増やす
「獲得方法」や「使い道」に注意

マイナポイント「上乗せキャンペーン」で本当にお得なのはどれ? その見極め方

ここのところ何かと耳にする機会が多い「マイナンバーカード」。一律10万円給付の「特別定額給付金」のオンライン申請で注目されたのは記憶に新しいところですが、2020年7月より、カード保持者が5,000円を上限として25%のポイント還元を受けられる「マイナポイント事業」(以下、マイナポイント)の登録がスタートしています(還元は9月から)。

「上限5,000円」を超えるキャンペーンが続々と登場

このタイミングで、マイナポイントに参加するキャッシュレス決済サービスの中から「独自にポイントを上乗せして還元するキャンペーン」を発表する企業が相次ぎました。しかもその内容が、5,000円に加えて「1,000円相当を上乗せ」や「抽選で10,000円相当プレゼント」といったなかなか景気のいい内容だったことから、キャッシュレス決済界隈がにわかに活気づいています。

参加するキャッシュレス決済サービス各社が「上乗せキャンペーン」を発表し始めた「マイナポイント」。どのキャッシュレス決済サービスを選ぶべきか……? 節約リテラシーが問われています

参加するキャッシュレス決済サービス各社が「上乗せキャンペーン」を発表し始めた「マイナポイント」。どのキャッシュレス決済サービスを選ぶべきか……? キャッシュレスと節約のリテラシーが問われています

キャッシュレス各社がユーザー獲得に動く

このタイミングで各社のキャンペーン発表が重なったことには、マイナポイントの実施スケジュールが関係しています。

マイナポイントは2020年9月から2021年3月末までの7か月間行われる国の施策です。「マイナンバーカードを持っている人」を対象に、20,000円分までの「買い物での利用」あるいは「チャージ」に対して、1人あたり5,000ポイント(5,000円相当)を上限としてポイントが付与されます(ポイント付与の条件は登録するキャッシュレス決済サービスによって異なります)。ポイント還元率は実に25%になります。

実際のポイント還元は2020年9月からと少し先なので、「なぜ、このタイミングでキャンペーンを発表?」と感じる人もいるかもしれませんが、マイナポイントでは、ポイント還元を受ける「キャッシュレス決済サービス」(PayPay、Suica、nanacoなど)をユーザーが1つ選び、登録する必要があります。実は2020年7月1日がこの登録の「解禁日」。つまり、マイナポイントに対応するキャッシュレス決済サービス各社がユーザー獲得を狙って、このタイミングでキャンペーンを打ってきたという構図です。

マイナポイントの各社のキャンペーンを随時まとめます

記事の最新の更新日は2020年8月22日。この時点で、マイナポイントに参加するキャッシュレス決済は111サービス(今後変動する可能性があります)。決済種別ごとの内訳は下記のとおりです。このうち、編集部で確認できたキャンペーンは15サービスで(2020年8月22日時点)、現状ではその多くを「QRコード決済」が占めています。今後、「電子マネー」や「クレジットカード」などを含め、各社からキャンペーンが発表される可能性があるため、マイナポイントのポイント還元が始まる9月頃までは目が離せません。この記事では、情報を随時更新しながらキャンペーン情報をまとめます。ぜひ定期的にチェックしてください。

マイナポイントに参加しているキャッシュレス決済サービスの内訳(キャンペーン実施サービス数)
・電子マネー…………46サービス(4)
・クレジットカード…21サービス(2)
・プリペイドカード…24サービス
・QRコード決済…… 17サービス(9)
・デビットカード…… 3サービス
※2020年8月22日時点

意外と多い「注意点」。登録は慎重に

また、一見おトクそうに見えるキャンペーンの数々ですが、よく内容をチェックしてみると、それぞれポイント付与の条件が異なっていたり、もらえるポイントが新設されたものだったり、そもそも、その決済方法が使える店舗数が心もとなかったりと、注意すべき点が少なくありません。以下に列挙する各キャンペーンの説明には、「ここに注意」という項目で気を付けたいポイントをまとめてあります。皆さんにとってベストなキャッシュレス決済選びにご活用いただければと思います。

