貯める
館長は大正3年創業、老舗金庫店の3代目“鍵師”

キャッシュレス時代に何を守る? 「金庫と鍵の博物館」で聞いた金庫の話が深かった!

「墨田区にある『金庫と鍵の博物館』がちょっとおもしろそうなんですよ」

夏のさなか、日々マネーネタを追っている価格.comマネー編集部との打ち合わせで出たのがこの話題。なんでも、「世界に1台の昭和12年頃の機密金庫」や「古代エジプトの模造錠」、「江戸時代の因幡錠」などをはじめ、金庫の逸品が陳列してある博物館なのだとか。マネーと金庫は古くから切っても切れない関係だし、キャッシュレス時代の今、あえて金庫に注目してみるのもおもしろそう、ということでさっそく取材にうかがうことに。少々長めの記事ですが、マネー読み物としてお気軽にお楽しみください。

そういえば、ドラマとか映画で聴診器を使って金庫を破るシーンがありますよね。これについてもぜひ聞いてみたいところ

そういえば、ドラマとか映画で聴診器を使って金庫を破るシーンがありますよね。これについてもぜひ聞いてみたいところ

東京の下町にある「金庫と鍵の博物館」

東京・墨田区にある「金庫と鍵の博物館」。大正時代から続く老舗「杉山金庫店」に併設されています。取材に対応してくれたのは館長の杉山泰史さん。杉山金庫店の3代目で、現役の鍵師としてご活躍中です。

杉山泰史(すぎやま・やすし)さん。金庫と鍵の博物館 館長。1966年生まれ。大正3年創業の「杉山金庫店」の3代目。現役の鍵師として鍵の製作や金庫のメンテナンス、開かなくなった金庫の解錠などを請け負う。ドラマや映画作品の金庫や解錠シーンを監修することもあるほか、鍵師養成の講師なども務めるプロ中のプロです

都営線「森下」駅徒歩3分。すぐ近くには東京スカイツリーも見える下町風情あふれる一画に「金庫と鍵の博物館」はありました

“鍵師界のレジェンド”だったお父さんのコレクション

まず目に入るのは、所狭しと並べられた金庫の数々。これらはどうやって集められたのでしょうか?

「ここにある金庫の数々は親父(故 杉山章象氏)のコレクションですね。ウチはもともと、祖父が大正時代に創業した金庫店で私は3代目になります。先代にあたる親父は13年ほど前に引退しましたが、メディアによく登場して業界ではちょっとした有名人でした。早いうちから家業を継いでとにかく研究熱心でしてね。金庫がどういうメカニズムで、どんなダイヤルがあって、錠前にはどんな種類があるのかなど、海外メーカーの金庫まで研究していました。アメリカで“鍵のプロ”と認められるロックスミス(錠前師)のライセンスまで取得したぐらいです。当時の日本でライセンスを持っていたのは1人か2人しかいなかったんじゃないかなぁ」(杉山さん)

そこかしこに並べられた金庫と鍵

そこかしこに並べられた金庫と鍵

ふつうは捨てられてしまう廃金庫

「古い金庫って、あまり残らないんですよ。保管場所が必要だし、重いから動かしにくいしと手間がかかりますから。だから買い換えると古いほうは鉄クズ扱いで処分がほとんど。それが金庫好きの親父には忍びなかったんでしょうねぇ。昭和30年ぐらいから、自分の眼鏡にかなった金庫を集め始めました。当時は趣味であり、商売であり、研究材料でありといったところです。同業者に声をかけて珍しい出物があると譲ってもらっていました。あるいは、開かなくなった金庫の解錠に足を運ぶ際、『これは』と思った金庫は手間賃代わりに引き取ってきたりもしたようです。そんな形で、古今東西の金庫がそろえられていきました」(杉山さん)

見回してみると、ひと口に金庫と言ってもさまざまな形や大きさがあります。なかには一見金庫に見えないタイプもあり、興味を引きます。

「昔は一般には公開していませんでした。ただ1985年から墨田区で『すみだ3M運動』(※)が実施されて、その一環で区内の小さな博物館を紹介していく動きが持ち上がったんです。それでウチにもお声がかかりまして『変わった金庫とか錠前を展示して、博物館として公開してもらえませんか』と。それで現在に至ります」(杉山さん)。

