早起き乗車でポイント加算、ポイント二重取り、オートチャージ機能…

電車に乗るとポイントが貯まる! 交通系クレジットカードの選び方とおすすめ5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤や買い物、営業の外回りなどで電車を利用する人は多いでしょう。特に、営業で1日中外回りするような場合は、意外と電車代がかさむはずです。そんなときは、電車に乗るたびにポイントが貯まるなど、おトクに電車に乗れる交通系クレジットカードをつくってみてはいかがでしょうか。

交通系クレジットカードとは、JR東日本がつくった「Suica(スイカ)」や私鉄・バス会社の「PASMO(パスモ)」など、交通系電子マネーで決済できる仕組みが備わった、主に鉄道会社グループが発行するクレジットカードです。SuicaやPASMOなどに自動で入金する「オートチャージ」の機能を持っているほか、交通費の支払いでポイント還元率がアップしたり、電車に乗るだけでポイントが貯まったりするカードもあります。

当然ですが、自分に合わないカードをつくってしまうと極端に使い勝手が悪くなります。どんな種類があるのか、どう使いこなせばいいのか紹介しましょう。

・Suica利用者ならチャージで1.5%還元の「ビュー・スイカ」カード!
・グループ店舗などで還元率0.5〜10%の「京王パスポートPASMOカードVISA」
・東急線ユーザーで早起き派の人は「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」
・乗って最大7%、お店で提示して最大10%! 高還元率の小田急OPクレジット
・東京メトロ1乗車につき10P! 都心の営業マンにピッタリのTo Me CARD Prime PASMO

交通系クレジットカードのメリットはオートチャージとポイント

交通系クレジットカードのメリットは大きくわけて2つあります。SuicaやPASMOなどに自動入金されるオートチャージ機能と、電車の利用などで貯まるポイントです。

オートチャージ機能があれば頻繁な電車移動もスムーズに

オートチャージ機能とは「Suicaの残高が1,000円以下になったら3,000円チャージする」などと設定しておくことで、残高不足の状態で改札機を通過しようとした場合に、自動でSuicaやPASMOに入金される仕組みです。カードを改札機にかざしたタイミングでチャージ・決済されるため、改札機で足止めされずに済みます。

1日に何度も電車を乗り降りしていると、いつの間にかSuicaなどの残高が減り、残高不足に気付かないことがあるでしょう。オートチャージ機能が付いていれば、改札機で足止めされないほか、わざわざ改札機近くの精算機に並んで財布からお金を出して精算したり、チャージしたりする手間もなくなります。

電車の利用などでポイントが貯まりやすい

クレジットカードで定期券を購入したり、チャージしたりした決済金額分のポイント還元率を、普段使いより高く設定している場合があります。「1乗車につき●ポイント」と乗車のたびにポイントが貯まったり、カードを発行している鉄道会社のグループ店舗で利用するとおトクな特典が受けられたりするカードも多いです。

自分に合った交通系クレジットカードは?

東京・新宿以西に路線網を敷く京王線沿線に住んでいれば京王電鉄のグループ企業が発行している「京王パスポートPASMOカードVISA」、東京メトロの利用頻度が多ければ東京地下鉄の「To Me CARD Prime PASMO」など、よく利用する路線に合わせてクレジットカードをつくれば、基本的にデメリットはありません。

以下、それぞれのクレジットカードの特徴を紹介とおトクな使い方を紹介します。

Suica利用者はチャージで1.5%還元の「ビュー・スイカ」カード!

