増やす
Visa、Mastercard、JCB加盟店で使えて「使いすぎ」も防げる

クレカ感覚で使える国際ブランド付きプリペイドカード10枚 高還元カードも登場!

事前にお金を入金(チャージ)して支払いに使う「プリペイドカード」。皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか? 「資金決済に関する法律(資金決済法)」では、プリペイドカードは百貨店の商品券、ビール券などのギフト券とともに、「前払式支払手段」のひとつとされています。その種類は多く、たとえばコンビニなどで使えるQUOカードや携帯電話が普及する以前に広く使われていたテレフォンカードなどに加え、最近ではAmazonギフトなどインターネット上で使うタイプのものも普及しています。

クレカ感覚で使えるプリペイドカードもある

プリペイドカードの中で、近年存在感を高めつつあるのが「国際ブランド付きプリペイドカード」と呼ばれる存在です。「ブランドプリペイド」、「ブランドプリカ」などとも呼ばれているもので、VISA、Mastercard、JCBなどクレジットカードでおなじみの「国際ブランド」と提携し、ブランドの加盟店でクレジットカードとほぼ同じ感覚で使うことができます(以下、本記事ではブランドプリペイドで統一します)。本記事ではこのブランドプリペイドの特徴を解説し、代表的な10枚も紹介します。

「使いすぎが不安」なクレジットカードを補う存在

「カードで支払う」と聞くと、多くの人が頭に思い浮かべるのはクレジットカードではないでしょうか? しかし、クレジットカードはポストペイ方式(後払い方式)ということもあり、「使いすぎるのが不安」という懸念を抱く人も少なくないようです。2016年に内閣府が行った世論調査(※)では、「クレジットカードを積極的に利用したいと思うか?」という質問に対し、約58%が「そう思わない」もしくは「どちらかといえばそう思わない」と回答しており、その理由として約3分の1の人が「予算以上の買い物をしてしまうから」をあげています。

※クレジットカード取引の安心・安全に関する世論調査(内閣府 2016)

前払い式の「ブランドプリペイド」に注目

「使い過ぎへの懸念」はクレジットカードの”弱点”とも言えるわけですが、それを補う存在がブランドプリペイドです。ブランドプリペイドは、VISA、Mastercard、JCBの各加盟店で支払いに使える点はクレジットカードと同じですが、自分の信用で商品の代金を「後払い」するクレジットカードに対し、あらかじめお金をカードに「先払い(チャージ)」する点が大きく異なります。これには、出費を管理しやすく「使い過ぎ」を防ぐメリットがあると言えるでしょう。たとえるなら、クレジットカードの利用限度額を自分自身で決めるカードと言えるかもしれません。また、似たようなメリットを持つ存在に、銀行口座から利用代金が即時に引き落としになる「デビットカード」(※)もあります。

※参考:後払いのクレカを敬遠する方に! お得な高還元デビットカード5枚を紹介(価格.comマガジン)
https://kakakumag.com/money/?id=14665

ブランドプリペイドは作るハードルが低いのも特徴

「クレジットカード同様に幅広く使える」「先払い」以外にも、ブランドプリペイドには下記のような特徴があります。

●クレカを作れない人でも持ちやすい

年齢やそのほかの理由でクレジットカードを作れない人でも、ブランドプリペイドなら持てる可能性があります。それは、多くのブランドプリペイドが審査不要で発行が可能なため(一部審査があるカードも存在します)。未成年でも保護者の同意があれば作れるケースがほとんどです。

●ポイント還元などお得な魅力もある

クレジットカードでおなじみのポイントサービスが付帯するブランドプリペイドも登場しています。提携している店舗などではポイント還元率がアップするカードもあり、「お得」の観点からも魅力が高まっています。

ブランドプリペイド10枚を国際ブランド別に紹介

ここから具体的にブランドプリペイドを紹介していきます。内訳は、Visaブランドのカードが5枚。Mastercardブランドのカードが3枚。JCBブランドのカードが2枚です。なお、特に明記していない場合、発行手数料や年会費は無料です。

