いいモノ調査隊
冬は雪、夏は砂浜?肉球型の足跡を残せる下駄サンダルが、かわいすぎる!!

肉球型の足跡を残せる下駄サンダルがかわいすぎ!

最近では、めっきり履くことがなくなってしまった下駄。昭和30年代くらいまでは、街中といえども舗装されていない道路が多かったので、雨が降って道がぬかるんだ時には、足をのせる台の裏に「歯」がついている下駄は、足が汚れにくい履物として重宝されたとか。しかし、道路が舗装されるにしたがって、街中からぬかるみが消え、下駄の便利さも忘れられていきました。

さらに、服装が和服から洋服に変化したことで、当然、「服に下駄はあわないでしょ」ということになりました。今となっては、せいぜい花火大会やお祭りなどで、浴衣を着た時に履くくらいでしょうか…なんだかさみしいなと思っていたら、とってもかわいい下駄を見つけました。

それは、「Kukkia(クキア)」という会社が、「kiko+(キコ)」というブランド名で提供している、「ashiato (アシアト)」という商品名の下駄。

表からは普通の下駄にしか見えないのですが…

表からは普通の下駄にしか見えないのですが…

「Kukkia」は木のおもちゃの会社ですが、今回ご紹介する「ashiato (アシアト)」は、子供用だけではなく、大人サイズもある下駄のシリーズです。何がかわいいかというと、「ashiato(アシアト)」という商品名が、ズバリ! その答えです。なんと下駄の歯の部分が動物の足跡の形になっていて、この下駄を履いて歩くと、自分の足跡が動物の足跡になるんです。

足裏がこんなにキュート! これはヤマネコさんです♪

足裏がこんなにキュート! これはヤマネコさんです♪

ラインアップはヤマネコ、サル、フクロウ、ヤモリ、ティラノザウルスの5種類。今回はヤマネコを買ってみました。普通の下駄だと、足跡が「〓」となるところが、肉球がついた猫の足の裏のようになります。

濡らした下駄で紙の上を歩いてみました!

濡らした下駄で紙の上を歩いてみました!

アップにしたらこんな感じ

アップにしたらこんな感じ

サルなら、人間の足の形に似た5本指。フクロウやヤモリ、ティラノザウルスの足の裏は見たことはありませんが、そのイメージの足跡です。

左上から、ヤマネコ、ヤモリ、フクロウ、サル、ティラノザウルス

左上から、ヤマネコ、ヤモリ、フクロウ、サル、ティラノザウルス

カラーリング色はピンク、ネイビー、イエロー、オレンジ、グリーンで、それぞれ絶妙な色合い。

緒の部分は柔らかいラバー製なので、足が痛くなりにくいです

緒の部分は柔らかいラバー製なので、足が痛くなりにくいです

台の部分はパイン材。木のやさしい履き心地と、ビーチサンダルのような気軽な気分が味わえます。

ネットのバッグ付きなので、持ち運びにも便利です。サイズは子供用から大人用まであります。
XS:W80×D160(mm)・3歳以上〜
S:W90×D180(mm)・17〜21cm相当
M:W100×D200(mm)・22〜24cm相当
L:W110×D220(mm)・24〜26cm相当
ぜひお試しください。

雪が積もったら絶対にこれを履いて、猫さんと一緒に近所を徘徊しようと、今から目論んでいます♪

雪が積もったら絶対にこれを履いて、猫さんと一緒に近所を徘徊しようと、今から目論んでいます♪

そして、夏はビーチで!

そして、夏はビーチで!

販売元の「Kukkia」という社名には、フィンランド語で「実を実らせる」という意味と、日本語の「植物の茎」の意味を込めているとか。子供とその家族が笑顔になる木のおもちゃブランドをプロデュースしていて、「kiko+」もその1つ。ビビットな色使いと楽しいカタチの木のおもちゃを作っています。「Kukkia」のホームページがとても充実して楽しいので、ぜひ、そちらもチェックしてみてください。



(回遊舎/村越克子)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る