備える
iPhoneとAndroid端末で使える電子マネーが異なります

モバイルPASMOで再注目。「電子マネー」の基礎とスマホ決済の対応状況をおさらい

2020年3月18日から「モバイルPASMO」がサービスを開始しました。利用できるのは現時点で「最新版のおサイフケータイアプリがインストールされているAndroid端末」となっており、iPhoneでの利用は未定となっています。このように、電子マネーをスマホ決済で使う際、端末によって対応状況が異なることも。そこで本稿では「電子マネーのスマホ決済対応状況」を整理してみました。電子マネーの基礎知識とともに解説します。

幅広い用途で使われるFeliCaの技術

「モバイルPASMO」もFeliCaベースの電子マネー

まずは、電子マネーやスマホ決済と関係する「FeliCa」(フェリカ)という技術について説明します。2020年3月18日10時から「モバイルPASMO」がサービスを開始しました。ご存じのとおり、PASMOは交通系ICカードとして鉄道・バスの乗車に使えるほか、加盟店で電子マネーとして使えます。これまでは物理カードのみでサービスが提供されていましたが、モバイルPASMOの登場によって「スマホでの定期券発行」、「クレジットカードからのチャージ」、「スマホ決済」など、ユーザーの利便性向上が期待できます。

物理カードを使うにせよスマホで決済するにせよ、PASMOを「かざして決済」できるのはFeliCaという非接触の通信技術が使われているからです。FeliCaはNFC(Near Field Communication:近距離無線通信規格)という通信技術の規格のひとつで、カードやスマホなどとリーダーが10cm程度離れていても情報のやりとりが行えるのが特徴。ちなみに、FeliCaはソニーが開発した通信規格で、名称は「至福」を意味する「Felicity」(フェリシティ)に由来しています。

通信速度の速さが特徴

FeliCaの特徴は、かざすだけで高速でデータを送受信できることです。世界的に広く普及しているNFCの通信規格である「Type A/B」と比較して、その通信速度は倍以上。この通信速度の速さが、迅速な処理が求められる交通機関での普及にひと役買っています。1997年に香港の公共交通機関や電子マネーなどで使われる「オクトパスカード」で本格的に稼働。その後日本では2001年にJR東日本管内の乗車に使える「Suica」に採用され、全国の交通系ICカードにも広がっています(下記画像参照)。

このほか、インドネシアの首都圏と周辺都市を結ぶジャカルタ首都圏鉄道の乗車券としてのICカードやリストバンド、スリランカの公共交通機関の乗車券や電子マネーとしても使える「銀行カード」、バングラデシュのバス会社の料金徴収システムで使われている「Rapid Passカード」など、アジア各国でFeliCaが採用されています(FeliCaの特徴や、Type A/Bとの比較については、当サイトの下記の記事もご参照ください)。

※参考 クレカのタッチ決済が本格普及か!? 世界標準「NFC TypeA/B」規格に各社が対応
https://kakakumag.com/money/?id=15162

ダミー画像です

 

ダミー画像です

全国の交通系ICカードでFeliCaが採用されているほか(上画像)、アジアの複数の交通機関でも採用されています(下画像。画像はいずれもソニー公式サイトより)

各種電子マネーでも活躍

FeliCaの情報は、カードやスマートフォンに搭載されるICチップ(FeliCaチップ)に記録されますが、このチップには複数のサービスを組み込むことができ、交通系ICカードだけでなく電子マネーサービスにも利用できます。2001年に「Edy」(エディ。現、楽天Edy)に採用されたのに続き、2004年にはSuicaの電子マネーとしての利用もスタート。2005年にJCBの「QUICPay」(クイックペイ)、NTTドコモの「iD」(アイディ)、2007年にはセブン&アイ・ホールディングスの「nanaco」(ナナコ)、イオングループの「WAON」(ワオン)などの各種電子マネーに採用され、カードをかざして買い物できる機会が広がりました。