▼Visaブランドのプリペイドカード5種

【1】V-プリカ:日本初のブランドプリペイド

ダミー

画像はV-プリカ公式サイトより

コンビニの端末などでチャージして、ネットショッピングに利用

2011年にライフカード株式会社が発行した、日本で初めて登場したブランドプリペイドです。リアルカードはなく、ネットショッピング専用で使えるバーチャルカードのみを発行しており、ユーザーはショッピングサイト上のVisa加盟店で支払いに使うことができます。申し込みできるのは日本国内に在住している18歳以上の人と、ほかのブランドプリペイドに比べると対象年齢がやや高く設定されています。V-プリカを使うには、まずネット上でアカウントを開設(無料)する必要があり、アカウント開設後コンビニの端末やネットで「自分が使いたい金額」分を購入します。購入後に発行されるコードをアカウントに登録することで、買い物に利用できるようになります。

V-プリカ
発行会社:ライフカード株式会社
選べる国際ブランド:Visa
還元率:なし
貯まるポイント:なし
公式サイト:http://vpc.lifecard.co.jp/

【2】GAICA(ガイカ):海外利用で真価を発揮

ダミー

画像はGAICA公式サイトより

ICチップを搭載。Visaのタッチ決済にも対応

ICチップを搭載し、非接触で決済ができる「Visaタッチ決済」に対応したブランドプリペイドです。新生銀行グループの株式会社アプラスから発行されています。リアルカードが発行されるタイプで、リアル、ネットを問わず国内外のVisa加盟店で利用できます。このカードは海外での利用に強みがあり、事前に日本円でチャージをしておくと、世界200以上の国と地域にある「Visa」「PLUS」マーク表示のあるATMから現地通貨が引き出せます(現在世界で約260万台が対応)。なおこの機能を利用するには事前にマイナンバーの提出が必要で、利用する際は為替手数料4%と、ATM利用手数料200円がかかります。前述の「Visaタッチ決済」は海外での普及が進んでおり、ロンドンの地下鉄などでは改札でそのまま利用できます。新生銀行の総合口座「パワーフレックス」を持っている人は、オートチャージや毎月定額のチャージなども可能です。

GAICA
発行会社:株式会社アプラス
選べる国際ブランド:Visa
還元率:なし
貯まるポイント:なし
公式サイト:https://www.gaica.jp/

【3】バンドルカード:気軽に作れるハードルの低さが売り

ダミー

画像はバンドルカード公式サイトより

入会時の年齢制限なし

株式会社カンムから発行されている、審査・年齢制限なしで作れるブランドプリペイドです。アプリをダウンロードし、生年月日や電話番号を登録するとネットショッピング専用のバーチャルカードがすぐに発行されます。街中で使えるリアルカードも2種類が用意されており、本人確認不要で作れるのが「バンドルカード リアル」。こちらはリアル店舗での利用は国内店舗のみとなっています(海外のネットショッピングでは利用可能です)。海外のリアル店舗でも使えるのが「バンドルカード リアル+(プラス)」。こちらは発行時に本人確認が必要になります。また、リアルカードの2種はいずれも発行手数料がかかります(300〜700円で券種によって異なります)。

バンドルカード
株式会社カンム
選べる国際ブランド:Visa
還元率:なし
貯まるポイント:なし
公式サイト:https://vandle.jp/

【4】ソフトバンクカード:Tポイントを貯めるならコレ

ダミー

画像はソフトバンクカード公式サイトより

Tカード一体型でTポイントが貯まりやすい

SBペイメントサービス株式会社から発行されているブランドプリペイド。ソフトバンクユーザーであれば、12歳から作ることが可能です。このカードにはポイントサービスが付帯しています。Tカード一体型で、利用金額に応じてTポイントが貯まる仕組みです。還元率は0.5%(200円ごとにTポイントが1ポイント付与)ですが、ファミリーマートやYahoo!など、買い物金額に応じて店舗側がTポイントを付与する場所では、カードで貯まる分とあわせてTポイントが二重で貯まります。カードへのチャージはアプリやウェブ、ATMから可能です。

