貯める
同じ「カード」でも仕組みや利便性は全然違う

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの違いとは!? どれが一番お得?

近年は後払いのクレジットカードだけでなく、即時払いのデビットカードや前払いのプリペイドカードを使う人も増えているが、その違いをただしく理解できているだろうか? デビットもプリペイドも、クレジットカードと“ほぼ同様”に使えるといわれているが、異なる点はたくさんある。知らないで使っていると”お得”をもらい損ねてしまうこともあるので、 違いを把握しつつ、どのカードが一番お得なのかもしっかり確認しよう。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの違いは?

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード。一見すると同じカードのようでも、3つのカードはそれぞれ機能が大きく異なる。支払い方法から不正利用に対する補償(セキュリティ)まで、以下のように8つの面で違いをそれぞれくわしく解説していくので、ぜひ参考にしてほしい。

違い1:支払い方法
違い2:国際ブランド
違い3:発行のための審査
違い4:ポイント還元率
違い5:海外ショッピング
違い6:海外キャッシング
違い7:追加カード
違い8:セキュリティ

違い1:クレジットカードは分割払い可能。デビットカードとプリペイドカードは1回払いのみ

まずは最大の違いである支払い方法。クレジットカードは審査で決められた限度額の範囲内で後払いとなる。1回払いだけでなく分割払いやリボ払い、ボーナス払いもでき、高額の買い物でも1回あたりの支払い負担を軽くできるメリットがある。一方、デビットカードは預金口座からの即時引き落とし、プリペイドカードは事前にチャージした残高からの支払いで、どちらも1回払いだけだ。

デビットカードは利用額に上限がある場合も多い
デビットカードは預金口座からの引き落としのため、支払いできる金額=預金残高だが、1日または1か月の利用額に上限が設けられている場合が多い(自分で上限を設定できるものもある)。

プリペイドカードは入金方法が多彩
プリペイドカードはチャージ上限が設定されているものの、チャージ方法が多彩で、カードにもよるが銀行振込、コンビニ払い、キャリア決済、提携ポイントの移行、クレジットカードからの入金などが選べる。チャージ方法によっては手数料が必要となる場合もある。目立たないところに書かれていることも多いので、申し込む前にしっかり確認しておこう。

違い2: 「アメックス」「ダイナース」はクレジットカードのみ

日本国内で発行されているクレジットカードには、Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、銀聯(ぎんれん)という6種類の国際ブランドがある。プリペイドカードはVisa、Mastercard、JCB、銀聯の4種類で、デビットカードはVisaとJCBのみ(中国系銀行の在日支店で口座開設すれば銀聯も)だ。なお、Suicaなどもプリペイドカードの一種だが、ここでは国際ブランド付きのカードのみ扱う。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードそれぞれで付けられる国際ブランド

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードそれぞれで付けられる国際ブランド

利用できる店舗数はクレジットカード>デビットカード>プリペイドカード
国際ブランド付きのカードは、原則として世界中の加盟店で利用できるが、デビットカードとプリペイドカードはすべての加盟店で利用できるわけではない。残高不足になることを避けるため、月々の支払い、正確な代金が後から決まる支払い、即時に残高が確認できない場所での支払いなど、業種や利用形態によっては使えない場所もある。利用できる店舗数は、クレジットカード>デビットカード>プリペイドカードとなる。

違い3:デビットカードとプリペイドカードは原則審査なし。年会費もほとんどが無料

クレジットカードはカード会社の審査に通らなければ発行してもらえないが、デビットカードとプリペイドカードは原則として審査なし。デビットカードは発行元となる金融機関の口座を保有し、年齢条件(15〜18歳程度が一般的)さえ満たせば発行される。プリペイドカードは年齢条件すらない場合もあり、「バンドルカード」や「Kyash」なら、ネット上で使えるカード番号を、アプリを通じて数分で発行できる。

年会費はクレジットカードの場合、種類によって無料から数十万円まで幅広い。デビットカードはほとんどが無料(実質無料)だが、年会費3,086円の「楽天銀行ゴールドデビットカード」、年会費3万2400円の「タカシマヤプラチナデビットカード」などもある。プリペイドカードは基本的に無料だが、発行手数料や維持費が発生するものもある。

違い4:ポイント還元率はクレジットカードが一番高い

ポイント還元率はカードによって大きく異なるが、全体的な平均としてはクレジットカード>デビットカード>プリペイドカードとなる。クレジットカードは1%を超えるものも珍しくないが、デビットカードで1%に達するものは数えるほどしかなく、プリペイドカードは高くても0.5%程度。なお、プリペイドカードの場合は利用時のポイント還元ではなく、チャージ時にボーナスがもらえるタイプもある。

使い方次第で高還元になるデビットカードやプリペイドカードもあるが、手間もかかるうえに、いつ制度が変更されるかわからないリスクもあるので、あまり初心者にはおすすめできない。ポイント還元率を重視するなら、素直にクレジットカードを選んだほうがいいだろう。

違い5:海外ショッピングで必要な為替手数料はクレジットカードが最も安い

海外で利用する機会がある人は、為替手数料(海外事務手数料や事務処理コストなどと呼ばれる)について知っておいたほうがいい。クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードともに、海外利用時は各国際ブランドが定める為替レートに対して、カード会社が定める手数料が発生するのだ。