なお、キャッシュレス決済サービスを選ぶ前にやっておく必要がある「マイナンバーの取得」や「マイナポイント事業への登録」については、当サイトの下記の記事で詳しく解説しています。まだの方は先に下記の記事を読まれるといいかもしれません。

【関連記事】
7月1日から申込受付! 25%、最大5,000円還元の「マイナポイント」を徹底解説
https://kakakumag.com/money/?id=15158

QRコード決済

マイナポイントがらみのキャンペーンを引っ張るのが「QRコード決済」です。マイナポイントには合計17のQRコード決済が参加していますが、そのうち9サービスがキャンペーンを発表しています(いずれも2020年8月22日時点)。

これまでも積極的なキャンペーン展開が目立っていた「QRコード決済」。今回も早い動きを見せています

■ゆうちょPay:合計2,000ポイントを付与

おトクさで目を引くのが、ゆうちょ銀行が手がける「ゆうちょPay」です。ゆうちょPayは合計2回の「ゆうちょPayポイントプレゼントキャンペーン」を実施し、合計で2,000ポイント(2,000円相当)を付与します。

第1弾のキャンペーンは、ゆうちょPayを初めてダウンロードする人が対象。期間中にダウンロードし、ゆうちょ銀行の口座を登録した人全員に500ポイント(500円相当)が付与されます(2020年9月中に付与予定)。

さらに第2弾として、マイナポイントにゆうちょPayを登録することで、1,500ポイント(1,500円相当)が付与されます。このポイントはマイナポイント申し込み完了日の翌月末までの付与予定です(初回のポイント付与は2020年9月末の予定)。

【ここに注意】もらえるのは新設された「ゆうちょPayポイント」

付与されるのはいずれも「ゆうちょPayポイント」です。これは、2020年9月より対応店舗などで1ポイント1円で支払いに使えるようになる新しいポイントで、本キャンペーンとあわせて発表になりました。なお、ゆうちょペイに確認したところ、ゆうちょPayポイントはあくまで支払いのみに使えるポイントで、現金として引き出すことはできないようです。

つまり、ゆうちょPayポイントで還元を受けると「使う」という選択肢しかないわけですが、ゆうちょPayは2019年5月のスタートとまだまだ新しいサービスのため、PayPayやLINE PayなどのメジャーなQRコード決済と比べると使える店舗が限られています。公式サイトを見ると、セブン-イレブン、ファミリーマートなどのコンビニや、スーパー、ドラッグストア、カフェチェーンなどが加盟しています。ご自身の利用シーンを思い浮かべつつ、登録を検討されることをおすすめします。

■ゆうちょPayポイントプレゼントキャンペーン

実施期間:
第1弾:2020年7月1日(水)〜2020年8月31日(月)
第2弾:2020年7月1日(水)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://www.jp-bank.japanpost.jp/campaign/yuchopay/cpn_yp_mnp.html


〈参考〉
ゆうちょPayが使えるお店:
https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/yuchopay/kj_sk_yp_shop.html

【関連記事】
ゆうちょ口座から即時払い。「ゆうちょPay」のメリットを担当者に聞いてみた!
https://kakakumag.com/money/?id=14104

■au PAY:上限1,000円相当のau PAY残高を付与

KDDIが運営する「au PAY」は「au PAY/au PAYカード×マイナポイントキャンペーン」を実施します。

マイナポイントに、au PAY、または「au PAYカード」(au PAYの公式クレジットカード)のどちらかを登録したうえで、期間内にチャージすることが条件です。これで、マイナポイント分に加えて1,000ポイント(1,000円相当)を上限として「au PAY残高」が付与されます。

