貯める
“ピッ”とかざすだけで、移動も、買い物もスイスイ

電子マネーとは? オートチャージにするとこんなに便利でお得!

いまやクレジットカードよりも日常生活で活躍する機会が多い電子マネー。スムーズに支払いできるうえ、コンビニ、スーパー、ファミレス、電車・バスなど、利用できる店舗も多岐にわたります。さらに、電子マネーの利便性を一段と高めているのが、オートチャージの存在です。

今回は「電子マネーの仕組みがよくわからなくて、結局いつも『クレジットカード払いで』っていっちゃう」という人向けに、電子マネーの仕組みとメリット、電子マネーをフル活用するためのオートチャージ機能について、くわしく解説します。

 

今回紹介するオートチャージできる電子マネー
1.電車でもコンビニでも使えるSuica
2.首都圏の私鉄などで利用できるPASMO
3.Suicaエリア・首都圏エリア以外でオートチャージできる交通系電子マネー
4.イオングループやコンビニなどで使えるWAON
5.セブン&アイグループで使えてポイントもしっかり貯まるnanaco
6,7.後払いのiDとQUICPayはクレジットカードのように利用できる

そもそも電子マネーとは? かざすだけで支払いが完結!

電子マネーとは、手持ちの現金がなくても買い物代金を支払えるキャッシュレスサービスのことです。電子マネー専用カード(ICカード)や「おサイフケータイ」、「Apple Pay」などに事前にお金をチャージし、電子マネーとして利用します。事前にお金をチャージするプリペイド(前払い)型のほか、クレジットカードにひも付けされクレジットカードの利用額と合算した金額が請求されるポストペイ(後払い)型の2タイプあります。

チャージしたお金で決済するという意味で、カード会社に代金を立て替えてもらうクレジットカードとは違います。買い物の際などに貯まる、あくまで現金の代わりとして使えるに過ぎないポイントとも異なります。

電子マネーは、鉄道事業者などが提供する交通系電子マネーと、小売業者などの流通系電子マネーがあります。代表的な電子マネー(ICカードの名称)は以下のとおりです(かっこ内はサービスを提供する企業名など)。

電子マネーはたくさんあり、仕組みも事前にチャージするプリペイド型、後払いのポストペイ型がある

電子マネーはたくさんあるうえ、事前にチャージするプリペイド型だけでなく後払いのポストペイ型もある

交通系電子マネー
・Suica(スイカ、JR東日本)
・PASMO(パスモ、私鉄・バスなど)

流通系電子マネー
・nanaco(ナナコ、セブン&アイ・ホールディングス)
・WAON(ワオン、イオン)
・楽天Edy(楽天)
・iD(アイディー、NTTドコモ)
・QUICPay(クイックペイ、ジェーシービー)

メリットは手間いらずのスピーディーな決済

電子マネーのメリットは、現金と比べてスピーディーに決済できる点です。「Felica(フェリカ)」という、かざすだけで高速にデータのやり取りをできる仕組みを使っており、電子マネー専用カードやスマートフォンなどをレジ横にある端末機にかざすだけで、短時間で支払いが終わります。クレジットカードなどと同様に、決済した金額に応じてポイントが貯まる電子マネーもあります。

電子マネーの利便性を一段と高めるオートチャージ

電子マネーは毎日の生活に密着している、とても魅力的なキャッシュレスの手段です。ただし、チャージできる金額は最大で2万〜5万円ほど。まとまった買い物をすれば、残高がすぐになくなってしまいます。再度チャージが必要ですが、つい忘れて、いざ買い物しようとなったときに残高不足で慌てる人もいるでしょう。こうした不便さを解消するために登場したのが、オートチャージです。

オートチャージは、電子マネーの残高が一定額を下回った場合に、自動的にクレジットカードや銀行口座などから一定金額をチャージ(入金)する仕組み。主な特徴は以下のとおりになります。

オートチャージの特徴
・残高が一定額を下回れば、自動的に電子マネーがチャージされる
・1日や1か月の利用限度額が決まっている場合もある
・チャージした金額は、クレジットカードの利用代金として銀行口座から引き落とされる

電子マネー専用カードなどに自動でチャージされるため、買い物のたびに残高を気にする必要はありません。Suicaを使うことが多い人ならば、駅の改札を残高不足で通過できない不便さも解消されるなど、オートチャージ機能があることで、毎日の買い物や移動がとてもスムーズになります。

それでは、以下でオートチャージできる電子マネーをいくつか紹介します。

1.電車でもコンビニでも使える「Suica(スイカ)」

Suicaは、JR東日本のプリペイド型ICカードです。電車やバス、スーパー、コンビニ、家電量販店など、さまざまな場面で利用できます。JR東日本によると、Suicaの発行枚数は2017年3月末時点で6398 万枚。決済できる店舗数は約39万店です。

JR東日本管内の主だった駅はもちろん、以下のようにPASMOエリア(首都圏の私鉄・バス)、ICOCAエリア(JR西日本)、SUGOCAエリア(JR九州)などでも相互利用可能です。いまや北海道から九州まで多くの都市を1枚のSuicaで行き来できます。

Suicaが使えるエリアは全国に広がっている

Suicaが使えるエリアは全国に広がっている(Suicaの片乗り入れを含む)。JR東日本の「会社要覧2017-2018」をもとに作成

Suicaで支払えばポイントも貯まる!

