注目コンテンツ
「秘書」代わりのコンシェルジェ、旅の思い出を一生ものにしてくれる多彩な特典

日常も、特別な日も! 1日約392円の「アメックス・プラチナ・カード」がもたらす変化とは? [PR]

高いステータスを備えたクレジットカードとして知られる「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」(アメックス・プラチナ・カード)。富裕層、あるいは少なくとも年収1000万円以上ないと持てないと思われがちだが、30代、40代のビジネスパーソンも保有することができ、むしろ毎日を忙しく過ごす彼ら彼女らが持ってこそ効果を発揮する。それは、このカードが1日400円足らずのコストで、日常生活でのちょっとした依頼に応えてくれたり、旅をより思い出深いものしてくれたりと、仕事もプライベートも大切にする人にとって利用価値の高いサービスを提供してくれるからだ。そんな「アメックス・プラチナ・カード」の魅力を解説する。

「アメックス・プラチナ・カード」は日本でも珍しいメタル製カードを使用。高級感が伝わってくる券面だが、サービス面でも満足度の高い特典を数多く用意している

「アメックス・プラチナ・カード」のスペックを価格.comでチェック

日本では貴重なメタル製カード。重厚感があり、スタイリッシュ

「アメックス・プラチナ・カード」は見た瞬間、触れた瞬間に、ほかのカードとの違いに気付くだろう。日本では数少ないメタル製カードだからだ。レストランなどでの会計の際、このカードを手渡されたお店のスタッフも驚きの表情を見せることがあるという。金属ならではの重厚感とひんやりとした感触。一般的なプラスチック製のカードとの違いに気付いたスタッフから「こんなクレジットカードがあるのですね」と言われることもあるという。

そんな、人とは違うちょっとした特別感を味わえる「アメックス・プラチナ・カード」が2019年4月、業界を驚かす大きな方針転換を行った。従来はカード会社からインビテーションが送られた人のみが所有できる「招待制」だったが、これを「申込制」に変更したのだ。さらに、門戸を広げただけではなく、コンシェルジェの増員を図るなどサービス面も強化。高い質のサービスを提供するカードに誰でも申し込めるようになったのは、ユーザーにとってうれしい変化と言えるだろう。

「アメックス・プラチナ・カード」が、毎日をもっと便利にしてくれる4つの理由

理由1:ホテルや居酒屋の予約も! さまざまな依頼に対応してくれる「秘書」代わりのコンシェルジェ

ただ、「アメックス・プラチナ・カード」の魅力の本質は「ステータス」だけではなく、日々の生活を豊かにする数々のサービスにこそある。

その代表的なものが、24時間365日、会員の要望に最大限応えてくれるコンシェルジェの存在だ。一定規模の企業の役員になると秘書がつき、チケットの手配や店の予約をしてくれたりするが、「アメックス・プラチナ・カード」のコンシェルジェはそうした「秘書」のような役割を果たしてくれる。

たとえば、急な出張が入り、資料作りや社内外の調整に奔走、ホテルを探している余裕もない。そんなとき、コンシェルジェ・デスクに「出張先で宿泊する1泊8,000円以内のビジネスホテルの予約を」と1本電話をかければ対応してくれる。

あるいは、学生時代の友人との久々の飲み会。楽しい時間はあっという間に過ぎ「もう1軒行こうか」となったとき。2次会の店を探すために、うろうろと歩き回るのは面倒だ。こんなときも「1人3,000円ぐらいの予算で軽くつまめるお店の予約を」と連絡すればOK。スムーズに2次会に移ることができ、友人からも感謝されることだろう。大事な人との食事の際に行う、サプライズの演出の相談にも乗ってくれるという。

このように、時間と手間のかかる日常のさまざまな依頼に、最大限対応してくれるコンシェルジェ。公私ともに毎日を忙しく過ごすビジネスパーソンにとってこそ、ありがたい存在と言えるだろう。
(内容やタイミングにより対応できない場合もあり)

