貯める
9月はコンビニ、ドラッグストアで10%オフ、家電量販店でも5%オフ…

LINE Payユーザー必見! 毎月配布のクーポンが魅力のLINEポイントクラブ活用術

国内で8000万人以上が利用する「LINE」では、メッセージ機能だけでなく、さまざまなサービスが提供されており、一部のサービスでは利用に応じてLINEポイントが貯まる。LINEポイント自体は以前より存在していたものだが、2020年5月から新たに「LINEポイントクラブ」がスタートした。

「LINEポイントクラブ」では、獲得ポイント数に応じて決まるランク次第で、さまざまな特典が得られる。注目すべき2つの特典として
・スマホ決済のLINE Payによる買い物で使えるクーポンがもらえる
・LINE Payの支払い時に、「Visa LINE Payクレジットカード」をひも付けて支払えば、最高3%のLINEポイントの還元が受けられる
ことがあげられる。効率よくランクアップさせて、これらの特典をうまく使えば、ケタ違いに高い還元率を得ることも可能なので、LINEユーザーの方は、LINEポイントを貯めることを検討してみてほしい。今回は、そんなLINEポイントクラブの活用術を解説する。

〈1〉LINEポイントクラブは、過去6か月間に獲得したLINEポイント数によって4つのランクに

LINEポイントクラブはLINEのメンバーシッププログラムで、過去6か月間に獲得したLINEポイント数によって「マイランク」が決まり、ランクが高くなるほど特典内容が充実していく。マイランクは4段階あり、下からレギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナとなる。ランクの算定基準は以下のとおりだ。

最上位のプラチナになるためには、Visa LINE Payクレジットカードの保有が条件

ただし、最上位のプラチナになるためには、後述する「Visa LINE Payクレジットカード」を保有し、LINE Payアカウントに登録することが必須条件。これを満たしていない場合は、5,000P以上獲得していても、ランクはゴールドになる。また、これも後ほど説明するが、LINE Pay利用時「Visa LINE Payクレジットカード」をひも付けて支払わなければ、LINEポイントは還元されない。こうした点からも、「LINEポイントクラブ」の特典を最大限活用するには、このカードは欠かせないものとなる。

マイランクは毎月1日の午前10時に更新される。筆者は過去6か月間の獲得ポイントが7,369Pだったため、プラチナだった。なお、右の写真のように、現段階の獲得ポイントに応じて、翌月の予想ランクも示される

〈2〉LINEポイントクラブの特典内容は?

マイランクは毎月1日の午前10時に更新される。たとえば3月から8月末までに500ポイント獲得していれば、9月1日午前10時から10月1日午前9時59分まではゴールドが適用される。マイランクの特典内容は下表のとおりとなる。

ここで注目すべきは、特典クーポンとチャージ&ペイ利用時のポイント還元率だ(そのほかの特典内容については下記を参照)。

〈LINEスタンプ プレミアム利用料金のポイント還元〉
300万種類以上のクリエイターズスタンプが使い放題になる「LINEスタンプ プレミアム」の利用料金に応じてポイント還元

〈LINE MUSIC プレミアムプラン利用料金のポイント還元〉
LINEの音楽ストリーミングサービスで、制限なしで聴き放題になる「プレミアムプラン」の利用料金に応じてポイント還元

〈LINE マンガ 購入金額のマンガコイン還元〉
LINEの電子コミックサービスで、購入金額に応じてマンガコイン(LINEマンガで使える専用コイン)として還元

特典1:LINE Pay利用時に使えるクーポンを毎月、ランクに応じて1〜10枚配布

特典クーポンは、スマホ決済「LINE Pay」のコード決済またはオンライン決済時に、対象の加盟店で利用可能。クーポン内容は加盟店ごとに異なるが、2020年9月現在では90種類以上が用意されており、この中からランクに応じた枚数を選択・利用できる。クーポンの内容は毎月更新されるが、2020年9月のクーポンは以下のとおりとなる。

