貯める
ポイントもマイルもざくざく貯まる? ヘビーユーザー必携!

ローソン、ファミマでの買い物がグンとお得になるクレジットカードは?

コンビニで支払いに使うと還元率アップなどの優待を受けられるクレジットカードとして、前回は「セブン-イレブン編」をお届けした。今回はセブン-イレブンに次ぐ業界大手のローソンとファミリーマート編だ。どちらも提携会社発行のクレジットカード以外に、優待を受けられるカードがある。ポイントカードの提示とクレジットカード払いでポイントの二重取りができ、カードによっては還元率が約5%に達する場合もある。ローソン、ファミリーマートのヘビーユーザーはぜひチェックしてほしい。

ローソン編
・2%のPontaポイント+マイル0.5%のJMBローソンPontaカードVisa
・3%の割引+dポイント2%還元のdカード

ファミリーマート編
・火、土曜日2.5%〜還元のファミマTカード
・合わせ技で最大4マイル+Tポイント6PのJALカード

ローソンはPontaポイントとdポイントが貯まる

ローソンで貯まるポイントは2種類。Pontaポイントとdポイントだ。いずれもポイントカードがあり、買い物代金を現金で支払う場合、いずれかのポイントカードまたはアプリを提示すれば100円(税抜き)につき1P(=1円相当)貯まる。還元率は1.0%だ(タバコ、ゆうパック、収納代行など一部商品・サービス除く)。

ポイントはローソンなどの提携店(加盟店)で使えるほか、1P=0.5マイル換算でJALマイルにも交換できる(Pontaポイントは2P、dポイントは5,000Pから)。dポイントは電子マネー「iD」やNTTドコモの利用料金に充当したり、「dカード プリペイド」にチャージしたりもできる。

このように、現金払い+ポイントカードでも還元率は低くないが、クレジットカードを使えばもっとポイントが貯まる。以下でおすすめのクレジットカードを紹介する。

2%のPontaポイントと0.5%のマイルが貯まるJMBローソンPontaカードVisa

まずはローソンとクレディセゾン、そしてJALが提携して発行する「JMBローソンPontaカードVisa」。クレジット、Ponta、JALマイレージバンクの機能が付いた1枚3役のカードだ。ローソンでクレジットカード払いした際は100円(税抜き)につきPontaポイントが2P(カード提示によるポイントも含む)、200円につきJALマイルが1マイル貯まる。

つまり、ローソンで1,080円分購入した場合、Pontaポイント20P+5マイル(それぞれ還元率は2.0%、0.5%)だ。

通常のショッピング利用では1,000円につきPontaポイントが5ポイント貯まる(還元率は0.5%)が、マイルは貯まらない。なお、JALマイルが同時に貯まるサービスは2018年2月28日までの期間限定だ(ただし、期間は毎年延長が繰り返されている)。また、2016年2月以前に発行されたカードの場合はサービスへのエントリーが別途必要になる。

JMBローソンPontaカードVisa
発行元/クレディセゾン
国際ブランド/Visa
年会費/無料
ポイント/Pontaポイント

3%の割引+2%のポイントで約5%還元になるdカード

マイルがいらないなら、dポイントカード機能が付いたNTTドコモのクレジットカード「dカード」がおすすめだ。クレジット利用でdポイントが貯まり、通常は100円利用につき1P(還元率は1.0%)。ローソンではカード提示でもう1%上乗せされるほか、さらに3%オフの優待も受けられ、合計で約5%の還元となる。

3%オフの優待は税抜き価格に対しての割引で新聞、雑誌、タバコなど一部商品・サービスは対象外。割引はカード利用代金の請求時に適用される。カード提示でのポイントは100円(税抜き)につき1P、クレジット払いでは税込100円につき1Pなので実質は合計5%弱(ポイントは小数点第1位切り捨て)が正解だが、それでも群を抜く高還元率だ。

ドコモユーザーなら「dカード GOLD」でさらに10%分のポイント還元も!
dカードは、ローソン以外でもENEOS、JAL、JTB、高島屋、三越・伊勢丹、タワーレコード、ビッグエコーなど「特約店」で利用するとポイントが2〜5倍になる。また、ドコモユーザーであれば年会費1万800円の「dカード GOLD」も検討したい。ドコモのケータイおよびドコモ光の通信料が10%ポイント還元され、使い方次第では簡単に元が取れる。
(関連記事:ドコモユーザーなら迷わずdカード GOLD

dカード
発行元/NTTドコモ
国際ブランド/Visa、Mastercard
年会費/1,350円(初年度無料、年1回利用で次年度無料)
ポイント/dポイント

dカード GOLD
発行元/NTTドコモ
国際ブランド/Visa、Mastercard
年会費/1万800円
ポイント/dポイント

Tポイントが貯まるファミリーマートの還元率はランク次第

ファミリーマートは、Tカードまたはアプリを提示することで200円ごとにショッピングポイントとしてTポイントが貯まる。貯まるポイント数(還元率)は月ごとのファミリーマートでの利用額(一部商品・サービスは対象外)に応じて決まる「ファミランク」によって変わり、使い方次第で翌月5日から翌々月4日までのランクが変動する。ランクと利用額、ショッピングポイントの還元率は以下のようになる。

・ブロンズランク(月の利用額5,000円未満、200円につき1ポイント→還元率0.5%)
シルバーランク(5,000円以上1万5000円未満、200円につき2ポイント→1.0%)
・ゴールドランク(1万5000円以上、200円につき3ポイント→1.5%)

Tポイントはファミリーマートを含む提携店で利用でき、ANAマイルにも500P→250マイルで交換可能。あまり知られていないが、公式サイト上で商品交換や抽選にも利用でき、ジャパンネット銀行の口座があれば100P→85円(交換は1,000Pから)で現金化できる。