京浜東北線、埼京線、中央線といったJR東日本が営業する路線の近くに住むなどSuicaを使う機会が多いなら、JR東日本の子会社であるビューカードが発行する「ビュー・スイカ」カードが間違いなくおすすめです。

「ビュー・スイカ」カードはコンビニ決済など通常利用で1,000円につき2P、JR東日本の定期券や新幹線のきっぷ購入、Suicaチャージなどでは1,000円で6Pのビューサンクスポイント(ビューカードのポイント)が貯まります。

貯まったポイントはさまざまな景品のほか、1P=2.5円相当のSuicaに交換できます(交換は400Pから)。1,000円=6P=15円なので、Suicaチャージなどで貯まるポイントの還元率は1.5%です。さらに、1年間の利用金額30万円以上70万円未満で100Pなど、利用実績に応じてボーナスポイントがもらえます。

Suicaにオートチャージできるのはビューカード発行のクレジットカードのみ

Suicaにオートチャージできるのはビューカード発行のクレジットカードのみで、クレジットカードに定期券を載せられるのは、ビューカードのカード14種類の中でも「ビュー・スイカ」カードを含む5つだけです。言い換えると、どのカードにしようか悩まずとも「ビュー・スイカ」カードさえあれば、出勤から外回り営業、帰宅まで1枚で済みます。新幹線での出張が多い人は、このカードできっぷ代を支払うことで、ポイントの貯まるペースも加速するでしょう。

話題のApple Payにも対応しています。iPhoneの「Suicaアプリ」上で、このカードを登録してオートチャージ設定すれば、クレジットカードを持ち歩く手間もなくなります。Suicaへチャージする場合、Visaブランドはサービス対象外になるので、MastercardかJCBを選択してください。
(関連記事:iPhoneの「Apple Pay(アップルペイ)」 仕組みとメリットをおさらい!

ちなみに、クレジットカード機能がないSuicaでもオートチャージ設定は可能です。JR東日本の駅などにあるATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)でオートチャージ設定できます。ただし、オートチャージ設定時に決済用として登録できるクレジットカードは、ビューカードのみです。

「ビュー・スイカ」カード
発行元/ビューカード(JR東日本の子会社)
国際ブランド/Visa、Mastercard、JCB
年会費/477円+消費税
ポイント/ビューサンクスポイント1,000円で2P

「京王パスポートPASMOカードVISA」ならポイントの二重取りも可能

京王線・井の頭線利用者はズバリ、このカードがベストチョイス。なぜなら、クレジット機能とPASMO機能、そして定期券が1枚に集約されて便利な上、沿線の加盟店などでもおトクになるカードだからです。

PASMOのオートチャージが自動設定されており、チャージすると、景品などと交換できるVisaカードのサービス「ワールドプレゼント」で使えるポイントが貯まります。1,000円につき1Pで、貯まったポイントは1Pにつき京王グループ共通ポイント5Pに交換できます。共通ポイントは1P=1円で京王グループの京王百貨店や京王ストアなど京王ポイント加盟店で利用できます。

京王ポイント加盟店では共通ポイントが0.5〜10%の高還元率に!

さらに、京王ポイント加盟店では、カード払い、現金払いなど支払い方法を問わず京王グループ共通ポイントが0.5〜10%貯まり、PASMOで支払えば電子マネーの利用ポイントも1.0%加算され、ポイントの二重取りとなります。

京王線・井の頭線と京王グループのバス・タクシーを同じ日に利用すると、共通ポイントが1日につき20P貯まります。京王線沿線に住んでいる人は、このカードをフル活用できるでしょう。

京王パスポートPASMOカードVISA
発行元/京王パスポートクラブ、三井住友カード
国際ブランド/Visa
年会費/初年度無料(次年度から239円+消費税。ただし本会員・家族会員いずれかのカードで年1回以上のオートチャージ利用で、全員の翌年度の年会費が無料)
ポイント/1,000円につきワールドプレゼント1P(=京王グループ共通ポイント5P)、京王ポイント加盟店で共通ポイント0.5〜10%

「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」は早起きして電車に乗るとポイント加算

東急のポイントサービスである「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」に登録しておけば、東急線の定期券売り場・駅券売機でPASMO定期券を購入したり、PASMOのオートチャージを使ったりすることで、1%分のポイント(TOKYUPOINT)が貯まります。