チケットやお店の予約などの依頼に対応してくれる「アメックス・プラチナ・カード」のコンシェルジェ・デスク

理由2:「アメックス・プラチナ・カード」で買っていなくてもOK。驚きの家電保障サービス

もうひとつ、「アメックス・プラチナ・カード」の日常生活における心強いサービスのひとつが、「ホームウェア・プロテクション」保証規定だ。カード会員が保有する家電製品が破損や盗難などの被害に遭ったとき、購入金額の50%〜100%の保証が受けられる。パソコン、カメラ、時計、冷蔵庫など、保証対象となる製品も幅広い(スマホは対象外)。しかも、「アメックス・プラチナ・カード」で購入していない商品も対象になるのは何とも驚きだ。

「ホームウェア・プロテクション」なら、偶然パソコンを落としてしまったり、壊してしまったりしても購入額の一定割合を保証してくれる

理由3:使いやすいポイント。15の航空会社と提携し、マイルに交換する際も便利

「アメックス・プラチナ・カード」は、ポイントを貯める・使うという面でも、うれしいサービスを用意している。このカードの会員は、ポイント優待が受けられる有料のプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス(年会費3,300円)」に無料で登録でき、AmazonやYahoo!ショッピングなどで100円の利用ごとに3P貯められる。

さらに、ポイント交換の際にも優遇され、1,000PをANAマイル1,000マイル(通常は2,000Pを1,000マイル)に、3,000Pをカード利用代金3,000円分(通常は3,000Pを900円)に充当できる。また、ANAのほかにも、デルタ航空やブリティッシュ・エアウェイズなど、提携する14の航空会社のマイルにも交換可能だ(提携航空会社の場合のレートは1,250Pを1,000マイル)。せっかくマイルに交換しても、乗りたい飛行機が満席であっては使えない。そうした意味で、多くの航空会社と提携し、マイル交換の選択肢が幅広く用意されているのは重宝するだろう。

理由4:ほとんどのお店で利用可能。Apple Payにも対応し、小銭いらず

「アメックス・プラチナ・カード」の充実したサービスに魅力を感じながらも、「アメックスは使えるお店が少なそう」とためらっている人がいるかもしれないが、それは大きな間違いだ。アメリカン・エキスプレスはJCBと提携しており、JCB加盟店のほとんどで利用できるのだ。なお、「アメリカン・エキスプレス」の各種カードは、スマートフォンの決済サービスであるApple Payの「QUICPay+」にも対応しており、コンビニなどの少額決済でも手軽に利用できる。

「アメックス・プラチナ・カード」なら、コンビニでも素早く手軽に決済を完了できる

「アメックス・プラチナ・カード」なら、コンビニでも素早く手軽に決済を完了できる

「アメックス・プラチナ・カード」のスペックを価格.comでチェック

旅でも、エンターテインメントでも! 活躍する5つのシーン

シーン1:レイトチェックアウトで、旅を最後の最後まで満喫

これまで、日常生活における「アメックス・プラチナ・カード」の活用シーンについて説明してきたが、アメックスはもともと、「T&E(トラベル&エンターテインメント)」に強いカードとして知られている存在。もちろん「アメックス・プラチナ・カード」も、非日常のシーンでも頼れる特典を豊富に用意している。

たとえば、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」というプログラムには、「滞在中の朝食をサービス(2名まで)」「ホテル内のバーやレストランなどで使える100ドル相当のクレジット」が付帯。また、空き室状況によっては、部屋のアップグレードも可能だ。対象ホテルは世界1,000か所以上となっており、なかには1泊2万円〜3万円と手ごろな値段で宿泊できるホテルもある。

そして、このプログラムのなかで好評を得ているのが「チェックアウトの延長(16時まで)」だ。この特典があることで、最終日にホテルに荷物を置いたまま観光して、部屋に戻ってシャワーを浴びたり、子どもが小さければ昼寝をさせたりもできる。「子育て世帯にとってはとてもありがたいサービス」という声は多く、旅を最後まで満喫するために、とても役立つ特典と言えるだろう。

シーン2:高級ホテルの上級会員に。空室状況によっては部屋のアップグレードも

また、「ヒルトン・オナーズ」や「マリオットボンヴォイ」など、高級ホテルの上級会員になれる優待サービスも付帯。これらのホテルで、上級会員向けのレイトチェックアウトや、空室状況によっては部屋のアップグレードも可能だ。