【コンビニ】
[10%(最大500円)オフ]
ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラグループ、東海キヨスク

【ドラッグストア】
[10%(最大2,000円)オフ]
ウエルシアグループ、マツモトキヨシホールディングス、サンドラッググループ、ココカラファイン、ツルハグループ、富士薬品ドラッグストアグループ、クスリのアオキ、ダイコクドラッグ、Vドラッグ、ドラッグストア トモズ、ゲンキー、JR九州ドラッグイレブン、サツドラ、ドラッグストア セキ、コクミンドラッグ、薬王堂、杏林堂、キリン堂
[5%オフ]
アインズ&トルペ

【スーパー/ディスカウントストア】
[5%オフ]
オーケー、ライフ、サミットストア、東急ストア、ミスターマックス、ベルク、ベイシア、コモディイイダ、エバグリーン廣甚、フレスタ、新鮮市場きむら、クイーンズ伊勢丹、フジカンパニーズ

【飲食店】
[100円オフ]
松屋、吉野家、すき家、リンガーハット、日高屋、じゃんぼ總本店、ケンタッキー、ほっかほっか亭
[5%オフ]
くら寿司、スシロー、塚田農場、ミライザカ、鳥貴族、串カツ田中

【家電量販店】
[5%オフ]
ビックカメラグループ(オンライン含む)、ヤマダ電機グループ、Joshin、エディオングループ、ケーズデンキ

【趣味/ファッション/家具のお店】
[10%(最大2,000円)オフ]
GEO、TSUTAYA、ブックオフ
[5%オフ]
アルペングループ、アコーディア・ゴルフ、トイザらス、古本市場、赤ちゃん本舗、釣具のポイント、トレファクグループ、Right-onグループ、カメラのキタムラ、時計倉庫TOKIA、ジョイフル本田、くまざわ書店、丸善ジュンク堂書店グループ、東急ハンズ、ロフト

【百貨店/ショッピングモール】
[5%オフ]
近鉄百貨店、PARCO、福岡地所グループ、JR HAKATA CITY、西武・そごう、小田急百貨店

【アミューズメント】
[5%オフ]
ビッグエコー、ジャンカラ

【タクシー・引っ越し】
[100円オフ]
JapanTaxiタブレット
[10%オフ]
アリさんマークの引越社

【デリバリー】
[5%オフ]
Uber Eats、LINEデリマ、ピザハット、出前館

【オンライン】
[10%オフ]
LINE FRIENDS公式オンラインストア
[5%オフ]
ラクマ、honto、ファンタシースターオンライン2、DLsite、サンプル百貨店、Qoo10、コミックシーモア、ZOZOTOWN、TOHOシネマズ、ひかりTVショッピング、Pmang、まんが王国、Trip.com、エアトリ

クーポンの対象店にはコンビニやドラッグストアなど、身近な店も多く用意されている

クーポンの対象店にはコンビニやドラッグストアなど、身近な店も多く用意されている

家電量販店で上限なしの5%オフとなっているのは、うれしいポイント

家電量販店で上限なしの5%オフとなっているのは、うれしいポイント

9月のクーポンは、コンビニ、ドラッグストアで10%オフ。家電量販店では上限金額なしの5%オフ

2020年5月のサービス開始当初のクーポン内容は100円オフ、または5%オフの2パターンしかなかったが、現在はクーポン対象加盟店の数も大幅に増え、それにともないクーポン内容も多様化している。9月はファミリーマートやローソンなどのコンビニで10%(最大500円)オフ、マツモトキヨシなどのドラッグストアでも10%(最大2,000円)オフとなり、身近な店舗も数多く対象になっている。

9月に限って言えば、プラチナランクの人が10枚すべてを10%(最大2,000円)オフの店で満額まで使えば、1か月で2万円分の割引を受けることも可能。また、ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店は上限金額なしの5%オフとなっているので、これらの店舗で高額商品を購入すれば、還元率は下がるが2万円を超える割引を受けることもできる。