【ここに注意】上乗せされるのは「マイナポイント分の20%」

気を付けたいのは、キャンペーンで付与されるポイントは「マイナポイント還元額に対して20%」という点。つまり、マイナポイントの上限となる5,000ポイントの還元(2万円チャージ)を受けた場合は、キャンペーン分として1,000ポイントが付与されますが、仮にマイナポイントで2,500ポイントの還元(1万円チャージ)しか受けなかった場合は、キャンペーン分のポイントは500ポイントになります。

■au PAY/au PAY カード×マイナポイントキャンペーン

実施期間:
申し込み期間:2020年7月1日(水)〜2021年3月31日(水)
チャージ期間:2020年9月1日(火)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://wallet.auone.jp/contents/lp/mynapoint/description.html


〈参考〉
au PAYが使えるお店:
https://aupay.wallet.auone.jp/store/list/

■メルペイ:メルカリでの買い物で5%上乗せ(上限1,000ポイント)
※2020年7月3日追加の「チャージで1,000円相当付与」「抽選で最大1,000万円相当付与」キャンペーンあり

フリマアプリ「メルカリ」の決済機能である「メルペイ」の場合は、マイナポイントへの登録に加えて、「メルペイへの本人確認」と2020年9月1日以降の「メルカリでの決済」を条件として、1,000ポイント(1,000円相当)を上限にポイントが付与されます。付与されるのはメルペイが使える店舗やメルカリ内での購入、またはメルペイスマート払いの清算に使える「メルカリポイント」になります(1ポイント1円相当)。

さらに、2020年7月3日に2つの追加キャンペーンが発表になっています。ひとつ目が、期間中にメルペイにチャージすると、チャージ金額の10%(最大 1,000 円相当)のポイントが付与されるというもの。たとえば、1,000円チャージすると100ポイント、2,000円をチャージすると200ポイントが付与され、上限は1,000ポイント(1万円以上チャージした場合)です。

2つ目の追加キャンペーンが「マイナポイント申込みで、総額1億ポイント山分けキャンペーン」。期間中にマイナポイントにメルペイを登録すると、抽選で合計約13万名に、最大1,000万円相当、総額1億円相当のポイントが付与されます(1等1,000万円相当×1名、2等100万円相当×10名、3等50,000円相当×150名、4等5,000円相当×1,500名、5等500円相当×130,000名)。

【ここに注意】最初のキャンペーンは「メルカリで買い物すること」が条件。追加キャンペーンは期間が短いので注意

メルペイで気を付けたいのは、マイナポイント分、キャンペーン分(7月1日時点のもの)を含めて、いずれもチャージではなく「決済」がポイント付与の条件になるという点。さらに、その内容も微妙に異なります。

まずマイナポイント分に関しては、「『iDマーク』があるお店または『メルペイマーク』があるリアル店舗での決済」「メルカリでの決済」「ネット決済」を対象として、決済金額の25%(上限5,000ポイント)が付与されます。

いっぽう、キャンペーン分に関しては「メルカリでの決済」のみが対象で、決済金額の5%(上限1,000ポイント)が付与されます。つまり、マイナポイントの6か月間の実施期間中に、メルカリで2万円分の買い物をすれば上限の1,000ポイントがもらえるわけです。主に「掘り出し物を安く手に入れる」という使い方をしている筆者は、ややヘビーユーザー向けのキャンペーンとの印象を持ちます。

2020年7月3日に追加された2つのキャンペーンは、適用される条件が緩和された印象を受けますが、キャンペーン期間が2020年8月31日(月)と短くなっていますのでご注意を!