万が一の備えである保険も充実している。海外旅行保険として、傷害死亡・後遺障害に最大1億円、利用の可能性がより高いとされるケガや病気の治療に最大1000万円を補償。保険以外にも、海外旅行での緊急時には、病院の紹介はもちろん、予約や入院の手配なども代行もしてくれるので、非常に心強い存在と言えるだろう。

「アメックス・プラチナ・カード」には、旅を一層楽しいものにしてくれるさまざまな特典がついている

「アメックス・プラチナ・カード」には、旅を一層楽しいものにしてくれるさまざまな特典がついている

空室の状況などによっては、部屋のアップグレードも可能

空室の状況などによっては、部屋のアップグレードも可能

「アメックス・プラチナ・カード」のスペックを価格.comでチェック

シーン3:国内有名ホテルの無料宿泊券を毎年1回、プレゼント

このほかにも、「アメックス・プラチナ・カード」には、1年に1度、カード更新時に1泊2名分の無料宿泊券がプレゼントされる特典もある。対象となるのは、オークラ、ハイアット、ヒルトンなどの国内各地の有名ホテル。年に1回、家族や恋人、友人との特別な時間を無料で提供してくれるうれしい特典だ。

シーン4:世界各地の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が家族会員にも

もちろん、多彩な空港ラウンジのサービスも「アメックス・プラチナ・カード」には備わっている。最も特徴的なものが「センチュリオン・ラウンジ」と呼ばれるもので、「アメックス・プラチナ」以上のカード保有者のみが利用できるラウンジだ。本格的な食事やお酒を楽しめ、高速Wi-Fiサービスなども利用できる、ワンランク上の空港ラウンジだ。日本の空港には未設置だが、アメリカや香港の空港には設置されているので、海外出張が多い人には魅力的なサービスだろう。

また、世界1200か所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」が発行される特典もある。しかも、「アメックス・プラチナ・カード」では同伴者1名が無料で利用でき、家族カード会員も「プライオリティ・パス」を発行できる、つまり、家族カード会員も「プライオリティ・パス」を発行すれば、4人まで無料で利用できることになる。「プライオリティ・パス」は、プラチナカードであれば付帯していることは珍しくない。しかし、家族カード会員の発行および同伴者1名まで無料で利用できるカードは少なく、「アメックス・プラチナ・カード」の大きなメリットと言えそうだ。

シーン5:200以上のレストランで、コース料理1名分が無料に

充実したグルメのサービスも見逃せない。「2 for 1ダイニングby招待日和」と呼ばれるこの特典は、対象レストランで2名以上のコース料理を予約した場合、1名分のコース料理が無料になるというもの。国内の主要都市はもちろん、シンガポールやハワイの有名店も対象となっており、その数は200以上。さらに、サービスの利用回数には制限がなく、何度でも利用できるのはうれしいポイントだ(ただし、同一店舗の利用は半年間に1回のみ)。

「2 for 1ダイニングby招待日和」は大切な人との食事はもちろん、接待に活用することも可能だ

「2 for 1ダイニングby招待日和」は大切な人との食事はもちろん、接待に活用することも可能だ

「アメックス・プラチナ・カード」のスペックを価格.comでチェック

まとめ:入会のチャンス! 最大40,000ポイント獲得のキャンペーン実施中

以上、「アメックス・プラチナ・カード」の特徴や特典について説明してきた。このカードの年会費は14万3,000円(税込)。1日に換算すると約400円だ。本会員と同じ特典を利用できる家族カードも無料で4枚まで発行可能で、これを利用するとコストはさらに抑えられる。さらに通常は、家族の範囲を配偶者や子どもに限っていることが一般的だが、このカードでは、兄弟姉妹も対象となり、一定の条件を満たせば別居でも発行が可能だ。

こうした点に加え、「秘書」代わりのコンシェルジェサービスや旅行や出張に役立つさまざまなプレミアムサービス、そして家電保証サービスを考慮すると、毎日を忙しく飛び回っているビジネスパーソンにとっては、むしろリーズナブルな選択とも言えそうだ。また、現在最大40,000ポイントの獲得が可能なキャンペーンも実施しており、入会する好機となっている。一度検討してみてはいかがだろうか。

「アメックス・プラチナ・カード」のスペックを価格.comでチェック

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ページトップへ戻る