使い方次第で10%以上のポイント還元率! 使いにくい一面も…

プロが解説! 家電量販店のポイントが貯まるお得なクレジットカードと注意点は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家電量販店で使えるクレジットカードは数多くありますが、使い勝手がよくて家電量販店のポイントがしっかり貯まるカードは限られます。どんなクレジットカードをつくれば、一番お得にポイントを貯められるのでしょうか。クレジットカードのプロが厳選した3枚の特徴を紹介するとともに、注意点もアドバイスします。

提携クレジットカードならポイント還元率は10%以上!

主な家電量販店は、カード会社と提携するなどして独自のクレジットカードを発行しています。提携カードの最大のメリットは高いポイント還元率です。大手家電量販店の提携カードの多くが、現金で支払ったときと同様に買い物代金の10%分以上のポイントを受け取れます。提携カード以外のクレジットカードでは、たいてい、8%に下がってしまいます。

家電量販店での買い物は高額になりがちです。その分ポイントも貯まりやすいため、わずか数%の差とはいえ大きいでしょう。各家電量販店は、この還元率の高さで顧客を囲い込もうとしているのです。

提携カードには、ほかにもさまざまなサービスが付帯しています。2種類のポイントが同時に貯まる、ネットショッピングで配送料などが優遇される、電子マネーの交換が有利になるなどです。利用する家電量販店が決まっているなら、その店の発行する提携カードを使わない手はない構造になっています。

それでは、具体的に大手家電量販店の提携クレジットカードの特徴や注意点をみていきましょう。

最大で11.5%の還元率! ビックカメラSuicaカード

家電量販店で業界2位のビックカメラは、ビューカード(JR東日本)と提携してビックカメラSuicaカードを発行しています。ビックカメラはJR九州、JR西日本との提携カードも発行していますが、メリットを受けるユーザー数が最も多いのがこのビックカメラSuicaカードでしょう。

通常利用時は、ビックカメラなどで使えるビックポイントのほか、プレゼントとの交換やSuicaへのチャージなどに使えるビューサンクスポイントの2種類のポイントが同時に貯まり、合計1%の還元率となります。ビックカメラと子会社の家電量販店のコジマでは、現金と同じ10%分のポイントが付きます。

ビックカメラSuicaカードの最大の特色はチャージです。カード払いでSuicaにチャージすると、通常の3倍である1.5%のビューサンクスポイントが貯まります。そのSuicaを使ってビックカメラとコジマで支払いすれば、10%のポイント還元と合わせて実質11.5%の還元率となります。

さらにJR東日本の定期券、きっぷ、新幹線グリーン券購入などでもビューサンクスポイントが1.5%貯まるため、オートチャージを設定しておけばポイントがどんどん増えていきます。

ちなみに、ビックカメラの提携カードには「ビックカード インターナショナル」というカードもありますが、還元率は9%です(クレジットカード払いの場合)。

注意点:Apple Pay(アップルペイ)ではビックポイントが貯まらない

高還元率が人気のビックカメラSuicaカード。Suicaで通勤しつつ、ビックカメラやコジマに足を運ぶ人にはメリットが大きいですが、注意点もあります。カードを搭載したiPhoneのApple Pay(アップルペイ)で支払っても、ビックポイントは貯まりません。ポイントをガツガツ貯めたいなら、カードを持ち歩く必要があります。
(関連記事:「Apple Pay(アップルペイ)」と相性のよいクレジットカード6選

ビックカメラSuicaカード
発行元/ビューカード
国際ブランド/Visa、JCB
年会費/477円+消費税(初年度無料、年1回の利用で次年度無料)
基本ポイント/ビックポイント、ビューサンクスポイント
通常利用/
ビックポイント1,000円=5ポイント(1P=1円相当)
ビューサンクスポイント1,000円=2ポイント(1P=2.5円相当)
電子マネー機能/Suica
付帯保険/
海外旅行傷害保険:最高500万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:最高1000万円(利用付帯)

本好き、家電好きならヨドバシカメラのゴールドポイントカード・プラス

都市部の駅近を中心に店舗展開しているヨドバシカメラは、自社でゴールドポイントカード・プラスというクレジットカードを発行しています。

ヨドバシカメラで使うとポイント還元率が11%と、合わせ技を考慮しなければビックカメラSuicaカードを上回る高還元率となります(スマートフォンの専用アプリを使えば、提携外カードでも10%分のポイント+クレジットカードのポイントが貯まります)。加えて、このカードの特色として「書籍も10%還元」という点が挙げられます。

ほかの家電量販店でも書籍を取り扱っていますが、ヨドバシカメラのように同等のポイントはつけていません。ネット通販サイト「ヨドバシドットコム」でも購入できるため、Amazonでたくさん書籍を買っているような人は一度サイトをのぞき、品揃えをチェックしてみてください。