ソフトバンクカード
発行会社:SBペイメントサービス株式会社
選べる国際ブランド:Visa
還元率:0.5%〜
貯まるポイント:Tポイント
公式サイト:https://www.softbank.jp/card/

【5】Kyash(キャッシュ):ポイント還元がお得なカード

ダミー

画像はKyash公式サイトより

バーチャルカードは0.5%、リアルカードは1%の還元率

株式会社Kyashが発行するブランドプリペイドです。特徴は還元率の高さ。ネットショッピングだけで使えるバーチャルカードの場合は0.5%ですが、街中の店舗で使えるリアルカードの場合は1%が還元されます。還元されるのはKyashポイントというオリジナルのポイントで、カードにチャージすることで買い物に使うことができます。また、クレジットカードによるチャージにも対応。最大5枚のクレジットカードを1枚のKyashカードに登録することができ、支払いに応じてアプリ上で利用したいクレジットカードを切り替えられます。Kyashアカウント同士なら手数料無料で送金も可能です。

Kyash
発行会社:株式会社Kyash
選べる国際ブランド:Visa
還元率:0.5〜1%
貯まるポイント:Kyashポイント
公式サイト:https://kyash.co/

▼Mastercardブランドのプリペイドカード3種

【6】WebMoney(ウェブマネー)プリペイドカード:還元率0.5%が魅力

ダミー

画像はWebMoneyプリペイドカード公式サイトより

2020年6月までの独自の5%還元キャンペーンを実施中

ここからはMastercardブランドのプリペイドカードの紹介です。まずは、株式会社ウェブマネーが発行する「WebMoneyプリペイドカード」。アプリをインストールしてSMS認証すれば、アマゾンなどのオンラインショッピングですぐに利用が可能です。さらにリアルカードを申し込めば街中のMastercard加盟店でも使えます。リアルカードには「無記名カード」と、本人確認が必要な「本人限定カード」の2種類があり、前者は利用上限が月10万円までに制限されてます。ポイント還元も行っており、通常時は利用金額の0.5%がWebMoneyポイントで還元されます(1ポイント1円で利用が可能)。現在、国のキャッシュレス・ポイント還元制度に合わせて独自のポイント還元アッププログラムを実施しており、利用金額の5%がポイント還元されます(2020年6月まで)。

WebMoneyプリペイドカード
発行会社:株式会社ウェブマネー
選べる国際ブランド:マスターカード
還元率:0.5%〜
貯まるポイント:WebMoneyポイント
公式サイト:https://www.webmoney.jp/masterwm/index.html

【7】dカード プリペイド:dアカウントを持つ人向け

ダミー

画像はdカード プリペイドの公式サイトより

ローソンでの利用で3%還元

dアカウントを持っている12歳以上の人が作ることができるブランドプリペイドです。発行は三井住友カード株式会社。国内外のMastercard加盟店で使えるほか、全国のid加盟店ではカードをかざすだけで決済することもできます。またApple Payへの登録にも対応しています。ポイント還元もあり、通常は200円の利用ごとにdポイントが1ポイント貯まる0.5%の還元率ですが、dポイント加盟店なら還元率はさらにアップします(店舗によって還元率は異なります)。なかでもローソンの買い物では3%が還元されてお得です。

dカード プリペイド
発行会社:三井住友カード株式会社
選べる国際ブランド:マスターカード
還元率:0.5%〜
貯まるポイント:dポイント
公式サイト:https://d-card.jp/prepaid/

