いいモノ調査隊

魔法瓶のように足を冷えから守る、冬のビジネスマンの強い味方!

この時期、ダウンにムートンブーツでしっかり防寒対策をした女子達を尻目に、今日もビジネススーツに革靴で通勤する働く男子。その足元、案外冷えで困っていませんか?また、楽しいスキー、スノボといったウィンタースポーツも手足が冷えきると、とたんに楽しい気持ちも萎えてしまいますよね。手は直接擦りあわせたりして暖められますが、足はなかなかそうもいきません。つまり、最初から冷やさないということが大事になるわけです。

足の冷えない不思議なくつ下 ハイソックス 厚手5mmパイル

足の冷えない不思議なくつ下 ハイソックス 厚手5mmパイル

リニューアルした桐灰化学の「足の冷えない不思議なくつ下」は、魔法瓶のような断熱エアヒート繊維を採用。繊維1本1本が空気を含んだ中空の断熱繊維となっており、空気の力で冷気をカットし、身体の熱を逃がしません。今回レポートをするにあたり購入したのは一番厚手のハイソックスタイプ。

ひざ下までしっかり保温のハイソックスタイプ

ひざ下までしっかり保温のハイソックスタイプ

内側はパイル仕立てになっており、本当に厚手でこれならどんなウィンタースポーツシーンでもつま先までぽかぽかになりそう。

内側パイルが心地よく足を温め続けます

内側パイルが心地よく足を温め続けます

23.5cmと27cmの2人で試してみましたが、23.5cm女子はもちろん、履くときにちょっときついかな?と思った27cmのメンズもぬくぬくに過ごせたそう。ただし、オーバーサイズの靴やスキーブーツならOKですが、ジャストサイズの靴は厚手タイプだとかなり履きにくくなります。シリーズには普通の靴下同様に使える、厚さ1mmの超薄手タイプもありますので、デイリーの外出の冷え対策に使いたい人はそちらがいいでしょう。ハイソックス以外に、クルー、レギュラーのバリエがあるので、自分の冷えに応じて使い分けられます。その他、特に冷えやすいつま先だけをカバーするインナーソックスもあります。尚、サイズは今回使用したハイソックスタイプ厚手は23〜27cm対応で、ハイソックス超薄手タイプは23〜25cm。レギュラー厚手タイプは23〜25、25〜27cm、クルーは23〜25cmとなっていますが、少しくらいだったら伸びるので、足のサイズが大きい方も履くことは可能です。ただし、その場合常に伸びた状態で使用するため、耐久性がやや劣るとか(要するにつま先に穴が開きやすくなるというわけ)。

ちなみに、足が暖かいと、汗をかいて蒸れそう…と思ったあなた、実はこの不思議なくつ下、足は暖かいのに、蒸れないんです。というのも、肌に触れる面の生地には吸水性がなく、逆に表面の生地には吸水性がある構造になっており、つまり汗が肌表面から靴下表面に移動することで、肌の表面はサラサラというわけ。本当に不思議なくつ下ですね。

このアイテムの投入で、足元はしっかり魔法瓶効果で断熱保温、その分顔はクールに決められそうですね!

(回遊舎/番場由紀江)

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
レディースファッションのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る