借りる
「急な出費で家計がピンチ」。そんなときに役立つ少額の融資サービス

クレジットカードのキャッシング、カードローンとはどこが違う? 覚えておきたい注意点も解説

街中のお店や、ネットショッピングでの決済に使えるクレジットカード。多くの人が利用しているこの「ショッピング」機能とは別に、クレジットカードには、現金を借りられる「キャッシング」機能も備わっていることをご存じでしょうか。キャッシングは少額融資サービスのひとつですが、ATMなどでスピーディーに借りられる特徴があり、急にお金が必要になったときには便利なサービスです。今回は、クレジットカードのキャッシングの特徴や利用する際の注意点、そして、似たサービスである「カードローン」との違いについてまとめました。

クレジットカードのキャッシングとは?

クレカの機能のひとつ。ATMなどで現金の借り入れが可能

クレジットカードのキャッシングとはカードに付帯する機能のひとつで、これを利用すると、コンビニや銀行のATMなどで現金を借りられる(引き出す)ことができます。後述しますが、借入限度額は10万〜100万円程度となっており、一般的には「一括返済」と「リボ払い」の2種類の返済方法が用意されています。

キャッシング枠が設定されたカードであることが条件

多くのクレジットカードにキャッシング機能が付いていますが、これを利用するためには、あらかじめカードにキャッシング枠(利用限度額)の設定がされている必要があります。この枠がないと、キャッシングの利用はできません。カード申し込みの際に希望額を申請すると、カード会社の審査を経てキャッシング枠の金額が決まるパターンのほか、申込時に自動的に決められる場合もあります。借り入れはこの範囲内で可能となります。カード申込時に、キャッシング枠を「なし(0円)」と設定していても、後からカード会社に申請することも可能です。

キャッシングを利用すると、その分、ショッピング枠は減額

また、クレジットカードには、買い物利用の上限額である「ショッピング枠」も設定されています。ここで覚えておいてほしいのは、「キャッシング枠」は「ショッピング枠」に含まれているという点です。たとえば、「ショッピング枠」の限度額が50万円、「キャッシング枠」の限度額が20万円のカードがあった場合、それぞれの利用状況によって以下のとおりに変動します。

・ある月に、買い物で50万円利用→その月はキャッシングの利用はできない
・ある月に、キャッシングを20万円利用→その月のショッピングの上限は30万円に

キャッシング枠設定のクレジットカードがあれば、数分で借り入れ完了

キャッシング枠が設定されたクレジットカードを持っていれば、改めての審査や手続きもなく、すぐに借り入れ可能です。借り入れは最低1万円以上、1万円単位としてることが一般的です。借り入れができる場所は、銀行などの提携金融機関やコンビニのATMなどです。カード会社によって微妙に異なりますが、基本的な操作方法は以下のとおりで、1,2分程度で完了します。
(1)ATMの画面上メニューから「お引き出し」を選択
(2)クレジットカードを差込口に投入
(3)暗証番号を入力
(4)「お借り入れ」を選択
(5)返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択
(6)借入金額を入力
(7)クレジットカード、利用明細、現金を受け取り、完了

このほか、カードの支払口座に振り込んでもらうことも可能です。なお、提携先の金融機関によっては、1回110〜220円程度の手数料が発生する場合もあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

金利は年15〜18%程度。ほかの融資サービスと比べて高い傾向

クレジットカードをショッピングで利用する際、1回払いであれば金利手数料はかかりませんが、キャッシング利用時には、カード会社によって定められた金利が発生します。利息制限法という法律があり、「10万円未満の貸出」の上限金利は年20%、「10万円以上100万円未満の貸出」の上限は年18%、「100万円以上の貸出」の上限は年15%と決められています。この範囲内に収まるよう、多くのカード会社は、金利(年利)を15〜18%に設定しています。後で説明しますが、カードローンなどと比べると、金利は高めの傾向があります。

日々の利息は以下の式で計算されます。
「借入額」×「年利」×「日数」÷「365(日)」
たとえば、10万円を年利18%で30日間借りた場合、
「100,000円」×「0.18」×「30(日)」÷「365(日)」=1,479円
となり、1,479円の利息が発生することになります。

返済方法は「一括返済」と「リボ払い」の2通り

クレジットカードのキャッシングでは、以下の2種類の返済方法があります。

一括返済
「一括返済」は文字どおり、一度にすべての借り入れと利子を返済する方法です。ショッピング利用分とあわせて、キャッシングで借りた元金と利息が翌月に、支払口座から引き落とされます。返済期間が長引かず、金利負担も大きくならないという利点があります。

リボ払い
「リボ払い」は、毎月の支払額を一定額に固定して(「毎月5,000円」など)、金利とともに返済していく方法です。「リボ払い」では毎月の返済額を自分で決めた一定額にすることができるため、手もとにまとまったお金がない場合でも支払いができる特徴があります。ただ、少額ずつの返済となるため、返済が長期化し、金利負担も大きくなるのには注意が必要です。なお、多くのカード会社は、当初「一括返済」を選んでも、後から「リボ払い」に変更できるサービス(あとリボ)を行っています。