■マイナポイント申し込みで最大 6,000 円分ポイント付与 (マイナポイント事業分 P5,000 + メルペイ分 P1,000)

登録期間:
申し込み期間:2020年7月1日(水)〜2021年3月31日(水)
付与期間:2020年9月1日(火)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://campaign.merpay.com/jp/2020-07-mynumberpoint/?utm_source=ownedmedia&utm_medium=news&utm_campaign=twitter_cpn&_ga=2.188409512.1081675504.1593651705-2116892934.1591750926


■【2020年7月3日追加分】マイナポイント申し込み後チャージで、チャージ額10%相当プレゼント+抽選で総額1億円相当のポイントが当たる

登録期間:
申し込み期間:2020年7月1日(水)〜2020年8月31日(月)

キャンペーン公式サイト:
https://jp-news.mercari.com/2020/07/03/mynumber/


〈参考〉
メルペイが使えるお店:
https://www.merpay.com/shops/

■LINE Pay:上乗せでもらえるのは「特典クーポン」15枚

「LINE Pay」はマイナポイントにLINE Payを登録すると、特典クーポンがもらえるキャンペーンを実施中です。

特典クーポンとは、LINE Pay特有の還元サービスのひとつで、LINE Pay加盟店での支払いが割り引きになるもの。LINE Payでは過去6か月間のLINEポイントの獲得数によってランク分けがされ、ランクに応じて毎月もらえる特典クーポンの枚数が異なります(レギュラーは1枚、シルバーは3枚、ゴールドは6枚、プラチナは10枚)。今回のキャンペーンでは、通常もらえる特典クーポンに加えて、月に5枚ずつ、3か月合計で15枚もらえます。

キャンペーン特典を受ける条件は、2020年8月25日までにマイナポイントにLINE Payを登録することとなっています。なお、LINE Payのマイナポイント分の還元は「LINEポイント」です(LINE Payでの支払いに対して上限5,000ポイントで25%還元)。

【ここに注意】もらったクーポンをどの程度使うか

キャンペーン分の還元は特典クーポンのため、実際にこの特典クーポンをどの程度使うかによっておトク度が決まってきます。

特典クーポンは、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、飲食チェーン、家電量販店などで「5〜10%OFF ※ただし上限金額あり」や「100円OFF」などの割引を受けられるという内容。LINE Pay内で自分で好きなものを選んでダウンロードして使う仕組みです。

通常のLINE Payのランクでもらえる特典クーポンも含めると、月に6〜15枚の特典クーポンを手にすることになるので、使い方によっては相当おトクになる可能性もあります。しかし、「どの店で買い物するかを決め、LINE Pay上でクーポンをダウンロードして決済する」というのは、やってみるとやや面倒なのも事実。実際にどの程度使えるか、申し込み前に検討されることをおすすめします。

■LINE Pay 特典クーポン6〜15枚/月かならずもらえる!

特典クーポン(ボーナス分)ダウンロード・利用可能期間:
2020年7月1日(水)〜2020年7月25日(土)に申し込み:2020年8月1日(土)10:00〜2020年11月1日(日)9:59
2020年7月26日(日)〜2020年8月25日(火)に申し込み:2020年9月1日(火)10:00〜2020年12月1日(火)9:59

キャンペーン公式サイト:
https://linepay.line.me/event/mynumber-point.html?utm_source=portal&utm_medium=campaignlist&utm_campaign


〈参考〉
LINE Payが使えるお店:
https://line.me/ja/pay/merchant/offline#md_card

■d払い:最大で2,500円相当のポイント付与

NTTドコモの「d払い」も上乗せキャンペーンを行います。当初発表された内容は、マイナポイントにd払い、もしくは公式クレジットカードの「dカード」を登録すると500ポイントがdポイントで付与されるというものでした(500円相当)。2020年7月17日にキャンペーンの内容が変更となり、d払いで登録した場合の付与額が500ポイントから1,500ポイントにアップされています。ただし、dカードで登録した場合の付与額は当初発表の500ポイントから変更ありませんのでご注意ください。