※すみだ3M運動
1985年にスタートした、墨田区の産業PRとイメージアップ、地域活性化を図る事業。「小さな博物館」(Museum)。工房と店舗の機能を備えた、製造と販売が一体化した「工房ショップ」(Manufacturing shop)。付加価値の高い製品を創る技術者である「マイスター」(Meister)の3つの頭文字をとって「3M(スリーエム)運動」と呼称。3つの運動を有機的につなぎ合わせ、優れた産業と生産品が「正当な評価」「より高い評価」を受けることを目指すとともに、ものづくりの素晴しさや大切さをアピールする活動。(墨田区HPより抜粋)

某有名作家も取材に来る

「客層はさまざまです。鍵や金庫に純粋に興味がある方や、夏休みの自由研究とか、修学旅行で東京に来た学生さんなどですね。

でも、意外と多いのは仕事がらみですね。映画監督、脚本家、推理作家の方なんかが取材でいらっしゃる。『作品の中で、金庫や錠前をこういうシチュエーションで使う設定を考えていますが、鍵師の方から見ておかしくないですか?』とか、『解錠にこんな道具を使うのはリアリティがありますか?』とか確認しに来るわけです。私もできるかぎりお答えしますし、撮影現場で監修することもあります。名前は出せませんが、誰もが知っている有名作家さんが来たこともあって密かな自慢です(笑)」(杉山さん)

【逸品1】絶対に開けられてはならない! 「大日本帝国陸軍特注の金庫」

それでは、博物館の展示品を紹介してもらいます。まずは逸品中の逸品。1937(昭和12)年頃に大日本帝国陸軍が民間の佐倉金庫(廃業)にオーダーをして作らせたこちらの金庫。軍の最高機密である「暗号解読書」を保管する金庫として当時30台ほど作られたもののひとつで、特注品ならではの厳重な仕掛けが施されていると言います。

激動の時代を潜り抜けてきた風格が漂う……

激動の時代を潜り抜けてきた風格が漂う……

3つ目の鍵を破るのは至難の業

「鍵が3段仕掛けになっています。まずは数字の組み合わせで解錠する【ダイヤル錠】。
次に、鍵穴に鍵を入れて解錠する【錠前】。
ほとんどの金庫はこの2つによって守られていますが、これにはさらに難関が待ち構えている。
それがこの扉に設置された【押しボタン錠】(下写真)です」(杉山さん)

こちらが【押しボタン錠】。解錠のための5つのボタンの組み合わせは200万通り。クラシカルなカタカナの書体も味があります

こちらが【押しボタン錠】。解錠のための5つのボタンの組み合わせは200万通り。クラシカルなカタカナの書体も味があります

「縦列に5個、横列に10個のメカニカルな仕掛け。鍵師のレジェンドと呼ばれたウチの親父が『あとにも先にもこんな仕掛けの金庫は見たことない』と唸っていたほどです。製作の際にお手本にしたものもないでしょう。おそらく日本が独自に開発したんです。解錠するには5個のボタンを間違えずに押す必要があります。1個でも間違えたら失敗になり、最初からやり直しです。6個目を押してしまってもダメ。そもそも、部外者はボタンを何個押せば正解なのかすら見当がつかないわけです。2個なのか7個なのか。ちなみに、ランダムに5個の正解にたどり着く確率は次の計算式で求められます。

50×49×48×47×46
――――――――――
1×2×3×4×5   =2,118,760

とまあ、正解にたどり着く確率は、約200万の1になるわけです」(杉山さん)

こんな歴史的遺物がなぜここに?

「ふつうなら、戦後にアメリカ軍が接収するでしょうね。入手したのはやはり私の親父です。断片的に聞いていた入手の経緯をまとめますと、昭和30年代のある日、親父がある同業者を訪ねました。その流れで倉庫に行くと片隅にこの金庫が置いてあったそうです。親父は見た瞬間に陸軍が特注した戦前の金庫だとわかったそうです。日本全体で30台ほど製作されたものの1台だと。でも同業者はそのことを知らない様子でした」(杉山さん)

