増やす
人気ブロガーが自信を持っておすすめ! いま注目したい優待株

優待投資家かすみちゃんの株主優待おすすめ5選(2019年9月版)

こんにちは! 株主優待大好きブロガー、かすみです。
「かすみちゃんの株主優待日記」というブログを15年続けています。

2019年9月は、株主優待を受けられる銘柄が400超と、3月に次いで2番目に多い月となっており、この中からおすすめする5銘柄を紹介します。9月の権利付き最終売買日は9月26日(木)です。気になる銘柄があれば、権利付き最終売買日までに買っておきましょう(記事で紹介した各銘柄の株価は8月20日の終値です)。

第一興商(証券コード:7458)

第一興商は、業務用通信カラオケで業界首位の企業です。このほか、カラオケルーム「ビッグエコー」の運営や、飲食店、音楽ソフト事業(レコード会社)も手がけています。

優待内容ですが、9月末と3月末の年2回、100株保有していると、株主優待券500円×10枚(5,000円相当)がもらえます。 株主優待券は 「ビッグエコー」や、同社が運営する「ウメ子の家」「銀座珈琲店」などの飲食店舗で利用できます。 近くに店舗がない方は、5,000円分の株主優待券と交換で、音楽ソフト子会社のアルバムCDをカタログから1枚選ぶことができます。

第一興商の株価は8月20日時点で4,730円なので、100株なら473,000円で優待がもらえます。株主優待利回りは2.11%になります。

カラオケルーム「ビッグエコー」をはじめ、多くの飲食店でも使えるので使い勝手のよい優待です

カラオケルーム「ビッグエコー」をはじめ、多くの飲食店でも使えるので使い勝手のよい優待です

第一興商の株主優待(100株)
・カラオケルームや飲食店で使える株主優待券500円券×10枚(9月末、3月末)

やまや(9994)

やまやは酒類、食品、飲料などを販売する小売店チェーン「やまや」を展開しています。「酒のやまや」として知られており、特にお酒の種類が豊富で充実しています。

優待内容ですが、9月末と3月末の年2回、100株保有していると、株主優待券500円×6枚(3,000円相当)がもらえます。優待券は、全国で300を超す「やまや」で使えます。

やまやの株価は8月20日時点で2,220円なので、100株なら222,000円で優待がもらえます。株主優待利回りが2.70%、配当利回りも約2%あり、合計約4.7%と高い利回りが期待できる銘柄です。

全国の「やまや」で使える株主優待券。お酒の種類も充実しているので、お酒が好きな方にはうれしい優待です

全国の「やまや」で使える株主優待券。お酒の種類も充実しているので、お酒が好きな方にはうれしい優待です

やまやの株主優待(100株)
全国の「やまや」で使える株主優待券500円×6枚(9月末、3月末)

ワタミ(7522)

ワタミは「居酒屋 和民」を中心とした居酒屋チェーンを国内外に展開しているほか、日替わりの弁当を宅配する宅食事業や、農業事業も手がけている企業です。

優待内容ですが、9月末と3月末の年2回、100株保有していると、ワタミが運営する居酒屋などで使える株主優待券500円×6枚(3,000円相当) がもらえます。

ワタミは「居酒屋 和民」が有名ですが、鶏料理「三代目鳥メロ」、ステーキ「にくスタ」、 アメリカンレストラン「TGIフライデーズ」 など、多彩なジャンルの飲食店を展開しているので、さまざまなお店で優待券を使うことができます。また優待券は「ワタミの宅食」や、アイスクリームやショウガシロップなどのワタミファーム特産品と交換することもできますので、店舗が近くにない方も優待を楽しむことができます。

ワタミの株価は8月20日時点で1,479円なので、100株なら147,900円で優待がもらえます。株主優待利回りは4.06%になります。

ワタミの株主優待券は、さまざまなジャンルのお店で使えます

ワタミの株主優待券は、さまざまなジャンルのお店で使えます

アメリカンレストラン「TGIフライデーズ」のハンバーガーはボリュームがあり、ジューシーで筆者お気に入りのメニューです

ワタミの株主優待(100株)
・ワタミが運営する居酒屋や、宅食で使える株主優待券500円×6枚(9月末、3月末)

東京テアトル(9633)

東京テアトルは映画配給・興行からスタートした企業ですが、現在はこれらに加え、不動産販売や賃貸、飲食店事業などを多角的に展開しています。

優待内容ですが、9月末と3月末の年2回、100株保有していると、直営映画館「テアトル」「ヒューマントラストシネマ」「シネ・リーブル」「キネカ大森」などで使える映画招待券4枚がもらえます。

東京テアトルの株価は8月20日時点で1,350円なので、100株なら135,000円で優待がもらえます。100株13万円台のお手頃価格で1年間に映画8本を無料で鑑賞できるので、映画ファンにおすすめの銘柄です。

東京テアトルは優待で、映画招待券4枚がもらえます。映画ファンにおすすめの銘柄です

東京テアトルは優待で、映画招待券4枚がもらえます。映画ファンにおすすめの銘柄です

東京テアトルの株主優待(100株)
・直営映画館で使える映画招待券4枚(9月末、3月末)

トリドールホールディングス(3397)

トリドールホールディングスは、讃岐釜揚げうどん「丸亀製麺」を中心に、焼き鳥ファミリーダイニング「とりどーる」、とんかつ・トンテキ専門店「豚屋とん一」などを展開する外食チェーンです。

優待内容ですが、9月末と3月末の年2回、100株保有していると、同社やグループの飲食店舗で使える株主優待券100円×40枚(4,000円相当) がもらえます。2019年3月末までは2,000円分でしたが、2019年9月分から優待が拡充されて4,000円分になりました。毎月1日の「釜揚げうどんの日」は、釜揚げうどんの並が通常の半額の140円になりますが、株主優待券も併用できるので、さらにお得にうどんを楽しむことができます。

トリドールホールディングスの株価は、8月20日時点で2,342円なので、100株なら234,200円で優待がもらえます。株主優待利回りは3.42%になります。

株主優待券は、毎月1日の「釜揚げうどんの日」にも使えます

株主優待券は、毎月1日の「釜揚げうどんの日」にも使えます

おなじみ、打ち立て、ゆでたての丸亀製麺のうどん

おなじみ、打ち立て、ゆでたての丸亀製麺のうどん

トリドールホールディングスの株主優待(100株)
・丸亀製麺などで使える株主優待券100円×40枚(9月末、3月末)

株主優待をゲットするには証券口座が必要です!

株主優待をもらうためには、証券口座を通じて株を買い、権利付き最終売買日に保有している必要があります。ただし、証券口座の開き方は簡単で、最近ではネット上のやり取りですべて完結(ログインパスワードの受け取りなどは郵送)します。

最近は、つみたてNISAや個人型確定拠出年金(イデコ)など、お得な制度も整ってきています。ぜひ下にあるランキングやキャンペーン情報、記事を参考にして、証券口座を開いてみてください。

来月10月版もお楽しみに!

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体などの見解です。

かすみちゃん

かすみちゃん

2003年から株主優待に興味を持ち、2004年から株主優待ブログを開始。株主優待ブログアクセスランキング1位独走中。有効期限のないクオカードや株主優待券で外食をするのが大好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
投資・資産運用のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る