょっとした打たせ湯感覚になって、お湯の勢いも増して気持ちいいですよ!(肩の位置調整が若干難しいですが)

手軽に取り付けられる肩湯システムでしたが、お湯を止めるとフワッと肩が軽くなるような感覚に。

これを自宅で楽しめると考えれば、十分に満足度も高く、リラックス効果も期待できそうです!

やっぱり、ちょっとケーブルがじゃまですけどねぇ……

やっぱり、ちょっとケーブルがじゃまですけどねぇ……

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る