扉を開けると中には桐箱が。日本の金庫によくある意匠なのだそう

扉を開けると中には桐箱が。日本の古い金庫によくある意匠なのだそう

鍵を開けた回数がカウントされている

「そこで『この金庫、ずいぶん変わってるねぇ』とすっとぼけて聞いたそうです。さらに『俺はこういう変わったヤツを集めてるから、よかったら譲ってくれないかな』と水を向けてみるも『考えておくよ』と返事は保留にされた。目にした以上、すでに親父のコレクター魂には火が着いてますからね。仕事に行く度に倉庫を確認した。それからどれぐらいの期間が経ったんでしょうか。ある日、所有者が『よし、杉山さんに譲るよ』と許可してくれたそうです。気が変わったらたまらんと、親父は即座にトラックを手配してすぐに積んで家まで運んできた、と。これが経緯です」(杉山さん)

いや〜、もし、杉山さんのお父さんが動かなかったら、この貴重な金庫も鉄クズとして処分され、現存してなかったかもしれませんね。

「あとね、この金庫の扉がすでに開いた状態だったからよかったんです。譲り受けたとき、もし閉まっていたら親父の腕をもってしても無傷で開けられたかどうか……」(杉山さん)

ちなみにこの金庫、製造が80年前なのにまだ問題なく動きます。スパイなどの内通者対策として、「何回鍵が開けられたか」をカウントする機能もついていて、今も動くのだとか(ちなみに取材当日は83回目。100回に達するとゼロにもどる仕組み)。まさに当時の日本の最高の技術力の結晶。「国を守る金庫」にふさわしい逸品と言えそうです。

【逸品2】まるでタンス! エスプリ感が際立つフランス「フィシェ社の金庫」

「次はフランスの金庫です」と杉山さんが示したのはどうみてもタンス。これ、金庫なんですか?

一見、タンスに見えるこちらの金庫はフランス製

一見、タンスに見えるこちらの金庫はフランス製

「フランスを代表する金庫メーカー、『フィシェ社』の金庫です。盗難防止のために家具に偽装しているわけです。じつは、この引き出しの木枠をズラすと、本物の鍵穴が姿を現すんですね」(杉山さん)

引き出しに見える木枠のひとつを下げると鍵穴が出現。博物館に来るほとんどのお客さんが驚く瞬間だそう

引き出しに見える木枠のひとつを下げると鍵穴が出現。博物館に来るほとんどのお客さんが驚く瞬間だそう

わざと盗ませる

「高校生の頃、親父に『開けてみろ』と言われたことがあったんですが、この鍵穴を見つけられませんでしたね。ちなみに、この金庫の特性を最大限に生かすには、“いかにも金庫っぽい金庫”を近くに置いておくことが大切なんだそうです。そして、その中にわざと盗まれてもいい額のお金を入れておく。そうすれば、その収穫に満足した泥棒はおとなしく去るでしょう? で、隣のフィシェの金庫の中にある『本当に大事なもの』が守られると。こういう使い方をするそうです」(杉山さん)

なるほど。「絶対盗ませない」と頑張るのではなく、「わざと盗ませて、本当に大事なものは守る」わけですか。これは深い!

【逸品3】真打登場! イギリス「チャブ社の最強金庫」

「では、真打として金庫メーカーの世界チャンピオンに登場してもらいましょう」と紹介されたのはイギリスの「チャブ社」の金庫。一見、何の変哲もない金庫に見えますが、この金庫のすごさとは……?

こちらがイギリス「チャブ社」の金庫。なんとも無骨なたたずまいです

こちらがイギリス「チャブ社」の金庫。なんとも無骨なたたずまいです

世界に冠たる宝石店の御用達

「産業革命が起きたイギリスですからね。財産を守る金庫にも伝統があります。世界の名だたる宝石店がチャブ社の金庫を導入していますよ。盗難対策の最高峰の金庫と言っていい。たとえば、ウチにあるこの金庫の重量は650kgです。大人3人がかりでも持ち上がりません。ちなみに世界で一番高価な某宝石店の日本支店もチャブ社の金庫を使っています。じつは保険会社のご指名なんだそうです。“チャブ社以外の金庫”に入れていた宝石を盗まれた場合は、保険金が下りませんよ、と。世界トップの保険会社は『宝石をチャブ社のグレード〇以上の金庫に保管すること』という条項を契約書に盛り込んでいるんです」(杉山さん)

と、杉山さんがおもむろに取り出したこの金庫の鍵がこちら。

マンガなどで描かれるデフォルメされた“金庫の鍵”のようなウソのような長さ!

マンガなどで描かれるデフォルメされた“金庫の鍵”のようなウソのような長さ!