駅構内にある店舗や街中の提携店舗でSuicaを使って支払えば、100〜200円につきポイント(JRE POINT)が1P貯まります。貯まったポイントは、Suicaにチャージして利用できます。ポイントを貯めるには、手持ちのSuicaをWEBサイトで登録するだけです。

Suicaにオートチャージするには?

SuicaにオートチャージできるのはJR東日本の管内である首都圏、新潟、仙台の各Suicaエリア、PASMOエリアで、駅の改札機の入退場時にオートチャージされます(一部の簡易Suica改札機、私鉄との乗り換え改札機、新幹線自動改札機を除く)。

オートチャージするには、事前に、チャージする金額とタイミング(残高)を登録しておく必要があります。「Suicaの残高が2,000円以下になったら3,000円チャージする」と設定しておけば、オートチャージ可能エリアで乗り降りした際、改札で残高が2,000円を下回っていれば、すぐに3,000円がチャージされます。残高、チャージ金額とも1,000〜10,000円の範囲内で、1,000円単位で設定できます。

オートチャージできるのは、記名式SuicaやSuica定期券、モバイルSuica(スマートフォンなどのアプリ)、Suica機能が付いたビューカード(クレジットカード)などです。

Suicaの特徴
チャージ限度額:2万円
ポイント: JRE POINT
還元率:100〜200円で1P

オートチャージできるクレジットカードは「ビュー・スイカ」カード、JALカードSuica、ビックカメラSuicaカード、ルミネカードなどが対応しています。ビューカード発行のオートチャージ対応カードを使ってSuicaにオートチャージすると、1.5%分のポイントが貯まります。

「ビュー・スイカ」カードからのチャージで1.5%のポイント還元!

Suicaと相性のいいクレジットカードといえば「ビュー・スイカ」カードです。このカードを使って Suicaにチャージすると、1,000円で6Pのビューサンクスポイント(ビューカードのポイント、 2018年6月にJRE POINTに統合予定)が貯まります。1P=2.5円相当のSuicaに交換できるため、 還元率は1.5%です。

還元率は、先ほど紹介したオートチャージ対応カードと変わりませんが、このカードをおすすめする理由は定期券機能です。ビックカメラSuicaカードやJALカードSuicaには定期券を搭載できないため通勤、営業時の移動、買い物と、何でも1枚でまかなえる「ビュー・スイカ」カードの利便性は抜群といえます。

Suicaファーストで知られるiPhoneの「Apple Pay」を使うと、iPhoneの中に、Suicaとビューカードの両方のカードを収納でき、カードレスでSuicaを活用できるようになります。どうぞ、試してみてください。(関連記事:Apple Pay(アップルペイ)でのSuicaの登録は簡単!

iPhoneにSuicaと「ビュー・スイカ」カードを搭載すれば、通勤、移動、買い物がスマホ1つで完結します

iPhoneにSuicaと「ビュー・スイカ」カードを搭載すれば、通勤、移動、買い物がスマホ1つで完結

2.首都圏の私鉄などで利用できる「PASMO(パスモ)」

PASMOは、京王電鉄、京浜急行電鉄、西武鉄道、東京地下鉄、東京都営地下鉄など、首都圏を中心に運営する鉄道各社などが提供するプリペイド型ICカードです。Suica同様、チャージすることで交通系電子マネーとして利用でき、電車やバスはもちろん、コンビニ、飲食店などさまざまな場所で使えます。

利用できるエリアもSuicaと比べてそん色なく、PASMOがあれば、全国の主要な都市はスムーズに移動したり、買い物したりできます。
(関連記事:電車に乗るとポイントが貯まる! 交通系クレジットカードのおすすめ5選

PASMOへのオートチャージは各私鉄のクレジットカードで

PASMOは各私鉄(私鉄グループ)が発行するクレジットカードや提携カードを使えば、電子マネーをオートチャージできます。PASMOエリアのほか首都圏、仙台、新潟の各Suicaエリアでの改札機入退場時にオートチャージされます。チャージ金額に応じてカード会社のポイントなども貯まります。