ファミマTカードは毎週火・土曜に2.5%還元、ゴールドランクなら4%にアップ

ファミリーマートの提携カードである「ファミマTカード」はクレジットカード、デビットカード、ポイントカードの3種類。いずれも「今お得」のマークが付いた商品で割引を受けられ、女性会員ならば毎週水曜日に提示によるポイントが2倍になる特典もある。

クレジットカードを利用すると、利用金額に応じてクレジットポイントとしてTポイントが貯まる。通常は200円につき1P(還元率は0.5%)。ファミリーマートは毎週火曜日と土曜日を「カードの日」としており、この日に利用すると、カードの提示で貯まるショッピングポイントが3倍、クレジット払いで貯まるクレジットポイントが2倍になる。

たとえば、200円分の買い物をしたときの、各ランクでのショッピングポイントとクレジットポイントの貯まり方は以下のとおりだ。

・ブロンズランク
ショッピングポイントが3P+クレジットポイント2P=5P(還元率2.5%)
・シルバーランク
ショッピングポイント5P(ブロンズランクの「2倍」+カードの日の「3倍」で1P×5倍)+クレジットポイント2P=7P(還元率3.5%)
・ゴールドランク
ショッピングポイント6P(ブロンズランクの「3倍」+カードの日の「3倍」で1P×6倍)+クレジットポイント2P=8P(還元率4.0%)

また、25歳以下のクレジットカード会員は、クレジットポイントが2倍になる特典もある。

初期設定がリボ払い! 一括払い派はカード到着後すぐ設定変更を!
通常の還元率は0.5%と平凡だが、キャンペーンも多く、うまく使えば意外と高い還元率を得られる。ちなみにクレジット会員は「Web明細」に申し込むと、請求のあった月に10Pもらえる特典もある。初期設定がリボ払いなので、一括で払いたい人はカード到着後「全額払い」に変更しよう。

ファミマTカード(クレジットカード)
発行元/ポケットカード
国際ブランド/JCB
年会費/無料
ポイント/Tポイント

JALカードは「ショッピングマイル・プレミアム」入会でマイル還元率2%!

もう1つファミリーマートで優待を受けられるクレジットカードが「JALカード」だ。最もスタンダードなVisa、Mastercard、JCBの普通カードは年会費2,160円(初年度無料)で、通常は200円利用につき1マイル貯まる。ファミリーマートはマイルが2倍になる特約店のため、200円につき2マイルだ。また、別途年会費3,240円を払って「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すると、ショッピング利用時のマイルが2倍貯まるようになり、100円につき通常利用時が1マイル、特約店利用時は2マイル貯まる。

さらに買い物したときにTカードを提示すれば、ランクによって200円につき1〜3P。前述の「カードの日」に「ファミマTカード」(クレジットまたはデビット)を提示すれば、ショッピングポイントが3倍となるため、200円につき3〜6Pとなる。

JALカードとファミマTカードの合わせ技で200円につき最大4マイル+6P!
つまり、「カードの日」に「ファミマTカード」を提示して「JALカード」で支払えば、200円につき最大で4マイル+6P(ゴールドランクの場合)となる。マイルの価値は使い方により大きく異なるが、1マイル=1円としても還元率は5%。1マイル=2円と考えるなら還元率は7.0%だ。

「JALカード」はどうしても年会費がかかってしまうが、ファミリーマート以外でも利用するなら、前向きに検討する価値はある。上記以外にも特約店はイオン、ENEOS、マツモトキヨシ、大丸・松坂屋など多数あり、JAL便搭乗時にボーナスマイルが貯まるなどの特典もある。自分のライフスタイルを踏まえ、上手に使いこなそう。
(関連記事:陸マイラー初心者におすすめしたい、マイルが貯まりやすいクレジットカードは?

JALカード 普通カード
発行元/JALカード
国際ブランド/Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
年会費/Visa、Mastercard、JCBは2,160円(初年度無料)、アメリカン・エキスプレスは6,480円
ポイント/JALマイレージバンク

まとめ

クレジットカードごとに貯まるポイントの種類、ポイント還元率、そのほかポイントアップなどの優待がある店舗をおさらいすると、以下のとおりになる。ローソンはJMBローソンPontaカードVisaとdカード、ファミリーマートはファミマTカードとJALカードだ。

ローソン、ファミリーマートそれぞれで貯まるポイントと還元率

(注)JALカードはショッピングマイル・プレミアムに入会し、Tカードを提示した場合

ローソン、ファミリーマートともに、何を重視するかでつくるべきカードは変わってくる。ローソンであれば、JALマイルを貯めたい人は「JMBローソンPontaカードVisa」、直接的な割引を重視するなら「dカード」。ファミリーマートはポイントの使い勝手で選ぶなら「ファミマTカード」(クレジットまたはデビット)、マイルを貯めて特典航空券への交換を目指すなら「ファミマTカード」(クレジットまたはデビット)+「JALカード」がいいだろう。

ただし、「ファミマTカード」は「カードの日」以外の還元率は決して高くため、より高還元なクレジットカードを別途用意しておくことが得策だ。

「JALカード」以外は、すべて年会費無料もしくは実質無料。ポイントの有効期限もPontaとTポイントは最終利用から1年で実質無期限、dポイントも4年と長い。維持費もかからずポイント失効リスクも少ないので、メインカードとは別に最寄りのコンビニ専用のカードとして使い分けてもいいだろう。

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。

タナカヒロシ

タナカヒロシ

普段は⾳楽やエンタメ関係の仕事が多いが、2008年に当時勤めていた会社の都合でクレジットカード本を制作。以降、クレジットカード、電⼦マネー、ポイントなどに詳しくなり、各種媒体で編集・執筆を手がける。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
ページトップへ戻る