「まず、この金庫の鍵は圧倒的に長い。厚さ5cmほどの鉄扉の奥にある錠前まで届かせなければならないからです。この金庫の鉄扉は防錐鋼板でドリルの攻撃を一切通しません。まったく歯が立たないと思いますよ」(杉山さん)

鍵が長くないと鍵の機構まで届かないのだとか

鍵が長くないと鍵の機構まで届かないのだとか

物理的な破壊攻撃で、”開かなくなる工夫”が

「また鉄扉の裏には、タコ糸を張り巡らせて、”ある仕掛け”が施してあります。タコ糸の先に分銅が吊られているのですが、もし仮に強力な破壊攻撃を受けて鉄扉がダメージを受けたとしましょう。その際、タコ糸が切れてしまうと、分銅が落ちますね。するとロックが永久にかかったままになる仕様なんです。この状態になったらたとえ持ち主だろうと開けられないんです」(杉山さん)

タコ糸が切れて、この分銅が落ちると永遠にロックされる仕組みに

タコ糸が切れて、この分銅が落ちると永遠にロックされる仕組みに

欧米と日本で真逆な、金庫の思想

完全にロックされた状態では、持ち主も中身を取り出せなくて困ります。どうやって解決するんでしょうか?

「いや、“解決しない”んですよ。欧米の金庫の設計思想は、緊急事態に絶対に開かないことが求められるんです。チャブ社に頼めば開けることは可能でしょうがね。いっぽう、日本の金庫の発想は真逆です。もしもの時にすぐに開けられるようにする、という発想です。これはどちらが正しいではなく、それぞれの国のユーザーニーズに合わせている。世界の東西の文化や価値観・哲学の違いと言ってもいいでしょうね。

象徴的なエピソードを紹介しましょう。親父の時代にチャブ社の金庫を何台か輸入して、ウチでも販売していました。当時、アジア地域を統括していたのは香港支社です。当時香港はイギリスの統治下にありましたからね。それで、香港支社長がウチに来たことがあります。ちょうど、販売前の金庫がウチに納品されたばかりでした」(杉山さん)

“ミスター杉山、そんな金庫を誰が買うんだ?”

「チャブ社は、金庫の鍵を封蝋(ふうろう、ヨーロッパなどで瓶や封筒の封にもちいられる特殊な蝋)した封書で送ってきます。親父は香港支社長の前で、チャブ社の金庫のすごさを褒めようと封書を開けて、中の鍵を取り出したんです。すると、それまでニコヤカだった支社長の顔色が変わりました。『ミスター杉山、この金庫は売り物だろう。どうして、あなたは開封して鍵を出したんだ。そんな金庫を誰が買うのか?』とね。つまり、欧米では納品する金庫店だろうと、客に売る金庫の鍵の形を見てはいけないのが一般的なんです。複製するリスクがあるからですね。その金庫の持ち主以外の誰も開けられない状況を保証するのが欧米の金庫メーカーなんです。

でも、日本はまったく違うんです。納品に行くとお客は『この金庫が開けられなくなっても、杉山さんなら開けられますよね』と確認する。親父は『無理ですね』と答えていたそうですが、『じゃあ、開かなくなったときに困るから、杉山さんが合鍵を持っていて』とスペアを渡される始末です(笑)。いかに文化が違うか。わかりやすいですよね」(杉山さん)

これが、先代が開けてしまった封書。赤い部分が封蝋です

これが、先代が開けてしまった封書。赤い部分が封蝋です

家庭用金庫の選び方は?

さて、これだけ金庫の話を聞いてくると、財産を持っているわけではない筆者でも、金庫を自宅に鎮座させておくのも悪くない気がしてきました。価格.comで調べてみても、家庭用の金庫がこんなにも売られているんですね。

「金庫は大きく2つのタイプに分かれます。まずは火災対策を目的とした【耐火金庫】
そして盗難などを防ぐ、より本格的な作りの【防盗金庫】です。

もちろん、耐火金庫だからといって簡単に開けられるわけではないし、耐火性能が組み込まれている防盗金庫もありますが、一般的に耐火金庫より防盗金庫の価格は高めになります」(杉山さん)