また、クレジットカードで買った商品が破損したり、盗難の被害に遭ったりした場合は購入日から90日間、最高100万円まで補償する「お買物プロテクション」が付帯しています。これを年会費無料で利用できるため、お得ですね。

注意点:ポイント管理はラクだが使い方次第で高コストに

ほかの家電量販店系クレジットカードが2種類のポイントで高還元率を実現しているのに対し、このカードは貯まるポイントが1種類。ポイント管理が面倒な人にとって、管理しやすいのがメリットです。もちろん、書籍でも10%ポイント還元という仕組みは珍しいため、本好きにとってもお得なカードでしょう。

デメリットは、クレジットカードの決済代金を銀行口座に入れ忘れて「うっかり延滞」した場合、再引き落としに400円の手数料が発生する点です。再引き落としは無料か、最大でも200円程度の手数料がかかるのが一般的で、「ちょっと高いな」という印象です。

ゴールドポイントカード・プラス
発行元/ゴールドポイントマーケティング(ヨドバシカメラ子会社)
国際ブランド/Visa
年会費/無料
基本ポイント/ゴールドポイント
通常利用/100円=1P(1P=1円)
電子マネー機能/なし
付帯保険/お買い物プロテクション:最高100万円

ポイントもマイルも貯まるヤマダLABI ANAマイレージ セゾン・アメリカンエキスプレスカード

家電量販店最大手のヤマダ電機。ヤマダ電機のポイントが貯まる提携カードはヤマダLABIカード、ヤマダLABI ANAマイレージ セゾン・アメリカンエキスプレスカード、ヤマダLABIゴールドカードの3種類あります。中でも、年会費が実質無料で使い勝手のよさがウリなのが、ヤマダLABI ANAマイレージ セゾン・アメリカンエキスプレスカードです。

ヤマダ電機では買い物代金の10%分のポイントがもらえるほか、クレジットカード利用分の永久不滅ポイント(1,000円で1P、還元率0.5%相当)も貯まります。永久不滅ポイントは1P=1.2ヤマダポイントと交換できます(1,000ポイント以上の場合)。ヤマダ電機以外の利用では永久不滅ポイントがもらえますが、ANAでの航空券の購入、出光でのガソリン給油など「優待加盟店」で利用すれば、ヤマダ電機のポイントも貯まります。さらに、ANAなどスター アライアンス加盟社の飛行機に乗れば、マイルも貯まります。

注意点:貯め方はいろいろあるが、実際は貯まりにくい

ヤマダポイント、永久不滅ポイント、ANAマイルの3つが貯まる一見便利なカード。しかし、マイルは搭乗しないとたまらないし、永久不滅ポイントの還元率も特段、高くありません。ヤマダポイント以外も貯めたいなら、もっとお得なカードがあります。ヤマダ電機専用のサブカードとして使うのがよいでしょう。

ヤマダLABI ANAマイレージ セゾン・アメリカンエキスプレスカード
発行元/クレディセゾン
国際ブランド/アメリカン・エキスプレス
年会費/初年度無料。2年目以降は口座維持手数料として500円+消費税(前年度1回以上の利用で次年度無料)
基本ポイント/永久不滅ポイント
通常利用/1,000円=1P(1P=5〜6円相当)
電子マネー機能/なし
付帯保険/オンライン・プロテクション

クレジットカードのお得さで選ぶならビックカメラがおすすめ

いまの家電量販店は、品揃えやサービスの違いは少なくなっています。いっそのこと、「お得なクレジットカードを発行している家電量販店は?」という視点で店舗を決めてはいかがでしょう。その点で最も充実しているのが、ビックカメラです。電子マネーSuicaとの連携は効果的ですし、福岡、大阪などでも使えます。還元率の高さも満足できますし、全体にスキがありません。

Suicaにチャージしてから決済するなど、テクニックが面倒と感じたら、手間なく高還元率でお得に本も買えるヨドバシカメラゴールドポイントカード・プラスがオススメです。店舗数ではビックカメラに劣りますが、ネット通販を利用すれば、距離の不便さは解消されるでしょう。ヤマダLABI ANAマイレージ セゾン・アメリカンエキスプレスカードは2社に水をあけられている印象です。

家電量販店選びも店舗重視からカード重視で選ぶ時代に入ったといえます。この傾向は、ますます強くなっていきそうです。

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。

岩田昭男

岩田昭男

クレジットカード評論家・早稲田大学を卒業後、月刊誌の記者を経て独立。クレジットカードのオピニオンリーダーとして30年にわたり活動しています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
貯める最新記事
貯める記事一覧
2018.1.16 更新
ページトップへ戻る