オートチャージできるクレジットカードは、主に以下のようなカードがあります。

オートチャージの設定方法は、各社で異なります。京王電鉄の場合は、オートチャージできるクレジットカードと記名PASMOを準備したうえで、利用申込書を郵送します。設定完了の連絡を受けた後、駅の窓口でオートチャージ機能を設定してもらいます。チャージする残高(タイミング)、チャージ金額ともに1,000〜10,000円の範囲の中で、1,000円単位で設定可能。そのほか、PASMO機能が最初から搭載されたクレジットカードもあります。

PASMOの特徴
チャージ限度額:1日あたり1万円 1か月あたり5万円
ポイント: 貯まらない(オートチャージの場合はカード会社のポイント)

3.Suicaエリア・首都圏エリア以外でオートチャージできる交通系電子マネー

JR東日本のSuica、首都圏私鉄のPASMO以外にも、オートチャージできる交通系電子マネー(ICカード)があります。各地のオートチャージ可能な交通系電子マネーを紹介します。

近畿圏では大阪市営地下鉄、近畿日本鉄道、阪急電鉄などの路線で利用できる交通系電子マネー用のICカード「PiTaPa(ピタパ)」がオートチャージを導入しています。PiTaPaエリア内の自動改札機で残高が1,000円以下になった場合、2,000円が自動的にチャージされます。

九州では、JR九州の「SUGOCA(スゴカ)」、西日本鉄道(西鉄)の「nimoca(ニモカ)」が対応。電子マネーをオートチャージできるクレジットカードは、SUGOCAがJQ CARDや九州の地銀が発行するカード、nimocaはクレジット機能が付いたnimocaカードがそれぞれ必要です。

流通系電子マネーのオートチャージの状況

交通系電子マネー以外にも、オートチャージできる電子マネーがあります。総合スーパーなど小売業者が発行する流通系電子マネーです。以下で、イオングループの「WAON(ワオン)」とセブン&アイグループの「nanaco(ナナコ)」を紹介します。

4.イオングループやコンビニなどで使える「WAON(ワオン)」

イオンは、グループ店舗やコンビニなどで使える電子マネー「WAON」を提供しています。イオングループのスーパーやショッピングセンターのほか、コンビニ、ドラッグストアなどで利用できます。200円の支払いごとに1P(WAONポイント)貯まり、貯まったポイントは1P=1円の電子マネーとして使えます。

チャージ方法は現金、クレジットカード、イオン銀行の口座からなどが選べ、チャージ場所も店舗のレジ、グループ店舗に設置されているWAONチャージャー、イオン銀行ATMなどさまざまです。

WAONの特徴
チャージ限度額:5万円
ポイント:WAONポイント
還元率:200円で1P

オートチャージは買い物代金の決済時に

WAONにオートチャージを設定すれば、レジでの支払時にお金がチャージされます。チャージのタイミング(残高)、チャージ金額は1,000〜49,000円の範囲で、1,000円単位で設定可能(限度額が5万円の場合)。チャージ回数は、1会計につき1回です。イオン、まいばすけっと、ミニストップなどグループ店舗のほかドラッグストア、家電量販店などでもオートチャージできます。

WAONのオートチャージでおすすめのクレジットカード

WAONへのオートチャージで好相性のクレジットカードは「イオンカードセレクト」です。このカードでオートチャージを設定すると、チャージ金額200円につき1P貯まります。イオン銀行のキャッシュカード機能も備え、イオン銀行の普通預金口座を開くことになりますが、普通預金金利が年0.1%上乗せされるメリットもあります。

食材などを日々イオンで買い物したり、ローソン、ファミリーマートなど複数のコンビニを利用したりしている人にとって、ポイントが貯まるWAONはお得な電子マネー。ポイントをたくさん貯めたいなら「イオンカードセレクト」でオートチャージを設定しましょう。

5.セブン&アイグループで使えてポイントもしっかり貯まる「nanaco(ナナコ)」

イオンと並ぶ小売りの雄であるセブン&アイグループも、「nanaco」という電子マネーを提供しています。セブン-イレブンやイトーヨーカドー、西武・そごうなどグループ店舗のほか、ビックカメラ、マクドナルドなどさまざまなお店で利用できます。100〜200円につきnanacoポイントが1P貯まり、貯まったポイントは1P=1円で電子マネーとして支払いに充てられます。

チャージ方法は、現金、クレジットカードなどから選べます。WAON同様、店舗のレジやセブン銀行のATM、nanacoチャージ機などでチャージできます。

nanacoの特徴
チャージ限度額:5万円
ポイント:nanacoポイント
還元率:100〜200円で1P

オートチャージはWAONと比べて不便な面も

nanacoのオートチャージのタイミング(残高)は1,000〜10,000円(1,000円単位で設定可能)、15,000円、20,000円。チャージできる金額は5,000〜10,000円(1,000円単位)、15,000〜30,000円(5,000円刻み)です。