また、2020年7月17日にはもうひとつのキャンペーンも追加されました。2020年9月1日〜2021年3月31日の期間に、マイナポイントにd払いを登録のうえ、チャージまたは買い物をすると、利用額の5%のdポイントが付与されます。上限は1,000ポイントとなっており、上記の「1,500ポイント付与」と合わせると、最大で2,500ポイント(2,500円相当)が上乗せされる計算です。

【ここに注意】キャンペーン分のポイントは「期間・用途限定」

dポイントには「通常ポイント」と「期間・用途限定ポイント」の2種類がありますが、キャンペーンでもらえるのは後者になります。通常ポイントの場合は有効期間は48か月ですが、期間・用途限定ポイントの場合は、獲得したキャンペーンによって有効期間が異なります(今回のキャンペーンでの有効期間は現時点で不明です)。

また、用途も異なります。期間・用途限定ポイントの場合は「携帯電話料金の支払い」や「データ量の追加の支払い」には使えないなど(いずれもドコモの携帯電話を契約している場合)、用途が制限されますのでご注意ください。

■マイナポイントd払い選択でdポイント1,500ポイント・dカード選択でdポイント500ポイントプレゼントキャンペーン
実施期間:2020年7月1日(水)〜2020年9月30日(水)

■マイナポイント×d払い+5%還元キャンペーン
実施期間:2020年9月1日(火)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/dpay_mynapoint/index.html


〈参考〉
d払いが使えるお店:
https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/town/index.html?dcmancr=8a23d0537fd9bea7.1593663661572.8316.1593663671059_216631929.1551319766_171

■J-Coin Pay(みずほ銀行):500円分を上乗せ

みずほ銀行が運営する「J-Coin Pay」(以下、Jコインペイ)も、マイナポイント実際期間中に登録すると500円相当の残高がマイナポイント分に上乗せされて付与されます。なお、一部のみずほ銀行の窓口で、マイナポイントの設定支援活動も行われる予定です。マイナンバーカードを取得したもののその後の手続きが不安という人は、利用されてみてもいいかもしれません。

【ここに注意】支払いに使える店舗数がネック

ゆうちょPay同様、Jコインペイも使える店舗数がネックになります。編集部が公式サイトをチェックしたところ、2020年7月1日時点で加盟店数は92(複数店を含むモールも1店でカウントしています)。公式サイトをチェックして使い道を確保してから登録するといいでしょう。

■J-Coin Payを始めて、マイナポイントをもらおう!

実施期間:2020年7月1日(水)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://j-coin.jp/mynumberpoint/index.html


〈参考〉
Jコインペイが使えるお店:
https://j-coin.jp/user/shop/

【関連記事】
みずほ銀行のQRコード決済「Jコインペイ」。後発ながら「勝機あり」の理由とは?
https://kakakumag.com/money/?id=15015

■FamiPay:先着10万人に500円相当を上乗せ

ファミリーマートで利用できるスマホ決済サービス「FamiPay」も上乗せキャンペーンを発表。2020年7月1日より、マイナポイントにFamiPayを登録すると、先着10万人に500円相当のFamiPay残高が付与されます。なお、2020年3月時点でFamiPayのダウンロード数は500万を超えていますので、このキャンペーンを狙う人はのんびりしすぎないほうがいいかもしれません。ポイントの付与は、登録の翌月15日頃の予定です。

【ここに注意】ファミリーマート以外でのリアル店舗での利用は?

FamiPayでのマイナポイントの還元は現金や公式クレカ「ファミマTカード」でのチャージが条件です。上限の5,000円相当のポイント還元を受けるには2万円分のチャージが必要となり、上記のキャンペーン分を含めると、最大で25,500円の残高を持つ可能性があります。

そうなると気になるのはポイントの使い道です。FamiPay最大のネックは、現時点でファミリーマート以外のリアル店舗で決済手段として使えないこと(公式サイトでは、一部対応していないファミリーマートがあるとも書かれています)。公式サイトによるとファミリーマート以外の店舗での展開も予定されており、2020年10月頃のスタートを見込んでいるようですが、現時点ではなんとも言えない状況です。また、ECサイトでは「Kaema」「ラクマ」「Amebaコイン」「GREE」「CAMPFIRE」「サブカレ!」「Subyshare保管サービス」「ムビチケ」「Mellowtrill」がFamiPayでの決済に対応しています。これらを参考に、使い道をある程度決めておいたほうがいいかもしれません。

■FamiPayでマイナポイントお申込の方 先着10万名様限定!! FamiPayボーナス500円相当プレゼント!