銀行と消費者金融のカードローンとの違いを徹底比較

クレジットカードのキャッシングと似たサービスとして、銀行や消費者金融のカードローンがあげられます。お金を借りる、という意味では同様のサービスですが、金利や借入限度額、融資のスピードなどの点で違いがあります。それぞれの特徴について表にまとめましたので、確認しておきましょう。

相違点1:キャッシングは、カードローンより金利が高い傾向

価格.comに掲載されている「クレジットカード」「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」の人気ランキング(2020年1月31日時点)上位3つのサービスの金利をピックアップすると以下のとおりです

〈クレジットカードのキャッシング〉
楽天カード:18%
三井住友VISAクラシックカード:18%
Orico Card THE POINT:15〜18%

〈銀行カードローン〉
住信SBIネット銀行 カードローン:1.59%〜14.79%
楽天銀行スーパーローン:1.90%〜14.50%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック:1.80%〜14.60%

〈消費者金融カードローン〉
アイフル キャッシングローン:3.00%〜18.00%
J.Score AIスコア・レンディング:0.80%〜12.00%
プロミスのカードローン:4.500%〜17.800%

各社はいずれも金利に幅を持たせており、審査や借入額に応じて金利を決めています。上記のように、銀行のカードローンが最も低く、次に消費者金融のカードローン、そしてクレジットカードのキャッシングが最も高い傾向が見られます。また、消費者金融のカードローンは「最大30日間、無利息」といったキャンペーンも行っている場合もあり、これを利用すると金利負担をさらに抑えられることができます。

相違点2:キャッシングは、カードローンより借入限度額が低い傾向

同様に借入限度額についても見ていきましょう。

〈クレジットカードのキャッシング〉
楽天カード:90万円
三井住友VISAクラシックカード:50万円
Orico Card THE POINT:100万円

〈銀行カードローン〉
住信SBIネット銀行 カードローン:1200万円
楽天銀行スーパーローン:800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック:500万円

〈消費者金融カードローン〉
アイフル キャッシングローン:800万円
J.Score AIスコア・レンディング:1000万円
プロミスのカードローン:500万円

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの限度額は各社で異なり、違いは一概に言えませんが、クレジットカードのキャッシングの限度額は両者と比べると、低く設定されていることは明らかです。また、いずれのサービスも限度額は個別に審査されるため、すべての人が上記の金額まで借りられるわけではありません。

相違点3:キャッシングのほうが手軽で、融資のスピードも速い

融資のスピードという点で、最も早いのがクレジットカードのキャッシングと言えるでしょう。前述のとおり、キャッシング枠のあるクレジットカードを持っていれば、別途の申請不要で、コンビニのATMなどで数分で借り入れ可能です。消費者金融のカードローンは、即日審査に対応しており、借入額が一定額以下の場合、収入証明書の提出も不要とするサービスもあります。銀行のカードローンは申込後、審査に数日かかることが一般的で、この中では融資までのスピードは一番遅いと言えそうです。

相違点4:借り入れは年収の3分の1以内。キャッシングは「総量規制」の対象

多重債務の返済に苦しむ人を救済する目的の「総量規制」という国の規制があります。これは、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借り入れはできなくなる、という内容です。たとえば、年収600万円の人であれば、借り入れの上限は200万円までで、それ以上はできません。クレジットカードと消費者金融は貸金業者に該当し、両者が提供するサービスは総量規制の対象となります。また、複数のカード会社・消費者金融からの借り入れも合算して計算され、合計で年収の3分の1を超えてしまうと、新たな借り入れはできなくなります。

いっぽう、銀行のカードローンは総量規制の対象にはなりません。ただ、各銀行はそれぞれ独自に、総量規制と同じような、自主的な規制ラインを設けて審査を行っているので、支払い能力を超えた借り入れはできないと考えてよいでしょう。なお、クレジットカードでも、ショッピングの利用分は総量規制の対象にはなりません。

キャッシングの利用が向いている場合とは?

それでは、クレジットカードのキャッシングは、どういった場合に利用価値の高いサービスと言えるのでしょうか。

冠婚葬祭や急な入院などで、緊急で現金が必要なとき

繰り返しになりますが、キャッシング枠のクレジットカードさえあれば、コンビニATMなどで24時間すぐに借り入れ可能なのが、このサービスの大きな利点になります。そのため、冠婚葬祭や給料日前などで緊急に現金が必要になった場合には利用価値のあるサービスと言えるでしょう。また、限度額が低く設定されており、ショッピングで利用する可能性も考慮すると、少額の利用が適しているとも言えます。

逆に、借り入れをそこまで急いでいない場合は、金利が低い傾向の銀行のカードローン、借り入れが一定額以上の場合は、消費者金融のカードローンを検討したほうがよいでしょう。