また、午前7時までに東急線各駅の自動改札機から入場すると1日1回のみ5P貯まります。ちなみに、田園都市線池尻大橋駅〜用賀駅間のみ午前7時20分までになります。

ほかにも、東急線の電車や東急バスにPASMOで乗って、同日中に専用端末にタッチするとTOKYU POINTが1日10ポイント貯まるサービスもあります。貯まったポイントは1P=1円で東急グループの店舗などで使えます。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
発行元/東急カード
国際ブランド/Visa、Mastercard
年会費/初年度無料 (2年目以降1,000円+消費税)
ポイント/定期券購入やオートチャージで1%など

OPクレジットは小田急線の月間の乗車に応じて最大7%分のポイント獲得

小田急百貨店など、小田急ポイントサービス加盟店では、利用の際にカードを提示するだけで最大10%のポイントが貯まります。

たとえば、小田急ロマンスカーの特急券で新宿と町田(410円)の往復で4P(ポイント率1%の場合)、ゴルフ(小田急西富士ゴルフ倶楽部の場合)で200P、小田急百貨店で2万5000円のバッグを購入で1,250P(トータルポイント率5%の場合)、合計1,454Pを獲得できます。

オートチャージでは200円につき1P、対象店舗・施設でのPASMOの月間利用金額合計に対して1%分のポイントが貯まり、さらに小田急線の月間の支払運賃(定期券の路線以外)に応じて、最大7%分のポイントも貯まります。

貯めたポイントは小田急ポイントサービス加盟店で利用できますが、PASMOにチャージできないことには注意が必要です。

OPクレジット
発行元/小田急電鉄
国際ブランド/Visa、Mastercard、JCB
年会費/初年度無料(翌年度以降は前年度のクレジット利用が年間1回で翌年度無料)
ポイント/200円で1P

To Me CARD Prime PASMOは電車に乗るごとにポイントが貯まる

銀座線や丸の内線など、東京の地下鉄の9路線を運営している東京地下鉄(東京メトロ)の乗車ポイントがメトロポイントPlusになります。事前登録しておけば乗車するごとに貯まるポイントで、平日では1乗車につき10P、土休日は2倍の20Pが貯まります。加盟店の自販機では100円につき1P、店舗では200円につき1P貯まります。

土曜、日曜、祝日のポイントが高くなるので、休みの日は車ではなく電車を利用するとおトクさがアップするはずです。

日々の買い物やPASMOへのオートチャージで貯まるクレジットカード会社(JCBまたは三菱UFJニコス)のポイントは、1P=5Pでメトロポイントに移行できます。

To Me CARD Prime PASMO
発行元/東京地下鉄
国際ブランド/Visa、Mastercard、JCB
年会費/初年度無料(翌年度2,000円+消費税、ただし年間50万円以上のショッピング利用で翌年度無料)
ポイント/1,000円で1P、1乗車につき10Pなど

まとめ

以上、5つのカードを紹介しましたが、交通系カードの選び方は至極簡単で、自分が主にどこの電車を利用しているかに尽きるでしょう。その際、SuicaやPASMOといった電子マネーにチャージすることでポイントが貯まるかどうかもチェックしてください。通勤は私鉄で、外回りの営業は地下鉄で、という人であれば、うまく使い分けるのもよいですね。多くの人にとって電車は生活と切り離せないインフラ。毎日といってよいほど利用するものなので、せっかくなら賢く使いましょう。

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。

金野和子

金野和子

マネーライター。「日経マネー」で記者として13年働いた後、フリーのマネーライターとして独立。クレジットカード紹介サイト「上級カード道場」執筆メンバー。保険のムックや女性誌、シニア向け雑誌など幅広い媒体で活動中。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
貯める最新記事
貯める記事一覧
2017.11.23 更新
ページトップへ戻る