これ以外にも、学生証や社員証、ビルやオフィスの入館カード、マンションなどの電子キー、物流管理のICタグ、電子申請、家電製品など、FeliCaの活用シーンは多岐にわたります。

ダミー

 

ダミー

FeliCaは幅広い用途で活用が可能(上画像)。また、さまざまな形状のものにFeliCaチップを組み込むことができます(下画像。画像はいずれもソニー公式サイトより)

モバイル端末にもFeliCaが普及

FeliCaはモバイルへの対応も進められてきました。2004年にNTTドコモが「おサイフケータイ」という決済サービスを開始し、対応する携帯電話が発売になりました。おサイフケータイとは携帯端末にFeliCaチップを搭載したタッチ決済サービスのことで、これにより、物理カードと同じように「携帯電話をかざしての決済」が可能となりました。2006年にSuicaがモバイル対応し、「モバイルSuica」がおサイフケータイで利用できることになったことで、利用範囲が大きく広がりました。

そして、スマホ決済の時代へ

ガラケーからスマホに主流が移り、現在では「スマホをかざしての決済」が可能なシーンが増えてきました。iPhoneは2014年に「Apple Pay」という非接触の決済サービスを開始。当初は、Type A/Bの通信規格のみに対応していましたが、2016年発売の「iPhone 7」(日本国内モデル)からFeliCaが搭載され、技術的に国内の電子マネーに対応しました(その後、2017年発売の「iPhone 8」からは、海外版のiPhoneにもFeliCaが搭載されています)。いっぽうAndroid端末では、対応機種にプリインストールされたおサイフケータイアプリでスマホ決済が行えるほか、「Google Pay」(旧、Android Pay)という決済アプリを使うことでも決済が可能です。

おサイフケータイとGoogle Payの関係はややわかりにくいのですが、前提としてGoogle Payをインストールして電子マネーの決済に使えるのは、おサイフケータイ対応の機種と覚えておくといいでしょう。Google Payを使うと、Google Pay上で複数の電子マネーの残高確認やチャージなどの一元管理が可能となります。Apple Pay、おサイフケータイ、Google Payの関係については、当サイトの下記の記事もご参照ください。

※参考 Suica対応になった「Google Pay」。Apple Pay、おサイフケータイと何が違うの?
https://kakakumag.com/money/?id=12326

スマホのタッチ決済が広がっています

スマホのタッチ決済が広がっています

スマホ決済で使える電子マネーは?

現状、iPhoneとAndroid端末で使える電子マネーの種類は異なります。たとえば、前出のとおりモバイルPASMOが使えるのは「Androidスマートフォンで購入時にAndroid6.0以上がインストールされており、最新版のおサイフケータイアプリがインストールされている端末」となっており、iPhoneへの対応は未定となっています(2020年3月18日時点)。このように、いざ電子マネーをスマホ決済で使いたいと思っても、端末によって対応していないケースがあります。

主要な7つの電子マネーの対応状況を見てみましょう。おサイフケータイに対応したAndroid端末であれば、

・Suica
・PASMO
・楽天Edy
・WAON
・nanaco
・iD
・QUICPay

の7つの電子マネーを使うことができます。
しかしこの中でiPhoneで使えるのは、

・Suica
・iD
・QUICPay

の3種のみ。今後、iPhoneでも使える電子マネーが増える可能性はあるものの、現時点ではAndroid端末のほうに多くの選択肢があります。

まとめ

スマホをかざすことで行える電子マネー決済は、一度体験するとそのスピーディーさや利便性から手放せなくなります。今後も普及していくことが見込まれますので、皆さんもぜひ、便利でお得な使い方を探してみてください。

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。

大正谷成晴

大正谷成晴

フリーランスの編集・ライター。資産運用全般、ビジネス、クレジットカード、副業、医療・介護など、幅広いジャンルで取材・執筆している。企業の女性活用に関する記事執筆も多数。 著書に『決定版 1万円からはじめるFX超入門』(かんき出版)など

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
ページトップへ戻る