【8】au WALLLETプリペイドカード:auユーザー必携の1枚

ダミー

画像はau WALLLETプリペイドカード公式サイトより

ポイントアップ店での利用がお得

KDDI株式会社が発行するauユーザーが申し込めるMastercardブランドのプリペイドカード。通常は200円ごとに1ポイント還元と0.5%の還元率ですが「au WALLLETポイントアップ店」で利用すると還元率が1%にアップします。au WALLLETポイントアップ店はセブン-イレブンなどのコンビニエンスストアやドラッグストアなど幅広い店舗が対象となっており、公式サイトから確認することができます。このカードの利用で貯まるのはau WALLETポイントで、1ポイント1円でプリペイドカードにチャージして買い物に使えます。

au WALLETプリペイドカード
発行会社:KDDI株式会社
選べる国際ブランド:マスターカード
還元率:0.5〜
貯まるポイント:au WALLET ポイント
公式サイト:https://www.au.com/payment/auwallet/prepaid/

▼JCBブランドのプリペイドカード2種

【9】LINE Payカード:ポイント還元率は最大2%

ダミー

画像はLINE Payカード公式サイトより

利用状況に応じて還元率がアップ

最後はJCBブランドのプリペイドカードの紹介です。まずはLINE株式会社が発行している国内外のJCB加盟店で使えるプリペイドカードから。こちらはオンライン専用のバーチャルカードとリアル店舗向けのリアルカードがあります。銀行口座やセブン銀行ATM、ローソンの店頭などでチャージができ、銀行口座を登録しておくことでオートチャージも可能です。毎月のLINE内の支払実績によって、ホワイトからグリーンまでのバッジカラーが決まり、これによりポイント還元率が0.5〜2%に変動する「マイカラープログラム」という仕組みが採用されています。頻繁に使う人にとってはお得なカードになります。

LINE Payカード
発行会社:LINE株式会社
選べる国際ブランド:JCB
還元率:0.5〜2%
貯まるポイント:LINEポイント
公式サイト:https://pay.line.me/portal/jp/main

【10】ANA JCBプリペイドカード:マイルを貯めたい人向け

ダミー

画像はANA JCBプリペイドカード公式サイトより

還元方法を2種類から選べる

15歳から申し込めるJCBブランドのプリペイドカード。発行は株式会社ジェーシービーで、初回チャージ時に手数料として550円(税込)がかかります。入会時に、利用・チャージに応じてマイルがたまる「マイルコース」と、「キャッシュバックコース」の2種類から還元方法を選択できます。前者の場合1,000円(税込)の利用につき5マイルが付与されるのに加え、半年間のチャージ合計額に応じて、12万円以上なら180マイル、24万円以上なら360マイルのボーナスマイルが付与されます。後者は200円(税込)の利用につき1円のキャッシュバックと、半年間のチャージ合計額に応じて、12万円以上なら180円、24万円以上なら360円のボーナスキャッシュバックという仕組みです。1マイルの価値は時期などによって変動するものの、2〜7円程度になることが多いため、マイルで還元を受けるほうがお得と言えそうです。ちなみに、ANAのプリペイドカードにはほかにも三井住友カード株式会社が発行する「ANA VISAプリペイドカード」があり、ショッピングで貯まるマイル数は変わらないものの、ボーナスマイルがあるのはANA JCBプリペイドのみになります。

ANA JCBプリペイドカード
発行会社:株式会社ジェーシービー
選べる国際ブランド:JCB
還元率:0.5%〜
貯まるポイント:ANAマイル/キャッシュバック
公式サイト:https://www.jcb.co.jp/prepaid/ana_prepaid.html

ブランドプリペイドを使う際の注意点

最後に、ブランドプリペイドを使ううえで注意すべき点にも触れておきましょう。ブランドプリペイドは、クレジットカード感覚で使えると説明してきましたが、下記のとおり3つの注意点があります。利用される際はご注意ください。

