いいモノ調査隊
【電気代なし】これなら、防犯対策も手軽にできます。

電源不要! ソーラー充電式のLEDセンサーライトで手軽に防犯

最近、自宅の周りに不可解な、そして不快なできごとが多発しております。庭の花壇が滅茶苦茶に荒らされる、それはまだいいのですが(本当はよくない)、もっとびっくりしたのは、ベランダにずらっと並んだ大量のうん●…。※さすがに写真はありません。

もしや、これってストーカーの仕業? とか思ったのですが(←ドラマに影響されすぎ)、普通に考えて、2階のベランダに侵入して、うん●なんてしていたら、さすがに誰かが気が付くはず。そもそもこのうん●、人間のブツとは違うよね〜あはは。

じゃ、いったい、この現象、何が原因?? と思ったある日の夕方、そいつに遭遇! あわてて携帯で撮影したので、画像はよくないですが、犯人をここにさらします!

ハクビシン

ボケボケでわからないと思うのですが、赤丸の所にいるのが、犯人。そう、犯人は器用に電線を伝っていく、ハクビシンでした。

ハクビシンをご存じない方にちょっと解説。ハクビシンとは、ここ最近害がある野生の獣として名を馳せている生命体。ネコ目ジャコウネコ科で、体毛は灰褐色・黄褐色。頭や手足、尻尾が黒いため、タヌキにも似ています。でもタヌキと違うのが、その名のとおり、額から鼻にかけて白い線が入っているところ。なので、漢字でハクビシンは「白鼻芯」「白鼻心」などと書くそうです。

大きさは猫くらいですが、大きく違うのが、その身軽さ。電線の上を伝って歩けるそのフットワークのよさで、え、こんなところにも!? という場所へも神出鬼没。また、ハクビシンは、いつから日本にいるのか特定ができないため、保護されることもなければ、外来種として駆除することもできない、「グレーゾーン」の野生動物。そのため、むやみに駆除・捕獲をすることはできません。農作物や家屋などへ実害があった場合にのみ、それぞれの自治体から許可を得て、やっと駆除が可能になるという面倒な輩なのです。

というわけで、犯人がわかったものの、まだ住み着かれたわけではないため、捕獲することはできません。とはいえ、日々大量のうん●がベランダにあるのは衛生的によくないですし、片づけるのも嫌。しかも、ベランダへは洗濯物を干したり、飼い猫を遊ばせたりもするため、本格的なキツいニオイの出る忌避剤などは使用したくない。でも、我が家はまだハクビシンに住み着かれているわけではないので、「なんかここは居心地が悪いぞ」とヤツに思ってもらえれば、OK…などなど考えてこれを導入してみました!

♪ テレテレッテレ〜♪ 防〜犯ライト〜♪

♪ テレテレッテレ〜♪ 防〜犯ライト〜♪

センサー付きで、近づくと点灯するアレです。このライトによる威嚇で、なんとかハクビシンを寄せ付けないようにできないか…というわけです。

とはいえ、設置したいベランダには電源はありません。電源工事をするのは面倒ですし、費用もかかります。なので、選んだのは防犯ライトの中でも、LED電球を使用した、ソーラー充電で点灯するタイプ。

ソーラーパネル付の電源不要タイプです

ソーラーパネル付の電源不要タイプです

LEDは、ハロゲンランプなどよりも使用電力が少なくて済むため、ソーラー充電での点灯が可能なんです。さっそくベランダで1日充電した後に、試してみました。

お! 光った!!

お! 光った!!

近づくと、パッと明るく点灯するので、一瞬の目くらまし効果は期待できそう! ハロゲンランプを使用しているものよりは、やや暗く感じますが、暗闇の中であれば、その威力は十分。そして何より電気代を気にしなくていいというのもうれしい限り。

そして、設置から約1か月経ちましたが、その間ハクビシンの被害にはあっておりません。どうやら効果があったようです。もちろん、ハクビシンにお困りではない方にも、防犯用として十分な効果が発揮できる商品ですよ。

「点灯→離れると消灯→近づくと点灯」を実際にムービーで確認してみて!



(回遊舎/番場由紀江)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
防犯グッズのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る