日本で流通する金庫のほとんどは耐火金庫

「付き合いのある金庫メーカーに聞いたところ、現在、日本で売られている金庫の99%は耐火金庫だと言われているそうです。これには価格以外にも歴史的な背景があります。日本では昔から財産を失う主たる原因は火災なんです。昭和の時代まで紙と木が中心の家が多かったですから。江戸の大火の恐ろしさは有名ですよね? だから大店にある『蔵』は、いわば当時の金庫なんです。耐火性のある土壁で頑丈に作られて窓がほとんどない作りになっています。それでも瓦屋根から火が入ってしまうこともありました」(杉山さん)

銀行がない時代では、財産を一瞬で失う怖さがあったわけですね。

「いっぽう欧米では、耐火金庫よりも圧倒的に防盗金庫の需要が高い。これも歴史的背景が大きくて、彼らの国は他国と地続きで戦争や異民族の襲撃などで財産を根こそぎ奪われてきた歴史がある。島国の日本とは文化的な土壌が違うんです」(杉山さん)

あなたが金庫で守りたいものは?

「さらに言うと、防盗金庫は仮に金額をクリアできても物理的な条件が厳しい。なにしろ重さが300kg以上になることも少なくない。こんな重量の物を一般家屋には気軽に置けないでしょうから。金融機関や建築時から特別な施工をした建物でなければ難しいでしょう。ウチの博物館では600kgの金庫を置いていますがコンクリート打ちっぱなしで、基礎から強化しているからこそ展示が可能なんです」(杉山さん)

なるほど……。「金庫を選ぶ」と言葉で言うのは簡単ですが、

・自分が金庫に払えるお金

・物理的な設置条件

によって、まず変わってくると。そしてなにより

・金庫で何を守りたいのか?

が、問われるわけですね。

杉山さんが鍵師としてがっかりしたこと

『金庫で何を守りたいか?』という点で言うと、私には今でも忘れられない光景があるんです。日本のある大物政治家に嫌疑がかかって、事務所に家宅捜索が入ったときのことです。検察職員が資料を入れたダンボール箱をいくつも運び出すおなじみのシーンがテレビで中継されていました。そのとき、金庫が台車に乗せられて運ばれてきたんです。ウチにある防盗金庫よりもひとまわり小さいサイズでした。あれはショッキングでしたねぇ。大物政治家の金庫ですから、金庫の中に入っていたものの価値も相当のものだったはずです。頑丈で重そうな防盗金庫が運び出されるシーンが見たかった(笑)。だけど、金庫がポツンと台車に乗せられてガラガラガラ……、でしたからね」(杉山さん)

辛辣な意見ですが、金庫を知り尽くした杉山さんならではの視点として理解できます。筆者なりに杉山さんの本意を言い表すと「自分の大切なものを本気で守るのなら、金庫の選び方もおのずと変わってくるはず」と言うことでしょうか。本記事で金庫に興味を持った読者の方は、ぜひこのことも頭の片隅にでも留めておいてほしいと思います。

聴診器を金庫に当てるのはなぜ

ところで杉山さん、ドラマや映画でよく見る「聴診器を金庫に当てる」シーンって、鍵師の方から見ていかがですか?

「聴診器を金庫に当てる意味は、金庫のダイヤルを回しながら“音”で正解の番号を探り当てているという設定ですよね。じつはこれ、ウチの親父が元祖なんですよ」(杉山さん)

そうでしたか! では、なぜ先代は聴診器を使い始めたのですか?

「それは残念ながら企業秘密ということで……。ひとつ言えるとすれば……、金庫を開錠するのには、じつはあまり関係がないということですかね(笑)」

ということで、金庫についてもっと知りたい方は「金庫と鍵の博物館」に足を延ばしてみては? 今回紹介してもらったレアな金庫の他にも貴重な金庫が多数あり、しかも知識豊富な杉山さんに直接案内してもらえる贅沢な場所です。この記事で書ききれなかった逸話がまだまだ飛び出しますよ!

金庫と鍵の博物館
住所         東京都墨田区千歳3-4-1
開館日・営業日    第1・3の土曜日、日曜日(8月を除く) <要予約>
開館時間・営業時間  午前10時から午後5時まで
電話番号       03-3633-9151

※本記事は、取材者及び執筆者個人の見解です。
佐野裕

佐野裕

フリーランスのライター。マネー誌、ビジネス誌などで一般ビジネスパーソンから著名人までを多数取材。ビジネス、自己啓発、副業、歴史など幅広いジャンルで記事を執筆している。「活字で活力を与えたい」と日夜奮闘中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
防犯グッズのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る