いいモノ調査隊
もう竹串は使わない?

鉄板を傷つけずに長持ちさせる樹脂製たこ焼きピック

関西のご家庭には、一家に一台あると言われている“たこ焼き器”。最近では電気プレートタイプのものを中心に全国的に普及して、家庭で気軽にたこ焼きを楽しむ人が増えてきているようです。筆者は関西出身ではありませんが、学生時代を関西で過ごしたこともあり、たこ焼き器はマストアイテム。自宅に時々友達を招いては、関西仕込みのたこ焼きテクニックを伝授しています。

そんなたこ焼き器のセットに欠かせないのが、たこ焼きを刺して回転させるピックです。

多くは金属のものか、時には竹串で代用していますが、フッ素加工のプレートをカリカリやると傷ついて剥がれてしまうのが、気になります。そこで見つけたのがこちらの商品です。

樹脂製たこ焼きピック

先端が樹脂製のピックで鉄板を傷つけないだけでなく、適度なカーブのある持ち手のグリップ感も使いやすい

耐熱樹脂製なので、フッ素加工のプレートを傷つけないとのこと。さっそく購入してみました。

素材はピック部分がポリスチレンで耐熱温度は230度。柄の部分はポリプロペンで110度までの耐熱性です。もちろん、食洗機で洗浄・乾燥できます。

樹脂製でプレートを傷つけないとのことなので、シリコンのような柔らかい素材を想像していましたが、普通に硬いピックです。たこ焼きを刺しても曲がったり、たわんだりすることはありません。柄の部分が緩やかにカーブしているので手にフィットしてドライバーのような握り心地で持ちやすいです。また、柄の両端は転がりにくい形状なので、テーブルの上に置いても安定しています。

持ち手とピック部分の境目に刀のような鍔(つば)があり、平らなところに置いておいてもピックが転がりにくいのも良好

持ち手とピック部分の境目に刀のような鍔(つば)があり、平らなところに置いておいてもピックが転がりにくいのも良好

たこ焼きは鉄板が命。長く大事に使うためにも、ピックも鉄板にやさしいものを揃えてみてはいかがでしょうか。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る