49,000円まで1,000円単位で設定できるWAONと比べ、1回あたりのチャージ金額が大きくなりがちです。オートチャージできる店舗もセブン-イレブンとイトーヨーカドーに限られており、やや不便に感じるかもしれません。

nanacoのオートチャージでおすすめのクレジットカード

オートチャージを設定したnanacoモバイルを使えば、セブンーイレブンでのnanaco決済はスマホ1つでOK

オートチャージを設定したnanacoモバイルを使えば、セブンーイレブンでのnanaco決済はスマホ1つでOK

nanacoにオートチャージを設定できるクレジットカードは、セブンカード・プラスのみです(セブンカードは新規募集を停止)。オートチャージは、nanacoの会員サイトで設定できます。チャージ金額200円につきnanacoポイントが1P貯まります。nanacoで支払った際には100円につき1P貯まる(一部200円=1Pの店舗もあり)ので、還元率は合計1.5%です。nanacoはスマートフォンアプリ(nanacoモバイル)もあるため、オートチャージを利用しておけば、スマホ1つで全国のセブン-イレブンなどで買い物できます。

nanacoはセブン-イレブンユーザー必須の電子マネーです。ほかにも、イトーヨーカドーやヨークマートなどセブン&アイグループを利用する機会が多い人なら使いやすいでしょう。最近はビックカメラでも決済できるなど、利用できる店舗が拡大しています。

6、7.後払いのiDとQUICPayはクレジットカードのように利用できる

iDとQUICPayは、クレジットカードの利用額と合算されて請求されるポストペイ型の電子マネーです。iDはNTTドコモ、QUICPayはジェーシービーがそれぞれ展開しています。事前にチャージが不要のため、電子マネーでありながらも、クレジットカードで決済している感覚で利用できます。

コンビニなど少額の支払いでも、これらの電子マネーを利用することで素早く支払えて、かつカード会社のポイント(クレジットポイント)も貯まります。iD、QUICPayともApple Payに対応しています。

iDの特徴
利用限度額:クレジットカードの利用枠
ポイント:利用するクレジットカードのポイント
還元率:カードによって異なる

QUICPayの特徴
利用限度額:クレジットカードの利用枠、1回の買い物で2万円
ポイント:利用するクレジットカードのポイント
還元率:カードによって異なる

iD、QUICPayでおすすめのクレジットカードは?

iD、QUICPayとも、支払いで貯まるのはクレジットカード会社のポイント(クレジットポイント)です。そのため、クレジットポイントが貯まりやすい(還元率が高い)カードを選ぶのが最善といえるでしょう。

ちなみに、オリエントコーポレーションの「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は、iDとQUICPayの両方に対応しており、より多くの店舗で利用できます。電子マネー利用時はポイント還元率が1.5%になるため、ポイントもたくさん貯められます。

まとめ

主な電子マネーの特徴をおさらいすると、以下のとおりとなります。

Suica
・JR東日本の電子マネー(ICカード)。PASMO、ICOCA、SUGOCAエリアなどで相互利用可能
・決済金額に応じてJRE POINTが貯まる
・オートチャージはビューカードで設定可能(すべてではない)
・Apple Payに搭載すれば電車に乗るにも、買い物するにもiPhoneで可能

PASMO
・首都圏私鉄、都営地下鉄の電子マネー(ICカード)。Suica、ICOCA、SUGOCAエリアなどで相互利用可能
・オートチャージは各私鉄のクレジットカードで設定
・Suicaエリアでもオートチャージ可能

WAON
・イオンの電子マネー。グループ店舗やコンビニ、ドラッグストアなどで利用可能
・決済金額に応じてWAONポイントが貯まる。貯まったポイントは電子マネーに充当できる
・WAONと好相性なのは「イオンカードセレクト」。オートチャージでポイントが貯まる

nanaco
・セブン&アイグループの電子マネー。グループ店舗などで利用可能
・オートチャージできる店舗の種類と金額設定のしやすさではWAONにやや見劣り
・オートチャージできるのはセブンカード・プラスのみだが、還元率は合計1.5%と高い

iD、QUICPay
・iDはNTTドコモ、QUICPayはジェーシービーが提供する電子マネー
・ポストペイ型でチャージ不要。クレジットカード感覚で利用できる
・貯まるのはカード会社のポイント(クレジットポイント)のみ

首都圏で交通系電子マネーを使うなら、オートチャージは絶対に搭載したい機能といえます。いずれにしても、オートチャージはキャッシュレス時代を象徴するサービスですので、うまく利用したいものです。しかし、便利ゆえの使い過ぎには十分に注意したいです。自分なりの限度額を設定して防衛するのも手でしょう。

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。

岩田昭男

岩田昭男

クレジットカード評論家・早稲田大学を卒業後、月刊誌の記者を経て独立。クレジットカードのオピニオンリーダーとして30年にわたり活動しています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
ページトップへ戻る