実施期間:2020年7月1日(水)〜2020年9月30日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://famidigi.jp/famipay/mp/index.html/


〈参考〉
Famipayが使えるお店:
【リアル店舗】https://famidigi.jp/toiawase-business/faq/
【ECサイト】https://famidigi.jp/famipay/#sitelist

■PayPay:抽選で最大100万円分のPayPayボーナスを付与

「PayPay」はマイナポイントにからみ、抽選でPayPayボーナスがもらえるキャンペーンを実施中です。2020年8月31日までにマイナポイントでPayPayを登録するのが参加の条件。10人に100万円相当のPayPayボーナスが当たるほか、150人に5万円相当、1,500人に5,000円相当、15万人に500円相当のPayPayボーナスが当たります。

【ここに注意】必ず上乗せされるわけではない

ほかのサービスのキャンペーンは、チャージや利用によって確実にポイントが上乗せされるタイプが主流ですが、PayPayのキャンペーンは完全な「抽選制」となります。ご注意ください。

■マイナポイントペイペイジャンボ

実施期間:2020年7月1日(水)〜2020年8月31日(月)

キャンペーン公式サイト:
https://paypay.ne.jp/event/myna-point/


〈参考〉
PayPayが使えるお店:
https://paypay.ne.jp/shop/

■楽天ペイ:最大500円分を上乗せ

動向が注目されていた「楽天」は、2020年8月19日に、「楽天ペイ」および「楽天Edy」のマイナポイントがらみのキャンペーンを発表しました(楽天Edyのキャンペーンは電子マネーの項で紹介)。2020年9月30日までに、楽天ペイでマイナポイントを申し込むと、利用金額に応じて最大500円分(還元率2.5%)の楽天スーパーポイントが上乗せでもらえます。楽天ペイのマイナポイント獲得の条件は「決済」なので、楽天ペイで2万円支払うと、マイナポイント分の5,000円分に加えて、上乗せ分の500円分の楽天スーパーポイントがもらえる計算です。

【ここに注意】キャンペーン発表前の申し込みも上乗せの対象に

これは注意点というより「朗報」ですが、本キャンペーンの発表前に楽天ペイでマイナポイントを申し込んだ人も、本キャンペーンの対象になります。

■マイナポイント申込&お支払いで最大500ポイント還元キャンペーン

実施期間:2020年7月1日(水)〜2020年9月30日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2020/0819_mynumberpoint/

電子マネー

2020年8月22日時点で、参加する46サービスのうちキャンペーンを発表しているのは4つと動きは少ないものの、いずれもメジャーなサービスですので、使い勝手という点では申し分なさそうです。具体的な中身をチェックしていきましょう。

「電子マネー」からは4つのサービスがキャンペーンを発表(2020年8月22日時点)

■Suica:1,000円相当のポイントに加え、抽選のチャンスも

JR東日本は、期間中にマイナポイントに「Suica」を登録すると、JR東日本の共通ポイントである「JRE POINT」が1,000ポイント(1,000円相当)付与されるキャンペーンを実施しています。また、Suicaでのマイナポイント獲得の条件は「チャージ」ですが、SuicaへのチャージにJR東日本発行の「ビューカード」を利用した場合は、抽選で2,500名にJRE POINTが2,000ポイント当たるキャンペーンも行っています。

【ここに注意】ポイント付与の対象は9月以降のチャージ

Suicaのマイナポイントへの登録はすでにスタートしているものの、マイナポイント分、およびキャンペーン分の対象となるチャージは、2020年9月1日〜2021年3月31日となっています。それ以前のチャージはポイント付与の対象外です。

■マイナポイントはSuicaで貯めよう!