●ブランドプリペイドの注意点1:支払いに使えない場合もある

クレジットカードと同様、幅広く使えるブランドプリペイドですが、一部に例外もあります。具体的には、公共料金や電話料金、インタネットプロバイダーの利用料など、月額で継続契約の支払いには対応していません。このほか、ガソリンスタンドでの支払いや高速道路料金の支払いにも使えないケースが多いようです。各社によって使える範囲は微妙に異なっているケースもあるので(たとえば、【8】au WALLETプリペイドカードでは出光サービスステーションで、金額もしくは給油量を指定した給油のみ利用可、など)、各社のルールをよくチェックしましょう。

●ブランドプリペイドの注意点2:分割での支払いは不可

クレジットカードの場合、「1回払い」のほか、「分割払い」「リボ払い」「ボーナス払い」などの支払い方法が用意されています。しかし、ブランドプリペイドの特性上、これらの支払い方法は使えず、「1回払い」が原則です。

●ブランドプリペイドの注意点3:不正利用時の補償は薄い

クレジットカードの場合、盗難・紛失などで不正に利用された場合、カード会社に被害を報告した60日前までさかのぼって被害額が補償されます。また、日数はクレジットカードよりも短いものの、銀行口座から利用金額が即時に引き落とされるデビットカードにも同様の補償があります。しかし、ブランドプリペイドには基本的にそのような補償制度は期待できないと考えたほうがよいでしょう。今回紹介した10枚の中で補償制度があるものは下記の5枚。これ以外の5枚には補償制度がないので、利用する際はご注意ください。

【1】V-プリカ……セキュリティロックをかけた状態での不正利用に対しては補償。
【4】ソフトバンクカード……紛失盗難デスクに連絡した時点の残高は補償。さかのぼっての補償はなし。
【5】Kyash……不正利用と認められるものに関しては対応。
【8】au WALLETプリペイドカード……不正利用と認められるものに関しては補償。
【9】LINE Payカード……10万円を上限として補償。
【10】ANA JCBプリペイドカード……クレジットカード同様の60日補償。

まとめ

下記は、今回紹介した10枚のブランドプリペイドを比較した表です。使いたい国際ブランドや、ポイント還元率など、ご自身が重視する指標で選んでいただければと思います。

※1 Tカードを表示するとTポイントが貯まる店舗の場合、本カード利用分と合わせて二重でTポイントが貯まります。※2 2020年6月まで、ポイント還元率が5%になるキャンペーンを実施中。※3 クレジットカードでのチャージに対応しているのは「WebMoneyプリペイドカードLite」のみ。※4 dポイントの加盟店では還元率が上がります。還元率は各加盟店によって異なります。※5 au WALLLETポイントアップ店で利用すると還元率は1%になります。※6 LINEマイカラープログラムのランクによって還元率が変動します。※7 このほか、半年分のチャージ金額に応じてボーナスマイルがもらえる場合があります

また、表の右端の2列で「クレジットカードでのチャージの可否」と「ポイントサービスとクレカチャージのポイント二重取りの可否」の2つを示しています。ブランドプリペイドの大きな利点は「使い過ぎを防ぐ」という点にありますので、この記事では大きく取り上げなかったテーマですが、よりお得を目指したい方はこの2つの指標も参考になさってください。なお、ブランドプリペイドによっては特定のブランドのクレジットカードでのチャージではポイントが付かないなどのケースもあるようです。ポイント付与の条件を含め、ご利用の際は各社公式サイトでのご確認をお願いします。

※本記事は、執筆者の見解です。また、各サービスをご利⽤の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。
大正谷成晴

大正谷成晴

フリーランスの編集・ライター。資産運用全般、ビジネス、クレジットカード、副業、医療・介護など、幅広いジャンルで取材・執筆している。企業の女性活用に関する記事執筆も多数。 著書に『決定版 1万円からはじめるFX超入門』(かんき出版)など

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
クレジットカード・ローンのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る