また、100円オフのクーポンは101円以上の支払いの際に利用できるため、使い方次第では99%以上の還元率を得ることもできる。実際に会計が101円になるケースは少ないだろうが、たとえば、すき家で350円の牛丼(並盛り)を買う際に100円オフになれば、還元率は約29%になる。

左の写真は、すき家で100円オフのクーポンを利用したとき。右の写真はビックカメラ.comで33,911円の商品を購入し、クーポン利用で5%分の1,691円が割引になったときのもの

左の写真は、すき家で100円オフのクーポンを利用したとき。右の写真はビックカメラ.comで33,911円の商品を購入し、クーポン利用で5%分の1,691円が割引になったときのもの

クーポンは1加盟店につき月1枚しか利用できないので注意しよう

ひとつ難点をあげるなら、クーポンは1加盟店につき月1枚しか利用できないこと。居住地や勤務地などによっては、近隣にクーポンを利用できる店が少ない可能性もある。オンラインで利用できる店もあるが、現状の選択肢は豊富ではないので、クーポンを余らせないように計画的に使うことが大事になってくる。

なお、9月9日から11月25日までに、国が実施しているマイナポイント事業の対象決済にLINE Payを登録すると、実店舗の加盟店で使える10%(最大2,500円)オフのクーポンが2枚追加でもらえるキャンペーンも行われている。

関連記事:マイナポイント「上乗せキャンペーン」で本当にお得なのはどれ? その見極め方

特典2:LINE Pay利用時に、ランクに応じて最高3%のポイント還元

もうひとつの注目点がチャージ&ペイ利用時のポイント還元率だ。チャージ&ペイとは、LINE Payの決済方式のひとつで、事前に銀行などからチャージした残高から支払うのではなく、ひも付けた「Visa LINE Payクレジットカード」の利用分として支払う方法のこと。LINE Payにひも付けられるクレジットカードは現時点で、「Visa LINE Payクレジットカード」のみであるため、このカードの保有が必須となるが、チャージ&ペイを使えば、事前にチャージする必要はなくなり、後払いでLINE Payが利用できるようになる。

LINE Pay利用時にポイント還元を受けるには、Visa LINE Pay クレジットカードが必須

LINE Payで残高から支払った場合、4月まではポイント付与の対象となっていたが、LINEポイントクラブ導入にともない対象外となった。いっぽうで、チャージ&ペイで支払った場合はLINEポイントクラブのランクに応じて1〜3%のポイントが還元されることに。そのためプラチナランクの人が、10%オフのクーポンを使って1,000円の商品を購入した場合、100円が割引され、割引後の金額に対して3%(=27円)のポイントが貯まるので、還元率は12.7%になる。

「Visa LINE Payクレジットカード」は年会費1,375円で、初年度は無料。年に1度でも利用すれば次年度も無料になるため、実質年会費無料で保有できる。通常のカード払いをした際は、1%のLINEポイントが貯まり、2021年4月まではキャンペーンでポイント3倍の3%還元になる(電子マネーへのチャージなど、一部の利用はポイント対象外)。

最上位のプラチナになっていれば、2021年5月以降もLINE Payで3%還元

チャージ&ペイの利用分に関しては、カード払い時のポイント還元ルールは適用されず、LINEポイントクラブのランクに応じた還元率が適用される。つまり、プラチナランクになっていれば、2021年5月以降もLINE Payが使える店では3%還元を維持できる。ただし、LINEポイントクラブの特典は毎月内容が変わるため、あくまで現在の特典が続いていることが前提だ。

LINE Payではコード支払いの際、残高払いかチャージ&ペイいずれかを選べる。ただし、ポイント還元の対象となるのはチャージ&ペイで、残高払いは対象外

LINE Payではコード支払いの際、残高払いかチャージ&ペイいずれかを選べる。ただし、ポイント還元の対象となるのはチャージ&ペイで、残高払いは対象外

〈3〉マイランクを効率的に上げる方法は?