実施期間:
申し込み期間:2020年7月1日(水)〜2021年3月31日(水)
チャージ期間:2020年9月1日(火)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://www.jrepoint.jp/information/suica_mynapoint/


〈参考〉
JREポイントが使えるお店:
https://www.jrepoint.jp/point/spend/jrepoint-card/

■WAON:最大で2,000WAONを付与

マイナポイントでWAONを登録のうえ、WAONにチャージすると、マイナポイント分とは別にチャージ額の10%(2,000円相当が上限)のWAONが付与されます。つまり、マイナポイントの上限となる5,000円相当還元(2万円チャージ)を受けると、同時に2,000円相当が上乗せされます。対象のチャージは、現金、クレジットカードなどで、手持ちの「WAONポイント」を用いてのWAONへのチャージ(ポイントチャージ)は対象外となっています。

【ここに注意】対象のチャージは2020年9月から

Suicaと同じく、WAONもマイナポイントへの登録はすでにスタートしているものの、マイナポイント分、およびキャンペーン分の対象となるチャージは、2020年9月1日〜2021年3月31日となっています。それ以前のチャージは対象外なのでご注意ください。

■イオンdeキャッシュレス!

実施期間:
申し込み期間:2020年7月1日(水)〜2021年3月31日(水)
チャージ期間:2020年9月1日(火)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://www.waon.net/mynapoint/


〈参考〉
WAONが使えるお店:
https://www.waon.net/shop/

■nanaco:500円相当をプレゼント

セブンアンドアイホールディングスの電子マネー「nanaco」は、マイナポイントで登録すると500ポイント(500円相当)が付与されます。付与されるのは「nanacoポイント」です。また、マイナポイント登録後にnanacoで支払った人を対象に、抽選でnanacoポイントが当たるキャンペーンも実施中です。利用金額3,000円(税込)を1口として抽選を行い、最大で5万円相当のnanacoポイントが当たります(1等5万円相当×500人、2等1万円相当×1,000人、3等5,000円相当×3,000人、4等1,000円相当×5,000人、5等755円相当×1万人)。

【ここに注意】キャンペーン期間は2020年8月31日まで

nanacoのキャンペーンはどちらも2020年8月31日(月)までと、比較的短くなっていますのでご注意ください。

■マイナポイントでnanacoを選ぶと500nanacoポイントプレゼント!

実施期間:
申し込み期間:2020年7月1日(水)〜2020年8月31日(月)

キャンペーン公式サイト:
https://www.nanaco-net.jp/cp/mynumberpoint2007.html


〈参考〉
naancoが使えるお店:
https://www.nanaco-net.jp/alliance/

■楽天Edy:抽選で最大2万円分を上乗せ

「楽天Edy」は、楽天Edyでマイナポイントを申し込んだうえで、毎月合計1,000円以上をチャージ(入金)すると、抽選で最大2万円分の「Edy」がもらえるキャンペーンを実施します。また、この抽選ではずれた場合も500万円分のEdyが毎月山分けされます。本キャンペーンは2020年9月1日(火)から2021年1月31日(日)まで実施されるもので、最大で5回の抽選のチャンスがあります。なお、本キャンペーンの発表前に楽天Edyでマイナポイントを申し込んだ人も対象になります。

【ここに注意】PayPayと同じく抽選制

PayPayと同じく、楽天Edyのキャンペーンも「抽選制」です。当たれば大きいものの、はずれた時には上乗せの恩恵を受けられません。楽天Edyは抽選の機会が5回あり(PayPayは1回)、抽選ではずれても「500万円分の山分け分」もあるので、PayPayと比べると多少おトクになる可能性は高いかもしれませんが……。

■楽天Edyで毎月20,000円分当てちマイナ!

