いいモノ調査隊
もうすぐゴールデンウィーク♪ 飛行機に乗る予定があるなら、重量制限に注意すべし。

空港で慌てない。荷物の重さを量れちゃうラゲッジベルト

もうすぐゴールデンウィーク! 海外旅行などで、飛行機を使う予定の方も多いのではないでしょうか。そんな旅行でよく利用するのが、飛行機に荷物を預け入れるサービス。チェックインカウンターで重量オーバーが発覚し、高額な超過料金をそのまま支払ったり、その場で手荷物に入れ替えたりして慌てた経験のある人も多いのではないでしょうか。えみぞうもその1人。とくに帰りの便では、お土産でスーツケースがいっぱいになり、ハラハラドキドキ。そんな万が一に備えて、これまでは以前ご紹介した「ラゲッジチェッカープラス」を旅のお供にしていました。ところが今回、さらに便利そうなツールを発見し、さっそく入手しました。

トラベルグッズブランドMILESTO (ミレスト)の「ラゲッジベルト ウィズ スケール」。オシャレな迷彩柄のほかに無地の4色がラインアップされています

トラベルグッズブランドMILESTO (ミレスト)の「ラゲッジベルト ウィズ スケール」。オシャレな迷彩柄のほかに無地の4色がラインアップされています

スーツケースには、目印や盗難防止、万が一の破損のためにラゲッジベルトを装着している人も多いと思います。こちらの商品は、それに測量するスケールの機能を持たせたアイデアグッズ。スーツケースに装着しスイッチを入れて持ち上げると、重さが液晶に表示され、その場で確認できます。

ベルトを巻いて、スイッチを入れると、スケールが表示

ベルトを巻いて、スイッチを入れると、スケールが表示

そのままヒモで吊り下げると、重量がディスプレイに表示されます。中身が空の時と引き算すれば、計量計りに乗らないような大きなものの測量にも利用できます

そのままヒモで吊り下げると、重量がディスプレイに表示されます。中身が空の時と引き算すれば、計量計りに乗らないような大きなものの測量にも利用できます

また、ベルトの盗難防止用に3桁のナンバーロックも付属。簡単にはベルトを外せない仕組みになっています。

ベルトの着脱はバックルをカチッとはめるだけのワンアクション

ベルトの着脱はバックルをカチッとはめるだけのワンアクション

ナンバーロックを設定すれば、解除しない限り、バックルが外せません

ナンバーロックを設定すれば、解除しない限り、バックルが外せません

対応するスーツケースのサイズは、外周約100〜180cm。重量は3〜35kgまで100g単位で測量できます。

ベルトは最大180cmまで調整可能。かなり大きなサイズのものまで対応します

ベルトは最大180cmまで調整可能。かなり大きなサイズのものまで対応します

測量する際に引き上げるためのヒモの部分は、使わない時にはマジックテープで固定。スケール部分はその下に隠れて見た目もスッキリ

測量する際に引き上げるためのヒモの部分は、使わない時にはマジックテープで固定。スケール部分はその下に隠れて見た目もスッキリ

実をいうと、これまでの携帯型のスケールだと、いちいち取り出したり、保管をしておいたりするのがちょっと面倒に感じていました。うっかりスーツケースの中に入れたままで閉じてしまったり、測量後にもう一度しまったりするのが二度手間で少々億くうでした。でもラゲッジベルトと一体になっていれば、わざわざ取り出したりしまったりする必要はありません。ベルトを締めた状態で、そのまま持ち上げれば重さがわかるというのも効率的です。

どうせ用意するなら、こんな機能性のあるベルトのほうが有用だと、合理主義なえみぞうは思います。

◆こちらの記事もおすすめ
⇒ 【保存版】海外・国内旅行で役立つ便利なトラベルグッズ25選

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
旅行用品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る