プラチナには、Visa LINE Payクレジットカードを1か月平均28,000円以上利用すると上がれる

すでに説明したとおり、マイランクをプラチナに上げる、維持するためには、6か月間に5,000PのLINEポイントを獲得する必要がある。「Visa LINE Payクレジットカード」の利用だけで獲得する場合は、3%還元期間であれば17万円弱の利用で達成できる。1か月あたり28,000円弱なので、メインのカードとして使っていればそれほど難しくはないだろう。

少しでも早くランクアップを達成したいのであれば、LINEポイントが貯まるLINEの各種サービスを活用しよう。LINEトラベルやLINEデリマなど、購入金額に応じてポイントが貯まるサービスは複数あり、その中でも最も手軽にポイントを貯められるのがLINEショッピングだ。

LINEポイント獲得の手軽な手段は、LINEショッピングの利用

LINEショッピングは楽天市場やYahoo!ショッピングなど対象のECショップで、買い物の前にこのサイトを経由することで、購入金額に応じたLINEポイントが貯まるサービス。貯まるポイント数は利用するショップによって異なり、0.5%の場合もあれば、20%に達する場合もある。随時キャンペーンも行われており、たとえば金曜日に開催されるポチポチフライデーは、エントリーして当日中に合計3,300円以上(一部対象外ショップあり)の買い物をすると100Pが上乗せされる(実施しない週、条件は変更の場合あり)。ただし利用からポイント加算までには2か月程度かかる。

また、LINEポイントクラブのページで、広告の閲覧をすることなどでもポイントが貯まり、広告を経由して各種サービスの申し込みをすると、一度に数千ポイントが貯まることもある。ただし、これも利用からポイント加算までに、ある程度の時間がかかる。

もうひとつ一気にポイントを獲得する方法が、他社のポイントをLINEポイントに交換すること。「Gポイント」や「PeX」といったポイント交換サイトのポイントは、5〜10%程度の手数料は発生するが、2〜3日程度でLINEポイントに交換可能。手っ取り早くランクを上げたい人におすすめだ。ポイント交換サイトを使ったことがない人は、ぜひ一度調べてみてほしい。

LINEポイントは、LINE Payでの支払いに充当可能

なお、LINEポイントはLINEの各種サービスで支払いに利用できるほか、LINE Payでの支払い時に充当させることもでき、LINE証券ではポイントを投資に使うことも可能。LINEのキャラクターグッズに交換、コンビニなどで対象商品に交換といった選択肢もある。有効期限も最終獲得日から180日のため、半年に1度でもポイントを獲得していれば実質無期限となる。使い道に困る可能性は少ないだろう。

〈4〉まとめ

LINEポイントを貯めると、LINEポイントクラブのランクがアップし、LINE Pay利用時に使えるクーポンがもらえたり、チャージ&ペイ利用時のポイント還元率がアップしたりと、さまざまな特典を得られる。2020年9月のクーポンに関して言えば、5%オフ、10%オフといった内容の特典が多く用意されている。スーパーやドラッグストアでまとめ買いをしたり、家電量販店で高額な商品を購入したりする際に利用すれば、割引額はより大きいものになるだろう。

ただし、これらの特典を最大限に活用するためには、「Visa LINE Payクレジットカード」が欠かせないアイテムとなる。「Visa LINE Payクレジットカード」は、2021年4月まで3%還元のキャンペーンを行っており、クレジットカードとしての利用価値も高い。高還元で利用できるうちに作っておくことをおすすめする。

※本記事は、執筆者個⼈または執筆者が所属する団体などの⾒解です。また、各サービスには⼀部対象外となる店舗や商品があります。ご利⽤の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。

タナカヒロシ

タナカヒロシ

普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、2008年に当時勤めていた会社の都合でクレジットカード本を制作。以降、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなり、各種媒体で編集・執筆を手がける。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
クレジットカード・ローンのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る