海外で利用するとき。両替所などよりも低コスト

より利点のあるキャッシングの活用法として、海外での利用があげられます。キャッシング枠のあるクレジットカードがあれば、海外でも日本と同様、ATMから現地通貨を引き出すことができます。この際、その国の両替所などよりも有利なレートで計算されることが一般的です。キャッシングの金利(年利18%程度)は発生しますが、それを加味しても、両替所などほかの両替手段よりも低いコストで現地通貨を調達できるケースがほとんどです。さらに、帰国後すぐにカード会社に連絡し、繰り上げ返済をすれば、金利の負担をさらに抑えることができます。

キャッシングを利用する際に、覚えておきたい4つの注意点

クレジットカードのキャッシングについて説明してきましたが、利用する際の注意点をまとめました。

注意点1:金利は高い。あくまで一時的な利用とし、継続的に使わないようにする

クレジットカードのキャッシングは、即座に借り入れができる半面、高い金利が特徴のサービスです。そのため、あくまで緊急の出費に対応するために、一時的な借り入れにとどめておくべきでしょう。安易な借り入れは禁物で、「今はお金がないけど、来月給料が入れば確実に返せる」などと、返済の見通しをしっかり立ててから借りるのが無難です。借り入れを急いでいなければ、銀行などが提供する「カードローン」のほうが金利負担が抑えられる可能性があります。

注意点2:延滞すると信用情報機関に記録が残る。住宅ローンなどへの悪影響も

こちらは、カードローンにも同様のことが言えますが、クレジットカードのキャッシングで返済が遅れると、遅延損害金として20%の金利負担が生じます。また、キャッシングを利用すると「信用情報機関」に登録されますが、延滞などの記録も一定期間残されます。金融機関は融資の際、「信用情報機関」の情報を参照しますので、新たなクレジットカードや住宅ローンを申し込む際に、延滞の記録があることで悪影響が出てしまう可能性があります。

注意点3:自分で登録した暗証番号が不正利用。こんな時は原則、補償の対象外

クレジットカードのショッピングについては、不正利用の被害に遭った際、原則、全額補償されます。しかし、キャッシングの場合、盗難・紛失に際し、自分で設定した暗証番号が悪用され、不正利用の被害にあっても、原則、補償対象にはなりません。このため、自分の誕生日や券面に印字されたカード番号など、他人に推測されやすい数字を暗証番号に登録するのは避けるようにしましょう。

注意点4:使う予定がなければキャッシング枠は「0」にするのも選択肢

キャッシング枠を設定していれば、すぐに借入可能、というメリットを十分に生かせなくなる恐れもあるので、判断が難しい側面がありますが、不正利用のリスクを考えると、キャッシングを(当面)使う予定がなければ、キャッシング枠を「0」にしておいたほうが無難かもしれません。

まとめ:「予想外の出費」に対し「手持ちの貯金が不足」していて「借り入れを急ぐ」ときに利用するべきサービス

以上、クレジットカードのキャッシングについて説明してきました。特徴を整理すると以下のとおりです。
・あらかじめ、カードにキャッシング枠が設定されていないと、利用できない
・借り入れまでのスピードが早く、手続きも簡便
・金利はカードローンなどと比べると高い傾向
・限度額はカードローンなどと比べると低い傾向
・返済方法は「一括返済」か「リボ払い」の2種類
・「キャッシング枠」は「ショッピング枠」に含まれ、キャッシングを利用すると、ショッピングの利用限度額が下がる
・年収の3分の1以上の借り入れができない、国の「総量規制」の対象

こうした特徴を考えると、クレジットカードのキャッシングは
「予想外の出費が発生」
「手持ちの貯金などではお金を用意できない」
「借り入れを非常に急いでいる」

という3つの条件が重なったときのみに利用を検討するべきサービスと言えるでしょう。反対に「車を購入したいので、100万円を借りて長期間に分割して返済したい」というニーズには合いません。ただし、海外旅行の際には、ほかの両替手段と比較しても低いコストで現地通貨を調達できる可能性が高く、積極的に利用を検討してもよいでしょう。

また、ネット上では、審査が甘いクレジットカードについての情報を求める声も聞かれます。カードローンにも同様のことが言えますが、クレジットカードの入会、あるいはキャッシング枠の審査にあたり、カード会社は申込者の信用情報を照会し、借り入れ状況、返済状況などを確認します。そのため、審査が甘いと言い切れるクレジットカードはない、ということも覚えておきましょう。

西村有樹

西村有樹

オフィスクイック代表。1990年より編集・ライターとして出版業界に携わる。リクルート、小学館、講談社ほか多数の出版社の各媒体にて、主に企業取材、企業人インタビューを手がける。1999年の金融ビッグバンを機に金融・保険を自身の専門分野として確立。ユーザーの視点からの、わかりやすい記事を多数執筆。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
クレジットカード・ローンのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る