いいモノ調査隊
こんな簡単に作れてイイんですか? このクッキー “レンジで3分” で焼けちゃいました。

チンするだけ! こんがりクッキーが焼き上がる魔法のシート

「クレハ」という会社名を聞いたことがありますか? 「う〜ん?」と首をかしげる人でも、「NEWクレラップ」なら知っていますよね?その「NEWクレラップ」を製造・販売している会社が「クレハ」なのですが、クレラップ以外にもいろいろな製品を手がけています。身近なものとしては、冷凍保存用のフリーザーバッグ、フライパン用ホイルシート、クッキングシート、電子レンジ対応の容器などなど。

この「クレハ」が、これまでにないとってもユニークな商品を開発しました。それが「チンするレシピ クッキーマジック」というもの。

チンするレシピ クッキーマジック

電子レンジで3分加熱(500Wの場合)するだけで、クッキーが焼きあがるという“発熱シート”なんです。本来クッキーは、オーブンで焼くものなので「電子レンジで本当に焼けるの?」と思いますよね? 最近は多機能のオーブンレンジが人気ですが、電子レンジ機能でできるのは基本的に温めたり、蒸したりすることだと思うんです。ですから、クッキーを焼くなんて! と思うのですが…この商品はそれができるとのこと。ならば、実際に試してみようとなったわけです。

チンするレシピ クッキーマジック

作り方はイラストでわかりやすく解説してあります。ここで念のため…見た目はホットケーキミックスの箱のように見えますが、今回ご紹介するのはあくまで発熱シートです。クッキーを作るための粉などの材料は入っていません。

材料は自分で用意します。基本のプレーンクッキーなら、小麦粉・バター・砂糖・卵が家にあればOK

材料は自分で用意します。基本のプレーンクッキーなら、小麦粉・バター・砂糖・卵が家にあればOK

では、使い方の手順を説明します。
1. 発熱シートは「トレー」と「フタ」の2つに分かれています。

チンするレシピ クッキーマジック

2. 次に、トレーのほうの周りを「山折り」にします。
3. トレーの上に、クッキー生地をできるだけ等間隔に並べます。

丸めて、並べて〜

丸めて、並べて〜

4. フタをして、均一に押します。フタの内側についている発熱シートがクッキー生地に密着するようにするのがポイント。フタとトレーについた発熱シートでクッキー生地をサンドするというわけです。

つぶして〜

つぶして〜

5. 最後に、電子レンジに入れて3分間加熱すれば完成(600wの場合は2分50秒が目安。レンジにターンテーブルがない場合は、直径18cm以上のお皿の上にのせます)

レンジでチン♪

レンジでチン♪

さあ、いよいよフタを開ける緊張の瞬間です。開けてみると、なんとこんがり焼き色がついています。裏面にも焼き色が。

ちょっとディープな色になってしまいましたが…(黒いつぶつぶはチョコチップですよ!)

ちょっとディープな色になってしまいましたが…(黒いつぶつぶはチョコチップですよ!)

大成功です! オーブンで焼くのと違って予熱がいらないから、ほんとに短時間で簡単にできちゃいました。これなら子どもでも安全にクッキー作りを楽しむことができそう。

自分で作った、できたて手作りクッキーってうれしいですよね♪

自分で作った、できたて手作りクッキーってうれしいですよね♪

さらに…デコペンなどを使えば、簡単にかわいいクッキーが完成

さらに…デコペンなどを使えば、簡単にかわいいクッキーが完成

使用後は捨てるだけなので、後片づけも簡単。ただし、熱いまま捨てずに発熱シートが冷めてから捨てましょう。

「クレハ」のホームページにはいろいろなクッキーのレシピが載っていますが、最初はパッケージ側面に載っている「プレーンクッキー」をやってみるのがオススメです。このレシピどおりに作ると、薄力粉100gで32個のクッキーが作れます。ポイントは球状に丸めることです。このシートは、トレーとフタの1セットで2回まで使用できるので、1回につき16個ずつ並べると、ちょうど2回使用することになり使い切れます。

甘いものが苦手な方には…こんなレシピはどうでしょう

甘いものが苦手な方には…こんなレシピはどうでしょう

おつまみが何もない〜という時でもササッと作れ、しかもオイシイ!

おつまみが何もない〜という時でもササッと作れ、しかもオイシイ!

調理実習や理科の実験のような楽しさです。ぜひ、ご自身でトライしてみてください。



(回遊舎/村越克子)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る