クレジットカードの場合は2%前後が多く、たとえば1ドル=100円のときに1ドル分の買い物をすると、実際の支払いは102円となる。デビットカードは3%前後、プリペイドカードは4%前後が一般的で、クレジットカード払いよりもコスト負担は大きい。1.6%に設定された「イオンデビットカード」や「イオン銀行キャッシュ+デビット」、「ANA JCBプリペイドカード」など例外もあるが、為替手数料の面で見れば、クレジットカードのほうが安く済む場合がほとんどだ。

ちなみに外貨預金から直接支払えるデビットカードや、外貨をチャージできるプリペイドカードも発行されており、この場合は支払時に為替手数料はかからないものが多い。外貨を持っていなければあまり意味はないが、好きなタイミングで入金できるので、為替相場が読めるのであれば、円高時に入金しておく使い方もできる。

違い6:海外キャッシングでコストがかさみやすいのはクレジットカード

「海外ショッピングではクレジットカードがお得」と書いたが、海外の対応ATMで現地通貨を引き出す海外キャッシングでは、デビットカードやプリペイドカードのほうが得するケースもある。なぜならクレジットカードの場合は借り入れとなるため、キャッシングから返済日までの利子(貸しているカード会社や銀行側からみると利息)が発生するが、銀⾏預⾦を引き出すデビットカードやチャージ残高を引き出すプリペイドカードは、そもそもお金を借りないからだ(いずれもATM利用手数料が別途必要な場合あり)。

この場合、為替手数料と利子の両方を計算する必要がある。キャッシングの利子は返済までの期間によっても異なってくるが、金利が一般的な年率18%の場合は1か月後の返済で1.5%。キャッシングによるコスト負担を避けたいなら、前述した「イオンデビットカード」など、為替手数料が低いデビットカードを持っておくことが得策だ。なお、クレジットカードはキャッシング機能付きのカードのみ、プリペイドカードは一部の海外利用向けカードのみ、現地通貨を引き出せる。

違い7:デビットカード・プリペイドカードは基本的に家族カードやETCカードの発行不可

多くのクレジットカードは家族カードやETCカードも発行できるが、デビットカードやプリペイドカードは一部を除き、基本的に発行不可。iPhoneの「Apple Pay(アップルペイ)」も多くのクレジットカードが対応しているが、現在のところデビットカードは非対応だ。プリペイドカードは「dカード プリペイド」「au WALLET プリペイドカード」「ソフトバンクカード」の携帯キャリア発行カードのみ対応している。

違い8:クレジットカードとデビットカードは不正利用時の補償あり

最後はセキュリティ面について。万が一、不正利用の被害に遭った場合、ほとんどのクレジットカードとデビットカードは、よほどの過失がないかぎり補償を受けられる。プリペイドカードでも補償を受けられるカードはあるが、一切補償がないカードも少なくない。そのため不正利用はもちろん、紛失に対する注意も必要だ。

なお、プリペイドカードは残高以上の被害が出ることはないので、必要最低限のチャージで使っていれば、被害は最小限に抑えられる。使わないときにロックできる一時停止機能を備えたものも多く、利用時のみロックを解除すれば、IDやパスワードが流出しないかぎり不正利用される心配はない。ネット決済専用のカードレスタイプであれば、カード番号を自分で変更できるものも多い。補償がない分、自衛の手段は充実しているのだ。

デビットカードやプリペイドカードは不正利用に気付きやすい
また、デビットカードとプリペイドカードは、利用すると即座にメールが届く機能を持ったカードが多いため、不正利用された場合に気付きやすい。クレジットカードでも「楽天カード」や「エポスカード」には、利用通知メールのサービスがあるが、即座にというわけではなく、一部の利用は対象外となる。

まとめ

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの一般的な特徴をまとめると以下のようになる。いずれもカードによって異なる部分もあるため、一部例外のカードもある。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードそれぞれの機能の違い

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードそれぞれの機能の違い

はっきりいってしまえば、お得度や利便性はクレジットカードのほうが上。デビットカードやプリペイドカードが上回るのは、海外キャッシングのときくらいだ。合理的に考えるなら、基本はクレジットカードを使い、海外キャッシングのときは状況に応じてデビットカードを使うことが得策。セキュリティが不安なら、ネットショッピングだけプリペイドカードを使ってもいいだろう。

ただし、クレジット(後払い)に抵抗感がある、使いすぎを防止したい、即座に利用履歴を確認したいなど、心理的な部分や管理のしやすさという意味では、デビットカードやプリペイドカードを持つメリットもある。これらを踏まえて、自分に合ったタイプを選ぶといいだろう。

関連記事:
クレジットカードの国際ブランドは何を選ぶべき?
クレジットカードは現金を持ち歩くよりも安全? 専門家が解説!
デビットカードとは? メリット・デメリットとおすすめ7選を紹介!

※本記事は、執筆者個⼈または執筆者が所属する団体等の⾒解です。また、各サービスには⼀部対象外となる店舗や商品があります。ご利⽤の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。

タナカヒロシ

タナカヒロシ

普段は⾳楽やエンタメ関係の仕事が多いが、2008年に当時勤めていた会社の都合でクレジットカード本を制作。以降、クレジットカード、電⼦マネー、ポイントなどに詳しくなり、各種媒体で編集・執筆を手がける。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
ページトップへ戻る