実施期間:
申し込み期間:2020年9月1日(火)〜2021年1月31日(日)

キャンペーン公式サイト:
https://edy.rakuten.co.jp/campaign/mynumber_point/

クレジットカード

2020年7月22日時点で、マイナポイントに参加しているのは24サービス。このうち、キャンペーンを発表しているのは2社になります。

「クレジットカード」各社の今後のキャンペーン展開も気になります

■三井住友カード:抽選で100名に10,000ポイントを付与

「三井住友カード」でマイナポイントの登録をすると、抽選で100名に1万円相当のポイントが付与されます。付与されるのは「Vポイント」で、こちらは2020年6月に以前の「ワールドプレゼント」からリニューアルされたもの。1ポイント1円相当でカード料金の支払いに充当できます。

なお、三井住友カードのマイナポイントの還元の条件はカードを利用すること。三井住友カードで2万円分支払うと、5,000円相当のVポイントが付与されます。

【ここに注意】登録もキャンペーンも9月のスタート

すでに登録が始まっている「QRコード決済」や「電子マネー」のキャンペーンと違い、三井住友カードのマイナポイントへの登録は2020年9月以降から開始となります。当然、キャンペーンの対象となるカード決済も9月以降が対象です。かなり間が空きますので、利用を考えている人は忘れないようにしましょう。

■マイナポイントご登録キャンペーン

実施期間:2020年9月1日(火)〜2021年3月31日(水)

キャンペーン公式サイト:
https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo9002196.jsp

■イオンカード(イオン銀行):最大で2,000WAONを付与

イオン銀行も2020年7月22日にマイナポイント事業への参加を明らかにし、あわせて上乗せキャンペーンも発表されました。対象となるのはイオン銀行が発行する「イオンカード」(クレジットカード)と、「イオン銀行キャッシュ+デビット」(デビット機能付きのキャッシュカード)です。このいずれかのカードでマイナポイントに登録し、期間内に利用すると、利用金額の25%分(上限5,000円分)のWAONが付与されます。また、キャンペーン分として、カードの利用金額の10%、最大2,000円相当のWAONが付与されます。

【ここに注意】対象外の決済があるので注意

イオンカードやイオン銀行キャッシュ+デビットでマイナポイントや上乗せポイントを受けるには、カードを利用する必要があります。ただし、「マイナポイント事業に登録しているほかの決済事業者のキャッシュレス決済サービスへのチャージや支払い」、「対象カードの利用にかかる各種手数料」など、一部対象外の決済があるのでご注意ください。

■イオンdeキャッシュレス!

申込期間:2020年7月24日(金)〜2021年3月31日(水) ※ポイント付与の実施は2020年9月1日(火)より

キャンペーン公式サイト:
https://www.aeonbank.co.jp/account/mynumber_point/index.html

まとめ:考えるべきは「おトクさ」×「使い勝手」

記事をまとめてみて、筆者はいまだに「ベストなキャッシュレス決済」を決めかねています。事情は、ユーザー1人ひとりで異なると思いますが、ただお数字上トクなものを選ぶだけでなく、もらったポイントの使い勝手を含めて考えるのが今回のキモになりそうです。マイナポイントには「先着4,000万人」という上限があるものの、すぐにその数字に到達することは考えにくいでしょう。FamiPayのキャンペーンのような「先着順」を狙うなら話は別ですが、今後出てくるほかのキャンペーンを含めて、9月頃までじっくり吟味してみてもいいかもしれません。

※本記事では、今後発表されるキャンペーン情報を随時更新していきます。

価格.comマネー編集部

価格.comマネー編集部

投資・資産運用・保険・クレジットカード・ローン・節約に至るまで、マネーに関する情報を毎日収集。「知らないで損するなんてもったいない」をモットーに、読者のためになる記事を制作します!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
クレジットカード・ローンのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る